・ 波と帆 ・ レッジョ・エミーリアの新鮮で鮮烈な白

先週の水曜日、久し振りに仲間達とのバス旅行で
エミーリア・ロマーニャ州のパルマ・Parmaに出かけて来ました。

パルマの街ではなく、も少し西にある城を2つ見に行ったのですが、
生憎の曇天で寒く、肝心の城の中は写真禁止、おまけに期待していた程の
素晴らしさはなく! 往復8時間近くのバスで少し草臥れて戻りました。

が、バスの窓から思いがけずに素晴らしい、目に新鮮で鮮烈で
ダイナミックな物を見ましたので、サイトからの写真でご覧頂きますね。

この写真が、バスの中から見た印象に近い構造物、
皆で、おー!!と歓声を上げながら見た角度の物。
分りますか、白い鋼鉄が波打つように並んでいるのです!
左の奥に、放射線が見えますが、これは後ほど。

1-Calatrava.jpg



この白い鋼鉄の板が、寄せる波を思わせる形で、
長さ483m、高さ約20mで続きます。

2-ult.jpg

3-584.jpg

4-ilia.jpg

美しいでしょう?!
抜ける様な青空の下では、一層素晴らしいでしょうねぇ!!
   

  
左に見える道路が、太陽の高速道路A1、
ミラノ・ローマを結ぶイタリア一番の幹線道路で、
我らのバスはこの向きで、高速の右車線を走っていたのですね。
       
5-700.jpg

この構造物に出会う少し前、イータロ・Italoという赤い車両、
2年ほど前から営業を開始した民間企業による高速鉄道車両が
走っているのが見えたので、おお、駅なんだよ! と納得したのですが、

次に、写真の上に見える真ん中の放射線の橋の下を通り、左右一対の
橋が見えた時、誰かが、レッジョ・エミーリアのカラトゥラーバの橋で
検索しろと言い、これらの正体が、ははは、分ったのでした。



地図をどうぞ。
コネリアーノ・Coneglianoを出発一路南下し、ボローニャでA1に入り
北西に向い、レッジョ・エミーリア・Reggio Emiliaにこの構造物があり、

6-ap1.JPG



青い線が高速のA1で、すぐ北側を高速鉄道が並んで走り、
右に赤線で囲った位置に駅、左のA1で囲った所が橋の位置。
レッジョ・エミーリアの街はかなり南に位置します。

7-map2.JPG

この街にはまだ行った事がありませんが、長い歴史を持ち、
農業経済の大変豊かな大きな街の様子。



という事で、駅の細部を少し。在来線接続と、高速鉄道・
従来のイタリア国鉄グループと、イータロ(NTV・新旅客輸送)を
統合した駅で、レッジョ・エミーリア・AV・メーディオパダーナと。

北側にある地上入り口部分、

8-996.jpg



構造美、

9-798.jpg

10-tail.jpg



入り口の円形透明エレベーターと、駅の名。

11-abd.jpg

実はこの真ん中に挟まる「AV」に最初何だろ?と悩みまして・・、
・・アダルト・ヴィデオ?! まぁさか! きゃはは、
漸くにアルタ・ヴェロチタ・Alta Velocità・高速の略と!

へっへっへ、shinkaiのイタリア語力なんてこの程度でありまして、
最近とみに低下傾向にある、と友人達に非難されており、ええ、ホント。 



ホームへの連絡と、

12-d3f0.jpg



ホームの様子。 光線が射し込む美しさですが、
これはどうやら出来上がり想像図のようで、

13-opt.jpg



実際はこんな風に、線路間の仕切り柵があり、4車線ある様子で、
この赤いのがイータロの車両。 フェッラーリの赤より小豆色という赤!

14-pup.jpg



こちらもやはり想像図のようですが、駅を覆うこの幅は25,4m。

15-425.jpg

2013年6月オープンのこのメーディオパダーナの駅、これからご覧頂く一対の
橋も、スペインの設計家カラトゥラーヴァ・Calatravaである事を知りましたが、
この駅の建設費用は7900万エウロ、
橋の方は3500万エウロなんだそうで、・・計算間違ってませんように!

この位日常金額とかけ離れると、高いのか安いのか訳が分りませんが、はは、
レッジョ・エミーリアの街北部の再開発と、新架設の高速鉄道TAV用の駅、
そしてすぐ傍にある高速A1道路レッジョ・エミーリアのインターチェンジの
為の橋と、一大プロジェクトだった様子。

カラトゥラーヴァ設計のもう一つの駅、ポルトガルはリスボンの
元万博会場のオリエンテ駅は見ており、



さて、2007年に完成した橋の方に参りましょうか。
まず3つの橋がすべて見れる写真で、様子をどうぞ。
真ん中の半円の下を、高速鉄道と高速道路が通り抜けており、

16-600.jpg



真ん中の橋はこんな形で、長さ220m、アーチの高さが約50m、

17-837.jpg



左右の細長い楕円形は、高さ70m、橋の長さは179m。
色が変わる、おまけにイタリアの3色にねぇ! ははは。

18-333.jpg

19-ava.jpg

20-555.jpg

大河に架かる大きな吊り橋は、惚れ惚れする近代美といつも思いますが、
こうして陸に存在してもやはり美しい!



こちらが設計のサンティアーゴ・カラトゥラーヴァ・Santiago Calatrava
1951年生、如何にもスペインのヴァレンシア生まれというのが納得できる、
青空の下に映える白い力強い建築物の設計。

21-401.jpg

今回のも一連の橋は「帆」を表し、駅は「波」と言いますが、
最初に見た時の印象はまさに強烈で美しく、目に飛び込みました。



こちらはやはり彼の設計の、ヴェネツィアの大運河に架かる
第4の橋・ポンテ・デッラ・コスティトゥツィオーネ・Costituzione.

22-893.jpg

こちらは美よりも日常使いの人々が歩いて渡る橋ですので、
使った材質が滑りやすい、橋の段差が違って歩きづらい等など、
様々な問題点があり、渡る度に皆が文句を言っている橋でして!!

橋については、こちらの最初に。
n.1 埋もれた島の蘇り ・ ヴェネツィア、チェルトーザ島
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463621428.html
      


とはいえ、やはり今回見た駅のうねるラインは美しく、もう一度どうぞ!

23-02.jpg



そして最後は、夕暮れの橋を。

24-AVA.jpg
       
今回は偶然思いがけずに出会った、このブログでは珍しい、ははは、
近代的な建築美をご紹介しましたが、
お気に入って頂けましたように!
       

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント