・ スコミーゴ村 春たけなわ

5月1日・イル・プリモ・マッジョは、こちらイタリアは祭日。
前日まで続いていた雨がやみ、やっと5月に相応しいお天気で、
久し振りにスコミーゴ村の春を写しに出かけました。

スコミーゴ村は海抜130mの丘の上で、坂を下っていくと
アウトストラーダ・高速道路の上を越える橋があり、
そこから見た隣のオリアーノ村、海抜151mです。

1-veneto143_t_GF.jpg

西になるのでいつもは逆光になり、夕暮れの風景がとても綺麗に
見える場所で、手前の谷に最近新しく家が建ち始めて、
結構な集落になりつつあります。



小さい、艶のある花びら、 きんぽうげ、ですか?
何度も写すものの上手く行かず、今回も少し光ってしまい。

2-veneto134_t_GF.jpg



これも名前が出ません。 どなたか教えて下さい。
写真の一番下に、犬ふぐリがまだ咲いているのが入りました。
あちゃぁ、イヌフグリにブログ名が重なってしまったぁ!
    
3-veneto147_t_GF.jpg
   


私の好きな花、これも名前が、サルビアの種ですよね?
今回はわりと色がよく出ました!
ピンク色もありますが、やはりこの青紫が素敵です。

4-veneto153_t_GF.jpg



素朴な、薄いピンクが少しかかった、木の花。  
茶花のイメージもありますが。

5-veneto141_t_GF.jpg



これは、は~い、勿論知っています!  
イタリア語では、デンティ・ディ・レオーネ・ライオンの歯と。
ライオン君がこんな可愛い歯をしているとは思えませんが・・!

6-veneto154_t_GF.jpg



これを見ると、毎回写す誘惑から逃れられません!! 
はたしてディスプレイで、見えるかどうか。  
少し写真を小さくして、変換密度を上げて見たのですが、さて。

7-veneto138_t_GF.jpg



アウトストラーダの橋の手前から、右に曲がる道は「谷の道」という名。
まさに谷道をカーブしながら下り、上り、スコミーゴ村の南に出る
私の大好きな道です。
  
8-veneto156_t_GF.jpg

祭日で車も殆ど通りません。ちょうどバイクが走っている辺りが、
谷の道の、一番低い辺りです。



谷の一番低い辺りから丘を眺めて。 

9-veneto161_t_GF.jpg

北にあるアルプスからの山の流れが、この辺りでは幾つもの丘になり、
起伏のある風景を作っています。



谷の一番低い辺り、2日続いた雨の水溜りかと思ったのですが、
案外小さな湧き水があるのかもしれません。
澄んだ水の流れる道がついていますし、ちゃんと溝がある所も。

10-veneto171_t_GF.jpg



水に影が写って。 柔らかい草の色が、丘の上にまで続いています。

11-veneto185_t_GF.jpg



道を上った所のスコミーゴ村郵便局隣のお家には、藤棚があります。
大きな房が重たく下がり、満開です!  傍を通ると良い香りが。

12-veneto190_t_GF.jpg



再び、オリアーノ村の眺めを。 この道は我が家から郵便局に行く道で、
いつも見るオリアーノの眺めです。

13-veneto225_t_GF.jpg

「谷の道」は、再び谷を下り、カーブを切りながら長い上り坂を経て、
オリアーノの教会前に出ます。
この坂道は雪が降った時、コネリアーノからのタクシーが嫌がったほどの坂道!

今、一番緑色の美しい時。  さまざまな緑色が重なります。




上の写真に続く草原です。  
春先のスコミーゴのご紹介で、モグラ君の活躍が始まった、という写真、
覚えておいでかな? あの、点々と土の小山が盛り上がっていた原っぱです。
今はすっかり草で覆われ、お花畑の様子を呈しています。

14-veneto226_t_GF.jpg



葡萄の木もこの様に葉が茂り始めていて、5月の末には小さな小さな葡萄の
房の形が出来始めるのですよ。 その時、また様子をご覧に入れますね。

15-veneto193_t_GF.jpg

毎年5月1日、ローマのサン・ジョヴァンニ広場で野外大コンサートが開かれます。
労働組合主催のコンサートで、午前中から夜中まで!  
TVでも中継があり、この日を境に野外コンサートがあちこちで始まります。

イタリアは、いよいよ夏に向けての活動が始まりましたよぉ~!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント