・ n.1 アッシジ ・ 春のお祭り カレンディマッジョ 2008

アッシジの春のお祭り、カレンディマッジョ・Calendimaggioを見て来ました。
以前のお祭りの写真を見て以来、実際に見たいと願っていたのが実現し、
その素晴らしさに感嘆しつつ、大いに楽しんで戻りました。

5月8.9.10日の3日間、最後の10日には夜の公演もあり、全部で4回の公演。
お祭りに、「公演」と言う言葉は少し変ですが、実際そうなのです。
春の喜びに沸くアッシジの人びと、そして、春爛漫のお祭りをどうぞ!!
  
1年前に訪れた時と変わらぬサン・フランチェスコ聖堂の佇まい。
ウンブリアの空気、春の野の美しさ。

1-344_GF.jpg



カレンディマッジョのお祭りは、まず、旗振り競技から始まりました。
太鼓部隊と共に入場。

2-205_GF.jpg



大人の部、青年の部、少年の部など、分かれて演技が続きます。
       
3-029_GF.jpg



最後に、この隊長が15人を飛び越えました!

4-041_GF.jpg



この図の様に、お祭りは町を2つに分けての競演、という形で行われます。
 
5.2-417_GF.jpg

中世14世紀、前後約2世紀間にわたり町で、教皇派と皇帝派に分かれての
血なまぐさい争いがあったそうで、それを踏まえての、
今は音楽と踊りと、知恵を絞っての競演です。

青の部分・上町地区・ソプラ・いとも高貴な上町地区
赤の部分・下町地区・ソット・素晴らしき下町地区
に分れ、町の通りには各地区の旗が誇りに満ちて翻る、アッシジの町中。      



お祭りの中心会場は町のちょうど真ん中にあるコムーネ広場、ローマ期の
ミネルヴァ神殿のロッジャが舞台となります。

5-070_GF.jpg

今、お祭りの長老という役の方が登場して、いよいよ公演の始まりです。



公演は下町地区から始まり、まず、下町地区の音楽家たちの登場。
音楽は実際に舞台で、ずっと演奏され続けます。

6-072_GF.jpg



下町の太鼓部隊登場。 前夜、駐車場の脇で練習していたあの部隊で、
こうして衣装をつけると一層見事です!

7-082_GF.jpg



太鼓部隊が舞台前を通過。 舞台の上にも演奏家、コーラスが勢ぞろいし、
賑やかになって来ています。

8-086_GF.jpg



こうして、時代衣装の町の人々が登場。 いずれも赤色を基調の衣装で。

9-094_GF.jpg



美人を。  美人特集をまた致しましょうね。 お楽しみに!

10-098_GF.jpg



出番を終えた時代衣装の人びとが立ち並び、さて次は何が?

11-111_GF.jpg



下町の山車の登場。 地区のシンボル、塔の形をした赤い山車に子供が座り、
ゆるゆると進んで来ます。

12-112_GF.jpg



なんとまぁ見事な、アッシジの春の色! 今回のお祭りで最初に感嘆したシーン。
      
13-113_GF.jpg
 


女性達は、ローレルの引き綱を緩やかに、ゆらゆらと揺すりながら進みます。
彩の見事さ! 春爛漫。

14-116_GF.jpg



塔の形の山車は若い男性達がかついでいて、その後にはたくさん子供達が従い、
ゆっくりと広場を通って行きます。

15-150_GF.jpg



太鼓部隊が引き上げる前に、桟敷席に向かい目をすえて、ド、ド、ド、ド、と。
       
16-169_GF.jpg

叩き終わり引き上げる前に、隊長の横にいる少年が桟敷席に向かい、
ブーツに挿していた花を投げました。 彼女がいたのかな?
「ワ! 薔薇の花だ!」と私の近くの席のシニョーラが叫び、後で写真を確認、
確かに、薔薇の蕾がブーツに!  やるなぁ!!



さて、上町地区の入場始まりに先立ち、音楽家達の登場です。
やはり、楽器類が見慣れたものと少し違いますね。

17-181_GF.jpg



まず子供達が遊びながら広場にやって来て、その後から乙女達が弾む足取りで。

18-196_GF.jpg



目隠しをした少女も見えますが、なんとも楽しそうにやって来ます。

19-199_GF.jpg



舞台上の上町の演奏家達。 真ん中の白い衣装の女性はカスタネットと
ハープ受け持ちの女性ですが、素晴らしい笑顔での演奏ぶり。
それにしても、・・大きいなぁ!

20-203_GF.jpg



こちらが、上町地区の太鼓部隊。

21-226_GF.jpg



こうして、上町地区の時代衣装の人びとの入場。上町も下町も、
それぞれが3つの区域に分かれているとの事。

22-240_GF.jpg



上町地区の、春の乙女5人。

23-270_GF.jpg



時代衣装の行進が済まない内に、手をつなぎ踊りながら人々が練りこんで来て。

24-285_GF.jpg



小さな子供たちも、抱っこされた赤ちゃんも、手をつなぎ踊りながらの参加です。

25-290_GF.jpg

いやそれにしても、赤ちゃんの参加が多いのに少し驚きました。
1枚の写真の中に、なんと7人もの赤ちゃんの写っているのがありましたよ!



むずかしい踊りではないのです、老いも若きも、男性も女性も手をつなぎ、
踊り歩きます。 踊りの輪が大きくなり小さくなり、蛇行しながら進みます。

26-301_GF.jpg



広場の西端、出番の済んだ下町地区の人と上町の人びとが一緒になって
お喋りしたり、踊りを眺めたり。 午後の遅い陽ざしが、斜めに射し込み。

27-306_GF.jpg



音楽と踊りが一際盛り上がり終り、舞台上の音楽家たちも、満足の拍手。

28-311_GF.jpg

中世の音楽がしっかりと耳に残り、CD2枚を買って家に戻りました。



アッシジと、スペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラと姉妹提携が結ばれ、  
その記念行事が引き続き行われました。

29-323_GF.jpg

30-325_GF.jpg

なんと、素敵な舞台装置でしょう?!



初日の各地区の出来具合は、上町、青の地区の勝ちとなり、
下町、赤の旗を身につけた男性がひざまづいている所。

31-339_GF.jpg



まぁ最終結果は、最後の日の夜の部が終って後、決められるそうで・・。

こんな風に、お互いに相手の悪口を言い合い、その度にその地区の人びとが、
わぁ! と大笑いし喜びます。

32-341_GF.jpg

単に、中世を回顧するお祭りかと想像していたのですが、まったく違って、
楽しく美しく面白く、熱気にあふれていて、大いに堪能、満足した事でした。

という事で、私めも予定を変え、一日分ずつ全部ご覧いただこうと思います。
お楽しみ下さいますように!!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント