・ サン・ダミアーノ への道 ・ アッシジ 

アッシジの町の中心から東南に2キロ程にある、サン・ダミアーノ修道院。
かって聖フランチェスコが、最初の仲間達と荒れ果てた修道院を
自分達の手で修復した、という言い伝えのある修道院です。

のんびりゆっくり、歩いて訪れました。

行ったのは4月8日、今年の復活祭の日。 大変良いお天気で、
野には真っ赤な芥子の花、パパーヴェリが咲き始めていました。
今の時期、こちら北イタリアでは道端に畑に咲き乱れていますが、
まだこの時は少し早かったですね。

1-112_t_t_t_GF.jpg



サン・フランチェスコ聖堂の、ここからの眺めも、また威容!
鐘楼がなければちょっとした要塞の様な。
    
2-103_t_t_t_GF.jpg 



この道はサン・ピエトロ広場から真っ直ぐ下に下る道で、たくさんの人々が
行くのに釣られて下って行ったのでしたが、
サン・ダミアーノに行くにはこの道ではなくてと、途中で尋ねた婦警さんが
地図を広げ教えてくれました。
       
彼女にとって大変忙しい日だったようで、汗をかきつつ大変な早口で。
そして大急ぎでまた坂道を登って行きました。
お勤め、ご苦労様です!



この赤い芥子の花を見ると、何時もサンタ・キアーラに想いが行きます。
F.ゼッフィレッリの映画「ブラザーサン・シスタームーン」の影響でしょうが。

3-111_t_t_t_GF.jpg



傍らの花に止まった蝶を見ると、羽が痛んでいました。
冬を何とか無事に越し、今春の復活祭を迎えた蝶君。愛おしいですねぇ!

4-113_t_t_t_GF.jpg



行き会った3人で、真ん中のチビ君をお父さんがどんな風に支えているか、
よぉく、ご覧下さいね。
       
5-100_t_t_t_GF.jpg

ちょうど彼らの連れが写真を撮るのに止まったので、私もOKを貰って。
すると、彼らの連れが言うのです。「2エウロ」とドスの聞いた声で! 

大笑いし、「まけて下さい! 今日は復活祭ではないですかぁ!」
「じゃぁ、まぁ、いいか」
3人の笑顔、特にチビ君の嬉しそうな顔!
舗装の煉瓦には一枚ずつ、献金した人の名前が彫られた道でした。
    


水芭蕉のような形をした花、これは少し大きめで15cmほどですが、
もっと小さめもたくさんありました。

6-115_t_t_t_GF.jpg



婦警さんに教えてもらった道に入ると、途端に長閑な道になりました。
オリーヴ畑がなだらかな坂道の両側に。

7-116_t_t_t_GF.jpg



畑の中にお馬君がいて、声を聞きつけ我々の方に。

8-122_t_t_t_GF.jpg



サン・ダミアーノ修道院の入口。 写真は別の曇り日の夕方で、
色が沈んでいますが。

9-029_t_t_t_GF.jpg

正面に薔薇窓があり、その上に最初の教会の大きさと見れる跡が。
フランチェスコが修復したのは、この最初の部分だったのでしょうか? 
左側の建物にも、そんな跡が見えます。



この修道院には後にサンタ・キアーラが引きこもり、最初の修道女達と
生活を共にし、活動した場所といい、
内部には小さな礼拝堂がいくつかと、質素な部屋が。

10-126_t_t_t_GF.jpg



上部に位置する質素な部屋。 天井、屋根部分は修復されていますが、
何もないこんな部屋に、逆に、精神的な豊かさを見る思いです。

11-127_t_t_t_GF.jpg



真ん中に井戸のある、小さな中庭を見下ろして。

12-129_t_t_t_GF.jpg



苔むして様々な色に変化した瓦。 この調和がとても美しいと思います。

13-130_t_t_t_GF.jpg



食堂。 大変古い虫食い板の長いテーブルが向かい合いに並びます。

14-131_t_t_t_GF.jpg

古い壁画に描かれたテーブルには、いつもご馳走らしき物が見えますが、
こんなテーブルで頂くには、何が相応しいのでしょう?



上の写真の右側。 壁の柱の手前に置かれた、壷一つ。
静物画的、と思い写しましたが、何に使うのでしょうか?
それにしても、 ・・静謐!

15-132_t_t_t_GF.jpg



修道院の横、泉の跡に、花の鉢。

16-032_t_t_t_GF.jpg



ゆったりとした想いを味わいながら、オリーヴ畑の中の坂道を戻りました。
途中、畑の中で休んだりしながら。 新緑が、目に沁みるよう。

17-133_t_t_t_GF.jpg


***

アッシジ周辺のフランチェスコの足跡に、エーレモ・ディ・カルチェリがあり、
彼が引きこもり瞑想した場所として有名です。
今回ここも訪れました。 確かに静寂に満ちた場所でしたが、
余りにも暗い小さな部屋や、穴倉のような場所を覗きつつ、
正直少し辟易しました。
       
彼の事を少し読み、かなり偏執的であった事をも知ると、そう単純に
感心のみできない気持ちが残りました。
勿論、彼の業績を否定する物ではありませんし、これは私の年にも
関係するのかもしれません。

が、その後訪れたサン・ダミアーノでは、素直に心に響く静謐さを感じました。       
大勢の観光客が訪れていましたが、その騒音を越えて尚感じる物が。
キアーラはここに籠もった後、一度もフランチェスコに会う事無く亡くなったそう。
       
長い年月の間、どの様に彼の事を考えていたでしょうか。
ふと、そんな事をも考えました。

・◆・
       
ブログご訪問、有難うございます!  
留守中の、コメントの書き込みも有難うございました。     
お陰さまで、無事ガルダ湖より戻りました!
       
大変に、素晴らしい風景でした!!
シルミオーネ、トルボレ、 北端のリーヴァ・デル・ガルダ、
       
そして、ガルダ湖からマントヴァに続くミンチョ河沿いのボルゲット。
ここがまた大変な素晴らしさでした!
勿論ヴェローナの、ランベルティの塔にも登って!
ガルダ湖の水の色が余りにも素晴らしかったので、
今週末には、皆さんにもご覧頂こうと思います。
どうぞ、お楽しみに!
      
*****
  
ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント