・ カステルフランコ・ヴェネト ・ ジョルジョーネの生地 

今日は、ヴェネト平野の中心に位置し、小さいながらも大変優雅で、
豊かな雰囲気を持つ町、そしてヴェネツィアのアッカデミア美術館の名品
「ラ・テンペスタ」で有名な画家、ジョルジョーネの生地でもある
カステルフランコ・ヴェネトをご紹介します。  季節は6月です。

町の中心に、12世紀に造られた四角なお城、城壁があり、
その周囲を堀の水が流れます。
  
柳が重く枝を垂れ、緑濃い影を落とす、これは南東の角。

1-203044_t_t_GF.jpg



城、堀の周囲を取り囲む建物はヴェネト様式の、いかにも由緒ありげな
どっしりとした建物が並んでいます。 

2-02953_t_t_GF.jpg



国鉄の駅は町の南少し離れた場所にあり、近づくにつれ、東の門の塔が
この様に見えてきますが、塔先端の、何かサーカスの様な人物像が面白く!
勿論塔には、ヴェネツィアのシンボル、翼を持つライオン君が。

3-203133_t_t_GF.jpg



東門の塔のライオン君と時計で、このライオン君はなかなか良い顔で、
この時計の彩がピンクと水色で、大変美しいです。
15世紀末の作との事ですが、下に日付も出る優れもの。

4-203223_t_t_GF.jpg



城壁は一辺が230mの四角形で、その周囲を堀が取り囲み、堀端には
この様に石像が並んでいます。 これが大変優しい良い雰囲気をかもし出し、
町に優雅な趣を与えています。

5-203450_t_t_GF.jpg

写真右側に当る場所が4月29日広場で、かっては野菜果物市が開かれていた
そうで、奥左に広がるのがジョルジョーネ広場。家畜市が開かれていたと。



城壁北東の角にあたる場所、ここにジョルジョーネの像があります。
32歳で亡くなった、若々しいタイツ姿の画家の姿。
  
6-204410_t_t_GF.jpg     



城壁はこの様に四角く、町の旧中心を取り囲んでいます。
元々は12世紀の、トゥレヴィーゾの対パドヴァの国境警備の形での、
お城の建設だった様子。

7-204137_t_t_GF.jpg



城壁を取り囲み立ち並ぶ家々は、この様にフレスコ画装飾された家が多く、
大変優雅で、いかにもヴェネトのイメージです。

8-203553_t_t_GF.jpg



特別に広くない城壁内ですが、それでも通りからふと覗くと、広い中庭が
広がっているのが見えました。
真ん中に見えるのは井戸で、その奥にはうっそうとした林。
一体どんな家柄の方が、お住みでしょうか?!

9-203640_t_t_GF.jpg


      
城壁には一辺に一つの門があり、つまり城壁内を十字に道が通っていて、
この18世紀のネオクラッシック様式のドゥオモは、ちょうど真ん中に位置します。
ここでもやはりピンクの色が厳しさを和らげています。 (写真ガイドブック)

10-194423_t_t.jpg



これはドゥオモ前の柵の上に並ぶ、石像の一つ。
こういった町中に一貫して流れる、優しい、柔らかい、典雅な趣味の彩り。
これがどうやら、カステルフランコの趣のようです。

11-03821_t_t_GF.jpg



ドゥオモ内、右脇礼拝堂にあるジョルジョーネの祭壇画。 絵葉書。
修復と展示会を兼ね、ヴェネツィア、ウィーンと、3年半に及ぶ長い不在から、
やっと以前のこのドゥオモに戻られた「聖母子と2聖人」です。

12-025909_t_t.jpg

この時のエピソードについては、以前アップした記事も宜しかったらどうぞ。
ジョルジョーネ・Giorgione. 
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461060181.html
      
聖母の赤いマントが大変美しかった記憶があり、またお会いしに行きたいもの。
 


ドゥオモ横の家が、現在「ジョルジョーネの家博物館」と、公開されています。
彼が住んでいたという事で、家の中の壁に、彼の描いたフレスコ画が。

13-94647_t_t.jpg

芸術や科学にモチーフを取り、切れ味鋭い、若さの香りたつ様なフレスコ画で、
私の記憶では、色がもっと濃かったように。 (ガイドブック)



カステルフランコのもう一つの宝とされるテアトロ・アッカデミコ、18世紀の
美しい劇場。 ご覧のように、一番前の席は一列10人です。

14-22438_t_t.jpg

こういう、こじんまりと美しく、舞台と観客席が一体となって愉しめる劇場が、
イタリアにはあちこちにあるようです。
そしてこの劇場は窓からの彩光で、会議にも利用されるとか。



水辺の場所には必ず見かける彼ら、マガモ達。
お尻をフリフリして歩く姿は愛嬌がありますが、実際は大変気の強い、
暴れ者の野性も持っています。

15-203958_t_t_GF.jpg

この町での彼らの思い出は、夏、堀端に出るスイカ売りの屋台に座り、
泳いでいるのを眺めていた時の事。
何かあったのか、売り言葉に買い言葉か、2羽が追いかけっこ、というか、
もっと激しく逃げる追うを始め、遂に追いつき馬乗りになり、カモが馬乗り!
ぐいぐい抑え付けるのを、あっけに取られて見つめましたっけ!

水かきの足でも必死で走るのが意外に速く、はは、あの時やっつけられたのが
雌だったか、雄だったか、意外感が強かったのは覚えているのですが・・。



城壁の東門から東に、トゥレヴィーゾに向かう一帯をボルゴ・トゥレヴィーゾと呼び、
ここに幾つかの素晴らしい邸宅が並びます。
       
16-9204740_t_t_GF.jpg

これは、トゥレヴィーゾ門の手前の家から突き出す、飾りが面白く。



町の地図をどうぞ。
城壁に囲まれた、町の中心地が大変小さい事に驚かれると思いますが、
12世紀末の砦から発展した町の名残で、保存がしっかりと驚かされます。

17-194534_sh01_t_t_GF.jpg

城壁内、下側・南にドゥオモがあり、その右にジョルジョーネの家、
道を挟んで上・北にテアトロ・アッカデミコが。

城壁の右・東の下に続く道を真っ直ぐ南に、そして東に曲がって行くと、
国鉄の駅です。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント