・ 1月のイタ猫 ・ アッシジ、ヴェネツィア、トリエステ

今年最初のイタ猫を飾るのはこの子猫ちゃん。
コネリアーノ市の広報誌からで、「キャバレーの星の下で」
という恒例の催しのおしらせ。
お笑いタレント達が、1月から2月の6回にわたって独演するという、
会場はコネリアーノの町紹介で出た、チーマ広場のアッカデミア

20060105211007_t_t_GF.jpg

それはともかく、この子猫の笑い顔!!
多分ソフトで弄っているのでしょうが、笑えます。 
お出かけになりますかぁ?!




アッシジのまだ若い猫ちゃん。 アッシジ特有のピンクの石の上に
きちんと前脚をそろえ、小首を少し傾げて見つめています。
両前脚に斜めに同じ黒い柄が入り、夏ながら、いかにも涼しげ。

20051211052933_t_t_GF.jpg



冬のお天気の良い日、畑の間を縫って続く道を自転車で行くと、
日向ぼっこをしている猫達にあちこちで、たくさん会います。
特にこの道、我が家から東への道では次々と。

20051208023315_t_t_GF.jpg

但し大変警戒心が強く、ホレこのとおり、即、逃げる用意万端。 
耳も、目も、みんな三角にして!




ヴェネツィアのリアルト橋の北詰、右手に運河沿いに曲がると
広い野菜市場があリ、台の上いっぱいに新鮮な野菜が並び、
午前中いつも地元の人で大賑わいです。

20051208024337_t_t_GF.jpg

お昼過ぎに店が片付けられ、閑散となった市にこの猫ちゃんが。
野良さんかも知れませんが、結構しっかり太っているでしょ。 
彼、大変に人懐こかったですよ。




キオッジャには、リド島からずっと細い島伝いに、途中フェリーで
渡って行けますし、陸側をラヴェンナに行く国道でも行けます。

キオッジャはかってはヴェネツィア共和国の地元同様で、
サン・マルコ広場と同じ様に港に円柱が立ち、
サン・マルコの象徴「翼を持つライオン像」のこれが、上にね。

20051203054111_t_t_GF.jpg

で、「これ猫じゃない、ではないの!」とおっしゃる? 
いえ、猫です! 「キオッジャの猫」で有名なんです!
つまり円柱の太さに比べ余りにもライオン像が小さく、
で「キオッジャの猫」と呼ばれているのですね。

私も今回写真でしっかり顔を見ましたが、
結構、可愛い猫ちゃんではないですか?!

港の近くには EL GATTO と、スペイン語風定冠詞がついた、
Gatto・ガット・猫というレストランもありますです。




この猫ちゃんは、国鉄のヴェネツィア、サンタ・ルチア駅から北東の方、
余り観光客が行かない、運河沿いに長い道が続く、涼しい風が
吹き抜ける一角に、長~く寝そべっていました。

20051203044650_t_t_GF.jpg

余りにも綺麗な黒い猫ちゃんで、「ちょっと起きてよ」と。
足の裏が汚れていませんし、白毛も真っ白。 
きっと、この近所の家猫ちゃんね。

 

日本でも港町ではよく猫を見ますが、こちらイタリアでも
やはり港町に猫はつきもので、ここ、トリエステの港でも同様です。
   
港の一部がヨットハーバーで、無数のヨットの、帆柱がまさに林立。 
恐れをなすほどの大きなヨットではなく、
本当にヨット好きの庶民の物、とわかるヨットの大きさです。

20060124011022_t_t_GF.jpg

この猫ちゃんもヨット好きなのかどうか、カバーの上に。 
緑のカバーに、黒い猫ちゃん! 大変鮮やかな取り合わせ。
うむ、やはりイタ猫。 見せ場を心得ているのかも!




陽射しに目を細め、港の端っこで日向ぼっこ。 
冬の晴れた日でしたが、港の陽射しは強く煌いています。

20060124011120_t_t_GF.jpg

トリエステは、ボーラと呼ばれる強風で有名ですが、冬スロヴェニアの
平野を渡ってくる冷たい台風並みの強風で、
時速が140キロとか、175キロとニュースに出る程で、 
坂道の多いトリエステの道には、綱や鉄棒が張られています。

でも今日は穏やかな冬日、ゆっくりと、手足も伸ばしてね。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント