・ 我が町 コネリアーノ ・ 再発見 

ブログを始めてちょうど1年。
一番最初のブログに「我が町 ・ コネリアーノ」と題して、私の住む町
ヴェネト州 トゥレヴィーゾ県 コネリアーノ市をご紹介致しました。

  
未だブログの様子も調子も手探りで、写真も市の広報誌からの物が多く、
我ながら、イマイチと思っておりました。

で、ついこの12月中旬、ほんの少しですが町の中心部の写真を撮る
チャンスがありましたので、「コネリアーノ・再発見」でご案内を。
1年前の補充として併せてご覧いただけると嬉しいです。
ではどうぞ!


正面に見えるのが、19世紀半ばにヴェネツィア間との鉄道開通を
記念して作られた駅。 当時はまだこの一帯オーストリア領でした。

1-d0097427_23305796_GF.jpg

写真は、駅の北5,60M程の「アルピーニの階段」上のポルティコから。
駅前のこの道は、車の実技レッスンで何度も走らされた通りです。



駅前周辺の道は、現代の息ぶきが流れていますが、
アルピーニの階段を上り、建物の下をくぐる形のこのポルティコから
雰囲気が一度に、中世からルネッサンスへと、遡ります。

この井戸の側面に刻み込まれた数字は、1467. 
15世紀がここに存在します。

2-d0097427_23331268_GF.jpg



ポルティコの前にチーマ広場が広がり、手前に東西に「9月20日通り」が。
チーマ広場の左奥にこの「カーザ・ズバッラ・Casa Sbarra・ズバッラの家」 
15世紀後半、の角の張り出したテラスが見えます。

3-d0097427_23344123_GF.jpg


こちらは逆に、カーザ・ズバッラの家の手前からのチーマ広場の眺め。
真ん中の、建物がすこしへっこんだ位置の下がポルティコで、
上の井戸がある場所。

4-d0097427_2336968_GF.jpg



チーマ広場の東側を占める市役所の建物。
日常的な事務窓口は、駅から南に行った建物内にあります。

5-d0097427_23375898_GF.jpg

この建物の2階に大小2つの結婚式場があり、私はここの小さい方の
式場で結婚しましたが、 コネリアーノについて読んでいて、
かの大指揮者アルトゥーロ・トスカニーニ が、コネリアーノでこの式場と、
教会とで結婚式を挙げた事を知り、俄然、近しい気持ちに!



何度も「チーマ広場」と出てきますが、これはわが町コネリアーノ出身の
15世紀の画家「チーマ・ダ・コネリアーノ」にちなんだ名前で、
後ほどご覧頂きますがこの広場のすぐ近くに彼の生家があります。

広場の正面、北側にはネオクラッシックの建物、現在アッカデミア映画館
となっている劇場があり、追記:現在は講演会場に
外側両脇にスフィンクス式の像があり、ウィーンのベル・ヴェデーレ庭園のと、
同様です。 オーストリア領地下にあった影響でしょうね。

6-d0097427_23395282_GF.jpg

ちょうど学校が済んだ子供達が出てきて遊び始めました。
この広場では毎年6月の末に、人間がコマの「ダーマ」の競技
(チェスよりも簡単)が行われます。



上に遠景をご覧頂いたズバッラの家。かっては全面がフレスコ画で
覆われていた様で、その名残が今も見て取れ、かっての裕福さが偲べます。
角にある2つの窓と張り出したバルコニーはヴェネツィア様式との事。

7-d0097427_2342728_GF.jpg



これは家の側面、南側で、こちらにも全面フレスコ画の名残があります。
延びる2本の帯のような形は暖炉の煙突で、三角部が面白いですね。

8-d0097427_23433878_GF.jpg

カーザ・ズバッラの手前から西への細い通りが、ジャンバッティスタ・チーマ通り。
先回のブログでご紹介した「聖母子と聖人たち」の15世紀の画家の
生家の前に続きます。



この壁のフレスコ画の家は、通りを入って直の場所にあり、近辺一帯、
つい最近修復されたばかり。

9-d0097427_2345054_GF.jpg



ここが、ジャンバッティスタ・チーマ・Gianbattista Cimaの生家。
15世紀の職人が建てた家としても興味深い物との事で、
中は博物館になっており(まだ見ておりません)、彼の作品の模写や、
この近辺の考古学発掘品も収められているそうです。

10-d0097427_23462282_GF.jpg

町の祭日のチャンスには見学できるはずなので、なかの様子も
またご案内できると思います。

彼、チーマはヴェネツィアに出てジョヴァンニ・ベッリーニに師事、
長くヴェネツィアに留まり作品を残しました。
人物の顔も師匠譲りの優しい顔で、作品の中に何度もコネリアーノの
丘の上の城が描かれているそう。

一度絵画技法書にも彼の名を見出しましたが、チーマ・ダ・コネグリアーノ、
Coneglianoのgliは、リと発音ですが、グリと書いてあり、いやらしく(!)
同郷人として、腹を立てましたっけ!



チーマの家から西に続く家々。 表面は修復され新しいですが、
この入口の感じがなんともレトロで、暖かく。

11-d0097427_2349179_GF.jpg

通りの西端に小さな広場があり、古い水飲み場も残り、
大変良い雰囲気で、ここもすでに修復済みとなりました。



これは、カーザ・ズバッラの家の前のポルティコの軒下で、古く幅も狭く、
素朴なゴシックのアーチで、木の梁が続いているのが見えますか?

12-d0097427_23502717_GF.jpg



こちらは、下の建物のポルティコ。
コネリアーノの町の中心は丘に沿って広がるので、何処もかしこも
少しずつ傾斜しています。

13-d0097427_23521299_GF.jpg



チーマ広場から少しお城のほうに登り西に入ると、元フランチェスコ派の
大きな修道院の建物があり、近年大改装され、国立のワイン学校本部に。

14-d0097427_23532557_GF.jpg

ワイン醸造技術者育成や葡萄栽培の技術の学校で、中学から始まります。
この手の技術者養成の学校はコネリアーノには古く、19世紀の半ば過ぎに
既にあった、という歴史を持ちます。



コネリアーノが歴史に登場するのは10世紀で、ベッルーノの司教領として
ここに砦と市壁を築いた、という記録で、この市壁はその後の封建領主に
よって補強され、現在も、お城に続くのぼり道にこうして残ります。
以前はもっと道も荒れていましたが、近年こちらも修復され整備済。

15-d0097427_2355360_GF.jpg



上の市壁よりも少し下の位置からで、見えている鐘楼はドゥオモの物。
はるかに、ヴェネト平野の地平線が広がります。

16-d0097427_23562645_GF.jpg



チーマ広場の前を東西に走る、ヴィア・ヴェンティ・セッテンブレ・9月20通り、
この一帯がかってのコネリアーノの一番の中心地だった様で、
「コントラーダ・グランデ・大きな地区」と呼ばれ、通りの両脇には中世から
ルネッサンスにかけての建物が並び、フレスコ画で飾られた壁が目立ちます。

が、その中で私のお気に入りの建物、15世紀の古めかしくも雅な、
陶板で飾られた「カーザ・ロンジェーガ・Casa Longega」のポルティコ。

17-d0097427_23574353_GF.jpg



こちらが正面、壁の古い陶板、かっての窓のアーチなど上手く残され、
修復されていますが、実際に見た目の美しさが上手く撮れず残念。

18-d0097427_23592425_GF.jpg



ポルティコのアーチ部分。 この陶板飾りの美しさ!手の込み具わい!
それに比して、この埴輪像にも似た人物像の稚拙さ!!

19-d0097427_01251_GF.jpg

既に15世紀。フィレンツェ辺りでは既にルネッサンスの花盛りの時期が、
ここ、コネリアーノでは・・、愛おしい!



通りに並ぶ殆どの家の壁には、フレスコ画の名残が見えます。
かっては、どんなに華やかな通りだったでしょうか?!
この壁画は「アダムとイヴ」ですね。

20-d0097427_023817_GF.jpg



通りは石畳舗装。 サイコロ角の石を上手く弧を描くように並べています。
この通りは余り交通量がないので、特別に磨り減ってはいませんが、
同じ様なトレヴィーゾの街の石畳は、見事にすり減り光っていますし、
時には轍のあとも残り、まさに歴史が刻み込まれる石畳。

21-d0097427_035925_GF.jpg



通りの北側は丘の山側になり、建物郡が少し高い位置に並び、
道の中央からは脇は少し坂になり、丸石舗装です。

22-d0097427_053475_GF.jpg

そして建物の下をポルティコが続きお店も続きますが、やはりどっしりとした
威圧感で、慣れないうちはお店にも入りにくい気がしたものでした。
でも、この町にも既に16年になりました! 

追記:はぁ、そして現在27年目に。 2018.9.19


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント