・ 山里 レーゼラの春 ・ Resela

我がスコミーゴ村から北へ8キロのヴィットリオ・ヴェネトから
西に向かう道は、四季を通じ素晴らしい風景を展開します。
今日は、ヴィットリオ・ヴェネトから14~5キロに在る小さな村、
レーゼラの春をご案内です。

この日お天気は大変素晴らしく暖かく、もわっと春霞が立ち、光煌き。
野原の中を少し歩き、村に向かいます。

1-20060417222559_t_t_GF.jpg



県道筋を行くバスからは、少し遠くの丘の上に村の教会が見えるので、
何度もバスの窓から眺めるうちに、行って見たいと思い。
遠くの丘の上に小さな教会が見えると、どなたも行って見たいと思うでしょ。

2-20060417222417_t_t_GF.jpg



ヴィットリオ・ヴェネトから西に向かう道の北側は、山が屏風の様に連なり、
ちょうどこのレーゼラの北に、サン・ボルドという峠があり、
山の向こうの北、ベッルーノ方面に抜ける事ができます。

3-20060417222509_t_t_GF.jpg



南向きの斜面には既に春が届き、桜が満開。
農家の前の斜面には、葡萄畑が広がります。

4-20060417222324_t_t_GF.jpg



レーゼラの村は県道より南にあり、村への道は点在する農家に近寄り、離れ、
ゆっくりと曲がりつつの坂道。  
蛇行しながら続く道、懐かしい感じがしませんか? 

5-20060417222648_t_t_GF.jpg



県道から離れた村なので、歩いていると何処かからの視線、
よそ者を見る視線を感じますが、
でも、この少女はすぐ話しかけてきて、子犬のようについて回りました!
蟻塚の位置を教えてくれたり、教会の納骨の位置を話したり・・。

6-20060417222145_t_t_GF.jpg

彼女の犬の名がピッポで、お父さんは近くのアグリトゥリズムで働いている、
そんな事は覚えているのに、彼女の名は・・!

  

写真は4月10日ですが、 既にこの時藤の花が咲きかけていました。
場所の日当たりが良く、北風をさえぎっている場所だったのでしょう。
日本のように、花の咲く順番は余り関係しません。

7-20060417222737_t_t_GF.jpg



村は結構高い位置にあり、眺めが良く気が晴れます。
既に耕された畑の土の色、まだ草原のままの所が筋になって。

8-20060417222918_t_t_GF.jpg



ローズマリーが花をつけていて、こういう埃のかからない場所のを少し失敬。

9-20060417223011_t_t_GF.jpg

じゃがいもを電子レンジでチンとやり、皮をむき、大きめに切り分け、
フライパンに。 オリーヴオイルで炒め、仕上げにローズマリーを散らし、
塩で調味して出来上がり。

すこしこんがりする位に炒めると、こんなに簡単なのが信じられない程、
美味しい一皿が出来上がりです。
だまされたと思って、お試しを!



少しピンク色に見えますが、白い桜です。  そして満開!

10-20060417223149_t_t_GF.jpg



近所のこの村は平地にあり、一かたまりに古い農家が並んでいます。 
古くからず~っと続く村の営み、見る度に、そんなイメージを受けます。

11-20060417224241_t_t_GF.jpg



これ、スカンポではないですか?  
スカンポ、スカンポ、ジャワ更紗・・、と小さい頃歌いましたっけ。

12-20060417224738_t_t_GF.jpg



◆おまけ アスパラジ・ビアンキ  
八百屋さんの店先のウインドウの飾り付け、緑のアスパラと一緒に白いアスパラ、
アスパラジ・ビアンキ。

13-20060417171602_t_t_GF.jpg

手前に鳩の飾りが見えるのは、パスクワ・復活祭のシンボル。



こちらは毎週木曜の、野菜売りのトラックが運んできた物。

14-veneto124_t_GF.jpg

色も、太さも、長さもまちまち。  でも美味しい!  
春をしっかり味わって頂きます。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント