・ ポルトグルアーロ ・ 古くからの、川の港の町 

こちらはこの所、毎日暑い日が続いています。
テントを下ろし、雨戸を殆ど閉め、窓も閉めて薄暗くヒンヤリした中で、
ゴキブリみたいにちょろちょろと過ごしていますが、日曜には頑張って少し遠出を。
車の実習も欠かせませんし、日曜は道もあまり混雑しないので。

今日は先日行って来ました ポルトグルアーロ・Portogruaroのご紹介です。 
川の流れの美しい小さな町です。  どうぞ!

まず、ポルトグルアーロの位置からご覧下さい。ちょうど良い地図が見つからず、
ナヴィゲーターから拝借で、緑の旗が立っている所です。

1-1-portogruaro_GF.jpg

私はConegliano・コネリアーノと、Vittorio Veneto・ヴィットリオ・ヴェネトの
中間に住んでいますから、南東のOderzo・オデルツォ経由で往き、
帰りは真っ直ぐ北に向かい、Udine・ウーディネからの道に出て戻りました。
どちらも、片道約60キロほど、車で約50分の行程です。



ポルトグルアーロとは「グルアーロ川の港」を意味し、以前ご紹介の「ポルトブッフォレ」
と同じですね。 町の古い中心を流れるグルアーロ川は南に下り、カオルレ・Caorle 
という海辺の町の干潟に注ぎ、ここから西に65kmほどにヴェネツィアです。

1-2-010_t_GF.jpg

つまりヴェネト平野からフリウリ平野にかけての、物資荷物運搬の川の港、
そして交通の要所でもあったのですね。
この写真には写っておりませんが、小舟が係留されているのを幾つか見かけましたし、
かっては漁師たちもたくさんいたようです。



古くから栄えた町の中心には13世紀頃の古い建物から、ヴェネツィア・ルネッサンス様式の
建物などがたくさん残り、建物の下のポルティコも続きます。
のんびりとした、日曜の朝の風景。

2-013_t_GF.jpg



町の中心に向かう橋を渡っていましたら、向こうから白鳥の一家がゆっくり滑るように。
かなり大きくなったグレイの子が6つ続き、親は前後を固め。

3-006_t_GF.jpg



町の中心広場・ピアッツァ・レプッブリカから見える、一筋向こうのドゥオーモの鐘楼と、
手前の騎馬像は、戦没者の慰霊碑。

4-015_t_GF.jpg

鐘楼はご覧の通り、かなり傾いているので有名で、ヴェネトではもうひとつブラーノ島の
鐘楼もかなりの斜塔です。
       


レプッブリカ広場の奥に見える中世の建物、現在は市役所・コムーネで、
先程の騎馬像が前に。

5-016_t_GF.jpg

コムーネと広場の右に並ぶ建物群の間を抜けると、グルアーロ川の畔にある
ぺスケリーア・魚市場と呼ばれる、素敵な場所に出ます。



上の写真、コムーネに見える階段の脇と建物の前には、ローマ期の柱頭部と見られる
頭部が5つ、置かれていますが、鳩達は、恋の駆け引きに忙しく・・

6-018_t_GF.jpg



コムーネの前を、金髪のマンマと濃い茶髪のボクが行きます。

7-021_t_GF.jpg

ずっとずっと以前、まだまだPCも持たず、ラジオ・ジャパンを短波で聞いていた頃、
「ちゃぱつ」という言葉が出て、何かまるで見当がつかなかった事が!ははは。



ペスケリーア・魚市場と呼ばれるのは、かってここで魚市場が開かれていたとの事で、
古い絵葉書にもその様子が残っているそうで、海沿いの町カオルレとの繋がりですね。

8-024_t_GF.jpg

日曜の朝とあって親子連れがたくさん集まり、鴨や、白鳥にエサをやっていますが、
女性達は既にすっかり夏姿。



上の写真の川上側。 この町のもう一つのシンボルといえる2つ並んだ水車小屋。
水車は今も動いてはいますが、実働せずで。

9-029_t_GF.jpg

少し段差のある堰から落ちる水音。 そして、この広がりの美しさ。
心までが明るく軽くなる思い、の場所です。



そして、手前側。 この建物は15世紀のものだそうで、屋根上に小さな鐘楼と十字架が
見えますが、この建物の中心にPojana・ポヤーナと呼ばれる聖母への祈祷所が。

10-032_t_GF.jpg



これが建物内部にある聖母の祈祷所。

11-035_t_GF.jpg

初めて見た時、まさに日本の小さな祠を思い浮かべたものです。 そう思われません?
一度冬の夕方に訪れた時、たくさんの赤い蝋燭が点されており、
美しく、とても暖かく、みつめました。

祈祷所の周囲は通り抜けれる様になっており、すぐ後にはバールのテラスがあり、
たくさんの人がお喋りに余念無く。



祈祷所の横を抜けて、川上側から。 柳が、どっしりと枝を垂らし、水草が揺れ。
      
12-042_t_GF.jpg

手前の突堤の先にいる、ライオン君、見えますか?



少しアップに。 手の下に、何を持っていたんだろう? 獲物の動物かな?

13-036_t_GF.jpg



川水はかなり透明で、ホラ、ご覧の通り。

14-047_t_GF.jpg



川上側を通り、ぺスケリーア向かい側の小道に出れます。
広場の感じ、祈祷所のある場所、お分かりでしょうか。

15-045_t_GF.jpg



祈祷所に続くバールのテラス。
  
16-049_t_GF.jpg     

横を通りながら眺めましたが、ほとんどが年配の男性たちでしたね、ここは。
それにしても素敵な場所です。



こちらの小道は、川向かいの建物の下になり、ノウゼンカツラの赤い花がたくさんで、
すっかり夏日和です。

17-051_t_GF.jpg



この町の繁栄の頂点は17世紀だったといいますが、通りに残るどっしりの大きな建物には
フレスコ画の名残が見られ、ポルティコの道が続き、繁栄した大きな町だったのが窺えます。

18-044_t_GF.jpg

突き当りの道を右に行くと国鉄駅に出て、ヴェネツィアからトリエステ行きで1時間前後、
ええ、楽に来る事ができますよ。



鐘楼の脇、ドゥオモの脇を抜け、最初の中心広場の方に。
鐘楼横の広場の、バールのテラス。ここでもお喋りに熱中する人々。

19-058_t_GF.jpg

鐘楼の傾き具合に、ご注目!



ドゥオモではちょうど日曜の朝のミサ中でパスし。 これは広場の向かい並びの建物群。
町の旧市街に当り、少し小さい目の古い建物群が続きます。

20-054_t_GF.jpg

如何にも日曜の朝らしく、のんびりと、自転車が道の真ん中を走り、
あちらでもこちらでも、お喋りの輪が。



少し南に下り、振り返り。 この町には、椰子の木がたくさんあり、南国的な雰囲気で。
ヴェネトの町でも、これは珍しいような・・。

21-063_t_GF.jpg



一旦市門を出ますが、もう少し古い町の部分が続きます。
15世紀の建物、という軒下に見えたフレスコ画の名残。 このポンペイの赤を思わせる
壁の色は、他の建物にもあり、この町に多く見られます。

22-066_t_GF.jpg



また市門の中に戻り、古い部分を辿ると、ポルティコの入口に、こんなライオンが。
右に見える子供の様な人物と共に、何かの逸話を現しているようですが。

23-067_t_GF.jpg



町の旧部分を取り囲むように、外の通りには比較的新しい、ゴシック・ルネッサンス様式
の建物が続きますが、かっての華やかさを偲ばせる様なこの赤い色。

24-073_t_GF.jpg       

    

インフォメーションは閉まっていましたが、ウィンドウにあった町の行事写真を。
どうやら、8月15日の夜に行われる、ペスキエーラの聖母のお祭りの様。

25-069_t_GF.jpg



こちらは、旗振り競技ですが、いつ行われるのかな?
旗振り競技は、大方のお祭りにいつも出て来るのが習わしですが・・。

26-070_t_GF.jpg

https://www.comune.portogruaro.ve.it/it
が、コムーネのサイトです。
       

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント