・ n.2 アーゾロ ・ 文化人に愛される、典雅な町

 ヴェネツィアの奥座敷とも言われる、歴史と文化の香り溢れる
アーゾロのご紹介2回目、町の中心と、ロッカ・要塞をご覧頂きます。

町の中心、ガリバルディ広場の南にあるドゥオモ。
町全体が坂に沿っているので、ドゥオモの入口は広場の端から
階段を下りた所で、祭壇にはロレンツォ・ロットの作品があるとの事。

1-20060210230228_t_t_GF.jpg



ガリバルディ広場より一つ北上のブルニョーリ広場に面してそびえる
スコッティ・パジーニ邸・Villa Scotti-Pasin。
アーゾロの名を有名にしたロバート・ブラウニングが住んだのだそう。 

2-20060210231001_t_t_GF.jpg



ガリバルディ広場からお城に至るコルナーロ通り・via Cornaro.
フレスコ画で飾られた家が多く、道は丸石舗装で年を経て、
上がすり減っています。

3-20060210223533_t_t_GF.jpg

中央に見える3色旗は、前日のサッカー試合でイタリアが勝った!で、
試合で贔屓のチームが勝つと、このように国旗、チームの旗が翻ります。



コルナーロ通りから北に十字路を突っ切ると、奥に骨董店があり、
骨董店というよりも古道具屋という感じで、開いているのを
見た事がありませんが、店先にあった、農作業の道具と古い鳥籠。

4-20060210224314_t_t_GF.jpg
  

店の横壁に、もう何年もこの自転車が立てかけられています。

5-20060210234652_t_t_GF.jpg

他の方のブログにも載っているのを見かけ、その意味では有名な
自転車ですが、ハンドルの握りの色が微妙に違うことに気が付きました。 
ひょっとして、先代は売れて次の自転車かもしれません!




ブルニョーリ広場の北側の坂道、ロッカへの道を登っていった所から、
コルナーロのお城が、と言っても今は時計塔しか残ってませんが、
見えます。
 
6-20060210234742_t_t_GF.jpg
  
その奥に、霞んで青く見える地平線にご注目を! 
アーゾロは海抜190m!



アーゾロに、も一つ神秘的な面影を添えているロッカの外壁。
どこかに高さや大きさが書いてあったのですが、紛れてしまい・・!  

7-20060210235209_t_t_GF.jpg



町からはかなりの急坂ですが、これが最後の坂。
この巨大なロッカには、ここに見える入り口が唯一の物で、
他には窓も何もない、ひしゃげた楕円形の壁のみ。

8-20060210235026_t_t_GF.jpg

天文学的な意味があるのでは、という説もあるそうですが、
いまだ解明されていないとの事。



ロッカ入口は閉まっていて入れませんが、ふと上を見るとこの紋が。
これはパドヴァのカッラーラ家の紋章です。 

9-20060210235116_t_t_GF.jpg

アーゾロは町の位置する戦略的見地から、何度も戦いがあり、
15世紀にヴェネツィア共和国の下に入るまで、次々と領主が変わった  
兵どもの、夢のあと。



ロッカの前からの町の眺めで、位置は先回ご紹介しました町の門、
ロレッジャ門に至る道で、緑に埋もれて、町があります。

10-20060210235353_t_t_GF.jpg



ヴィア・カノーヴァにある、エレオノーラ・ドゥーゼの住んだ家、
左の濃いピンクの大きな家です。

11-20060210230044_t_t_GF.jpg

彼女は20世紀初頭の有名な女優でしたが、最後はこのアーゾロに
住む事を選び、お墓もこの道の先にある、かっては貧者たちの墓地で
あった場所に葬むられる事を望み、今もそこにあります。

このアーゾロに住む事、または別荘を持つことが、
当時のステータス・シンボルであった事もあるそうで。



このヴィア・カノーヴァの片側は、大変美しいポルティコの道で、
骨董店や手織りの布の店が並び、軒下にはツバメが巣を作ります。

12-20060210232807_t_t_GF.jpg

先回ご紹介しましたブラウニング通りよりも短く、店も少ないですが、
大変典雅な通りです。



立葵、でしたっけ?  色が大変綺麗に出たので、
典雅な町アーゾロのご紹介にふさわしいと思い、アップです。

13-20060211000825_t_t_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント