・ アジアーゴ と ヴェネツィア共和国

先週12日から14日にかけてヴィチェンツァの奥、アルプスの麓の町 
アジアーゴ・Asiagoにおいて、
「第79回アルピーニの大会」が開かれ、イタリア国内のみならず
世界各国から20万人が集まり、盛大に行われました。

アルピーニ・Alpiniとは、アルプス山岳兵の事。 
19世紀末からの歴史を持ち、祖国イタリアの独立のために、
勇敢に戦った兵士の集団で、毎年各地に置いて集会が開かれるのですね。

と、5月12日はヴェネツィア共和国がナポレオンによって、
1000年に及ぶその歴史を閉じた、いわば命日で、
ヴェネトの一員として、変わることなき我らが真心を捧げたいと思います!

これはアジアーゴのコムーネ・市役所で、この一帯には、かって1300年代に
ドイツのバヴァリア地方から「チンブリ」という山岳民族が移り住み、
独特の言葉、体格、伝統、習慣等を持ち、暮らしていた所なんだそう。

1-20060515202558_t_t_t.jpg

同じ民族は、ヴェネトのヴィットリオ・ヴェネトの奥にも、やはり山の民族として
暮らしていた、というのを読みました。
今はこの一帯は、夏の避暑地、そして美味しい「アジアーゴ」のチーズで有名です。


      
アルプスの麓からヴェネト平野にかけ、そして東のトリエステ辺りまで、
第1次大戦では大激戦地だった所で、町外れには大慰霊碑がありますが、
全体を撮っておらず、探しましたがガイドブックにも見つからず残念。

これは大慰霊碑から、町を望んだ所。

2-20060119234114_t_t_GF.jpg



上の写真から、ずーっと町の中心をアップした所。
なだらかな草地に囲まれた、小さな町の様子がお分かりと思います。
    
3-20060515205540_t_t_GF.jpg 
  


牧草地が広がっています。 如何にも美味しいチーズがありそうでしょう?!
その眺めの中、あちらこちらと小さい村が見えます。
アジアーゴに行くには、バッサーノ・デル・グラッパからバスで。

4-20060119234224_t_t_GF.jpg



では、ヴェネツィア共和国へいざ!

ヴェネツィアの守護聖人サン・マルコのシンボルである、翼のあるライオンが
描かれた旗は、かっての共和国の領土の下、
何処に行ってもこのライオン君が今も健在です。

5-20060423172658_t_t_GF.jpg



ヴェネツィアの発祥地、ラグーナ。 ラグーナとは干潟の事。 
5世紀に始まる北方の蛮族の襲来におされ、ラグーナに逃げ込んだ住民達は、
やがてトルチェッロ島にヴェネツィア発祥の基礎をおきます。

6-veneto117_t_GF.jpg

この春飛行機の中から写したもので、夕闇とブレで見難いのはお許しを。


  
これはドージェ、ドメニコ・コンタリーニの旗艦に掲げられていた旗で、
コッレール博物館所蔵。
翼を持つライオン君は、前足を地に、後ろ足を海に、
ヴェネツィア共和国の領土の広さを現します。

7-20060515202954_t_t.jpg



「アドリア海の真珠」と讃えられた、ヴェネツィアの表玄関。
かって海から訪れる外国人を迎えるのは、この眺めでした。
煌く日の光と、素晴らしい建物群、どんなにか、訪れる人を魅了した事でしょう!

8-20060306042754_t_t_GF.jpg



アッカデミア美術館のカルパッチョの絵には、木製のリアルト橋が描かれていて、
真ん中が割れ、大きな船が通れるようになっていて、
つまり当時は、帆船がまだ主流だった事を示しています。
       
9-20060424221831_t_t_GF.jpg

全長4キロ、逆S字型に流れるカナル・グランデの真ん中にかかるリアルト橋。
いくつの恋が、この橋の上を、そして下を流れた事でしょうか?!



かってゴンドラは今の様に黒一色でなく、好きな色に塗られ、小部屋がついていたと。  
ご想像あれ、大運河を色とりどりのゴンドラが行く様を。
で、余りにも派手になりすぎ、遂に「黒1色」に統一する旨のお触れが。

10-20051113032436_t_t_GF.jpg

ゆらゆらと進むゴンドラの、舟ベリを叩く密やかな波の音。 
ほら、心が高鳴りません?



サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会前の広場の、コッレオーニ将軍騎馬像。
彼はヴェネツィア共和国の傭兵隊長でした。
この騎馬像はフィレンツェのヴェロッキオ工房、レオナルド・ダ・ヴィンチが
弟子入りした工房の師匠ヴェロッキオの作で、フィレンツェとのひとつの接点。

11-20060423173841_t_t_GF.jpg

ニュースによると今この騎馬像は修復中で、6月には再び雄々しい姿が見れるとの事。



この男、ナポレオンが、1000年に及ぶヴェネツィア共和国を倒しました。
もはや、倒れる状態になっていたにしろ・・。 1797年5月12日、命日。

12-11899.jpg

ヴェニス共和国の滅亡によせて
かつて華やかな東方を領有し、   
西方の砦たりしヴェニスの価値は   
その生まれを辱めることなかりき、   
ヴェニス、自由の長子よ。   
  
いかなる奸計にも誘惑されず、   
いかなる力にも犯されることなき   
輝かしく自由なる処女の都市。   
  
その夫を選ぶとき、   
永遠の海原をめとるべきかりき。   
栄光が薄れ、称号が消え、   
その力衰え行くを見る時、如何にせん。   
  
されど、その永き命の終わる日、   
愛惜の貢物が捧げられるべし。   
我ら人の子、かつて偉大なりしものの影   
消え去らんとする時、悲しむべきなり。    
・・ウイリアム・ワーズワース

追記:このナポレオンの肖像は、ヴェネツィア共和国崩壊後の取り決めを
   オーストリアとの間で行った、フリウリのマニン邸での会議について、
   「カンポフォルミドの会議」の展覧会が1997年の暮れに、
   ヴェネツィア共和国崩壊200年を記念して行われた時の物。

   ポスターを見て写したのが画質変換で汚れていて、サイトで探しましたら
   運よくカタログの写真が見つかったという次第で、ここに。



サン・マルコ広場の眺めを。 長くのびる影、暮ゆく日、名残の夕陽。

13-20060424225114_t_t_GF.jpg

14-20060424225203_t_t_GF.jpg

15-20051108000455_t_t_GF.jpg

ヴェネツィアにはやはり、憂愁の想い、微かに香る退廃、肌ざわめく官能
が似合う気がします。

この街にお出での時は、想いに浸り、ゆっくりと、彷徨って下さい。 
異邦人のままで心の紐がほどける、 ・・ヴェネツィアはそんな街。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント