・ アントニオ・カノーヴァ ・ 塑像博物館、テンピオ

今日は18~19世紀にかけての大彫刻家アントニオ・カノーヴァ・
Antonio Canovaの生家、現在は塑像博物館で彼の作品原型が
見れる、と、彼自身が眠るテンピオ・Tempioへのご案内です。

0-1-204.jpg



地図をどうぞ。 彼の生家、塑像博物館、そしてテンピオのある
ポッサーニョ・Possagnoは、アーゾロ・Asoloの北、約11Kの距離に。
近い距離ではあるのですが、一山越えて、という印象で町に到着です。

0-2-4.jpg



ポッサーニョの町の人口は2000人程、海抜276m、これは博物館前の
駐車場からで、この右手に博物館・ジプソテーカ・Gipsptecaと生家、
そして生家前から北前方まっすぐ山の手に、テンピオが臨めます。

1-1-064.jpg

一山越えて到着した田舎町とは思えない豊かな雰囲気があります。
世界中に有名な大彫刻家の生地、という誇りも勿論あると思いつつ、
今回調べて知った事なども後ほど。



こちらが塑像博物館・ジプソテーカ、濃い緑色の扉が入り口、隣は市役所。
ちょうど良い具合に、素敵な女性が・・。

1-2-065.jpg



上の写真の入り口部分に切符売り場とブックショップ、通路に出て左手に
生家博物館、そして正面奥に見えるのがジプソテーカ。

3-086.jpg

この通路右手にも作品が見えますが、左手はお庭。



上の写真の、ワン君。 まどろむ若いご主人をじっと見守る表情が何とも!

4-083.jpg



館内は写真禁止で、これが買って戻った絵葉書で、大いに不満。 
というのも、

5-335.jpg

館内に入った途端に受ける物凄い迫力、張り詰めた空気の圧迫感、
天井の高さ、静かな光に満ちた館内の色・・
まるで印象が違います! プロの写真でこうなのですから、
是非お出かけになる事をお勧めします!!

それはともかく、ここには世界中に散らばる彼の作品の塑像原型が
約100体集められており、数と質、大きさに圧倒されます。
    
今回の作品写真はすべて絵葉書、カタログからご覧頂きます。          



塑像原型というのは、実作品の大理石像を造る前段階の、
石膏やテラコッタの実物大原型で、

6-423.jpg

大理石像の冷たくも柔らかい、奥から光が射す様な美しさはありませんが、
作品の素晴らしさは十分に感じ取れます。右手前は「マグダラのマリーア」。



アントニオ・カノーヴァの生涯についてはたくさん資料がありますから、
詳細は省きますが、

7-1-618.jpg

1757年~1822年、65年間の生涯。 4歳で父親が亡くなり、石工彫刻家で
あった祖父に育てられ、はじめはヴェネツィアで学び、そしてローマ。
若い時期からその才能を認められ、ロココの過剰装飾を脱し、
洗練された静謐な偉大さを持つ古典的作品を生み出しました。

ローマのアトリエの塑像群をここに運び、船と牛車で、という記述に時代を偲び、
ジプソテーカを作りあげたのは、遺産相続した義弟の(母親が再婚しての)
司教様との事。
       


上の肖像画(Thomas Lawrence作)に良く似ていますが、
こちらは自像。こちらが断然素敵ですねぇ!

7-2-647.jpg

塑像原型というものですが、実物にはこのように小さな青銅の釘が打たれていて、
実際に大理石像を彫りだす時の寸法を測るための目印なのだそう。
つまり師匠の作った原型に従い、工房の弟子、助手が作るための目安ですね。



こちらがエルミタージュ美術館所蔵の有名な「三美神」。
目前の近さで堪能いたしました。 やはり素晴らしい!
       
8-850.jpg

見ていて思ったのは、彼の、または男性の、理想の女性像を彫っていると。
顔はあどけなく、若く清楚、そして体は熟し加減、というか。
そう、美しく、セクシーさも程よく上品に。



それにしてもと、目印の釘の意味を受付で訊ねていましたら、面倒臭くなったか、
この小冊子をくれました! やったぜ、ははは。
「ポッサーニョのアントニオ・カノーヴァ・ジプソテーカの塑型とモデル」
       
9-526.jpg 

この像は、ワシントンのナショナルギャラリーの「あごに指を添える踊り子」



型取りした石膏像の線と、目印が良く分かりますね。

10-751.jpg



1802年、彫刻家志望者への初歩教育の為の石膏型取りの説明図で、 

11-515.jpg



制作の工程 まずはデッサン。 (Leopoldina Esterhazyの記念像)

12-345.jpg



絵の下描き段階に当る、テッラコッタの像。
デッサンから、形のイメージを引き出したもの、といえましょうか。

13-345.jpg



そしてこちらは石膏の実物大のモデル像で、目印の釘も打たれています。

14-548.jpg

上のテッラコッタの像とこの石膏像の間にもう一段階、実物大のモデルが
粘土やテッラコッタ、蝋などで作られ、まず外側の型が取られ、そして支えを入れての
実物大のこの石膏像、という訳ですね。

測定目印の釘の存在が気になって調べ、工房にやはり12人の助手がいた事を
知りました。 彼らがかなりの部分までを彫り、最後の仕上げを師匠自身ですね。
       
カノーヴァの大理石彫像の特徴としては、更に最終研磨の見事さがあるといい、
これにより、大理石像特有の美しさを引き出したと。

このレオポルディーナの記念像は、彼女の一族の城にあるそう。



最初にご覧いただいた展示室に沿って、カルロ・スカルパ設計の新館があり、
ご覧のように明るい展示室で、最初のイメージ具体化の為の小モデルも展示。
手前左に「踊り子の像」、そして一番奥に「三美神像」

15-509.jpg

実はこのジプソテーカに行く前に、カルロ・スカルパ設計の「トンバ・ブリオン」を
見に行ったので、ここの新館の事は知らずに行ったものの、すぐ彼の作品と分かり。
それほどに印象深い、光と水の特徴ある設計です。

トンバ・ブリオンについては
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463693503.html       



生家博物館の上階から庭と左手の棟。 ここにヴィデオ展示室や台所部分が。
ローマの松ですね。

17-076.jpg



逆の眺めで、庭を挟み、左手に見えるのがジプソテーカ。

18-075.jpg

庭の中の道の手前に・・



足の石像が。 

19-068.jpg

カノーヴァはこの生家によく戻っていた様ですが、博物館の為に義弟が運ばせたか、
いかにも古代ローマを偲ばせます。



訪れたのは7月下旬でしたが、庭にはまだ可愛い薔薇の花が。

20-070.jpg



台所の、長い浅い石の流し台と銅の鍋。18世紀から19世紀の初頭というと、
近いようでもあり、遠くもあり・・。

21-073.jpg



いかにもアトリエの雰囲気の部屋が、家の最上階に。 トレッタ・小さい塔と呼び、
生家にいる時はここで絵を描いていたといいます。

22-078.jpg

天井の高い部屋にたくさんの胸像があり、高校の美術室を思い出しました!
       


こんな衣服の展示もありましたが、時代の雰囲気ですねぇ。

23-074.jpg

ローマではヴェネツィア共和国大使館に寄宿し、後に共和国がナポレオンに倒され、
美術品がフランスに分捕られた際には、彼の分捕り品をイタリアに取り戻した、
そんな一面も彼の人生に。



生家のすばらしい一室には、あの「パオリーナ・ボルゲーゼ」の塑像も。
最初にもご覧頂きましたが、2つ折りの絵葉書で。

24-053.jpg

生家には、彼の絵画作品、油絵テンペラ画も展示されており、男性の肖像画等は
素晴らしいのですが、女性を描いた物は、上手ながら並の出来、失礼!

博物館のサイトはこちらに。
http://www.museocanova.it/

博物館は 月曜休館、12月25日と元旦、復活祭がお休み
開館:火曜~土曜 9時半から18時  日曜 9時半~19時



ジプソーテカ前の道を渡ると、遥か、登り道の先にテンピオ・寺院が見えます。
素晴らしい視覚効果!

25-088.jpg

参拝道が延々と、波打ちながら続きます。



いよいよ辿り着くと、この空間!
      
26-090.jpg

ローマのパンテオンにも似た巨大なテンピオ。 彼自身が設計し、自費で
工事に掛かったそうですが、実際に出来上がったのは没後10年、
ここに彼のお墓があります。



テンピオの前面にこんな風に石のモザイク。
角にはちゃんと細い石が嵌め込まれ角度を出し、嬉しくて笑いが出ます。

27-097.jpg



丸い建物部分はこんな柄。 幾何学模様が大好きで・・。

28-096.jpg



遠くからだと、前列の円柱のみ見えるのですが、ロッジャ部は2列の並び。
何とも凄い空間。

29-098.jpg



円柱の太さをご覧下さい。

30-100.jpg

パンテオンにも似たテンピオを、自分用に欲する感覚。
この辺りになると良く分かりませんが。
       


円柱の手前に見つけた、靴の泥落し。こんな半円形は初めて見ましたが、
当時は地道だったのが分かりますね。

31-103.jpg

テンピオ内部には、脇の小さい細い入り口をくぐる感じで入りますが、
内部は円形の教会で、今回は内部ご案内はパスで。



テンピオの前庭からの眺め。 東に向かい、小さい村が幾つも続きます。

32-093.jpg



参拝道の脇道に並ぶ家々。

33-106.jpg

大変豊かな感じのする町、と書きましたが、近辺から産する粘土を使っての
テラコッタの煉瓦焼きが、国中に出荷されていたそう。
その生産で潤った村なのですね。

そして第2次大戦時には村中で、クロアチアからの避難ユダヤ人の
十幾つもの家族を受け入れ匿い、ドイツ軍のパルティザン狩りが酷くなっても
何家族もが匿い通し、後年表彰されたとの事。
       
出会う町の人々の応対が少し違うのも、今迄の深い歴史にも寄るもの、
との思いも持ちました。



参道から外れた道を下って行くと、こんな古い家の壁があり、
そして葡萄畑、小さい果樹園・・。

34-114.jpg



訪れた日は暑い盛りでしたが、すでにこんなに大きな梨の実。  

35-111.jpg



カタログにあった地図で、ヴェネトの様子を。 太い線が高速、赤い線が
幹線道路、ポッサーニョまで、トゥレヴィーゾ・Trevisoから45Kの距離。

36-903.jpg

トゥレヴィーゾからバスの便の乗り継ぎ、またはベッルーノ迄電車で行き、
そこからバスで、という方法もある様子で。

Moovit のサイトでどうぞ。 日本語も選択できます。
https://moovitapp.com/

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント