・ n.1  ヴィットリオ・ヴェネト ・ チェーネダ 

今日は、我がコネリアーノの北隣、ヴィットリオ・ヴェネトのご紹介を。
2つの古い中世からの町が第1次大戦後に合併し、
時の国王ヴィットリオの名前を戴いた、という由来があります。

右側が南のチェーネダの町、左が北側のセッラヴァッレで、
まず先にご紹介するのは、南のチェネダ・Cenedaです。  

1-20060121011459_t_t_GF.jpg

右端下をご覧下さい。
・ジョヴァンニ・パオロ広場 pizza GiovenniPolo
・カテドラーレ 聖堂  Cattedrale 
・ロッジャ・チェネデーゼ Loggia Cenedese
・サン・マルティーノのお城 Castello de S.Martino
見にくくて済みません。
そしてちょうど中間に、現在の市役所と素敵な公園があります。



聖堂はサン・ジョヴァンニ広場の東側にあり、 
広場にある16世紀の泉が手前に写っています。
左側に見える建物、これがロッジャ・チェネデーゼ。

2-digi117_t_t_t.jpg



サン・マルティーニのお城、司教の住居の絵葉書で、
入口付近、内部の城壁、等。

3-20060121010823_t_t_t_t_GF.jpg

残念ながら、内部の写真が紛れて見つからず、
見つかりましたら又ご覧頂ますね。
ここに行くにはかなりの急坂で、脚の訓練のおつもりで!



城の入口の門を入った所の壁にいる、聖マルコ、
またヴェネツィア共和国のシンボルのライオン君。

4-20060119224155_t_t_GF.jpg

壁の上から、何百年に渡る歴史の変遷を眺めてきました。
少し鼻の大きい、可愛い顔をしています。



お城からとは少し位置が違いますが、近くの山の上からの眺め。

5-20060121010917_t_t_t_t.jpg

このヴェットリオ・ヴェネトが、ヴェネト平野の北端に当たり、
ここから北は山が続き、その間を縫って、道はオーストリアへと。
筋がついたように見える畑は、葡萄畑。



ロッジャ・チェネデーゼの正面全景、一階前面がロッジャ・柱廊の間に。
正面と両脇の壁が、フレスコ画で飾られていますが、
正面部分以外は、かなり損失しています。

6-20060119224525_t_t_t_GF.jpg

この建物は現在「戦争博物館」で、イタリアが独立を獲得した
第1次大戦の遺品、記念品が保管されています。
ロッジャには、大砲と弾丸が置かれているのが、見えますか。



正面壁のフレスコ画で、描いたのはポンポーニオ・アマルテオ、
デザイン(下描き骨子)はポルデノーネと。
この2人の名前はこの一帯からフリウリにかけてよく登場します。

7-20060119224632_t_t_t_GF.jpg      

手前には女性や子供の姿も見え、馬に跨った男性は大変勇壮な感じ。 
どんな謂れがある絵なのか、一寸調べて見ましたが、
画家の名は分かったものの、他は分からず。



ロッジャの壁には、この騎士がいます。 
騎士の姿をしていますが、翼を持っているので大天使かもで、
16世紀からここにこうして、彼は生き続けています。

8-20060119224737_t_t_t_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント