・ 中世の城跡 ・ サン・サルヴァトーレ 

今日はヴェネトに戻り、我が町コネリアーノから南西に7キロほどにある中世のお城、
サン・サルヴァトーレ・San Salvatoreにご案内いたします。 
小高い山の上に威容を見せる中世のお城で、この春5月末に行ったもの。 
では、どうぞ!

サン・サルヴァトーレのお城はスセガーナ・Suseganaにあり、コネリアーノからだと
トレヴィーゾ行きのバスが国道をとおり、そこからかなりの坂道を上った所です。
 
1-1-016_GF.jpg
  
という事で、お城の前からの眺め、左側中程に車が続いて見えるのが国道筋。



畑は全て葡萄畑ですね。我がコネリアーノ一帯から北西にかけ、白葡萄酒で有名で、
勿論ヴェネト平野の東に続くフリウリの白ワインも有名ですけど!!

1-014_GF.jpg



なんとも素晴しい城壁、城門。 門の上に見える紋章と王冠は、城の持ち主がコンテ・
伯爵である事を現しますが、我々見学者はここから入れて貰えませんでした。

2-017_GF.jpg

でも昔一度、ここから中庭に入った事あり! 当時は門は開いていたのでした。



今回実は私のイタリア語の先生アンナリーザが教えている学校の生徒が見学するのに、
同行したのですね。 一般には公開していないので、この手で。

お城の下の道をずっと奥まで辿ると、お城が、こんな風に見え、そして林の中の坂道を
かなり歩いて上ります。
      
3-018_GF.jpg



九十九折の坂道をハァハァと上り、ガイドの女性に迎えられてやっと中庭に。
この場所で、お城の歴史、由来などを聞き、学生たちは逆に質問されたりして・・!

4-020_GF.jpg

このサン・サルヴァトーレのお城は、15世紀にコッラルト一族によって建てられ、
城壁内の広さとしてはイタリアで一番広い面積との事。

コッラルト一族の城としては、もう少し奥にある今は廃墟になっている城が本当は
本家筋のようですが、こちらのお城にはいまだに御子孫がお住まいで、
その区域には入れません。

塔に続く城壁が見え、小さいアーチが支えている部分と、大きなアーチの部分とあり、
小さいアーチの部分では、兵士が鉄砲を撃てる程の支え、つまり構造として古い部分。
その左の、アーチが大きく下までの支えが続いている部分、こちらは新しく、
この部分だと、小さめの大砲も撃つ事ができるそう。

右に見える木の奥にご一家の居住部があり、左に続く部分には教会や、昔からの
城壁内に住む職人達(今もそうなのかどうか)の住居があります。

コッラルトの城、ご一族についてはこちらに




坂の下からも見えた塔、実はこれは教会の鐘楼で、今見えている廃墟も教会跡です。
かって城主が馬車で事故をしたものの、奇跡的に怪我もせずに助かったのを感謝し
建てた物だそう。  

5-021_GF.jpg



右下に見える門をくぐり、奥に行きますが、ご丁寧に跳ね橋までついています。

5-2-036_GF.jpg

戻り道の際、ちょうどフルハウスの車がやって来たので、上手く通れるかどうか楽しみに
見つめましたが、ゆっくりと慎重に、通り抜けました。 残念。



跳ね橋を通り抜けた門の内部で止まり、ガイドさんが逆に城壁などにある穴は
何のためか知っているか、と質問。
       
6-022_GF.jpg

はい、こちらの城壁などに時に穴がありますね。 あれは、修理を要する時等に
材木を突っ込み足場を作るため、なのだそうです。
勉強になりますねぇ! これからいつも学生たちの見学について行こうかしらん。



これは、城壁の外に下がる跳ね橋の重し。

7-023_GF.jpg



跳ね橋を通り、ゆるゆると坂道を上ると正面奥にこんな新しい建物が。
   
8-025_GF.jpg

これは、このコッラルトの城主がヴェネツィア共和国の元に入って後、18世紀だったか
共和国のドージェになることを望み、田舎者では無いという事を見せる為に
建設した館なのだとか。
       


上の写真の右側に続いている城壁。 その中程に、こんなテラスに続く場所が。
両脇の緑はジャスミンです。

9-026_GF.jpg

お天気が大変変わりやすい日で、日が射すかと思うと突然大粒の雨が来たり。



で、この平野を見晴らす素晴しいテラスに、ローマ期小さな石棺があり、
テルトゥッラという女の子の名前が刻まれています。

10-027_GF.jpg



奥の城館を見学に。 中世の城を見たくて来たのが、新しい館のみでいささかがっくり。

11-032_GF.jpg



建物内の壁にはこういった武具の展示も少し。 これは素晴しい細工の胴当てですが、
中には鉄砲の穴の大きさにへっこんだ物もあり、そういうのは試し撃ちに使った物だとか。

12-031_GF.jpg



現在この新しい城館は、結婚式場にも使われているとかで、素晴しいシャンデリアも。

13-033_GF.jpg



建物の入口部分から。 前に見える教会の廃墟、そして以前あった古いお城の主塔も、
現在ありません。

14-028_GF.jpg

第一次大戦の際爆撃破壊されたとは読み、てっきり敵側の攻撃と思っていましが、
ではなく、敵側がここにというのでイタリア軍が爆撃したのだそうで、あ~あ!!
    


教会の廃墟、彫像群、一面に広がるヴェネト平野の眺望。 綺麗に手入れされた庭園。
見事に咲き乱れる花ばな。
なんとなく出来すぎた舞台装置のような・・!

15-030_GF.jpg

いつも国道筋から眺める中世の城の威容に是非中を見たいもの、と願っていましたが、
実際見てみるとまさに夢の跡なのでした!!



城館の裏庭から見た眺め。 こちらにも葡萄畑が広がります。

16-034_GF.jpg

そう言えばこのお城、城館で春に白ワインのお祭りがありますが、
素晴しい眺めで、、美味しい白ワインも一際美味しい事でしょうね!



これは先ほどのテラスから見た、コネリアーノ方面。
煙っていて見え難いですが、中央の山の上にコネリアーノのお城の塔が。

17-035_GF.jpg

左手前の大きな白い建物は、ヴェネトの庶民の生活、農作業、職人の仕事に関する
道具類などが展示された博物館で、ここも一度訪れたい物。

追記:「人間博物館」というこの博物館を後年訪問しましたが、コレクションは凄い物の
    整理が行き届かずのままで・・。  2019.1.2



右の建物が、このお城の持ち主の住居部分。

18-037_GF.jpg

後日談があります。 アンナリーザは、英語ドイツ語を教えているのですが、
この8月の最初の事、16歳の清楚な少女ジネーヴラに英会話を教えたそうです。

泳ぎにプールに行ったというので、うん、何処のプールに?
するともじもじしながら、「家のプールに」。
帰り道、同じ方向だからと車で送るのに、スセガーナというので、スセガーナのどこか、
と聞くと、「お城です」と小さい声で。

急いでいて、勧めてくれたのに中に入らなかったそうで、聞くほうも少し残念。
ご一家は何時もはヴェローナに住んでいて、夏の間だけこちらに来られるのだそう。
こんな話も、なんとなく夢物語みたいですね。
       
ここから西に行ったチゾンにある、カステル・ブランドのご案内
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462784366.html


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント