・ コンバイ ・ COMBAI ・ 山村の初夏

今日は、コンバイのご紹介を。
この町は、コネリアーノから北西に30キロほどに位置し、
白ワインのヴェルディーゾ・Verdisoと、秋の栗祭りで有名な町です。

秋にまたご紹介するとして、今日は5月末の遅い春、
いや、既に初夏の様相を示し始めている、山村にご案内を。

コンバイには、ヴィットリオ・ヴェネトからバスで行けますが、一つ手前の
ミアーネ・MIANEで降り、3キロ程をのんびりと道草しながら歩きます。
ほら、お庭のオダマキが綺麗でしょ。  

1-20060530170815_t_t_GF.jpg



ミアーネの町はかなり大きめですが、も一つ手前のフォッリーナ・Follina
の町はも少し大きく、ロマネスク様式の見事な修道院もあり、
トゥレヴィーゾへ続く道との分岐点でもあります。

このミアーネもなかなか素敵で、こんな風にフレスコ画で飾られた家や、
土地の料理で有名なレストランもあります。

2-20060530170509_t_t_GF.jpg



最初のオダマキのあった同じお家で、薄いピンクも見事でした。
ちょっと路地を入ると、如何にものんびりとした雰囲気。

3-20060530171045_t_t_GF.jpg



このお家は、壁一面に白い薔薇が咲き乱れ、黄色、
そして真紅の薔薇も今盛りでした。

4-20060530171232_t_t_GF.jpg

5-20060530171502_t_t_GF.jpg



家の並ぶ場所を過ぎると、畑が続きます。
まずはテントウムシ、コッチネッラ・Coccinellaといいます。

6-20060530171321_t_t_GF.jpg



珍しくもありませんが、ねぎぼうずはイタリアにもありますぞ!
この少し青緑の色が好き。

7-20060530171649_t_t_GF.jpg



このチョウは良く見ますが、名前を知りません。
テントウムシが一番左端の中程に。

8-20060530171927_t_t_GF.jpg



ミアーネの町を出外れ少し歩くと、山の上にコンバイが見えて来ます。
あそこまで登るのかと思うと、少しウンザリしますが、まぁ頑張って・・!

9-20060530172249_t_t_GF.jpg



やっと、手前の坂道の途中まで!  
一帯は大きな駐車場になっていて、秋の栗祭りには大変な人出で、
大型バスの観光客がどっさり押しかけるのです!

10-20060530172204_t_t_GF.jpg

見え難いですが、写真の一番下に「Benvenuti a COMBAI・
コンバイにようこそ」の立て札。 



少し町の上の方に登った所から。 町のちょうど真ん中を県道が通り、
西のヴァルドッビアーデネ・Valdobbiadeneに連絡します。
       
11-20060530172339_t_t_GF.jpg

町の北側は山腹に沿って這い上がり、葡萄畑、栗林に埋まります。



町の南側の高台に小さな教会と墓地があり、葡萄畑の間の道を
登りました。 5月下旬の葡萄畑、
既に小さな小さな葡萄の房が出来ていて!

12-20060530173001_t_t_GF.jpg



山腹にびっしりと広がる葡萄畑の様子をお見せできず、とても残念。
小さく起伏する山肌に沿って、うねりながら葡萄畑が広がります。

13-20060530173136_t_t_GF.jpg

この辺りも、コネリアーノからヴァルドビアーデネに続く「白ワインの道」に
含まれ、春に土地の白ワイン・ヴェルディーゾのお祭りが。



町の南の高台から、通ってきたミアーネの町が見えます。
北と南に山並みが流れ、谷の間に次々と小さな町が広がり、続きます。
ず~~っと奥に見える山の向こうに、ヴィットリオ・ヴェネトの町。

14-20060530173355_t_t_GF.jpg



先程よりも高く上った場所からの町の眺めで、北の山に這い上がる
家々の様子が良く見え、この北の家並みがなかなか古くて良い感じ。  
秋のシーズンに、ご紹介しますね。
 
15-20060530173642_t_t_GF.jpg



高台の上はちょっとしたお花畑になっていて、
町を見下ろす墓地の横で、こんな墓地のあり方もいいな、と思いつつ。

16-20060530173737_t_t_GF.jpg



梅? スモモ? 果樹の実が既にこんなに大きくなっていて、
実がなっているのを見ると、つい傍に寄って行きます!
いやいや、取ったりはしませんが、はい。

17-20060530174221_t_t_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント