・ n.2 ポンツァ島 海からの眺めと ・ 暑中お見舞い

皆様、暑中お見舞い申し上げます!
梅雨明けのそちら、如何お過ごしでしょうか? 蒸し暑い日本の夏を思い出し、
ついでに冷たい素麺、冷奴、鰻、生ビール、枝豆、冷やし中華・・、
ああ、他に何があったっけと忘れかけているのにも気が付き・・!
まぁ、しっかり美味しい日本の夏の味を食べ、・・くやち、
夏バテなどなさいませんように!
       
今日は少しでも暑気払いにと、ラツィオ州のポンツァ島、島の様子は既に見て
頂いたので、今日はボートで回った海からの眺めをご覧下さいね。
蒼い海と断崖絶壁の島でした!

写真は、港から出発し、湾の北側の眺め。 一番左端手前に見える黄色い建物、
ここは今小さなホテルになっている様ですが、

1-6987_GF.jpg

1928年ファッシスト政権はこの島を政治的対立者達の流刑地とし、何人もこの島に
拘留した様子ですが、ムッソリーニ自身も1943年の7月27日から8月7日までの2週間、
アブルッツォ州の標高2200mにあるグランサッソ・Gransassoのホテルに
移される前にこの島のこの家に。

ですが、9月12日にはドイツ軍のグランサッソからの救出作戦が無傷で成功、
ムッソリーニはドイツの傀儡政権として、ガルダ湖のサロにイタリア社会共和国として
終戦まで政権を、という混乱期の歴史の一駒が続きました。
       


ポンツァ島の地図をどうぞ。 海の周遊コースとしてはあれこれあるようですが、

2-7118.jpg

我々は細長い島の真ん中右側、赤点を打ったポンツァの港から出発、島の南側を行き、
ちょうど反対側のくびれ部分、キアイア・ディ・ルーナの手前で引き返して戻った様。

島内周遊で上から見たキアイア・ディ・ルーナの絶壁は素晴らしかったですし、
幾らガイドさんの説明をちゃんと聞いていなかったにせよ、へへ、
見て分からない事はなく、ちょっと残念でした。



こちらが島半分、南側の地図で、Grotta・グロッタというのは洞窟で、有名なのが
港を出て南に曲がった辺りに2つ、Grotta di Pilato・海賊の洞窟、
Grotta di Ulisse・ユリシーズの洞窟。

3-Ponza.jpg

Faro・ファーロは灯台で、港の先に1つ、南の先っちょに1つ、
Faraglione di Calzone Muto・カルツォーネ・ムートの離れ岩。



湾内の桟橋で、ゴムボートで出かける支度中の人々。

4-6988_GF.jpg



崖上に見えるパステル・カラーの四角い建物。 なんとなしに玩具箱を積んだ様。

5-7113_GF.jpg



港を振り返り、

6-6990_GF.jpg



湾内の北側に見える、モーナコ・僧侶と呼ばれる岩。
僧侶がお花を手にしている様だと、ガイドさんは言いましたが・・。

7-6992_GF.jpg



湾の南側の先っちょ、上り坂にあった教会も見え、

8-6991_GF.jpg



上に見える白い灯台、となるとこの辺りが海賊の洞窟なのかな?

8-6991_GF.jpg

9-6995_GF.jpg



も少し先に進むと、別の趣の洞窟が続き、こちらはユリシーズの洞窟?

10-6997_GF.jpg

11-6998_GF.jpg



絶壁の下、岩のうねりは海に続き、

13-7003_GF.jpg



離れ岩の潜り穴。

14-7008_GF.jpg



岩と岩の間から覗く、遠くの離れ岩。

15-7009_GF.jpg



絶壁と、

16-7018_GF.jpg



しがみつく木。

17-7015_GF.jpg


 
離れ岩と観光周遊船。

18-7021_GF.jpg

19-7026_GF.jpg



襲い掛かるかのような白い絶壁。

21-7029_GF.jpg



絶壁の上に建つ家、窓に遊び心が見え・・。

22-7035_GF.jpg



たゆたうヨット。

23-7038_GF.jpg



白い岩に、掘り込みの後。 住むつもり?!

24-7041_GF.jpg



青い空、青い海に白い岩が映え、

25-7043_GF.jpg



かと思うと、こんなゴロゴロした岩山、

26-7045_GF.jpg



そして、蒼い蒼い透明の海。

27-7046_GF.jpg



岩礁にいるカモメ君。
すぐ傍を我々の船が通っても、我関せずの顔。

28-7047_GF.jpg

29-7049_GF.jpg



白い絶壁の眺め。

30-7054_GF.jpg

31-7055_GF.jpg

32-7056_GF.jpg



もこもとと背の低い植物がしがみつき、黄色い花も見え、

33-7062_GF.jpg

34-7061_GF.jpg



白い岩に口をあけたかのような赤い岩の層。

35-7073_GF.jpg



ダイヴィングに人気のある島なのが良く分かりますね。

36-7064_GF.jpg



カモメ君が横を飛んで行き、

37-7070_GF.jpg



島のこの部分にだけ見えたヤギの群れ。
かなり前に誰かがヤギを連れて来たものの、今は野生の群れに。

38-7071_GF.jpg

39-7072_GF.jpg



ダイヴィング・スクールの船。

40-7078_GF.jpg



ゴツゴツの岩山が迫り、

42-7083_GF.jpg



上に見える灯台は、

43-7089_GF.jpg



ほら、島の南端に突き出している灯台!

44-alto.jpg



煌く水平線。

45-7090_GF.jpg



引き返して見る、先程の灯台のある岩の岬。 
こんな凄い岩山の先っちょに灯台を造っているんだ!

46-7091_GF.jpg



海に迫るこの大岩!

47-7094_GF.jpg



港近くまで引き返してきて見る、離れ岩。

48-7107_GF.jpg



最初の灯台が見え、この先を回るともう港に。

49-7108_GF.jpg



ほら、岩の穴から港の町が見える!

50-7110_GF.jpg



湾の中に入り、

52-7109_GF.jpg



船が上げる飛沫にかかる小さな虹。

53-7116_GF.jpg


蒼く蒼く透き通る海、野性味溢れる自然が厳しくも美しい姿を見せるポンツァ島。
島の南側の周遊にお付き合い下さり、有難うございましたぁ!

n.1 カプリ島 一周にご招待!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465140971.html

n.2 カプリ島 一周にご招待!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465141146.html



最後はサイトで見つけた、夕暮れの色を。

54-Tramonto.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.2 ナルニ ・ 修道院、地下教会、異端審問所、輪の競馬 

先回に続いてのウンブリアはナルニの町のご案内ですが、
ちょっと特殊異質な場所へのご案内を。
       
写真は地下教会のもので、この写真提供は、ナルニのヴォランティアのグループ。
現在この地下教会、異端審問所の管理、さらにはサン・ドメニコ教会の
地下室の新しい発掘にも働いておられるUTECから送って頂いたもので、

1-sotto2.jpg


内部写真禁止で、もし写真が欲しい方は申し込んで下さったら送ります、というので
大いに期待してお願いしましたら、上の写真を含めたったの3枚!が届き、
それも雰囲気を盛り上げる為の、キャバクラかと思うような照明のもの!!
       
なのでここでは1枚のみ拝借し、他はサイトから探しました。
結構あり、へへ、それも良く見える、状態が良く分かるものをここで使わせて頂き、
サイト名の入っていないのが、拝借の写真です。
       

先回ご案内の元のサン・ドメニコ教会、現在講演会場等に使用の教会地下に、
12世紀の地下教会があり、異端審問所があったのですが、
現在はナルニ・ソッテラーネア・Narni Sotterraneaとして公開されており、

町の中心の通りをずんずん行き、元のサン・ドメニコ教会より手前に
こんな表示が出ていて、ちょっとした広場になっているのを曲がります。

2-5491_01_GF.jpg

1番下の表示は、幼稚園があるという表示ですが、



広場は幼稚園の子供達が遊び、迎えに来た母親達で混雑していて、
そこで以前の訪問で見た覚えのこんな塔を撮っていましたら、

3-5496_01_GF.jpg



1人のチビ君が、撮って!とポーズし、OKと撮って見せると、即仲間を連れてきて、
ははは、全員でポーズ! 性格や将来の顔立ちも分かる様で面白いでしょう?!
    
4-5497_01_GF.jpg
   
左上角で笑ってみているのはアンジェラで、以前ちょっと書いた、50年前日本からの
養蚕指導に訪れた日本人達と、松本で暫く働いたという彼女です。



広場にある入り口門をくぐり、階段をおり、右手に見える入り口が事務所、
切符売り場。 広場からはかなりの高低差。

5-5499_01_GF.jpg



事務所内から庭に出れるようになっていて、そこからの眺めがこれ。

6-5516_GF.jpg

つまり元のサン・ドメニコ教会は町の北西の崖っぷちにあり、奥の山腹に見えるのが、
サン・カッシアーノ修道院・Abbazia di San Cassiano.
       


アップするとこんな様子。 北からの高速をオルテ・Orteで降り、ナルニに向い谷底の
道を来る途中で見上げる高さだった、10世紀建設のベネデッティーノ派の修道院。

7-5503_01_GF.jpg



サイトで見つけた修道院内部、教会入り口の写真。

8-San_Cassiano.jpg

14世紀に元のギリシャ十字の形から3廊式の聖堂様式に変更され、16世紀頃から
僧侶達が退去しだし、ついには無人となり、建物の衰退も著しく進み、
1970年代の修復までほって置かれたのだそう。
       
内部にはあれこれ興味深い柱頭などもある様子ですが、時代が混乱するような
部分もあり、さて現在はどのような管理で、公開されているものかどうか。



遠望する写真で見えた位置から、かってはこちらの庭当りまで、修道院の領地
だったという事ですが、

こちらの庭にはこのアカンサス・Acanthusがたくさん咲いていて、
       
9-5513_GF.jpg

shinkaiはこの花びらの形が柱頭の飾りの形をなったと思っていたのですが、



この葉の形、アザミの葉を大きくしたような葉の形が、装飾文様に使われたのだそうで、

10-Acanthus.jpg



コリント式のと、ヴェネツィアのパラッツォ・ドゥカーレの柱頭飾り。

11-capital.jpg

12-Palazzo_ducale.jpg



さて、庭から入った場所でガイドさんからの一応の説明を受けますが、
入り口の様子を一連でご覧頂きますと、

13-5508_GF.jpg

14-5509_GF.jpg

15-5515_GF.jpg

最後の軒下に見える左側の扉口、これが発見された地下教会の入り口で、
上の屋根はかって発見された時はなく、手前の前庭というか、この一帯は当時
住み着いていた老人の家庭菜園だったのだそう。



つまりです、1979年5月の事、青年ともいえない少年の年頃の6人が洞窟探検と称し、
新しく手に入れたロープの装備を使い、上の高い壁を伝ってこの庭に下りたのだそう。
     
16-5514_GF.jpg
 
第2次大戦の際、この一帯は爆撃を受け城壁が崩れていたのだそうで、
きっと少年達には格好の遊び場と思われたのでしょうね。

所が下に住み着きちゃっかりと家庭菜園を作っていたエルナーニ・Ernaniの上に
舞い下り、畑を荒らした少年達に老人は怒りますが、洞窟探検、宝物探しと聞き、
エルナーニは、この壁の奥に宝があるに違いないと思っていると!

上の写真で見て頂いた地下教会の入り口には、今でこそ張り出しの屋根も付き、
鉄柵も装備されておりますが、当時は石の壁で塞がれ、上部がほんの少し
開いていたのだそうで、エルナーニ自身は何かあるのではと思いつつ、
自分は潜りこむ気もなく、少年達に教えたわけですね。



これが当時の少年達6人で、現在もボランティアたちのグループUTECの創立者でもある
ロベルト・ニーニ・Roberto Niniが20歳だったそう。

17-1979.jpg

このロベルト・ニーニは、後程リンクするあれこれのYoutubeに登場し、
地下教会や異端審問所に付いての説明をしておられる方で、彼はこの後大学に進み、
考古学を修めらたのだそう。

ちょうど当時の冒険で出会ったこの地下教会を初めとする歴史の謎が、
彼の一生を決めたという事ですね。



潜り込んだ少年達が見つけたものはこの地下教会!

18-Narni.jpg

上からたっぷりと毎日与えられていた家庭菜園の水が浸み込み、滴り、発見当時は
上から薄く石灰の幕をかけたようになっており、それでもフレスコ画に描かれた
左右の天使の目が射る様に見えたと。

左の下に槍を持っている天使は大天使ミケーレで、発見されて後この教会は改めて
聖別を受け、サンタ・マリーア・デッラ・ルーペ・Santa Maria della Rupeと
呼ばれますが、元の名はサン・ミケーレ・アルカンジェロ・San Michele Arcangelo
というのが分かったそう。



少年達は周囲の壁を叩き音響の変化を探り、ある部分の壁奥が空白であるのを知り、
崩したく焦りますが、隣に住んでいる住人シニョーラが、自分の家にも被害が
及ぶのを恐れ許しません。

で、町中が見物に出かける「輪の競走」の夜を狙い決行、
とその奥に、長い細い通路が口を開け!!
       
その通路の先にはやはり広い地下室があり、それがかっての異端審問所で
あった事が分かったのですね。
    
19-Narni.jpg

20-narni.jpg

異端審問所、そう、キリスト教の教義に反する者であるかどうかを審議する所、
その為には拷問もし、まずは死を逃れられない審問所。
恐ろしいのは、その人自身のみでなく、証人させようと狙われた人間も拷問を受けた事!

ここがその場所であった事は、ヴァティカンの記録にあった地図で分かったと言いますが、
ガイドさんの話では、今ここに見える拷問台2つ、
右が引き伸ばし器、左が上に見える三角の角の上に上から落とす、ぎゃっ、は、
ここに残っていたものではない、との事でしたが。

https://www.youtube.com/watch?v=Lw_p9RK6z8U に、拷問の図も出ます。
       


この異端審問兼拷問所の横にあるそう広くも無い独房がこれ。

21-sotto1.jpg

22-cella.jpg



壁一面に刻み込まれた様々な暗号のような図と文字!
       
23-3589.jpg

これの殆どを掘り込んだ人物名は、Giuseppe Andrea Lombardini・ジュゼッペ・
アンドレーア・ロンバルディーニ、と彼自身が刻んでおり、
彼はスポレートのサンタ・セーデ・Santa Sede、この言葉をどう訳したら良いのか、
意訳し、カトリック教会での最高権威を持つ事務所とでも?に勤める伍長で、
逮捕された友人を救うために働き、逆に逮捕された様子。
       
一番上に見えるのは、真ん中に IHS ・救世主キリストの意 を図案化した物で、
その左右に IL PARA   TISO SANTO・Il Paradiso Santo・聖なる天国
に見えるように、わざとDの字が省かれ、Tで置き換えられています。
Rが我々にはVかとも見えますが・・。

これは上記した彼の名前の中のDを使うべき箇所もTの字になっており、
自分をこの様な異端審問所、独房に落とし込んだドメニコ会派の頭文字である
Dを意識し、憎み、省いたものだろうと。

引っかき削り込み、墨で、また赤く見える字は砕石+おしっこ、なのだそう。
中にはシンボルらしき印が何か分からなかったのが、ここを訪れた観光客の一人が、
あれはフリー・メイスンの印であると教えてくれたりもあり、とにかく全部の壁一面に
広がっていますが、未だに書かれた意味が判読できないものもあるそうで。

4,12,1759の数字も見えますが、もう1つの数字から想像するに、彼がこの独房で
過ごし、取調べを受けたのは約3ヶ月間だったろうと言い、その後特赦を願い
3年後に許しが出て、その後の彼がどこに行ったか、どこで亡くなったかは分からないと。

彼の名はヴァティカンの記録にも残っているのが10年ほど前に分かったそうで、
独房の文字は殆どが彼の掘り込んだもので、他には2人かな、の名前が見えるそう。
       
彼の他にもう1人名前が挙がるのが、ドメニコ・チャボッキ・Domenico Ciabocchiで、
1726年の4月重婚罪で逮捕され、この独房に入れられたのが看守を絞殺して逃亡。

逃げた後どうなったかを、ガイドさんが詳しく話してくれ、はは、
逃げたものの2人目だったかの妻が恋しく便りを出し、勿論ちゃんと見張りがついていて、
会う約束を教皇領との境の町にして返事を出し、やって来たのを再逮捕。
      
この異端審問所と独房に至る戸口は石を積んで隠してあり、1860年に
イタリア国家統一がなった時、ガリバルディ軍が到着し修道院を略奪したので、
ドメニコ会僧たちは放棄して逃亡。

老人達の言い伝えで、町に地下があるとは言われていたものの、誰も見た事が
なかったのを6人の少年達が見つけ出した訳ですね。

つまり新しいイタリア国が出来る直前の19世紀まで!我らが中世の歴史と思い込んで
いたあのおぞましい異端審問所なるものが、纏綿と続いていた事になります!!

という事は、きっとナルニの町だけの事ではなさそうと思われませんか?
ドメニコ会派は異端審問では大いに活躍したという話ですしね。
       

重婚罪のチャボッキの記録は、町の記録にも名前があったのが見つかったそうですが、
全審問記録が見つかったのは、なんとアイルランドはダブリンの
トリニティー・カレッジの図書館から!

これも聞いていて、携わったヴォランティアの方にとっては鳥肌物の因縁話の
様にも感じられたろうと思うほど興味深い話なので、ここにご披露しますね。

つまりこの記録類は、ナポレオン軍が到着してあれこれかっぱらい、しっかりパリに
持って帰っていたのを、ヴァティカンから特使が行き、どんな記録かを調べた後、
大したもんではないと思うのを古物市で売ったらしいのです。
一駄分と言ったか、一行李と言ったか、ちょろまかしたとか・・。
       
それを買ったのがダブリンの図書館に収まっていると知ったのも、学生がここの見学に
来て話を聞き、それは自分の大学の図書館にあると。

ヴォランティア達はこの地下を整備し公開し、そうやって幾らか稼いでは保存費用、
新しい発掘に使っているのだそうで、到底ダブリンにまで出かけて調べる余裕もなく、
ヴァティカン図書館でも、コピーを頼むと1枚80エウロなんだそうで!(泥棒め!)
半ば諦めていたのが、ある日大きな荷が届き、中にはいっぱいの裁判記録のコピー!

それが重婚罪でつかまったチャボッキの全記録だったそうで、
漸くに長い年月の調査、約30年間の調査の末に、
この地下の異端審問所の働きも明らかにされた事になります。

Youtubeはイタリア語のみで、説明も重複しますが、
https://www.youtube.com/watch?v=ZzxES-0zloo
https://www.youtube.com/watch?v=PKlMvtGJES8
2つ目のには、町のご案内もありで、




長々とお話しましたが、他の地下室を利用しての展示もされており、
その中のひとつ、ちょっと見難いのですが、中央の鉄製の物にご注目を。

24-10242.jpg

南ラツィオ州で見た真っ直ぐ続くアッピア街道に感嘆したものですが、その建設などに
使ったものがこれ。上に十字に渡された棒から、錘に糸のついたのが2本ずつ下がり、
これを支柱の後ろから眺め真っ直ぐの位置を決め、先行する杭打ちに指示したと。
そうなんだ、こんな道具を使って、あの真っ直ぐな美しい道が出来たのですね。




こちらは現在のヴォランティアの皆さん達で、中央がロベルト・ニーニ氏。

25-narni.jpg


地下教会、異端審問所の公開は、ガイド付きで約1時間

6月15日から9月15日まで
月曜~金曜12時と16時  土曜 12時 15時 16時15分 17時30分
日曜と祭日 170時 11時15分 12時半 15時 16時15分 17時半
       
4月1日から6月14日  9月16日から10月31日
           土曜 12時 15時 16時15分 17時30分
日曜と祭日 10時 11時15分 12時半 15時 16時15分 17時半
11月1日から3月31日  土曜 15時
日曜と祭日 11時 12時15分 15時 16時15分
クリスマスは休館
ガイドはイタリア語、英語、フランス語などで、他はオーディオ・ガイド
予約は 333.1041645 または 0744-722292
info@narnisotterranea.it 規定時間以外の日時でも予約は可能との事

追記:シニョレッリさんが2017年6月に行かれた際、見学人が少ないため事前予約のみ
   受け付けている、との事で閉まっており、見学できなかったそうです。
   サイトを確かめましたが時間は上記の通り、グループ以外の予約は
   必要ないとの事ですが、
   ご希望の方は予約をされた方が良いかと思います。



地下を辿って元のサン・ドメニコ教会内もちょっと拝見。 写真なし、うろつきなしで、
こういう柱の壁画などは見られず。

26-85723.jpg



今回は少し重いお話が続きましたので、最後は、毎年5月に行われるナルニの
町を挙げてのお祭り、「輪の競走・コルサ・ディ・アネッリ」の写真を少しご覧に。

中心通りで繰り広げられる「中世の市」、様々な屋台店が並び、楽しそうでしょう?

27-Corsa.jpg



「輪の競走」の前夜には、町の各地区の楽隊の競演もある様で、

28-700394.jpg

これは2015年Youtubeですが、余り手振れが無いので、
https://www.youtube.com/watch?v=TA4R9j_t1e8



美人さんを。 2015年のオフィシャル・イメージですと。

29-immagine.jpg


競技の模様を2枚。 先に吊るされた輪の中を騎乗の選手が槍で突くのですが、

30-img1.jpg

31-img1.jpg

競技場の広い場所と、町中の狭い通りでのと2種類見つかりましたが、
競技は2週末に渡り繰り広げられる様子なので、その違いかも。



勿論、お祭りには美味しい食事も付き物ですが、 
ははは、こういう人が作る料理は絶対美味しい筈ね!!

32-img.jpg



最後に落穂ひろいを。
先回ご覧いただいた紀元前27年のアウグストの橋ですが、
 
1826-27にフランスの画家カミーユ・コローが描いたものを見つけました。
ルーヴルに収蔵されているようですが、

33-Corot.jpg

なんとネーラ川がかなり幅広いではないですかぁ!
私が見た撮った川の2倍は軽くありますねぇ。

今この左岸のすぐ近くを国鉄が走り、家も立っているのですけど、
現在は水量が少なくなったのか、それとも画家のデフォルメかな?

という、ナルニのご案内その2でした。
お楽しみ頂けました様に!
    

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 ナルニ ・ ウンブリアの、古代からの戦術的拠点の町

長い間ご案内をせずのまま、眠っていたナルニの写真ですが、この春再訪する
チャンスに恵まれ、漸くに宿題であったウンブリア州はナルニ・Narniをご覧頂きます。

先回の訪問は2008年5月8日、今回は5月18日、奇しくも同じ5月で、
同じお祭りの旗が掲げられ、町中の様子は余り変わっていないのも確認し、
とはいえ観光的に開けてきている様子も見受けられ、
今回はグループでの移動で行けなかった場所の写真も以前のにありで、
先回の青空の写真も混ぜ、ご覧頂こうと思います。

写真は丘の上240mの高さに広がる町の様子で、人口は2万人弱とありますが、
少し離れた北の平地に新市街があるので、それも含めての人口と。
 
1-141_GF.jpg
      
      

こちらは町の下に広がる駐車場の様子で、中央奥の駐車場の先にケーブルカーの
線路が見えますね。 駐車し、このケーブルカーと次に接続している
エレヴェーターを乗り継ぎ、町の中心に楽に出ることが出来ます。

2-142_GF.jpg



ナルニの町はどこにあるか、地図をどうぞ。 行政上ではウンブリア州のテルニ県に
含まれ、ご覧の様にペルージャ・Perugiaに、西のオルテ・Orteを経てローマに。

3-map_GF.jpg

ローマ期の執政官街道のローマとアドリア海岸のリミニを結ぶフラミーニア街道・
Via Flaminiaが、ローマからほぼ真っ直ぐ北に進みここナルニを通っていて、
古代からの戦術的地点であったというのがお分かりかと。

ナルニの北に見えるNarni Scalo・ナルニ・スカーロ、ここがナルニの新市街で、
電車の駅もここにあり、旧市街にはシャトル・バスが連絡していると。



町の上に上ってきた所から見下ろす東の眺め。見える川はネーラ川・Fiume Neraで、
マルケ州に源を発し、ウンブリアのネーラ渓谷を下る116kの流れ。

4-5464_01_GF.jpg

この後ナルニの西のオルテで、トスカーナから流れ下るテーヴェレ河に合流し、
ローマに至ります。 ここで見える流れは広く、滔々として見えますが、
後ほど狭い狭い流れもご覧に。



ナルニの町の地図をどうぞ。 右側が北になり、細長く下膨れに丘の上に
広がるナルニの町。 建物類の名前が見え難く、赤字で番号を打ちました。
そして今日のご案内は、ほぼこの番号順に。

5-Mappa.jpg

1.アルボルノスの要塞・Rocca do Albornoz
□ 小広場に赤点は、お祭りの写真、中世の井戸のある場所
2.ドゥオーモ・Cattedrale San Giovenale
3.市役所・Palazzo Comunale
4.プリオーリ宮・Palazzo Priori
5.サン・ドメニコ教会・Chiesa di San Domenico
 上に見える赤点は、地下教会ならびに異端審問所のあった場所
6.エローリ博物館・Museo Eroli



という事で、まずは番号1のアルボルノスの要塞。 町からは一段とまた高く、
海抜332mに位置し、枢機卿アルボルノスによって1367-1378年に建設されたもの。

6- 030_GF.jpg

同じアルボルノスの要塞に付いてはスポレート・Spoletoにある要塞が、
それ以前の1363年に建設された規模の大きなものですが、
ナルニのも堅固な造りで、1527年のローマ略奪の際の戻りの駄賃に攻撃した
ドイツの傭兵集団ランツクネヒトにも落ちなかったと。 
ただし麓にある町は略奪破壊されたのだそうで・・!
       
8年前に行った時は要塞内は公開されておらずでしたが、現在は修復済み、
公開されているそう。
4月1日から6月14日まで と 9月16日から10月31日までは、
  土曜 10時半から12時半、 15時半から18時半
  日曜 10時半から18時半
6月15日から9月15日まで
  火曜から土曜まで 10時半から12時半 15時半から19時
  日曜 10時半から19時
11月1日から3月31日まで
  土曜 15時から17時
  日曜 10時半から17時    
連休と8月は特別に公開

n.1 アルボルノス要塞 ・ スポレート
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/471736468.html

n.2 アルボルノス要塞 ・ スポレート
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/471736708.html


要塞近くからの町の眺めですが、木が邪魔。

7- 036_GF.jpg



地図の小さな広場に赤点を打った場所ですが、ちょうどお祭り、4月最週末から
5月の第一週末に行われる「Corsa all'Anello・輪の競馬」とでもいうか、
この町の有名なお祭りの、細い糸で吊るされた輪の中を、各地区の騎馬の選手が
槍で突き通すというお祭りに因み、

飾り付けられ、一杯やる席も設けられておりました。

8-039_GF.jpg



広場の一角に中世の井戸もあり、

9-019_GF.jpg



中世の日々を偲んでのちょっとした店の屋台とでも?

10-017_GF.jpg



だらだらと細い小路を下り、こんなアーチもくぐって来ると、

11-015_GF.jpg



このガリバルディ広場・Piazza Garibaldiに出てきますが、この広場が
町の下から坂道を上ってくると出てくる広場で、古い中央に泉もあり、
奥の角の建物がなかなか良い雰囲気でしょう?

12-153_GF.jpg



所がです、今年の写真に写る奥の建物は、こんな色!

13-5550_GF.jpg

綺麗に修復されたのは
良いですが、あの鄙びた面影はなくなり、しかもパステルカラーでちょっと残念!
       


泉の真ん中の噴水塔?の周りには、如何にもの中世の顔が付いていて、
暑い日で、鳩が2羽水を飲み。

14-162_GF.jpg



広場の南側から眺める聖堂サン・ジョヴァナーレの姿がなかなか!

15-157_GF.jpg



脇扉前の階段と、扉と、獅子の像。

16-148_GF.jpg

17-150_GF.jpg

18-151_GF.jpg



階段上から見る町の人々。

19-154_GF.jpg



聖堂の右側はこんな感じでアーチが開いていて、

20-158_GF.jpg

これが8年前に行った時には、このアーチを潜って行くと町の旧中心部に出るのが
ピンと来ず、焦って探し回った記憶が!
       


上の写真のアーチを潜ってくると、聖堂前のロッジャがこんな様子で、
こちらから聖堂内に入れます。

21-146_GF.jpg



内部もこんな感じで、町中はお祭り一色!! サイトではお祭りの前の時代衣装の
行進や、この聖堂内で祝福を受ける様子もありました。

22-147_GF.jpg



町の旧中心部を探し回ったと上記しましたが、その時ガリバルディ広場から
西に抜けた場所も見ていて、
       
23-172_GF.jpg



町のすぐ西はこんな感じの深い谷で、見える谷底の川はネーラ川、そう、東に見えた
広い流れが、ナルニの町の北から深い谷を細く流れて、今この西側に。
そして西に下りオルテ、そしてローマに。

24-173_GF.jpg



こちらは町の北麓を流れるネーラ川を渡るローマ期の橋、ローマから東へ
アドリア海のリミニに抜けるフラミーニア街道が通る、アウグスト帝が紀元前27年に
架けたアウグスト橋。

25-055_GF.jpg

推測できる橋の長さは160m、高さは30m. 残念な事に1055年に落下したそうで、
1724年の研究では、この橋の石の強化の為、中心の鉄に鉛ではんだ付けを
していた事も分かったそう。

いやぁ、この橋をガイドブックで見て、どうしても実物が見たく、橋の袂に
出れる筈の道をさんざん調べ、でも見つけられず探し回り、下の道は遂に断念。
後に撮った写真を見ると工事中で閉めていた様子でしたが、
それでも橋は見たく、ははは、

遂に車で町の中を突っ切り、町の北に降りる細い酷い坂道をガタガタと。
そして歩いて現在の橋まで行き、撮ったことを思い出します。
う~ん、8年前はまだまだ元気で、がむしゃらでしたねぇ!



再びご案内に戻りまして、
       
これは聖堂横のアーチを潜って出た広場の、右手の壁にあった写真。
町のお祭りの40周年を記念しての、記録写真の展示会。

26-177_GF.jpg

勝った地区に勝者のシンボルであるパリオ・幟旗が出る、町を揚げて
興奮する競技競馬なのでしょう。



ナルニの町の中心ガリバルディ通り・Via Giuseppe Garibardi. 右奥に塔が
半分見えますが、あそこがプリオーリ宮で、その向かい側に市役所・コムーネ。

27-5466_01_GF.jpg

写真の左手前にチラッと階段が見えますが、



通りは両側からの建物を支える為のアーチが幾つも続く鐘楼への道・
Via del Campanileで、道を辿ると奥に聖堂の鐘楼が見えて来ます。

28-178_GF.jpg

29-181_GF.jpg

30-182_GF.jpg



さて元のガリバルディ通りに戻りますが、8年前はちょうどお祭りが終わってすぐに
出かけた様で、町の飾り付けがまだそのままで、

31-184_GF.jpg



通りのお店のショウウィンドウもすべてこんな感じに、つまり現代風をあからさまに
見せない工夫がされていて、

32-188_GF.jpg



旗のみでなく、お家の窓からも飾り布が垂らされていましたね。

33-186_GF.jpg



横に伸びる小路を何気なく覗いて気がついた壁の穴。これは門を閉める閂の穴で、
きっと小路の奥に立派なお屋敷でもあったのでしょうね、

34-5541_GF.jpg



ここは土地の特産品を食べさせる店の様で、残念、歓迎されても、ははは、
お昼を済ませたばかり!

35-5472_01_GF.jpg


鐘のある塔と、その向こう側の大きなアーチの見えるのがプリオーリ宮、
つまりかっての執政官の館で、
      
36-5471_01_GF.jpg

37-5539_GF.jpg

入っていませんが、大きなアーチの内はロッジャ・開廊にでフレスコ画が描かれ、
天井部分には輪が下がり、多分ここに罪人のさらし台・ゴーニャ、鳥かご式かも、が
下がっていたのかもと・・!



これは塔との境にある、多分執政官のお達しを告げた壇と。

38-5477_01_GF.jpg



道の向かい側にはコムーネの建物があり、入り口扉と、少し見える建物内部。

42-5532_GF.jpg

43-5533_GF.jpg



扉の上の壁に残る彫像がこれで、右の獅子像の、なんとも言えない稚拙な表情が、
子犬みたいでもあり、ははは、可愛いでしょう?!

44-191_GF.jpg

45-190_GF.jpg



その右にある彫像群がこちらで、1枚目はこの春ですが、細部のは8年前の物。

39-5478_01_GF.jpg

40-195_GF.jpg

41-193_GF.jpg

獅子の目をむいた顔も人間的で笑えますが、その下の女2人が両側にいる像にご注目。
左の女性が剣を持ち、寝台上の人間の切り取った首を手に下げ!

ユーディットのお話でしょうか? 他のは騎士の騎乗試合の様子のようなのと、
出会いの様でもあり・・。



町の目抜き通りに並ぶ建物は大きくどっしりと古びていて、如何にも古い町の風格、
かっての繁栄を偲ばせます。

47-5473_01_GF.jpg



コムーネ宮の先に道が広まった感じの広場があり、ここに聖堂前の広場のと同じ形の
泉があり、その先は道が細く少し下り坂のマッツィーニ通り・Via Giuseppe Mazzini.

48-5482_01_GF.jpg



ここに12世紀のサンタ・マリーア・インペンソーレ教会・Santa Maria Impensole、

49-1-204_GF.jpg



入り口の中央扉と、その周囲の飾り彫り、

49-2-5528_GF.jpg



内部は素朴な3廊式。

49-3-5522_GF.jpg



右側廊のフレスコ画が残っていた部分で、アーチの形から、元は何があったのかと。

49-4-5523_GF.jpg


我々は番号5の元サン・ドメニコ教会の地下の教会、そして異端審問所の見学を終え、
そのついでに内側から元のサン・ドメニコ教会、今は教会活動を止め公会堂、
音楽堂となっているのを見学し、ビザンティンの床モザイクなども見学したのでしたが、
なにせ写真禁止で。

この地下教会、そしてかっての異端審問所はちょっと衝撃でしたので、
次回に改めてご案内を致しますね。


で、ここでは以前に撮った修復中のサン・ドメニコ教会の正面と入り口をどうぞ。

50-211_GF.jpg

51-212_GF.jpg

12世紀に、元はローマ期のミネルヴァに捧げられた神殿跡に建てられたもので、
元の名は、初めて聖母に捧げられた名を持つ教会で、サンタ・マリーア・マッジョーレ・
Santa Maria Maggioreと言い、
ドメニコ会派に預けられたので、サン・ドメニコ教会とも呼ばれるのだと。



入り口扉の彫が素晴らしく、中で工事中だったのですが、

52-214_GF.jpg

53-215_GF.jpg

じっくり撮ろうとしている所に、中からシニョーレが出て来て、写真はダメです!と。
いや、中には入らないから、と言ったのですが、ダメってさ。



これは地下教会の見学を終えて出てきた所にいたワン君と飼い主君。
       
54-5521_GF.jpg



そしてタータがやって来て、ワンの前に行った途端に、こんな感じ! 
タータの傍に行くぅ!

55-5520_GF.jpg

何だ、お前はぁ! ああいうのが趣味なのかよぉ! ゆったったぁ、きゃはは。



これはどこの塔にあった彫像か覚えておらず・・! ナルニの町のストリート・ヴューは
中心の通りのみで探せませんでしたが、キリスト様と思い。

56-007_GF.jpg



町のショウウィンドウにあった写真。 この町の宝の1つとshinkaiは思う、
素晴らしく美しい、ギルランダイオの「聖母被昇天」

57-5543_GF.jpg

これは町地図6のエローリ博物館にあり、感嘆して本も買って戻っていますので、
いつかご紹介を。     



この博物館にはパドヴァのサンタントーニオ聖堂前にある、ドナテッロの
ガッタメラータ将軍騎馬像の、胸部のコピーがあり、
そうなのか、実物はこんなに大きいのかと感心したり。
       
そうなんですね、ガッタメラータ将軍はナルニ出身のエラーズモ・ナルニが本名で、
博物館にあったのでしょうが、

それを眺めていた時、すぐ外の隣の屋根の上に出てきた猫ちゃん。
ガラスをコツコツとやったら、びっくりして眺めましたっけ!

58-011_GF.jpg

ガッタメラータのガッタとは雌猫の事でもあり・・。
という、新旧の写真を取り混ぜての、歴史あるナルニの町のご案内でした。
 
長いお付き合い、有難うございました!
      

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 ポンツァ島 ・ 青い蒼い海、野性に満ちた風景 

今回のご案内は、南ラツィオはテッラチーナから船で1時間15分で行ける
ポンツァ島・Isola di Ponzaを。

朝8時40分出発の船・往復38エウロに乗る為に港に着いた時は、
煌く海に突き出す突堤での釣りの姿が見え、

1-6755_GF.jpg



目指す船に乗り込みますが、なんとまぁ、どんどんどんどん乗り込んで来て、1階と
地下は超満員! 上のデッキは開けておらずで、座席に座れぬ人たちは船尾に。

2-6752_GF.jpg



ポンツァ島の名前は今回の旅行前に初めて知りましたが、位置は、ここ。

3-Pontine.jpg

ポンツァ島が一番大きく、この周辺の島パルマローラ・Palmarola、ザンノーネ・
Zannone、ガーヴィ・Gavi、ヴェントテーネ・Ventotene、サント・ステーファノ・
Santo Stefanoの一帯がポンツァ島のコムーネに含まれます。



と、ポンツァ島の地図をどうぞ。 南東Ponzaと見える所に港があり、本土北から
言うとアンツィオ、サン・フェリーチェ・チルチェーオ、(我らの)テッラチーナ、
フォルミア、そしてナポリから連絡があります。

4-Ponza.jpg

ご覧の様に入り組んだ海岸線で、海抜は最高280mの山、細長く少し右に曲がって
伸びた、殆どが丘陵地帯の、素晴らしい青色と透明度の高い海に囲まれた島。

入り江の奥まった場所に狭い砂浜があり、背後は切り立った崖、という立地で、
この島はまたダイヴィングの宝庫、なんだそう。 島の西にも東にも何ヶ所も
ダイヴィング・ポイントがあり、30mから、所によっては80mも潜れるのだそう!

我々はポンツァからミニ・バス2台に分かれて乗り、島の真ん中をうねうねと進む
道を行き、左中程に赤線で囲ったルチーア・ローザの離れ岩・i Faraglione
di Lucia Rosa、レ・フォルナ・Le Fornaの大きな集落と入り江、
赤点を打った辺りと思う、亀の岩、

そして北端に近い道の分かれに赤点を打った場所、ここでお昼を食べましたが、
少し歩いてもう1つ海辺の赤点、カーレ・フォンテ・Cale Fonteを見て、戻りに。

最後にポンツァの港の裏側キアイア・ディ・ルーナ・Chiaia di lunaを見て
港に戻り、その後船で島の南側を周遊という様子でした。

が、今回のご案内はバスで回った場所のみで、
船での周遊はまた次回チャンスを見て、という事に致しますね。



船の中は超満員で、1時間15分曇っている窓からぼんやり見える海の水平線と、
島が近づいて来ると見えるのは切り立った岩礁のみ!

漸くに船からおりてやれやれ! ごった返す船着場周辺から見えるのは、
こんな建物類、白とパステル・カラーの四角い、屋根の無い建物類で、
南イタリアに多い、雨の少ない地方の特徴なのですね。

5-6757_GF.jpg

この島からは近いカプリ島に似ている、全体に少しこちらの方が庶民的な印象だと
思ったですが、やはり最後まで見ての感想も同じで、若者達に好かれる島だろうと。

n.1 カプリ島の散歩道、 見晴らし台に
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465141298.html

n.2 カプリ島の散歩道、 見晴らし台に
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465141440.html

カプリ島の海と空と ・ 朝と夕暮れ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465140785.html



港から一段高い通りに上り、ガイドさんから集合時間を知らされ、放し飼いに。

6-6769_GF.jpg



見下ろす、港と我らの乗ってきた船。

7-6767_GF.jpg



一段高い通り、と言った意味がお分かりでしょう?
漁船が舫っている下の通りと、その上の町の通り。

8-6778_GF.jpg



こちらの端から港を見晴らし・・。

9-6774_GF.jpg



少し上に上ると教会があり、

10-6784_GF.jpg



脇の通りを見下ろし、エンツォ君のバイクとお揃いの色のヘルメット。

11-6785_GF.jpg



教会脇を少し上って見つけた、素晴らしいピンク色! はは。
      
12-6786_GF.jpg



港の北側の建物群。 島の人口は3360人で、殆どが観光業、そして漁業と。
       
13-6793_GF.jpg



見下ろす海の色!

14-6783_GF.jpg



島周遊ツァーも勿論ですが、貸しボートも多い様。

15-6790_GF.jpg


  
下の道におりて歩いてみると、店は少なく、倉庫や事務所で、
時化の日は、ぴっちりと締め切るのでしょうね。
こちらは漁船。

16-6801_GF.jpg



思わず笑った、これは何かのおまじない?!
吊るされた犬のプルートの縫いぐるみと、カモシカの頭骨?

17-6802_GF.jpg



港の底の浅い部分を覗くと、鎖の近くに小魚がいっぱい!

18-6792_GF.jpg



揺れる波紋と色。

19-6799_GF.jpg



集合場所に近い港の北側にあった、レンタ・カーとバイクの店。
いかにもヴァカンス中!!という気分を表す様な、派手な可愛い色と形、ははは。

20-6984_GF.jpg

21-7121_GF.jpg

テントに書かれている名前に気がつき、笑いました。
Giulio il Pescatore・ジューリオ・イル・ペスカトーレ!
店主の名はジューリオ、イルが付いていて、ペスカトーレはニックネームで漁師の意。

つまりジューリオという名はたくさんあるので、良く分かるようにちゃんと
ニックネームまで書いてあり、こんなの、観光客に関係ないすよね、ははは。
それに「漁師」とわざわざ名乗るなら、ピエトロならもっと迫力があるのにね、
ははは。 漁師ピエトロ=ヴァティカンのサン・ピエトロですもん!



