・ n.6 アッシジの春祭り カレンディマッジョ 2015 最終日

2015年カレンディマッジョのお祭りご案内も、今回が最終日!

1-622_GF.jpg

わぁ~い!と喜んだのは良いのですが、

実はです、へへ、先に始まる上地区ソプラの写真が少ない!
しっかり見て、可笑しな場面では笑い、おお!と思う美しい場面も記憶に
残っているのに、写真が少ない、選べるほど撮っていないのです。

この日は午前中ペルージャに出かけ、バスを乗り間違えたり、
帰りの電車の時刻表を見間違えていて1時間待ったり、
戻って来て公演会場にギリギリセーフだったので、カメラを持っていても、
どうやら頭が撮影態勢モードに切り替わっていなかったようで、はい、すんまへん。
という事で、簡単なご説明でざっと見てやって下さいませませ!


上地区の公演は、まずなにやら古書の類を調べまくっている様子からで、

2-625_GF.jpg

ちょうど良い写真が1枚もなく申し訳ないのですが、

実は天蓋付きベッドで運び込まれてきた権力者風人物が、舞台の右端に
寝ており、病人はベッドの上でのた打ち回る奮闘振りでありまして、ははは、
皆が寄ってたかって様々な治療を施したり、祈祷したりが、
ずっと舞台の片隅で続いています。



春が来て、お祭りも始まりますが、

3-626_GF.jpg

4-628_GF.jpg



左手から、この美しい色布の一団。 なんとも美しくて見とれており・・!

5-629_GF.jpg

6-630_GF.jpg



shinkaiがこの度の一番の悔い、撮らなかった場面がこの次に!
右からやって来た盾を持つ一団が船の形に変わり、
中央の竹馬に乗った背の高い女性を囲み、静々と進むという場面。

色布に見とれていて、右からの一団が船の形になったのに気が付くのが遅れ、
その鮮やかなシーンをポカ~ンと見送ったshinkai!

サイトで写真を探し回りましたよぉ!
やっとこの写真、船の後ろ部分ですが見つかりました。

7-ggio.jpg

何故半分かというと、んもう、この左に人物が入った記念写真なんですぅ!
・・よくこういう時に、記念写真を撮る気になるよなぁ!
まぁお陰で半分でも写真が見つかった訳ではありますが、・・複雑な心境。

少しでもこの場面が写ったのをとヴィデオも探し、色も画質も悪いですが、
せめてshinkaiの反省の念を汲んでやってくだしゃんせぇ!
https://www.youtube.com/watch?v=q_3s40mj144

それにしても、あの水色の布の一団と船は何を現していたんだろ?
この後に祈祷が出てくるから、寒気? 良くない知らせ? 
やっぱり半分寝ていたんだぁ、ボッ・・。



色々な悪念を追い払う為か、大掛かりな祈祷も行われ、

8-634_GF.jpg




舞台右端に見えるベットの死に掛かった病人も見事回復、
カレンディマッジョのお祭りの木も運び込まれ、

9-638_GF.jpg



村人達もお祭りの準備に大わらわ。

10-633_GF.jpg



広場の東寄りに、大きな布の花が開き、
広場いっぱいの踊りも盛り上がり、という最後でしたぁ。

11-640_GF.jpg

12-641_GF.jpg

上地区・ソプラの今年の総集編 準備や練習風景も。
https://www.youtube.com/watch?v=QNLWx2yKr6g



下地区・ソットの会場準備が始まり、
これはコムーネ広場の西端のインフォメーション、2階の窓。

13-624_GF.jpg



薪を積んだ荷車が運び込まれて来て、ほら、後ろに雫が垂れているでしょう?
この後も、桟敷席の後ろから灯油?の匂いが強烈に立ち上り、
今誰かタバコを吸うのにライターを点けたら、一緒にボッと燃え上がるんじゃないか、
ははは、と思った程!

14-627_GF.jpg



ソットの始まりには、まず枢機卿、司教様が登場し、

15-659_GF.jpg



続いて登場してきた町の貴族たちが、広場の東に作られたロッジャに集まり、

15-661_GF.jpg



続いて続々と町の人々も。

17-666_GF.jpg



そこに運び込まれる罪人、後ろに火を持った死刑執行人!!
       
18-669_GF.jpg



薪を積んだ台に縛り付けられた罪人の足元に火がつけられますが、
 
19-676_GF.jpg      

残念、あれほど灯油をかけまくっていたのに、上手く燃え上がらずで!
あ、運ばれてきた罪人は上手く台車の下に潜り込み、
くくり付けられたのは、勿論人形ですからご心配なく! ははは。



白い大きな幕が登場、

20-651_GF.jpg



多分巫女達をあらわす女性達の後ろを通り過ぎ、

21-679_GF.jpg



その薄布の間をヴェールをかぶった女性達が通って行きます。
火刑になった人への追悼か、過去への決別か・・、

22-686_GF.jpg


      
広場に布が敷かれ、青塗りの台が運び込まれ、

23-658_GF.jpg



向きが変わると、竹馬に乗った人々がいて、

24-702_GF.jpg



広場の両側にそれぞれに人の乗った2つの高い台車の中から乙女達が登場。

25-705_GF.jpg

26-661_GF.jpg

27-662_GF.jpg



竹馬の人を真ん中に、輪になっての踊りが始まります。

28-711_GF.jpg

29-715_GF.jpg



舞台の音楽隊の上には、大きな幕。
右の輪にはAQVA・水、 下にAER・空気  左にIGNIS・火
ならば上は大地かな、と別の写真で確かめましたら、やはりTERRA.

30-717_GF.jpg

う~ん、何が始まるのかな、と思ううち、



こんなのが幾つも運び込まれ、

31-720_GF.jpg



見えますか、左はLavandula・ラヴェンダーの文字と図で、
右にはMelissa・メリッサ、つまり薬用植物図鑑みたいになっていて、

32-722_GF.jpg



上の覆いを取り除けると、その実際の植物が植えられていて、
これには桟敷席から大きな拍手!!
修道士達が手入れや採取にやって来て・・、

33-729_GF.jpg

会場の進行状況そっちのけで、写真右上、お喋りに興ずる2人がいて、ははは、



舞台奥の円柱の影には、まだこんな2人がいて、へっへっへっ、

34-730_GF.jpg



進行状況、薬草の効果について論ずる進行係。

35-728_GF.jpg



明るさを取り戻した会場は、布が敷きかえられ、
春の色とりどりの女性達が登場して踊りが始まり、

36-673_GF.jpg

37-756_GF.jpg



登場者たち全員が手を叩き、雰囲気を盛り上げ、

38-764_GF.jpg



小旗を持った若者達も走りこんで来て、

39-768_GF.jpg



なんと台の中からまた競り上がってきた2人!  小旗が揺れ、踊りが終り、

40-770_GF.jpg



達成感に満ちて叫ぶソットの人々!!

41-783_GF.jpg

42-789_GF.jpg



という、最終日の昼公演でしたが、実はこの夜恒例のコーラス合戦がありました。 
ええ、夜の9時半から。
暗い広場にソプラの人々が手燭で集まり、広場に2列に並び合唱団を迎え、

43-816_GF.jpg



こちらがソプラ・上地区の合唱団。

44-820_GF.jpg



ソットの人々もやはり手燭で合唱団を迎え、

45-825_GF.jpg



ソットの合唱団。

46-833_GF.jpg


こうして始まった合唱競演だったのですが、2曲ほど聴くうちに、へへ、
ふっと意識不明になりかけの自分に気が付き、
こりゃいけん、明日は運転して家に帰るんだもんね、と中途退散を。

最後に2015年度の勝者発表が行われ、これは通常夜中の2時3時と聞いており、
最後までは到底無理でして。

下地区・ソットの今年の総集編。 最後に今年の審査発表の模様も。
https://www.youtube.com/watch?v=d1nVCYcPt-8

はい、今年度はソット・下地区、赤チームが勝ちとの判定。
ソプラのあの盾の船が進む場面のように、なんともエレガントで素晴らしいアイディア、
演出がソプラに見られる気がするのですが、
ソットの赤色の迫力というのか、地区全体の参加人数も多いのでしょう、
力で押し切る強さみたいな感じですねぇ。

イタリアにはそれぞれの町、街に、たくさんの伝統あるお祭りがあり、
住む人々の熱狂に支えられていますが、
こうして町の人々自身が作り準備し自分も参加、それもアイディアを出し合い、
毎年違ったストーリーを展開し、見せ場を繰り広げ、自分達も大いに楽しむという、
この独特のお祭りが、今年も大いに酔わせてくれました!

素晴らしきかな、アッシジの町、アッシジの人々!!



最後におまけの2枚を。
高い台車の上のシニョーラ、下りるのに手間取るの図で、
そう、あの貫禄ある胸と胴回りでは、梯子段の足元が見えにくいよね、ははは。

47-681_GF.jpg



サイトで見つけた、いとも美しき女性!

48-bria.jpg

6回に渡ってのお付き合いを頂き、本当に有難うございました!!
お楽しみいただけました様に。

いつかアッシジのお祭りの時期にお出かけの折は、
是非とも、例え半日でも、あの桟敷席に座って町の人々の熱気と、
中世の雰囲気を味わってみて下さいませ。 お勧めいたしま~す!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。