・ カステルフランコの町 ・ ジョルジョーネ展

ヴェネツィア・アッカデミア美術館所蔵の名作ジョルジョーネの「テンペスタ」に、
4月上旬まで開催のジョルジョーネ展で、久し振りに出会いました。

1-007.jpg

没後500年記念のこの展覧会は、生地カステルフランコ・Castelfrancoの、
彼の家とされている博物館での開催で、久し振りにこの町を訪問。
  
カステルフランコの、以前ご紹介の緑滴る町の様子はこちらで。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462521345.html     

この「テンペスタ」の絵の謎、そして人物のモデルについては



カステルフランコはどこにあるか、地図をどうぞ。
ヴェネツィアの北西に位置し、電車だとトゥレヴィーゾ・Treviso経由か、
またはパドヴァ・Padovaからも。

2-ca_GF.jpg

地図をご覧頂くと、ヴェネト平野に於けるカステルフランコの位置が大変重要
だった事が良くお分かり頂けると思います。
トゥレヴィーゾから西に30k、パドヴァから北に40k、西のヴィチェンツァから35k、
ヴェネツィアからは北西に直線距離で45k。

でこの町の起こりは、12世紀の末にトゥレヴィーゾから、西のヴィチェンツァ、
南のパドヴァに対する砦としての移殖政策に由ります。

カステルフランコの「フランコ」は、移植民に対する税免除を意味し、
守備兵士の砦ではなく、商業農業の取引の場としても重要だったのですね。
税免除を意味する「カステルフランコ」という地名はあちこちにあり、
検索、地名探しには、カステルフランコ・ヴェネトと特定します。


古い町の中心部はご覧の様に城壁と堀に囲まれ、大きな橋はこの西側と、東、
北と3ヶ所にあり、今はこうして石の橋ですが、かっては跳ね橋だったと。

3-006_GF.jpg



上の写真の堀を渡っての門で、現在この左脇にインフォメーション。 ご覧の様に、
ジョルジョーネ展のポスター、垂れ幕があちこちに見え、町はジョルジョーネ展
一色なのでした。

4-009_GF.jpg



城壁内はほんとに小さく、先ほどの門を入るとすぐに東の門と市の塔が見え、
電飾の飾りは、クリスマス用のまま。

5-010_GF.jpg

左手中程の白いアーチの建物が市役所で、かっての執政官の建物跡に
19世紀に建て替えられたものと。



こちらが市役所の正面側、ドゥオーモの前から。
中世の町中にあると新しく見えますが、真ん中に18世紀の礼拝堂を内蔵。

6-013_GF.jpg



町の中心、城壁内部分の地図をどうぞ。
左下の門から入り、まっすぐに見えた市の塔 1、 市役所は真ん中 7
ドゥオーモ 16、 ジョルジョーネの家、博物館 17で、ここが今回の会場
2は、死者の塔・Torre dei morti.

7-a2_GF.jpg

他にご案内する場所もついでに。
4 劇場 テアトロ・アッカデミコ、 12 国立音楽大学
13 トゥーツィオ・コスタンツォの家
ご覧の様に城壁はほぼ真四角で、一辺の長さが約230m、
現在残る塔は四隅の塔と、市の塔、死者の塔と6つですが、元は8塔あったと。



こちらがドゥオーモ、左奥のクリーム色の建物がジョルジョーネの家とされる博物館。
ドゥオーモはかってのロマネスクの教会の場所に18世紀に建設されたもので、
右の小路の奥に見えるのが死者の塔。

8-012_GF.jpg

ドゥオーモの右脇に細い階段が付いているのが分かりますか?教会内からも
抜けれますが、ここにコスタンツォの礼拝堂があり、
ジョルジョーネの素晴らしい祭壇画・Pala di Giorgioneが。



こちらがその祭壇画。 フラッシュなしで写真OKでしたが、ガラスが反射し、
これはサイトからの拝借。
大変美しい静謐な作品で、穏やかな明るい光に満ち、深い瞑想に誘われる感が。

9-01.jpg



後でご紹介するテアトロ・アッカデミコで、懐かしいポスターに再会。
以前は、家博物館内に残るフレスコ画の清新さに魅かれていましたが、
これで見た聖母のまなざしに魅かれ、ジョルジョーネに興味を持つ切っ掛けでした。
  
10-045_GF.jpg

この作品は一度盗まれて戻り修復に、で長らく町に戻らなかったのですね。
その経緯をこちらに書いた事がありますので、どうぞ。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461060181.html      



祭壇画の下部分の左、若い兵士マッテーオ・コスタンツォ・Matteo Costanzo
が23歳の若さで亡くなり、父親のトゥーツィオ・Tuzioがジョルジョーネに
依頼したのが、この祭壇画と言われます。

11-002.jpg

この鎧はマルタ騎士団員である事を示し、聖人の名が3名ほど挙げられますが、
顔は亡くなったマッテーオと言われ、憂愁に満ち、こちらを見つめます。

展覧会の最初の展示に、祭壇画の依頼者トゥーツィオ・コスタンツォについての
展示があり、彼とアーゾロの女領主カテリーナ・コルナーロとの関係についても
触れておりました。


例により、家に戻り調べ改めて知る事が多く、あれ、見なかった!というやつを・・。
       
これは トゥーツィオ・コスタンツォの住んだ家、地図13。

12-005_GF.jpg

彼はシチリアのメッシーナの生まれでマルタ騎士団に属し、父親ムーツィオ・Muzioは、
カテリーナの夫キプロス王ジャコモ2世に仕え、ジェノヴァ人追い払い功績で、副王に。

息子のトゥーツィオはキプロスには行ったものの、ヴェネツィア共和国の下で
傭兵隊長として働き、キプロス王が亡くなり、カテリーナが政治を執るようになると
ヴェネツィア政府は彼の影響力を恐れ、島に戻ることを許さず、遂にカテリーナが
キプロスをヴェネツィアに献上し、1489年にアーゾロに来る前に、
1475年彼もカステルフランコに。

血筋が良く武勲にも優れたトゥーツィオは、キプロスの縁もあり、アーゾロ領主となった
カテリーナのお気に入りとなり、二人の結びつきは深く、セレニッシマの10人委員会の
注意を引いた程と。

が、息子マッテーオの死に際しジョルジョーネに祭壇画を依頼、ドゥオーモに
コスタンツォ家の礼拝堂を作った事から、漸くこの地に落ち着いたと受け取られた、と。

アーゾロはカステルフランコからも近く、キプロス王家がらみの良家の傭兵隊長が
この町に住み、あの祭壇画を依頼した事を、大変興味深く感じました。
トゥーツィオの年齢が分からないのが残念ですが、カテリーナとはほぼ同年代と
考えて良いのではないかと。
       
アーゾロの領主カテリーナ・コルナーロについては、こちらに。
    

家の壁に見えるトゥーツィオ・コスタンツォの紋章。 祭壇画にもある紋章で、
ライオンの下に見えるのは肋骨を示し、両脇に、T と C とイニシャルが。

13-006_GF.jpg

昨年末の市会議に、市長からこの家の購入提議があった様で、ゴシック様式の
古い家で階段も急で狭く、床の強度にも問題があり、何に使うかも未定の
高い買い物はできない、と大論争になったという記事がサイトにありました。
さて、どうなりますか。
       


サイトで見つけたフレスコ画で、ジョルジョーネ展会場の建物に、つまり博物館にある
というのですが、昔見た時は気がつかず、今回も展示物で一杯で・・。

14-003.jpg

カテリーナ・コルナーロはアーゾロから下ったアルティーヴォレに「バルコ」と呼ばれる
夏の住居、宮殿を造ったのですが、バルコの花壇に寛ぐカテリーナとトゥーツィオだそう。
奥に見えるのが、キプロスの宮殿を表していると。
カテリーナは多分右端なのでしょうが、トゥーツィオがこれでは良く分かりません。
うむ、ジョルジョーネ展が済んだらまた建物を見に行って来よう!

キプロス島をヴェネツィア共和国に引き渡す事については、彼女の実弟ジョルジョが
説得をした様子ですが、夏の宮殿バルコについても、ジョルジョ自身が見た事のある
ウルビーノのモンテフェルトゥロ公、パヴィアのジャン・ガレアッツォ公のバルコについての
情報を与え、それを上回る物をと進言したそう!

今は単に一棟のみが残るバルコですが、かなりの宮殿だった様子。
アルティーヴォレのバルコについても、上の記事リンクでご覧頂けます。

ジョルジョーネの静謐で神秘的な画風は、ヴェネツィア貴族からの依頼が多く、
公的な仕事は2件のみで、ドゥカーレ宮の聴聞室の油彩と、リアルト橋脇の
現郵便局、かってのドイツ商館の正面のフレスコ画のみで、

このフレスコ画の値段について、150ドゥカーティの請求に対し130しか
払われなかった様で、揉めた様子の書類展示があり、大変可笑しかった。

ドイツ商館のジョルジョーネの壁画については、こちらに。
       


お昼を食べ、町の散歩に。

城壁内には大きな建物が並びますが、中庭が覗ける大きな門の上に、
雰囲気のあるフレスコ画。

15-026_GF.jpg



市役所の横を入って来た所にあるテアトロ・アッカデミコ。
18世紀の建設で、こちら手前の入り口部分は後に増設した物と。

16-047_GF.jpg



テアトロ・アッカデミコのロビー。 なかなか素敵でしょう?

17-043_GF.jpg



舞台も小さく席数も少ない、が、美しく素晴らしい劇場。TVニュースで
よく見かける、イタリアの豊かな小さな町にある劇場です。

18-028_GF.jpg



左側はこの様に塞がれていますが、右側、東に当たるこの部分は大きな窓で、
講演会等に使われる時は、カーテンが開けられるのだそう。
たまたま小グループがガイド付きで来て、説明が聞こえ、儲けものでした。

19-033_GF.jpg



天井画。

20-031_GF.jpg



後方のボックス席。

21-034_GF.jpg



舞台の垂れ幕。 垂れ幕が下りているのをTVニュースで見ましたが、
天井と同じモチーフが真ん中に。

22-038_GF.jpg



ボックス席の様子。 人口3万人程の小さな町の劇場とは思えませんね。
如何にこの町が商業交易で豊かであったか、文化的にも高い水準を持っていた事も
偲ばせます。

23-039_GF.jpg



町はジョルジョーネ展一色に染まり、ここにはパンで作った名前。

24-048_GF.jpg



バールか、レストランか良く分かりませんが・・、

25-050_GF.jpg

ガラスに反射して見えるお庭は、


これです、地図の12。 個人住宅ではない様子なので、入ってみました。

26-051_GF.jpg



右手高台にこの建物が見え、ピアノの音が聞こえます。 何かと思いましたら、
かってのバルバレッラ邸・Barbarellaが現在国立の音楽大、
アゴスティーノ・ステッファーニ・Agostino Steffani に。

29-060_GF.jpg

広い空間の大樹に囲まれた音楽大学、なんとも優雅で、建物選択の
センスに感心しました。


細長い中庭の古い井戸、巻き上げ滑車が可愛い形。
向かいの建物も音大使用でしょうが、かっては使用人住居、作業場だったのかも。

28-056_GF.jpg



高台のお屋敷の流れですが、すぐ後ろが城壁。
城壁の高さは約17mで、厚さは1,7m、古い時代の造りで特別な基礎はなく、
16世紀の重火器使用になるとまるで脆く、16世紀初めのカンブライの戦時には
(これについてはまだ・・、ご容赦!)あちこちに損傷や陥落が出たとの事。

29-060_GF.jpg



ドゥオーモ前まで戻り、東の市の塔から城壁外に。
      
30-065_GF.jpg 

これは市の塔の、例によりヴェネツィア共和国シンボルのサン・マルコの
ライオン君と15世紀末の時計。

カステルフランコの町は、パドヴァのダ・カッラーラ家、ヴェローナのスカーラ家
領有の変遷の後、14世紀からヴェネツィア共和国の下で4世紀間の平和を享受。
が、この門内天井部にはダ・カッラーラ家の輪の紋章が今も。



城壁を囲む堀の東南部分。 鐘楼の見える方に行くと、国鉄駅。

31-068_GF.jpg



堀を囲み歩道が巡りますが、彫像が立ち大変良い雰囲気。
堀の向こう城壁外にも散歩道があります。

32-070_GF.jpg



城壁外の北東角、ジョルジョーネ広場が西に広がります。 この辺り一帯、
かっては穀類と家畜市で繁栄した場所ですが、この日も市で大賑わい。

33-071_GF.jpg

正面に見える建物群が良い雰囲気でしょう?年代が古く素朴な建築様式の
3,4階がせいぜいで、空が広く見えます。



堀の北東角に、ジョルジョーネの彫像。

34-072_GF.jpg



堀を囲む東と北の建物群には、フレスコ画がかなり残っています。

35-076_GF.jpg



こんな感じで、フレスコ画のモチーフは神話が多く、人物、動物、植物と多彩。

36-077_GF.jpg



後ろの高いのが、ジョルジョーネ君。 お堀周辺の空気、お分かり頂けますね?

37-078_GF.jpg



城壁とお堀をぐるっと回って、駐車場に戻ります。

38-093_GF.jpg

39-094_GF.jpg



◆おまけの予告宣伝を。
この2月26日から、6月2日まで、我がコネリアーノの町で
チーマ・ダ・コネリアーノ・Cima da Conegliano展が開催されます。

40-008.jpg

我が町出身、15~16世紀にかけて活躍した画家で、写真は町のドゥオーモの
祭壇画。 ジョヴァンニ・べッリーニに師事した優しい画風が特徴です。
作品は約40点、ロンドン、ワシントンのナショナル・ギャラリー、
サン・ピエトロブルゴのエルミタージュ、ヴェネツィアのアッカデミア等など、
上等なのが集まります。

これを良い機会に、我がコネリアーノにお出かけ下さい、ませませ!!

我が町コネリアーノのご紹介は
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461745312.html      
    
町のお祭り、ダーマ・カステッラーナは
       

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント