・ フリウリの、 ヴィーノ・ビアンコ(白ワイン)!

旅行雑誌「Traveller」の特集、フリウリ・ヴェネツィアジューリア州の
ヴィーノ・ビアンコ ・白ワインをご紹介です。
写真は全てこの雑誌からスキャンした物。

桃源郷との国ざかい。 
スロヴェニアとの国境ちかく、グルメの周遊旅を。
小さなホテル、トラットリア、アグリトゥリズモ。
一帯のワインは素晴らしく、ワイン倉は旅行者に解放され。

1-20060519230052_t_t.jpg



ワイン地図をどうぞ。
フリウリには、1つのDOCG(最高級銘柄)と、
9つのDOC(高級銘柄)が揃っている。 
その他、上等のワインは溢れるばかり!
  
2-20060519225954_t_t.jpg
     
14. Nimis - DOCG
2. Cormons
3. Dolegna dei Collio
8. San Floriano del Collio
8. Oslavia 



白ワインの中では、DOCのTocai ・トカイと、 
Ribolla gialla・リボッラ・ジャッラが抜きん出ている。

3-20060519225744_t_t.jpg



かって葡萄の木のうどんこ病に、硫酸銅を霧吹くのに使われた、
肩に背負うポンプ。  
今は、熟枝の飾り用に植木鉢代わりに。

4-20060519225850_t_t.jpg



葡萄の収穫を、ヴェンデーミア・vendemmiaと言います。
この写真は、スロヴェニアとの国境に近いコッリオで。
女性の顔がイタリア女性とはまたちょっと違う雰囲気です。

5-20060519230149_sh01_t_t.jpg



リボッラの葡萄、サンフロリアーノ・コッリオにて。
白ワインのDOC、リボッラになる葡萄。 
乾いた味の、心地よい酸味のあるワインとの事。

6-20060519230149_sh02_t_t.jpg



ワイン地図2のコルモンスにあるワイン企業ボルゴ・デル・ティーリオ
の主人、ニコラ・マンフェッラーリ。  
他の企業の主人は皆ピチッと決めて写真に写っている中、
彼のみが働く姿で。

7-20060519231505_t_t.jpg



なだらかな丘が幾つも続く、コッリオの眺め。
中央奥に小さく見える街がゴリツィア、国境の町。

8-20060519230404_t_t.jpg



コルモンスのワイン畑の持ち主が営む7室の宿、「テッラ&ヴィーニ」
(Tel 0481-60028)の、おやつ!!
ワイン、生ハム、チーズ、そしてパン。  美味しそう!!

9-20060519230250_t_t.jpg



フリウリの唯一のDOCG、ニミス(ワイン地図 14)の
「ロマンドーロ」の主人の娘さんステファーニア・ドゥリ。
このワインは、食事のあとチーズかデザートと。または瞑想の友に。

10-20060519230721_t_t.jpg



ワイン蔵の宝石。
サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾーネ(地図17)の 
リヴォンのワイン倉。
それぞれ、年代の違うワインの並び。 瓶の肩にうっすらと埃が。

11-20060519231225_t_t.jpg



元ロサッツォ修道院。 この修道院が出来たのは1068年。 
最初はアゴスティーニ派の修道僧が、そしてオーストリアから移住
してきたベネデッティーニの僧がすぐに葡萄畑を作り、
古い、歴史あるワイン造りを始めた。

12-20060519230820_t_t.jpg

今この修道院は由緒あるロマネスク教会と共に完全に修復され、
海まで見晴るかす眺めのよいテラスで、ワインを味わう事ができる。 



チヴィダーレの、ディアコノ広場のワイン・バーで、
杯に注がれる赤ワイン、スキォペッティーノ・Schiopettino 
お客のうれしそうな横顔!

13-20060519235319_sh01_t_t.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント