・ パドヴァ ・ ファットーリ展覧会 お昼 カフェ・ペドロッキ

この水曜にパドヴァに展覧会を見に出かけてきましたので、
日本では余り有名でないと思われる、がこちらではイタリア印象派の第一人者と
見なされる画家の作品と、お昼、カフェ・ペドロッキでのカフェ休憩をご覧下さいね。

当日は友人のルイーザと2人。 というのも他の友人達はガルダ湖のシルミオーネと、
ガブリエーレ・ダヌンツィオのヴィットリアーレ見学にグループで出かけていて、
3月末までのこの展覧会がどうしても見たい彼女と、天気予報を睨みつつ
出かけたというわけでした。


上は、パドヴァ駅に到着後、駅のバールでエネルギー補充の、カフェとドーナッツ。
勿論朝食は済ませて出かけていましたが、ははは。
上の齧りかけのクロワッサンは、ルイーザの物。

1-049_GF.jpg

展覧会は、ジョヴァンニ・ファットーリ・Giovanni Fattori
(Livorno 1825 - Firenze 1908) という画家で、19世紀後半のイタリアで、
フランス印象派の先駆けとも言えるマッキアイオーリ・Macchiaioli(色斑派とでも)と
呼ばれる運動の第一人者と見なされている画家の展覧会。

この自画像は1854年、画家が29歳の物。 

2-Zabarella.jpg



会場となったパラッツォ・ザバレッラ・Palazzo Zabarella

3-089s-_GF.jpg

会場のザバレッラ邸の正面は、以前の写真で。
この正面は道に面しているのではなく、狭い小路から塀をくぐった内庭にあるもの。

パドヴァの街の、ちょっぴりお散歩
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462330622.html

n.3 パドヴァ ・ 黄金の世紀 の 2
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462330356.html

n.2 パドヴァ ・ 黄金の世紀 の 1
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462330115.html

n.1 パードヴァ、 でございます!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462329871.html
       


入り口ホール。 柱に上手く、展覧会の呼び物である絵が展示されているでしょう?

4-052_GF.jpg



ホール左手のブック・ショップ。

5-051_GF.jpg



会場内は写真禁止で、これは画家の初期作品の展示があった1階から、2階会場に
上がる階段周りの様子。 なかなか豪華な、かっての邸宅でしょう?

6-050_GF.jpg


画家に付いては経歴よりも絵を見ていただくのが一番と、ははは、
サイトから展覧会で見た絵と同じ作品を探し出し、実物に近いと思われた色、
そしてshinkaiが良いと思った物に絞り、ご覧頂きますね。

初期の、小さな板に描かれた物、 1859年 フランス兵

7-1859.jpg

会場での説明を読んでのルイーザの話に寄ると、従軍画家として働いた時期があったと。



こちらはかなり大きく、当時のイタリア統一戦争時の戦闘を描いた物。
マジェンタの戦い、1861-62 232x384cm

8-battaglia di Magenta.jpg

でもご覧くださいね、馬たちはまだ止まった姿。



初期の肖像画の素晴らしい物から、これは従姉妹さんだったかな、
写真自体がピン甘で、目にピッとハイライトが入っているのも見えず・・!

9-toris-.jpg



大体40歳位の作品に、今のshinkaiが良いなぁ、と思うものがあり、
色は大体写真に近いのですが、全体の雰囲気は実物にはとても不足で残念!!

10-Fattori.jpg

11-Arno-at-Bellariva.jpg



草を集める女性達の大作で、1866年
この中の一番左の後ろ向きの女性、彼はこの姿が気に入りだったのでしょう、
何枚かにこの姿が登場します。

12-03.jpg



ここに走る馬が登場し、 逃げる馬

13-58879.jpg



これが「白い壁」とか「哨兵」と呼ばれる彼の代表作といえるもので、
1872年 板に油彩 37x56cm

14-piantoni.jpg

一番色が実物と近いものを探しましたが、
100点ほどの展示の中で、やはりこれが一番良いと思ったです!

白い広い壁に、色としてはどんより加減の空、そして軍服の色、
真昼の空気がぐ~んと広がり、なんとも素晴らしいもの!!

手前の馬の脚などに、ちょっと濃茶のアウトラインが入っているのですが、
それもここではまるで気にならずですが、
後年の作品になると、めったやたらにこの色のアウトラインが目に付き、
こんな広い空間がなくなり、群像のうるささが目に付く感じで・・。失礼。

マッキアイオーリ派という言葉を上記しましたが、1859年ごろフィレンツェの
カフェ・ミケランジェロに通う画家や芸術家達の間に起こったもので、
フランス・印象派の先駆けであるバルビゾン派、1830年頃よりのコローやミレーの、
戸外の風景を描いた物に影響を受け、ただし彼らは屋内で描いたのに対し、
マッキアイオーリ派は、直接に戸外で描いたのですね。

マッキアイオーリ、色斑派という言葉は、勿論それまで画家達が古代の逸話などに
エピソードを求めて屋内で、アカデミックに塗りをすべらかに、色の調子を整え
描いたものに対して、
戸外で、色を直接に、濃淡、光りと影で置いて行く画法を皮肉って名付けたものですが、
これが1870年頃からのフランス印象派の先駆けとなりました。

ただし、印象派は色が先に見え、時に描かれる姿が朧になりますが、イタリアの
マッキアイオーリは、そこまでは行かなかった、というのが、今回あれこれ見ての感想で。



午睡。  明るい戸外の空、草の色などなど、1870~73 キャンヴァス 72,5x35

15-08_30.jpg
       
農民達が木陰でお昼寝の最中、牛達は繋がれたまま陽を浴び、荷車を守らされ・・、
というのが、正直な所、最初に絵の出来よりshinkaiの頭に浮かんだ感想・・! 

白い大きな牛、キアニーナ種と思うのですが、何枚もの彼の絵に、様々に登場します。
牛の白さがアクセントにもなり、農民達の働く姿、戸外の空気が良く伝わって来ますが、
一枚素敵だと思ったのは、サイトでは見つかりませんでした。



ラ・ロトンダ・デイ・バーニ・パルミエーリ 1866年 板に油彩 12x35cm
いかにも印象派的でしょう?

16-Fattori.jpg



こちらも板の小品。 戸外に座る婦人像。

17-signora seduta all'aperto.jpg



女学生。 1893年 板に油彩 25x17cm
少し力が弱いかなと思ってみたのでしたが、晩年の作品でした。

18-La_scolarina.jpg



ちょいちょい生まれ故郷のリボルノに戻ってはいたようですが、
長年住んでいた割りには、フィレンツェ街中の作品が少ない様で、
       
ヴェッキオ橋 1870年頃 板に油彩 20,5x32,5cm

19-Ponte_Vecchio.jpg
       


赤い頬 1880年 40x29cm

20-gotine rosse.jpg



後年の作品に、初期の戦争画とは違って、もっと荒々しい迫力が加わったのが
何枚も登場します。

突撃 1877年頃

21-sforzesca.jpg
      
若者達が夢見たイタリア国家統一運動がなったものの、社会的規律の改善には
至らずの苦さを噛みしめ、晩年の経済的な生活困難など、
そんな鬱屈した思いが吹き出したかの様な厳しい物が見え、この辺り、
単なるマッキアイオーリではなく、イタリア現実主義者とも見なされるのでしょうが、
鐙を踏み外し落馬し、荒々しく馬に引きずられる絶望的な兵の姿などもありました。



フィレンツェの美術学校アッカデミアでの、晩年の姿。 ここで学び、教えた彼の
アトリエでの様子ですが、

22-studio-e-insegnò.jpg

左背後に見える大作、トスカーナの湿地帯マレンマでの馬や牛と牧童達の、晩年の
作品が何枚か来ておりましたが、このように素晴らしいと思えるのが無く、パスです。



1888年から90年ごろの作品に版画があり、何枚かありましたが、その中で気にいった、
積み藁と牛。

23-6531.jpg
 
会期の終盤に近く、余り見学者も多くないので、ルイーザと2人でゆっくり見ながら
一周し、再度気に入ったのを見にもう一度。

絵のすぐ傍に寄れ、?と思ったのは絵に顔を近づけ見る事も出来るので、
イタリアでこうして展覧会を見れるのは、気に入っていますし、
中の1枚か2枚でも、気に入った絵が見つかるのは大きな刺激で、勉強になります。



天気予報ではこの日は終日曇りで、朝も冷え込んでいたのですが、
朝電車でヴェネツィアに行く間に青空が見え始め、暖かい良いお天気の一日に。

会場から出て来ての、中庭の向こう。

24-4053_GF.jpg



会場近くにも、お昼を食べるのに良さそうなのを見つけましたが、今回はもう一度
中心に戻ってセルフ・サーヴィスの店ブレック・Brekに。
こちらは裏通りに面した広い側面、入り口。

25-060_GF.jpg



右奥にサラダ・バーや、ピッツァ部門、左手にグリルやパスタ部があり、

26-059_GF.jpg



セルフでお皿に取り、会計で支払いを、

28-057_GF.jpg



2人とも魚介のリゾットに、野菜類、生ビールの小で、12,2エウロ!

27-054_GF.jpg
       
野菜はほうれん草に、ジャガイモのグリル、ヴェルザの煮物で、全部は到底食べ切れず。



1時少し過ぎで、特別満員でもなくやれやれ。2階も広く、テーブルがたくさんあり。

29-058_GF.jpg

お昼の後は、腹ごなしにデパート・リナシェンテに行き、家庭用品部門で
ぶらぶらと品定めをし、ルイーザは孫達への小さなぬいぐるみを、
shinkaiは藍の柄が入ったレンゲを見つけ一つ、3,9エウロなり!



その後にカフェ・ペドロッキ・Caffè Pedrocchiに行きまして、

30-061_GF.jpg     

かねてより念願の、ははは、おのぼりさんのカフェ・タイムをね。
というのも、何度も前を通りながら未だにカフェをした事が無く、ジュリアーナと
一緒だと、彼女はこういうのにはOKを出さないので、ははは、
今回は行きの電車の中でルイーザに交渉、快くOKを取りまして・・!



はい、こちらがカフェ・ペドロッキの、カフェ・ペドロッキ!
手前のピンボケがshinkaiの、はは、デカフェイーナので、カフェの上に生クリームとミント、
そしてその上にチョコレートの粉と思うのが振りかけてあり、これで5エウロ! ははは。

31-062_GF.jpg

お砂糖も何も入れずにこのままで、と言われまして、
これが生クリームで熱いカフェではなかったですが、美味しかったぁ!!
ミントもほんのりで、甘さもちょうどで誠にクリーミー!
付いて来たクッキーも美味しかったし、



向こうの隅のテーブルで、一皿盛りの料理を食べているのを眺めつつ、

32-063_GF.jpg     

何を食べている? 幾らする? とルイーザとひそひそ話し、お昼の一皿料理位なら、
そんなに高くは無い筈よね、次回にはお昼を試してみようね、という事に、ははは。



若いウェイターの後ろ髪、ははは。
一番上だけ残しそれを後ろで結んでいるのが、ちょん髷みたいでね、はは。

33-065_GF.jpg



こうして予定をこなし、早めに戻ります。 

34-066_GF.jpg



スクロヴェーニ礼拝堂の横を流れる川。

35-068_GF.jpg

パドヴァには見所が多く、知らない場所もたくさんなのですが、我が町コネリアーノ
からだと、ヴェネツィア・メストレで乗換え、おまけに各駅停車だった朝は
1時間半以上かかりましたが、戻りは大変スムースに1時間ほど。
次回はこういうのにも気をつけ、も少し気軽に出かけようと、話した事でした。



最後は戻りの電車の中、斜め向かいで少し居眠りしていた女性。
ショワショワの髪が素敵な美人!

36-070_GF.jpg        

という、パドヴァにお出かけの一日でした。     


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント