・ ボローニャ ・ Bologna ・ 美食と意外性の街

今日は月一度ご登場のグロリオーザさんのご案内で、ボローニャのご案内を。  
街は、ちょうどヴェネツィアとフィレンツェの中間辺り。 コメントも彼です。どうぞ!
今回は、美食と意外性の街「ボローニャ」の紹介です。
***

ボローニャは、フィレンツェ・トスカーナの北部、エミリア・ロマーニャ州の州都で、  
私はフィレンツェから電車で行きました。インターシティで約1時間。
  
この街を表現するのに、La città Grossa Dotta Rossa と言うそうです。 
太った、学識ある、赤い街ですね。 その理由も含めて紹介しましょう。

この街で、最も印象的だったのが、このサン・ドメニコ教会です。

1-0024_t_GF.jpg

1770年にモーツアルトが訪れて、パイプオルガンを弾いたところだそうですが、
右奥にある礼拝堂はイエスのフレスコ画の美しさに加えて、祭壇にはミケランジェロの
彫刻もあり、荘厳な雰囲気。
  
この日は地元の中学生の団体が見学に来て、賛美歌を歌っており、
清らかな気持ちになりました。



中心部のマッジョーレ広場にあるサン・ペトローニオ聖堂。1390年に建設が
始まりましたが、政敵だったフィレンツェの、サンタマリア・デル・フィオーレ教会
以上のものを造ろうと、大規模な計画を立て、

2-30012_t_GF.jpg

16世紀にはさらにローマで再建が始まったサン・ピエトロ大聖堂を超えようとし、
結局財政難で中断して、ファザードが未完成のままです。
       
ただし、あくまでも中断で、中止ではない ところがすごい。



同聖堂内部で、全体的に赤味がかった色調が、ほんのりと落ち着いた心に
させてくれる場所でした。
  
3-30015_t_GF.jpg


前文のRossaは、街全体が赤い屋根や赤いポルティコ(街路の柱廊)で
占められている事と、70年代から80年代にかけて、この街はイタリア共産党の
支配下にあり、都市再建のリーダーになっていた事などが、「赤」のイメージで語られます。


外に出ると、広場に、ジャンボローニャ作の「ネプチューンの噴水」がありますが、  
私はネプチューンよりもその下にある、おっぱいから水を出している女性像に、
目が点になりました。

4-30007_t_GF.jpg

ここが市民の待ち合わせ場所だそうです。



ボローニャの「世界一」はこのポルティコです。 街中にこうした柱廊が続いており、
全体で、42キロにもなるということです。

5-30051_t_GF.jpg



従って、雨が降っても傘などは必要なし。 ある場所ではこのスペースを利用して、
リストランテが営業していました。 
    
6-30029_t_GF.jpg
   
このポルティコのすぐ近くで、昼食を取りましたが、ここエミリア・ロマーニャ州は
美食でも有名です。 パルミジャーノや、パルマハムのパルマはすぐ近くですし、
ボロネーゼスパゲッティはここが本場です。
  
私はアンティパスト・ミストで肉を選択したら、ハムが山盛りになって出てきました。
これと、ひき肉が入ったそら豆のような形のパスタ「トルテッリーニ」で、腹がパンク寸前に。
うまかったけど苦しかった(料理の写真がなくてすみません)。
こんな食事をしていたら間違いなく、Grossaになります。



1088年開学、ヨーロッパ最古の大学とされるボローニャ大学は、今アルキジンナージオ宮殿
として開放されていて、この二階にあるのが、世界初の人体解剖を行ったという解剖室です。

7-30026_t_GF.jpg

女子高生らしき団体と一緒でしたが、なぜか先生の解説より日本人に興味があったらしく、
皆じろじろと私を見ていました。



解剖室近くの廊下天井です。 こんな豪華な天井を持つ大学なんて、他には知りません。  
こうした学問の歴史が、Dottaという言葉に繋がるのでしょう。

8-30056_t_GF.jpg



サンタ・マリア・デッラ・ヴィータ教会という小さな教会で意外なものに出会いました。  
「死せるキリストへの哀悼」というテラコッタ彫刻群。
  
9-30043_t_GF.jpg

キリストの遺体(中央下)を取り囲むように聖母マリア、福音書記者ヨハネ、マグダラの
マリアなど6人が配置され、女性たちの嘆きの身振り、表情は、これまでのどの絵画や
彫刻にもなかったような、激情があふれ出ていました。
  
特に、マグダラのマリア(右端)は、衣を大きく翻して今にもイエスに飛び掛りそう。
嘆きというより、絶叫の声が聞こえてきそうな迫力でした。 ニッコロ・デッラ・ルーカ作。  
ボローニャに行かれたら、是非是非ご覧になってください。



マッジョーレ広場近くの図書館前の壁に、数百人の顔写真がずらりと並んでいます。  
第二次大戦末期、イタリア解放の為に戦ったパルチザンが、ナチス軍によって虐殺された、
悲惨な歴史がありますが、その犠牲者の顔写真です。

10-30004_t_GF.jpg

最もにぎやかな広場に、これだけの大きさで写真を掲げているのは、
その歴史を繰り返さないための、強いメッセージなのでしょう。



もう一つ、慰霊碑が駅構内にあります。

11-30027_t_GF.jpg

1980年8月2日、駅待合室で右翼の爆弾テロによって多数の死者が出ました。  
その事実を決して忘れまいと、事件現場に犠牲者の名前を刻んだ、慰霊の碑が
建てられたのでした。

この中に「SEKIGUCHI IWAO 20」という名前もあります。  
早稲田大学生の彼が、旅行中にこのテロに巻き込まれたのです。



暗い話が続いたので、最後は明るく終りましょう。
聖ドメニコ教会前で出会った、イタリアの子供たち。 中学生でしょうか、
「写真を撮らせてね」というと、「プレーゴ」と快諾してくれました。

12-1-30057_t_GF.jpg

みんな、体つきも表情も、はちきれんばかりに元気一杯でした。
  


如何でしたか、グロリオーザさんご案内のボローニャは?
私も一度だけですが、ボローニャに行った事があり、少し知っているので、
彼の写真が大変気に入りました。

大きな街、というイメージがあったのですが、調べてみると、人口は43万ほど! 
何せスコミーゴ村の住人ですから、今はどこに行っても、目が回ります!
駅トイレの個室内に、注射器回収用の箱が備え付けてあり、それだけで「ひぇ~!」と、
ひるんだ事を覚えていますし、街に物乞いの多い事にも、かなり驚いたものです。

が、毎年のイタリアの街のランキングでは必ず、ボローニャが登場、
「都市生活を楽しめる街」と、時にはトップになるほどの街です。 
いわゆる、都会らしい街 という事なのでしょう。

古いイタリアの街は、中心部の古い建物の修復が思うに任せぬと、スラム化して、
悪の巣窟と化しかねませんが、このボローニャでは、こうした中心部の古い建物が上手く、
内装のみモダンに修復され、新しく街の中心部として機能しているようです。

文中にもある通り、ヨーロッパ最古の大学が開かれた街でもあり、美食でも有名、
日本でも有名な、「絵本展」も開かれ、静謐な、白い静物画のモランディの街でもあり。

そして、長年の左派による市政から 「真っ赤なボローニャ」と。 最近一期のみ右派に
なリましたが、その後2004年から再度、左派による市政に戻っています。 
現市長はセルジョ・コッフェラーティ、チネーゼ(中国人)というニックネームを持つ
左派組合委員長出身で、現左派政権首相のプローディも、ボローニャに住んでいます。   


ボローニャの街にも、かっては運河が縦横に行きかい、カザノヴァは、この街から船で
ヴェネツィアまで行ったそう。
今日のグロリオーザさんの写真にはありませんが、この中心街に、中世の塔が
2本並んでいて、高い方の塔は97Mで、登れます。

薄暗い電気のついている塔の中、ぎしぎし鳴る梯子のような階段を、つかまりながら
ハァハァと登りましたので、次の機会には、上からの眺めをご覧頂きましょう。

市のサイトは http://www.comune.bologna.it/
     


最後に、私の大好きなボローニャ出身の歌手、ルーチョ・ダッラの「ピアッツァ・グランデ」
という、マッジョーレ広場を想わせる、歌詞とYoutubeのご紹介で終わります。

まずは、彼の写真をご覧頂いて。  ルーチョ・ダッラ ・ Lucio Dalla

12-2-34152_t_t.jpg

Youtubeのヴィデオをどうぞ。 イタリア各地のピアッツァ・グランデの写真と共に。
https://www.youtube.com/watch?v=flLU4H89-ok&list=RDflLU4H89-ok

ピアッツァ・グランデ

私に昼食をおごってくれる聖人達はいない
ピアッツァ・グランデのベンチの上
私ほど商人みたいに飢えている者は他にいない。
草の上で眠り、周囲にはたくさんの友達がいる
ピアッツァ・グランデの恋人たち
彼らの厄介事、彼らの愛もすべて知っている
間違っていても、いなくても。

私なりに、私だって愛撫されたい。
私なりに、私だって夢を見たい。

私の、本当の家族はいない
そして私の家はピアッツァ・グランデ
私を信じる人からのみ愛され
私ができる範囲で、愛する。
私に寛大な女は、いない
ピアッツァ・グランデで愛を掠め取る
ありがたい事に、私ほど悪いやつは此処にはいない。

私なりに、私だって愛撫されたい。
私なりに、私だって夢を見たい。
 
でも、自分の人生は決して決して変えない
私なりに、今の私は自分が望んだ自分
私を包む白いシーツは持っていない
ピアッツァ・グランデの星空の下
もし人生に夢がないなら、私が持っているのを上げよう。
そしてもう、私のような者がいないなら
ピアッツァ・グランデで死にたい
私の周りにいる、私の様に主人を持たない猫たちの間で


先年亡くなった彼の暖かい声、素敵な歌を再度聴きながら、
ちょっとこみ上げるものが。 やはり彼の歌は素晴らしい!!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント