・ フィレンツェ ・ ルネッサンスの都

月一ゲストでご登場願っているグロリオーザさんの
素晴らしい写真による、フィレンツェのご案内。  
コメントも書いて頂きましたので、ごゆっくりどうぞ!
***

フィレンツェは15世紀から16世紀にかけ、
絢爛たるルネサンス文化が花開いた街です。
ミケランジェロ、ダヴィンチ、ラファエロの3大巨匠が
ほぼ同時期にこの街で創作活動に励み、
相前後してマザッチョ、ボッティチェリ、フラ・アンジェリコ、
フィリッポ・リッピなどが才能を開花させました。

街自体も「天井のない美術館」と称されるように、
あの丸屋根のサンタマリア・デル・フィオーレ(花の聖母)教会を始め、
素晴らしい建築物が林立しています。

この街を1回で紹介するなどという大それたことは不可能ですし、
ウフツィ美術館などは写真撮影禁止になってしまったので、
手元の写真フォルダの中にある
“ちょい、きれいかな”レベルの光景を何枚か御覧いただきます。

まずは、フィレンツェに行けば必ず案内される
「ミケランジェロ広場」からの、街全体の風景。

1-1fP5030211_t_GF.jpg
  
これは5月の午後9時頃でしたか。少し前まで雨が降っていて、
あきらめて帰ろうかと思ったところで雨が止み、
束の間の夕焼けを見る事が出来ました。
ポンテ・ヴェッキオのシルエットが見えます。




昼の青空がのぞいた時間に撮った、ジョットの鐘楼。
鐘楼の階段は424段。 ドゥオモより少ないと思って昇りましたが、
イタリア到着翌日の朝で睡眠不足だったせいか、最後はバテバテ。
空の青さが印象的でした。

2-2fP5010035_t_GF.jpg



ミケランジェロの、ローマ・サンピエトロ教会の「ピエタ」は有名ですが、
ここの「ピエタ」は彼が4製作したもののうち、3作目です。

3-3fP5010046_t_GF.jpg

キリストを後ろから支える、バリサイ人ニコデモの苦しみに満ちた表情は、
ミケランジェロ自身といわれます。
「美」そのものとさえ言えるサン・ピエトロの像に比べて、
こちらはまさに「悲哀」をしみじみと感じさせます。
       
なお4作目の「ピエタ」はミラノにありますが、こちらは聖母マリア
イエスが溶け合うかのような姿で心を打ちます。


 

「ダ・ヴィンチ・コード」ですっかり有名になった、ドナテッロの
「マグダラのマリア」が十字架のイエスの前で祈っている像です。

4-4fP5010057_t_GF.jpg

彼女は聖と俗を併せ持つ存在として、実に多くの作品に描かれて
いますが、このドナテッロの作品ほど、鬼気迫る姿のものは
見たことがありません。
      
「ピエタ」(前の写真)の向かって左側にいるマグダラのマリアと
比べてみて下さい。
この2作品は、いずれもドゥオモ付属美術館にあります。

なおドナテッロの作品では、バルジェッロ国立博物館にある
「ダビデ像」が大好きです。 ダビデのヒップラインが面白いですよ。




ウフツィ美術館前には、よく大道芸の芸人が出ています。 
これは白ずくめの2人の芸人が、中央の椅子に観光客を座らせて、
ポーズを取っているところ。
娘さんの表情がとてもチャーミングだったので、思わず1枚。

5-5fP5010097_t_GF.jpg

この場所の柱には、ミケランジェロ、ダンテ、ダ・ヴィンチなどの
彫像がずらりと並んでいます。




ドゥオモ、鐘楼、サンジョヴァンニ洗礼堂 が写った写真も掲載します。

6-6fP5010138_t_GF.jpg

 

怪しい空模様の日、カフェで一休みして外に出たら
夕焼けが見えました。 
あわててダッシュしてポンテ・ヴェッキオに行き、アルノ河の夕焼けに
間に合いました。 シルエットはサンタ・トリニタ橋です。

7-7fP5020152_t_GF.jpg



その帰り道、ドゥオモ、洗礼堂の上に、またまた月が昇ってくれました。

8-8fP5020167_t_GF.jpg

イタリアに行く時は、出来るだけ満月に出会えるように日程を組みます。
イタリアの深い藍色の空に浮かぶ月が、とても美しいんです。
ただ調整がなかなか難しいんですが。


       

ミケランジェロ広場で雨が降り出すちょっと前、夕景を待っている
時間に撮った、広場の街灯。 意外にきれいだったので。

9-9fP5030201_t_GF.jpg



すっかり日が沈み、ドゥオモとジョットの鐘楼が夕闇に浮かび上がりました。

10-10fP5030219_t_GF.jpg

ライティングはとても控え目で、うっすらと見える姿に
メディチ家の盛衰を思いやる気持ちが湧き上がりました。




サンタ・クローチェ教会のライトアップは、ドゥオモよりもちょっと強めです。

11-11fP5030231_t_GF.jpg

この教会には、ジョットの傑作壁画「聖フランチェスコ伝」があるほか、
フィレンツェのパンテオンといわれるほど、有名人の墓が沢山あります。
ミケランジェロ、ガリレオ・ガリレイ、マキアヴェッリなど。

ダンテは、亡命先のラヴェンナが遺骨の返還を拒絶したため、
記念碑だけが造られています。
       
サン・ロレンツォ教会、メディチ家礼拝堂の「昼」と「夜」、
「曙」と「夕暮れ」の像が個人的には大好きですし、

サンマルコ教会の回廊を右に曲がると階段の上に忽然と現れる、
フラ・アンジェリコの「受胎告知」との出会いも忘れがたいものです。

また、サンタ・マリア・デル・カルミネ教会、ブランカッチ礼拝堂の
「楽園追放」に描かれたイヴの表情は、
世界で最も悲しい顔ではないかと思います。

それに何といっても、ウフィツィ美術館、ピッティ美術館の美術作品群など、
じっくり味わおうと思ったら、1か月はかかってしまうでしょう。

ぜひぜひ、フィレンツェにどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント