・ ベットーナ ・ エトルスク以来の歴史をもち

今日はウンブリアの小さな町、アッシジから向かい側の山の上に見える、
エトルスク以来の歴史を持つ古い町、ベットーナ・Bettonaのご案内を。
写真は昨年5月、アッシジから出かけた時の物です。

アッシジのサン・フランチェスコ聖堂前広場から、夕暮れの灯の点り始めた
お膝元のサンタ・マリア・デッリ・アンジェリの、聖堂の丸屋根が見えますが、

今日ご紹介のベットーナの町は、写真右端の山中腹に見える灯のかたまり、
あそこになります。

0-006_GF.jpg

アッシジから直線距離で10kの距離に位置し、海抜は355m.
ちなみにアッシジは、と調べましたら424mで、かなりのつづら折りの坂道!



これは坂道にかかる前の眺めだったと思いますが、町はほぼ南北に広がり、
写真右が北で、左側にもう少し広がっています。

1-378_GF.jpg



町は完全に壁に囲まれていて、壁の高さも地形を利用し見上げるような高さ。
この辺りの壁は、エトルスク期の基礎を利用した中世の壁だそうですが、
町の北側にはエトルスクの壁も残っていて、後ほどそれもご覧いただきますね。

2-420_GF.jpg

で、壁の外に車を止めこうした門から入りますが、階段の上り道なのです!
暑い日で、またもやヒィヒィ言いながら上り、こういう日の写真は、資料として
お見せするのに不足ばかりですぅ。(最初から言い訳!)



壁の中の町は、中世の雰囲気が強く残ります。 これは中心広場に繋がる道を
逆に見ていますが、町中の坂の様子、お分かりでしょうか。

3-437_GF.jpg



中心広場ピアッツァ・カヴールに向かいます。 道の奥に見える教会と鐘楼、
行った時、名前を確かめておらず、今回サイトや、ガイドブックを探し回り、
サンタ・マリーア・マッジョーレ教会と思います。 後ほど、正面を。

4-380_GF.jpg



上の写真を撮った通りの右側辺りにこんな石碑があり、
       
マラテスタ4世・バリオーニがこの家で1531年12月23日に死んだ、という石碑で、、
  
5-381_GF.jpg

今回ブログを書くのに調べ、この建物がベットーナの町を15~17世紀にかけて
治めたバリオーニ家の物だったと知りました。
が、町も複雑な政治の舞台に操られ、教皇領になったり、バリオーニ家になったり、
アッシジの下に入ったり・・、のようで、
バリオーニは、町の人からは好かれていなかったらしい事も知りましたが、

このマラテスタ4世はヴェネツィア共和国でも働いていた、多分傭兵隊長ですね、
で、おかしな言い方ながら、世の中は狭いですねぇ~!



中心のカヴール広場にあるポデスタ宮。 ここは現在、市の絵画館になっていて、
町で一番素敵な14世紀の建物!
1階部分はバールになっていますが、横の階段を上がり、小さな絵画館に。
       
6-382_GF.jpg

表に見える大きなポスターはぺルジーノの女性像で、ペルージャのご案内で
書いた、開催中だった「ピントリッキオ展」にちなみ、ウンブリア出身の
2人の画家キャンペーン中なのでした。

この絵画館にもぺルジーノの作品がありましたが、一体に、ウンブリアの美術館、
博物館の取り組み方が、とても積極的な印象を持ちました。
ブックショップもこんな小さな絵画館なのに、大変品ぞろえが良かったですしね。

ペルージャのご案内は



絵画館の入り口横の壁。 写真でもお分かりの様にフレスコ画があったり、
石碑類の展示があったりで、古い石壁に一層の趣を。

7-417_GF.jpg



確かぺルジーノの作品だったと。 

8-414_GF.jpg

ガイドブックで、彼の「パドヴァのサンタントニオ」があるというのが・・!



女性像は、単に綺麗とか優しそうなのよりも、少しエキセントリックなのに
惹かれますが、これは少しカルロ・クリベッリに似ている、と思って。

9-415_GF.jpg

クリベッリの作品は、ミラノのブレラ絵画館に祭壇画が多くありますが、
ヴェネツィア生まれで人妻と問題を起こし、マルケ州のアスコリ・ピチェーノ
辺りに追放された様で、あの一帯に彼の作品が散らばっており、
聖堂に残っているのは素晴らしい作品!

アスコリ・ピチェーノの夏祭り  1 と 2
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461029151.html
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461029323.html
       


サンタ・マリーア・マッジョーレ教会の広場に向いている壁面は修復され、
変哲もありませんが、こちらの正面は、古いままの良い感じ。

10-387_GF.jpg

キリスト教の始まりに、基礎が置かれた様ですが、その後13世紀に拡張
されたそうですが、閉まっていて中は見ておりません。



絵画館の階段の上からの眺め。 この建物も古いですね、確か現市役所と。

11-418_GF.jpg

広場右奥に大きな教会の鐘楼が見えますが、広場一帯が工事中で、
赤いプラスチックで覆われているので、写したくもなく・・。
ガイドブックによると、新しく考古学博物館にする為の建物を修復中との事で、
案外その工事だったのかも。



中心広場の真ん中に、この古い大きな泉が。

12-392_GF.jpg

暑いのと、工事中でごった返しでいささか疲れ、余り写真を撮っておらず。
今こうして見ると、泉の上の部分が、確か四角な、背の高いものだった、様な・・。


◆ 追記 2018.10.28 ◆
何とも不明瞭なので、グーグルで調べましたら、なんと、立派な大きな泉で、へへ。

sbettona_3.jpg



サン・クリスポルト教会。 聖クリスポルト・San Crispoltoというのは、
ウンブリアの最初の司教で、殉教した、この町の守護聖人との事。

13-397_GF.jpg

大きな教会でしたが、13世紀にべネデッティーノ派によって建てられた部分は、
今鐘楼のみが残っているそうで、
左奥の、この黄色い古い壁の部分が大変良い雰囲気で、正面壁は立派すぎ・・、
という事で、この1枚のみ!



中心広場の横の少路を行った所の、レストラン兼ホテルの建物。
      
14-389_GF.jpg

修復された建物の、2階への階段アーチが面白いと思ったのですが、
レストランは閉じていて、味見出来ませんでしたぁ。



小さい市壁の中の町ですから、少し歩くと、すぐ突きあたりになります。

多分ここは、サン・クリスポロ教会の裏手になると思うのですが、小さい半分になった
回廊があり、その横にこのアーチが続き、乳母車を押したお父さんと、女の子が。
町の通りの写真で、唯一、人の写った写真!

15-402_GF.jpg



上の写真のアーチを抜けた所が、この公園。
周囲の建物の様子からみて、かっては、教会内の庭だったのではないかと。

16-405_GF.jpg

この公園は、今回の記事2枚目の、下から見上げた写真でも位置が分ります。
   


涼しげな、高い公園から見下ろして。
東を見ているのですが、靄がかかってアッシジの位置が分りません。

17-408_GF.jpg



町の位置の高さがお分かりでしょうか。 古代の人間、エトルスク人は防御の為、
丘の高所に町を作りましたから、こういう眺めになります。
鮮やかな緑をどうぞ!

18-426_GF.jpg



紀元前4世紀から3世紀にかけてのエトルスク期の壁。町の北側部分の壁、
約40mほどがそのまま残っていて、特徴ある大きな石組が見てとれます。
他にお墓が1つ、発見されているそう。

19-421_GF.jpg

エトルスク期に既に主要な町だったと言いますが、ローマ期には、トーディから
ペルージャに抜ける北への重要な道、アメリア街道が西を通る有名な町だったと。



こんな町、というより村に行って通りを歩いても、本当に人通りがないのですね。
と言って、ちょっと大きな町の寂れた裏通りよりも、ずっときちんと整備され、
薄気味悪い感じはまるでありません。

20-409_GF.jpg

横っちょを覗き、写真を撮らして貰いながら、ゆっくりと歩きます。


 
こういう風にアーチが続き、陽が射し込む、中世特有の町の感じが好きです。
時間が止まっている感じで、心がゆったりします。

21-431_GF.jpg

ウンブリアの町特有の様でいて、少路の幅、坂道の傾斜、両脇の建物の高さ、
石の色・・、 それらが皆、その町独特の雰囲気を作ります。



この家の角は、中心広場から西に下った所。 何とも言えない、洒落た一廓で、
一口に中世とは言えない雰囲気だったのですが、上手く撮れなかった様な・・。
手前に両側の家の壁があり、これがもういっぱいでした。

22-434_GF.jpg

ベットーナの町は、イタリアの一番美しい村々、に選ばれていますが、
確かに、と思える部分があります。
美しいから選ばれるのでしょうが、と同時に、選ばれた事が住んでいる人々に
自信を与える、そんな事も感じます。

スポレートの奥のバッロ・ディ・ネーラの村にも行きましたが、住んでいる人の表情が
明るいというか、旅人に対してゆったりと接してくれ、訪問者には嬉しい事です。
       
「イタリアの一番美しい村々」のサイトはこちらに。英語版もあり、ホームページの
イタリアの地図の州にポイントを合わせると、選ばれている村の名が出ますので、
それで、あちこちご訪問を! http://www.borghitalia.it/

バッロ・ディ・ネーラのご案内は、
       


裏通りに、なんとも居心地のよさそうな場所を見つけました。
日陰に椅子が並べられ、既にお喋りの舞台が用意!

23-436_GF.jpg



壁の傍で会ったシニョーラにアッシジの位置を確かめ、もう一度、公園まで戻り、
おお、今度は靄が少し晴れ、見渡せました!
丘の上に広がる町並み、サン・フランチェスコ聖堂の威容、山の上の要塞。
やはり美しく、凄い町ですね。

24-438_GF.jpg

アッシジ全体のご案内は、こちらからどうぞ。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460871638.html


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント