・ コモ湖周辺旅行 ・ 総集編ちょっぴりと、食べたもの

皆さん、こんにちは!
お休みを頂きましたので張り切って、ははは、今日はたっぷりの写真で、
コモ湖周辺3日間旅行の総集編ちょっぴりと、恒例の食べ物を見てやって下さい。

心配していたお天気は何とか大丈夫でしたが、
楽しみにしていたコモ湖の遊覧船の時が生憎の曇り空!
まぁ、それでも思いもかけなかった素晴らしいものもたくさん見る事が出来、
楽しんで戻りました。

まずは、モンザ・Monzaのドゥオーモ。 モンザはいつもF1のサーキット場の
話題しか見ませんが、大変落ち着いた穏やかで美しい旧市街で、
こんな美しいドゥオーモもあることも知りました!

1-30_01_GF.jpg

ドゥオーモの中では「鉄の王冠」なるもの、キリストの磔刑に使われた釘を
使ったという有難いもので!はい、
イタリア国王やナポレオンも戴冠式に使ったという王冠を、拝んで参りましたぞよ。
勿論写真は禁止でしたが、色々面白い話も聞きましたので、またの機会に。



地図をどうぞ。 初日は朝5時半集合出発のバス旅行で、まずミラノの北にある
モンザに行き、午後レッコ・Leccoに、2泊した宿はレッコ。

2-mo1_GF.jpg

2日目はコモ・Comoから遊覧船に乗りべラッジョ・Bellagioまで。
午後は対岸にあるヴィッラ・カルロッタ・Villa Carlottaの素晴らしい庭園を
楽しみバスで宿に。

3日目はコモに出かけ街の見学、午後半ばに帰路に、という旅程で、
今回はかなりゆったりした旅程でした。



道中では少し雨が降ったものの、モンザに着くと天気予報とは打って変わった
お天気となり、ドゥオーモと街見物の後は自由解散となり、お昼を街の通りの
バールの席で。 まずは生ビールで乾杯し、

3-077_GF.jpg



ジュリアーナは野菜のグリルを挟んだトースト、

4-073_GF.jpg


    
フェリチアーナはリゾット、 ね、量が多いでしょう?

5-075_GF.jpg



shinkaiはペンネ・アッラビアータ・ピリ辛のトマト・ソースで。

6-076_GF.jpg



さてレッコに到着、少しうす曇りになりましたが、まずは街中をぐるっとバスで回り、
土地のガイドさんを拾い、

7-63_01_GF.jpg

8-366_01_GF.jpg



これはアレッサンドロ・マンゾーニ・Alessandro Manzoniの像。

9-369_01_GF.jpg

イタリア人にとっては大古典の「いいなずけ・イ・プロメッシ・スポージ」の作者で、
19世紀、この街には彼の父方の屋敷があり現在博物館、我々はそれを見学に。

私は子供向けダイジェスト版を読んだ程度なのですが、一行の皆は本当に
良く知っており、ガイドさんがまたあれこれとマンゾーニの家庭事情やらなにやらを
微に入り細をうがつ説明で、ははは、それは大変興味深く可笑しく、
皆が大いに楽しみましたです。



屋敷の傍らの、大きな八重桜が満開でした!

10-372_01_GF.jpg



さて2泊したホテルにチェックインし、ホテルの名も、「プロメッシ・スポージ」!

11-081_GF.jpg



夕食のメニュー、肉喰らいには、まずポルチーニのリゾットとミート・ソースのペンネ、

12-078_GF.jpg

菜食者には、菜食者がいる事など想定外だったようで、
急遽ポルチーニのリゾットだけが供され・・!
うむぅ、この辺りで次の展開が予想されましたが・・!



セコンドは、豚のあばら肉ステーキと野菜の付け合せ。

13-083_GF.jpg

となると、菜食者にはこの野菜類のみで・・!! いくら美味しいとは言え、
ちょっとぶうたれるshinkai。



デザートは、イチゴに生クリーム。

14-085_GF.jpg



ですが、思いがけずに部屋からの眺めが最高でして、              

15-099_GF.jpg



細い湖を挟んでの対岸が、レッコの街の中心部。

16-096_GF.jpg

大方は友人とのツイン部屋ですが、希望するといくらかの割増料金で
一人部屋にしてくれるのですね。
で、今回はダブルベットの一人使用という事で、3階のこんな眺めの部屋が
当たったという訳で、やったぁ!



翌朝散歩に出ましたら、近くにこんな大きなマロニエの樹、これも満開でした。

17-496_01_GF.jpg



翌日のお昼は、2時間の湖の遊覧を終え、ちょうど発車間際の町周遊の観光バス
にも乗って戻り、湖岸のバールの席で。

18-103_GF.jpg

ほらね、Birra Bellagio・べラッジョ・ビールと書いてあるでしょう?

で仲間は野菜とチーズのトーストを、shinkaiはスパゲッティを、写真略。
パニーノとかトーストなどのパン類は余程でないと食べませんで、
・・だって、朝食以外のパンは「代用食」なんですよぉ、shinkaiには!ははは。



船着場すぐ横の、満開の藤の花!

19-698_01_GF.jpg

20-770_01_GF.jpg



午後は大変なお天気になり、ホテルに戻って見る夕暮れのレッコの街と山。

21-965_01_GF.jpg

22-964_01_GF.jpg



さてこの日の夕食は如何に?! 肉食者には、ラザーニャ。  ピン甘ご容赦。

23-109_GF.jpg



菜食には、お昼に食べたと同じスパゲッティ! 素晴らしい!!

24-117_GF.jpg



セコンドは、ロースト・ビーフと、ジャガイモの付け合せ。

25-122_GF.jpg



あ、サラダが出た、嬉しい!

26-123_GF.jpg



という事で、shinkaiのお皿はこんな感じ、むひひ!
手前右の厚いチーズは、この辺りの美味しいタレッジョ・チーズ。

27-125_GF.jpg



デザートは、オレンジ・チョコレートの乗ったケーキ。

28-126_GF.jpg

皆が美味しいと言い、料理は悪くは無かったですが、なにせ今回は読みが浅く、
同じものがかち合い過ぎたのがshinkaiには不幸でしたぁ、ははは。



部屋の窓から眺める、美しい夕暮れと、街の灯。

29-132_GF.jpg

30-127_GF.jpg



翌朝6時過ぎ、ドゥオーモの下だけ明かりが灯っていて、

31-140_GF.jpg



街の背後の山から射し込む、朝の陽。

32-147_GF.jpg



朝の爽やかさ!

33-969_01_GF.jpg



最終日はコモの街に。
この美しく典雅なドゥオーモも、古い中世が残る一廓も見物し、

34-147_01_GF.jpg



ちょっと入り込んだ小さなマッツィーニ広場のバールでお昼を。

35-994_01_GF.jpg



ジュリアーナとフェリチアーナは、トスカーナの野菜スープを、

36-161_GF.jpg



shinkaiは、茄子のパルミッジャーノを。
形が崩れ、何か正体不明な食べ物に見えますが、ははは、
茄子とチーズ、トマト・ソースの重ね焼きですもの、美味しかった!

37-162_GF.jpg



のんびりテントの下でお昼をしていると、この猫ちゃんが・・。

38-164_GF.jpg

今回食べ物とホテルの窓からの写真は、新しいコンパクト・カメラを試したのですが、
ほら、コンパクトは即ピントが合いませんよね。
なので一眼に慣れた者には、猫の顔を撮ろうとしても無理!
       
でも人物、とりわけ女性のポートレートには良いみたい。 というのも、
ニコンのようにピチッ~~と、お顔のしXを写しきらないのが分ったの・・、ひひ。
しっかり撮り慣れる事にしませんと!



バールの素敵なシニョーラ!

39-165_GF.jpg



デザートは、チョコレートのケーキ。
間に見える薄黄色のクリームは生姜味、美味しかったぁ!

40-169_GF.jpg

お昼の後、ゆっくり古い一廓を歩きながら壁画を撮っていると、
中年シニョーレが話しかけてきて、古い建物の中庭を見せてくれ、
ついでにその一帯の歴史を纏めた本を、shinkaiのみ、うひひ、
プレゼントに頂いてしまったのでしたぁ!
       


素晴らしく晴れ上がり、もう一日ゆっくり出来たら、と思うような
最終日のコモ湖畔!

41-174_01_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ 春眠 暁を覚えず ・ ワンちゃんの場合

春の良い気候となりましたが、 「春眠 暁を覚えず」
皆様、朝のお目覚めは如何ですか?!

という訳で、春眠だけではないですが、ワンちゃん達の眠りこける姿をどうぞ。
大方の写真は、ハワイに住む友人から暫く前に届いたもので、
サイトで見つけたのも幾枚か追加してあります。

まず、仰向けで熟睡スタイル。 おちんXXの先の毛が可愛い、ははは。

1-ed1.jpg



口を開け、舌まで出ている! 一瞬ぎょっとするやん、ははは。 

2-ali14.jpg

3-ed30.jpg



仰向けスタイル+重ね型。  窒息しないのね、これで・・。

4-med26.jpg

5-med19.jpg



親亀の上に小亀を乗せてぇ~、というのが昔あったっけ!

6-ed22.jpg



あご乗せスタイル、 かなりの高等技術ですねぇ! 
家の猫ちゃんの1人も、このスタイルがお得意だったけどなぁ。

7-eep.jpg

8-ed21.jpg

9-med28.jpg



お尻持ち上げスタイル。 これはずずっと滑りおちた果ての姿?! 

10-med6.jpg

11-ed20.jpg

12-med25.jpg



あんよ持ち上げ型。 

13-med8.jpg

14-med9.jpg



首筋を違えそう!  大丈夫?  何でこうなるの?!

15-med7.jpg

16-med5.jpg



狭い所に入り込み・・、でも落ち着くみたいですね。

17-ed10.jpg


18-med13.jpg

19-ed11.jpg



狭い場所+餌の確保にも最適!

20-ed16.jpg

21-ed17.jpg



突っ伏し型、または 行き倒れスタイルとも。

22-age.jpg

23-med29.jpg

24-ed24.jpg



そう、旅行は疲れるもんね!

25-ed18.jpg



なんだかんだ言っても、そう、熟睡する姿は可愛い!!

26-595.jpg

みんな、元気で長生きしてや!!



どう、面白かったでしょ?!  また会おうね!

27-uale.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ サン・ピエトロ・ディ・フェレット教会 ・ ヴェネト古寺巡礼 

今日のご案内は、我が家から車で20分ほどに位置する古い教区教会
サン・ピエトロ・ディ・フェレット・La Pieve di San Pietro di Felettoを。

実は前を通る事は何度もあるほど近く、内部も2度ほど訪問、
説明を受けたり写真も撮ってはいたのですが、ご案内はまだでした。
それが先日、イタリア・ロマネスク教会全制覇途上のクリスさんから、
ここのフレスコ画をサイトで見ましたが、ご存知ですか?
というコメントを頂き・・、ははは。
       
という訳で、4年前の3月上旬に訪問した写真でご案内です。

トップは教会入り口前の広いポルティチ部で、鐘楼は少し離れた位置にあリ、
アクイレイアの鐘楼をモデルのロマネスク様式ですが、尖塔部分は16世紀のものと。

1-940_GF.jpg

この古くて小さな教会鐘楼の南側は、素晴らしく広々とした広場になっているのが、
写真がなく、サイトでも見つからず残念。



道が教会前まで迫っており、見上げるこんな感じ。

2-942_GF.jpg

かってはこの石段を上がったのでしょうが、現在は南の広場側から
緩やかな坂道を辿り、横から入り口に。

この教会が出来たのは、大体1000年前後と見られ、当時トゥレヴィーゾ一帯に
36の教会が建設された時であろうと。
元々この場所にはロンゴバルドの礼拝所か民間信仰の施設があった後に
建設されたの様子。
       


近辺の地図をどうぞ。
赤点の付いた所に教会があり、コネリアーノからは北西の位置になり、
バニョーロ・Bagnoloのトラットリーアに、先回のパスクワのお昼でした。

3-tro f_GF.jpg

教会の右に小さく家の印が見えるのが、我が家!
グーグルの道路検索で「スコミーゴ」と打ち込むと自動的に「我が家」と変換し、
おまけに教会まで17分と!

ですが、この教会に行くにはバニョーロ辺りから坂道を上るのと、裏側の山道を
上る2通りあり、裏側からは素晴らしい傾斜の、ははは、9つのヘアピンカーヴが続き、
8年前、12月末に免許を取り3月末にウンブリアに出かける前には、
ははは、ようやった! 毎日この坂道一帯を運転練習で走り回ったのでした。



出かけた早春のこの日は良いお天気だったのですが春霞で、
この高台にある教会前からの景色は素晴らしいのが、すこし残念!
       
4-939_GF.jpg

ずっと以前に、チラッとこの教会もご案内しており、コネリアーノからの
素晴らしい景色もありますので、是非こちらも。
n.1 白ワインの道 Strada del Vino Bianco
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461343979.html



教会前部のポルティコと言いましたが、前のみでなく、広くこんな風に
南側にも広がっており、かっては様々な集会にも利用されたのであろうと。

5-891_GF.jpg



そしてこのポルティコに、正面入り口側に大変興味深い古いフレスコ画が残り、
ここに4枚見えますね、

6-897_GF.jpg



どの説明にも5枚とあるので、多分この入り口脇のも数えているのでしょうが、
残念ながらこちらはこんな様子。
ですが専門家が見るとちゃんと主題が分るのですねぇ、「カインとアベルの犠牲」と。

7-893_GF.jpg

他にもあれこれうっすらと見え、かっては一面にフレスコ画で埋められていた物と。



内部にもたくさんフレスコ画があるのですが、外側のこの4枚が古い年代のもので
12~13世紀、大変興味深く趣もあるので、少しご説明を。

8-898_GF.jpg

正面左から、サンタントーニオ・アバーテ・Sant'Antonio Abate.
この聖人は「聖アントーニオの誘惑」などの絵画主題でよくお見かけしますが、
動物の守護聖人ですから、一帯の農家にとっては大切な聖人ですよね。

そして右に「聖母子像」ですが、



よく見えるようにアップを。
聖母は玉座に座り、ほら子供のキリストはお母さんのお乳では無く、
自分で哺乳瓶らしきものを持っているでしょう?

9-898_GF.jpg

多分画家は、この近辺一帯の貧しい農家で古くから行われていた風習を
描いたのであろうという事ですが、そう、12,3世紀には既に哺乳瓶が
使われていた事になりますね。

ではこの哺乳瓶は何製かと思われるでしょう?
はい、豚の膀胱なんだそうで、湯たんぽにも使われていたそう。

◆ 追記 ◆
「哺乳瓶」については、当日のガイドさんの説明でも、今回いくつか読んだ
サイトでも、とりわけイタリア文化省とFAI(文化財保護協会)が名を連ねる
サイトにもあったので、上記の様にご案内したのでした。

がクリスさんのコメント、「哺乳瓶となると、聖母の授乳の聖なる意味が
なくなる」を頂いて納得したように、
と、写真をアップして見て、やはり乳房と思います。

乳房の周囲をぐるっと囲んでいる茶のアウト・ラインが上部で切れ、
緑色の聖母の衣装の他に白い線が見えるのも、多分下着が覗いているのを
見せる為と思いますし、乳房の位置、子供のキリストの指の位置なども、
当時の画家の稚拙さから来るものと思われますので、間違いないだろうと。
クリスさん、有難うございました!



この2枚のフレスコ画の下に、正確には聖アントニオ・アバーテの下に、
この小さなフレスコ画、豚ちゃんです。

10-895_GF.jpg

豚は中世において、いや現代もですが、大切な食品で、春から夏に育て、
秋の木の実をしっかり食べさせ、クリスマスの前に葬り、冬を越す為の
重要な貯蔵食品だったのですね。



こちらは正面入り口の上にあるもので、左からサンタントーニオ・アバーテ、
サン・ジャコモ・San Giacomo、聖母子、そして司教、多分サン・ドナート・
San Donatoかサン・ティツィアーノ・San Tizianoだろうと。

11-906_GF.jpg

上の2枚もそうですが、大変に素朴でのびのびとした描写で、
色使いも簡素で素晴らしいと思います。

こちらの背後の地面には植物らしきものが見えますね。 この土地の名フェレット・
Felettoは、ラテン語でシダ・felce・フェルチェに由来すると言い、
シダの多い林地帯を現しているのだろうと。



そして最後の一枚が、これが大変貴重なフレスコ画で
「日曜日のキリスト・il Cristo della Domenica」と呼ばれる物。
ちょうどポルティコの梁の上にまたがるので、左右両方からの写真を。

12-904_GF.jpg

13-905_GF.jpg

キリストの傷ついた体のあちこちから血が迸り、周囲に描かれた様々な
道具類に繋がりますが、これら道具類はすべてその職業に繋がり、

つまり主の祝日である日曜日に仕事をしてはいけない、
それはキリストを苦しめる事になる、という事で、
左側の足元部分には、ベッドインのカップルも見えますが、はは、
「日曜はダメよ」なのであります、はい。

こういう描写は現在ヨーロッパに10点ほど残っているだけだそうで、
反宗教改革のトレント公会議において、民衆的で好奇心を誘う主題と描写は
異端に繋がる恐れがあると、禁止されたからなのだそう。

でこれ以降、苦しむキリストの姿は、釘、鞭打ちの為の円柱、槍、海綿(タオル地)
などに変わったのだそう。



という事で、では内部に参りましょうか。

14-890_GF.jpg



4年前の春に行った時は、まだ祭壇部分の最後の修復が済んでおらず、
この内部全体の写真はサイトから拝借で、

15-tro.jpg

狭く高い内部は3廊式、どちら側にもフレスコ画があり、内陣は半円形。



後陣上部に残るのはビザンティン風の壁画13世紀ですが、

16-915_GF.jpg

17-921_GF.jpg

18-922_GF.jpg

ご覧の様に、上から2度目3度目と新しく描き直された様子もよく分りますね。



こちら右上が一番新しい15世紀の壁画「貧しい者達の聖書」といわれる物で、
字が読めずとも、ラテン語で行われるミサの祭典次第も
これを見ながらたどる事が出来るという、いわば絵解きですね。

19-917_GF.jpg

20-908_GF.jpg

21-907_GF.jpg



入り口側、天井の高さが良く分かりますね。 ここには「最後の審判」があったと。

22-920_GF.jpg



こちらは左側の壁で、右側よりも古く、13世紀頃のものと。
上の左の大きなのは、サン・クリストフォロ。

23-914_GF.jpg

24-916_GF.jpg



そして入り口左の隅には、この様に囲われた形の礼拝堂があり、

25-913_GF.jpg



内陣側から見た様子で、真ん中に洗礼用の井戸があり、今正面真ん中に
見える聖セバスティアーノの名を冠され「サン・セバスティアーノの礼拝堂」
と呼ばれます。

26-926_GF.jpg
       
この洗礼堂はこの一帯に唯一の、大変重要なものだったのだそう。



内部はご覧の様に、15世紀後半の大変密な壁画「サン・セバスティアーノの
生涯」で埋められており、

27-931_GF.jpg

28-927_GF.jpg

29-930_GF.jpg

30-929_GF.jpg

31-936_GF.jpg

画家の名は特定できないものの、トゥレヴィーゾからベッルーノにかけての
土地の画家で、ヴィットリオ・ヴェーネトのセッラヴァッレの教会にも
同じ画家の作品とみられるのが残っているそう。
       


教会前のポルティコで、当日一緒した仲間達と。 真ん中にルイーザがいて、
後ろに見える右が夫のレナート、そして左後ろの帽子がクラウディオ。

32-951_GF.jpg

実はこの4年前の写真を引っ張り出して見直すまで、クラウディオの事を
忘れていたのですが・・、 彼は病気の為に盲目となり、ですがこうして皆と出かけ、
詩も書く、生きる意欲に溢れた素晴らしい男性だったのですね。

所がこの1年後にちょっとした事で入院し、明日は退院、という日に亡くなりました。
私は何度か会った位でそう親しくも無かったのですが、
お葬式の日に会った息子さんが、私の事も聞いていると・・。

クリスさんが今回言って下さらなかったら、きっとこの写真もそのままだったろうと
ちょっと感無量で、ここに書かせて頂きましたが、

この後、ルイーザにブログの事を知らせようと思っています。
クリスさん、有難うございました!!



早春の午後、ここの見学の後、もう一箇所近くの教会に行きましたが、
最後は、早くも陽が傾きかけたこの一帯の様子をどうぞ。

33-958_GF.jpg

34-960_GF.jpg

35-964_GF.jpg


最後まで有難うございました!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。