5月下旬、浅瀬では既に男達がボール遊びをしていて、
     
22-6810_GF.jpg



浜でには日光浴のカップルと、遊ぶ子どもと。

23-6815_GF.jpg

ポンツァ島は元々は火山島だったようなのですが、新石器時代からの住人達が
いたとされ、フェニキア人たちは交易の中継地点としていたとか。そしてギリシャ人。 
ポンツァという名もギリシャ語のPontia、つまり「海」なんですと。

紀元前4世紀にローマ人がやってきて、長い間流刑の地とされ、また勿論別荘地
でもあった様子。 そして入れ替わり立ち代り領有者が変わりながら存続してきた
これらの島々が経済的に変わりかけたのは18世紀末の事。

その後もshinkaiなんぞがちょっと読んだ位では飲み込めぬほどの変遷があり、
現在は大勢の観光客、海水浴、ダイヴィング客が押しかける
夏の一大ヴァカンス地なのですね。
       

       
さて、ミニバスに乗って出かけます。 港からすぐのこのトンネルが出来て、
とても交通の便が良くなったと。

24-6818_GF.jpg

それにしても道が狭く曲りくねっているので、大型バスは通れず、我らもミニ・バスに
分乗ですが、それもレストランに客を運ぶ、と言う口実なのだそう!
多分公共のバスは走っていないのでしょうね。



港から少し離れた位置の岩が見える場所に出て。
この岩は「僧侶・モーナコ」と呼ばれるもので、そうぉ、そう見えます?

25-6820_GF.jpg



高い位置から見下ろす位置。 ほら、モーナコがまた見えています。

26-6832_GF.jpg



青い海、ヨット、波紋の広がり。

27-6833_GF.jpg



坂道を上りきった位置から見える、西隣の島パルマローラ。
この島は夏場だけいくらかの住人があるそうで、多分観光客用の施設がね。

28-6837_GF.jpg

こちらポンツァもその様ですが、問題は水なんだそう。
つまり飲み水確保が出来ず、昔からそれで住人がなかったと。



地図で島の西側下から2つ目に囲った位置、ルチーア・ローザの離れ岩。
       
30-6848_GF.jpg

ルチーア・ローザと言う19歳の若い女性の名が伝わるのは、19世紀に起こった悲劇で、
貧しい農民に恋をした彼女ですが、家族に反対され、この岩から身を投げたそう!
それで村人達が彼女を哀れみ偲んで、この岩の名につけたと。



所々に広がる集落、というよりは夏のヴァカンス用の貸し部屋、小ホテルなのかも。
      
31-6851_GF.jpg



そして島の西側中央上のレ・フォルナのカーラ・フェオーラ・Cala Feola.
奥に突き出して見える岬の内側と、こちらとで2つの入り江となり、
手前側にはかなりのボートが舫い、右半分は天然のプールと。
入り江周辺はかなりの建物が立ち並び、有名人の名も何人か!

32-6858_GF.jpg

33-6859_GF.jpg



こちらが奥の入り江の方で、ここもかなり有名な海水浴場の様子。

35-6865_GF.jpg



手前隅の、これが「亀」と呼ばれる岩。 うん、そういえば、そうね、ははは。  

36-6869_GF.jpg



道脇に家の集落が始まり、ほら、屋根の上に丸い形が見えるでしょう?
アマルフィ海岸に行った時も目に付き、何かなと思ったのでしたが、

37-6875_GF.jpg

かっては水の問題があり、雨の少ない事から、この丸さで効果的に天水を集め
地下に貯蔵する様子。

ナポリ、アマルフィ海岸全体のご案内はこちらから。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460834306.html



我らが美味しいお昼をたらふく食べたレストラン。

38-6933_GF_GF.jpg



近くでバスをおり歩いて岩場に向いますが、かなりの新しい民家もあり、
とにかく植物の大きさに驚くばかり!! カプリ島に行った時も、見上げる程延びた
サボテン類に驚いた物ですが、ここのも凄かったぁ!

39-6883_GF.jpg

40-6885_GF.jpg

下は、このまま画面いっぱいに描くと、ジョージア・オキーフ風になりそうでしょう?! 



最後のこれは、イタリア語で「姑の椅子」と呼ぶのですけど、
姑が嫁に勧める椅子なのか、姑に座らせたい椅子なのか、ははは。

41-6922_GF.jpg



カーレ・フォンテの岩場に下りますが、打ち寄せる波と、水の色に魅せられ!!

42-6892_GF.jpg

43-6915_GF.jpg

44-6914_GF.jpg

45-6903_GF.jpg

ここでは仲間の大勢が記念撮影をしたがって、にわかカメラマンのshinkaiは大もて!



ここがカーレ・フォンテ。 岩で囲まれた小さな溜まりですが、水の透明度を!!

46-6906_GF.jpg



下った所に人々が集まり、日光浴中で、

47-6905_GF.jpg



むひひ! ごついスニーカーとリュック、金髪、北国の女性かな?

48-6920_GF.jpg



お昼ご飯を美味しくお腹いっぱい食べた後、再びミニバスに乗り戻りますが、

山越しに見える煌く海!
       
49-6949_GF.jpg



空と海に挟まれた道を自転車で行く若者達。 

50-6950_GF.jpg



ポンツァの町が一望に見張らせる場所まで戻り、
  
51-6959_GF.jpg  



見下ろした入り江の奥に、小さな浜と崖の上にホテル群。

52-6965_GF.jpg

53-6966_GF.jpg

ほら入り江の奥に洞穴が見え、手前に階段があるので、上のホテルから、
トンネル式でこの浜に出れるのでしょうね。

場所が特定できなかったですが、多分ポンツァの港の入り江のも1つ上の
大きな入り江フロントーネ・Frontoneの一部だと。



ロバ君が2頭いて。 そうね、昔は島の交通はロバ君が主役だったのでしょうね。


54-6960_GF.jpg



ここは地図で西側の一番下に見えたキアイア・ディ・ルーナ。
港からも近く、この迫力ある美しさで人気があるのだそう。

55-6973_GF.jpg



突き出す岬の先っちょと、

56-6974_GF.jpg



絶壁と浜。 今回見た中で一番凄い!と思ったshinkai。

55-6973_GF.jpg



朝出発した港の浜に戻って来ると、引き潮になっておりましたぁ。

58-6981_GF.jpg

59-6983_GF.jpg



最後はサイトで見つけた、キアイア・ディ・ルーナの夕陽を。
       
erfsd.jpg

いやぁ、南国の香りのする、素晴らしい海の島でした。
今頃はきっとヴァカンス・シーズン真っ最中で、さぞ賑わっている事でしょう!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。