・ ヴォーガロンガ ・ ヴェネツィア

この6月4日にヴェネツィアで行われた、第32回の
ヴォーガロンガ・Vogalonga、TV番組からの写真でご紹介です。

サン・マルコ前からブラーノ島まで行き戻ってくる往復30キロの、
遠距離の大小様々な手漕ぎ舟によるハイキング。 
約1000隻の舟、3000人近い人々が参加します。

このヴォーガロンガには、ヴェネツィア、イタリアのみでなく、世界中から
参加者が集まり、手漕ぎ舟が好きな人、ヴェネツィアが好きな人
様々ですが、

このシニョーレはヴェネツィアーノで、ヴェネツィア訛りで「チャオ!」

16-06.6.4004_t.jpg



何もこの舟が一番になったわけではないのです。  
取材のカメラに向かって、「チャオ~!!」とご挨拶です。  
良いお天気、良き仲間、そして素晴らしい海。

17-06.6.4010_t.jpg



ご覧下さい。 立ち漕ぎの舟、座って漕ぐ舟、カヌー、何人もで漕ぐ舟、 
ありとあらゆる種類の手漕ぎの舟。
ラグーナを行き、あちこちで止まりつつ、30キロの長距離をこなします。

18-06.6.4011_t.jpg



何をしている所なのか、どういう関係なのか良く分りませんが、
素敵な帽子です!
裸の膝が見えますから、舟の中だろうとは思うのですが。

19-06.6.4008_t.jpg

TVカメラマンは本当に良く見て写していて、時に感心します!



何人で漕ぐ船か、かなりの人数で、写っているのは全部で15人!
お揃いの赤と白の横じまのシャツ、白い帽子に赤い房がちょんと。
舟の目も可愛いですね。 舵取りはどうやら女性の様。

20-06.6.4012_t.jpg



この背後の家は確かマッゾルボ島。
ラグーナのあちこちで止まるというので、手前の赤い舟は休憩中でしょう。

21-06.6.4016_t.jpg



イタリア女性ではなく、どうやら北方の女性の様子で、
良く見ると、ホッペに何か描いていますね。
特別な美人ではありませんが、パッと見の美しさ、という事で、はい。

22-06.6.4001_t.jpg



ヴェネツィアに戻ってきて、カンナレッジョの運河に入ろうとする所。
奥に小さく盛り上がる橋が見えるのが、トゥレ・ポンティ・三つ橋です。
一番右のチームは、どうやらイギリスからの参加でしょうね。

23-06.6.4017_t.jpg



今、ポンテ・グーリエを潜ろうという所で、このたくさんの見物人!! 
運河の横にも、橋の上にもいっぱい。 
この橋をくぐれば、すぐ近くに大運河で、もう殆ど帰り着いた所。  
お疲れ様でしたぁ!

24-06.6.4018_t.jpg



◆おまけ
これは同じ6月4日にピサで行われた「4大海運国の競艇」。

イタリアのかっての4大海運国、ご存知ですか?
ヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサ、そしてアマルフィで、
この4大海運国の紋が今もイタリア海軍旗の真ん中に記され、
毎年この4都市が、持ち回りで競艇をします。
  
24-06.6.4024_t.jpg

今年はピサで行われ、いつもなら海のコースがアルノ河、勝者は地元のピサ。
これがその決定的瞬間で、ヴェネツィアは2着でした! 残念。

やはり海とは勝手が違うそう。 そうです、今年で51回目かの大会ですが、
ヴェネツィアがその半分以上を勝っているのです、エヘン!
来年はヴェネツィアでの開催だそうで、乞うご期待!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント