・ ヴェネツィア から、ペッレストゥリーナ に 

ペッレストゥリーナ・Pellestrinaに行くには、
ヴェネツィアから水上バス・ヴァポレットで、まずリド島へ。
そしてバスに乗り、細く長い砂州の島リド島をどんどん西へ。
  
アルベローニで一旦バスをおり、フェリーで次の西の砂州の島、
ペッレストゥリーナ島に渡り、連絡のバスに乗り、どんどん西へ。
そう、殆どキオッジャの鼻先に、ペッレストゥリーナはあります。

リド島と、ペッレストゥリーナの砂州の島は、
島の向こう側が見える位の細い細い島で、夏はヴァカンス客で賑わう、
漁業とアサリの養殖の島。 写真は3月1日のもの。


サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂と、ドガーナを見つつ、
かなり良いお天気のヴェネツィアを出発!

20060228233152_t_t_GF.jpg



サン・マルコ小広場を離れ、空も海も青いヴェネツィア。

20060228233240_t_t_GF.jpg



が、到着のペッレストゥリーナは大変な霧! ぼわ~~ん。

20060228233942_t_t_GF.jpg



時にひ弱な陽が射し、小さく波が煌きます。

20060228234304_t_t_GF.jpg



パラフィッテ・杭の上のカモメ。
奥にぼんやりと見えるのが、養殖用と思うのですが・・。

20060228234033_t_t_GF.jpg

20060228234638_t_t_GF.jpg



剥げかけた壁の色が面白く。  
       
20060228233511_t_t_GF.jpg

近くのレストランで、コーダ・ディ・ロスポ(ヒキガエルの尾!)
と呼ばれる、アンコウの尻尾のグリルを食べ、美味しかったぁ!!
余り美味しいので、調子に乗ってお代わりをし、
えらく高く払わされましたぁ!



霧に煙る鐘楼。  
3月というのに大変寒かった記憶。

20060228234730_t_t_GF.jpg



タンパン部分の剥げ落ちた壁が模様の様で、大変美しく。 
       
20060228234827_t_t_GF.jpg       
 


ヴェネツィアに戻ってくると、途中のリド島は晴れていたのに、
ヴェネツィアも霧に。

20060228235215_t_t_GF.jpg



ドゥカーレ宮も霧の為に、殆ど白黒写真のよう。  

20060228235357_t_t_GF.jpg



ドガーナの金色の球と風見の女性も、往きのお天気と違って、
殆ど見えず。

20060228235449_t_t_GF.jpg
      


カナル・グランデをゆるゆると進み、カーヴを曲がり、リアルト橋近く。
漸くに霧が少し晴れ、弱めながら黄昏近くの太陽が。
     
20060228235924_t_t_GF.jpg

20060301000117_t_t_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント