・ アスコリ・ピチェーノ ・ クインターナのお祭り 

「旗振りの競技会」の翌日、呼び物の「クインターナ」という
お祭りがあり、会場は町外れの広いトラックですが、
切符は全て売り切れで買えませんで、 これはそのポスター。

1-20051213021904_t_t_GF.jpg

競技は、選手が長い木の槍を抱え込んで馬で走り、
的を槍で突くというもので、
サラセン人を模した大きな人形が、手を伸ばした先の的を
槍で突き、槍の墨の点いた位置で点数を決めるというもの。




会場に入る切符は買えませんでしたが、行進があると聞き
場所を定め待ちました。

写真は、道の向こう側で待つ人々。

2-20051213021536_t_t_GF.jpg

公園があったのですが、絶対に人が前に来ると考え、
私はこちらの石垣によじ登りましたが、大正解でした!
人々の、服の色の鮮やかさ!  
夏の甲子園で写真を撮ってもこうはならないでしょうね。




長い事待って、やっと行列が近づいてきました。
時代行列を模した槍持ちや兵士、バンドとたくさん続きましたが、
貴婦人の中でもとりわけの美人と、美男の騎士の一部をご紹介。

3-20051213022840_t_t_GF.jpg



馬に乗っている男性が各地区の騎手、クインターナの競技に
出場する選手です。 彼、なかなか感じが良いでしょう?!  

4-20051213022525_t_t_GF.jpg



彼女の笑顔、可愛いでしょ?!
にっこり笑って相手を見ていますが、彼の方はいささか上の空。 

5-20051213023039_t_t_GF.jpg



優しい笑顔の彼女。 周囲を子供達に取り囲まれて、
なんとなく「幼稚園の先生」のイメージ?!
後ろにいる男の子の平然とした顔が可笑しいでしょう?

6-20051213024202_t_t_GF.jpg



余裕しゃくしゃくで、馬を進める彼。
クインターナの競技は、TVで見ましたが大変修練を要する競技で、
馬をかなりの勢いで走らせ、長い槍で的を突く、
見ていると的中率がとても良く、点数を決めるのが大変だろうと。

7-20051213022428_t_t_GF.jpg



赤い色の簡素な衣装がとても似合って、暖かい笑顔が素敵。
こうした時代衣装は全てビロード地で、色がしっとりと美しく、
夏の暑い日に、この衣装は大変でしょうが、
皆さん、張り切って成りきっておられます!

8-20051213023537_t_t_GF.jpg



貴婦人のうちでも、とりわけ私が気に入ったダーマをご紹介です。
この華麗で清楚なイメージ。 少しまだ硬い蕾の感じがありますが、
衣装の、デザインも色もまさに彼女にお似合いと。
こういう女性を見ると、「描きたいなぁ!」

9-20051213023409_t_t_GF.jpg



とても気に入り2枚撮っていて、こちらはプロフィール。  
うなじの線がとても美しい!

10-20051213024312_t_t_GF.jpg



良い顔で、手をあげて答える彼。
う~ん、私は髭の男性が好きですし、
この顔、なかなか良いと思うのですが、いかが?!

11-20051213033646_t_t_GF.jpg



この子は、前日の「旗振り競技」には出ていませんでした。 
多分年齢制限か何かでしょう。 なぜなら、ものすごく上手かった!!
熱心で、集中していて、そして自信に満ちていました。

12-20051213023155_t_GF.jpg



彼は今、旗を高く投げ上げ、落ちて来るのを待っています。
この写真では、全然写らない程高く高く投げ上げたのです。
そして、この待ちの姿勢の的確さ!

13-20051213023245_t_t_GF.jpg

動かなくても、旗は彼の手元に正確に落ちて来るから。
シュルシュルとよじれながら、ひらめきながら、彼の手に戻って来るのです。



この写真は、騎士よりも馬をどうぞ。
たてがみを綺麗に編み、しかもビーズまで付けて貰って!
馬の持ち主の愛情を感じますね。 
そう、このお馬さんにとっても、今日は「晴れの日」。

14-20051213033351_t_t_GF.jpg



そう、この彼女ともう一人だけが女の子でした!
「旗振り」は全て男の世界で、昨夕優勝した男性はかなり年が上でした。
そんな中で、必死に走り回り、投げ上げ、頑張っていた彼女。
緊張している顔が美しいでしょ?!

15-20051213023635_t_t_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント