・ 標高2000m ドロミーティの山々と、マルモッタ(アルプス・マーモット)

今日はジョヴァンニ・Giovanniに送って貰った写真で、標高2110mにある
ドロミーティの山小屋チッタ・ディ・カルピ・Citta di Carpiからの雄大な眺め、
高山の花、乳牛たち、そしてマルモッタ・アルプスマーモットの可愛い姿を。

s-s-2 Sul sentiero_GF.jpg

私には到底撮れない場所と写真ですし、こんな素晴らしい写真を我がブログに
掲載できるのは、とても嬉しく光栄に思います。
ジョヴァンニに敬意を表し、今日は少し大きな640ピクセルでご覧頂くことに。
Grazie Giovanni!!



まずどの辺りか、地図をどうぞ。 高級避暑地で有名なコルティナ・ダンペッツォ・
Cortina d'Ampezzpの奥にあるミズリーナ湖・Misurina、ここからリフトで上に。
そして1時間歩いて赤点の位置が今回の山小屋。

s-cortina_GF.jpg



こちらに詳細地図を。 ミズリーナ湖からリフトで上がった場所左上に、
Rif.Col de Verda・コル・デ・ヴェルダの山小屋があり、そこからN.120の山道を
1時間、右下に見えるチッタ・ディ・カルピ、この地図では標高2130mに。

s-s-1 Mappa_GF.jpg

ジョヴァンニが書いてくれた説明によると、カディーニ・ディ・ミズリーナ・
Cadini di Musurinaと呼ばれる北に連なる山々の麓に位置するのだそう。
確かに、見える山々の高さは2425m、2557m、2675m ecc ecc!!

という様子で、上の写真は山小屋への小道から。
shinkaiは山小屋と記していますが、イタリアではリフージョ・Rifugio・避難所と。

コルティナ・ダンペッツォの遅い春
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461526710.html

夏のドロミテ ・ コルティナ、ミズリーナ湖
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460885260.html

コルティナ・ダンペッツォ ・ Cortina D'Ampezzo
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460884463.html

トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレード ・ ドロミーティの大景観!!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/468344876.html
       


さて山道を行くと、放牧中の乳牛たちに出会い、

s-s-3 Incontri_GF.jpg



この黄色い花はボットン・ドーロ・Botton d'oroと説明に。
ジョヴァンニは本当に詳しいのです、花の名にも。

s-s-4 Botton d'oro_GF.jpg



奥に鋭く尖った姿が見えますが、かなりの人々が往き来。
そして皆さんの持っているカメラ・レンズがでかい!!

s-s-5 Mucche turisti e fotografi_GF.jpg



山小屋チッタ・ディ・カルピに到着。

s-s-6 Rifugio Citt+á di Carpi_GF.jpg



カディーニ・ディ・ミズリーナの山々。

s-s-8 Cadini di Misurina_GF.jpg



傑作を狙うカメラマン。

s-s-9 Fotografo_GF.jpg



ロドデンドゥリ・Rododendri・石楠花。

s-s-11 Rododendri_GF.jpg



クローダ・デイ・トーニ・Croda dei Toni、
最初の地図の真ん中一番上に、3094m!

s-s-12 Croda dei Toni_GF.jpg



お花でも撮っているのか、しゃがみ込んでいるのを、茶の乳牛が不思議そうに、
ははは、見つめています。

s-s-13 Mucche con fotografo_GF.jpg



カメドゥーリオ・Camedrioと書いてくれましたが、日本語が見つからず・・。

s-s-14 Camedrio_GF.jpg

s-s-15 Camedrio_GF.jpg



ジョヴァンニ達は山小屋に1泊。 サイトで見つけた山小屋チッタ・ディ・カルピ。
この壁には2110mと見えますね。

s-s-IMG_0480.jpg

山小屋のサイトはこちら。
http://www.caicarpi.it/wp/rifugio-citta-di-carpi/
6月20日から9月20日までと、クリスマスから復活祭までの冬季は毎週末にオープン。
      


バール兼食堂

s-sala.jpg



部屋は相部屋で2段ベッド、ベッド数は32.

s-cameretta.jpg



料理の写真も見つかり、カネーデルリ・パンの団子と肉煮込み。

s-s-citta carpi1.jpg


ならば、1泊幾らか、どんな評判かをジョヴァンニに聞くよりも調べた方が早いと、
・・彼は毎日メール・チェックしないのが分っているのでね、ははは

で、サイトで見たコメント類。
・ミズリーナ湖からリフトで上がって、ハイキングでの昼食、カネーデルリ3種、
 ポレンタと焼いたチーズ、酢漬けキャベツの付け合せ、
 ビール小、デザート、以上大変美味しく2人分33,9エウロ、
 値段も手頃でお勧めできます。
・バールに寄ったが大変親密なもてなしで、お勧め!
・14人のグループ、大した事のない夕食、飲めない様な不味いワインが
 カラフ(0,5L)で6エウロ、皆さん、注文しないで!
 朝食は量が少なく、バターとジャムは自家製でなくホテル用のやつ。
 この山の中で、ホテル用??!! 

・・どうやら1泊夕・朝食付きで50エウロだった様子、ははは。
このバターとジャムがホテル用のだった、というのは小さな包んだ奴ですね、
というのは他にもあったので、皆ガッカリしたのでしょう。
食い物にはうるさいイタリア人!
よっしゃ、次回ジョヴァンニに会った時に確かめてみよ!!
    
   

翌朝、暁!

s-s-16 Alba_GF.jpg



こちらはクリスタッロ・Cristalloの朝日、標高3221m。

s-s-17 Alba sul Cristallo_GF.jpg



ジョヴァンニたちは早朝に起きだし、マルモッタを撮りに出かけた様子で、
こんなにたくさん撮れたのは始めて、と言ってましたっけ。

アルプスのマルモッタと呼ばれる種で、こちらにサイト。
http://www.parchionline.it/marmotta.htm

見張りがいて、危険が迫ると警笛のように鋭い鳴き声で知らせ、皆一斉に穴の中に!
   
s-s-18 Guardia marmotta_GF.jpg

    

こちらはマンマ。

s-s-19 Mamma marmotta_GF.jpg



チビちゃんが2人、それぞれ近寄って愛撫を。

s-s-20 Coccole 4_GF.jpg

s-s-22 Coccole_GF.jpg

s-s-23 Coccole 3_GF.jpg

大体マルモッタの写真は1匹だけ、が普通で、親子連れのは始めて見ましたし、
しかも愛情込めたしぐさで、本当に可愛い!
      
ジョヴァンニが書いてくれた説明やサイトを読むと、
リス科の親戚、標高1500m以上の高所の穴の中に住み、夏用と冬用の穴は
深さなどが違うそうで、

体長は70cmほど、このうち尻尾が20cmというので、胴だけだと50cm位、
体重は5~6kg、平均で15~18年の寿命との事。
 
冬季は6ヶ月間の冬眠、4月~6月が愛の季節で妊娠期間は1ヶ月ちょっと、
2~5匹の赤ちゃんを出産、1ヵ月半の授乳、2ヶ月で独立との事!
雌が親になるのは3歳になってから。

朝、穴から出て食べ陽を浴び、グループと遊び、夕方穴に戻る、
菜食で水は飲まず、水分は植物から摂取、チャンスがあれば昆虫も食べ、
この体重ながら、木も岩登りも得意で素早い・・、



ジョヴァンニがこの写真に付けたタイトルは、好奇心の強い二人。

s-s-24 Marmotte curiose_GF.jpg

はは、逃げずにじっとこちらを見つめていますね。
目の付いている位置からして、彼らの視野はとても広いのだそう。



チビちゃんたちの食事風景。 こういう姿は本当に愛しい!

s-s-25 Piccolo che mangia_GF.jpg

s-s-26 Piccolo_GF.jpg



鼻を時々ヒクッヒクッとさせながら、何かを見ている様子が想像できそうでしょう?

s-s-27 Piccolo di marmotta_GF.jpg



乳牛との共存。

s-s-28 Convivenza_GF.jpg



山々に雲が湧き、

s-s-29 Cadini 2_GF.jpg

s-s-30 Nuvole_GF.jpg



そして帰り道。

s-s-31 Ritorno_GF.jpg


ジョヴァンニのドロミーティの山々、マルモッタ達の写真、如何でしたか?
彼に皆さんからの伝言をお伝えしますので、
どうぞたくさんコメントをお願いいたしま~す!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.2 カンシーリオの森 ・ 平野の眺めとお昼、そして子鹿 

皆さま、遅ればせながら・・、 暑中お見舞い申し上げます!!

暑中お見舞いの言葉が出てこないほどに、今夏の北イタリアは天候が
荒れ模様の雨続きで、7月に雨の無かったのは1週間程度で、
何十年ぶりかの記録だそう!
突然の大雨被害が各地に続出しましたが、

漸くに金曜のプール体操は屋外に戻り、今朝も快晴!
皆様にも、酷暑過ぎない、良い夏でありますように!!

先回に続き、標高1000mのカンシーリオの森と平野のご案内ですが、

写真は、ヴェネツィア共和国時代の国境の印、このアルプス植物公園内に
含まれる分だそうで、後2つの石柱が他にあるそう。

1-294_GF.jpg

掘り込まれているのは、人名の頭文字と年数1679、1738で、
ヴェネツィア共和国崩壊は1797年。
国境を接していたのはオーストリア・ハプスブルグ家の帝国で、現在のオーストリア
との国境はずっと北になりますが、当時はこんなに近かったのかと少し驚き。



少し先の高台に展望台式テラスがあり、そこからの眺めで、
上の写真が北側左、そして下が、続く右側。
      
2-330_GF.jpg

3-1-336_GF.jpg 

右側の真ん中、奥に見える所々雪の見える山は、テラスに在った写真では
M.Lasté・モンテ・ラステ2247mと分りましたが、自分の地図では探し出せず。



お花の写真はまだあるのですが、もういいですよね? ははは。

なので公園内にあった小池の、青い糸トンボを。
つぃっと、すっと動くのでなかなか撮れなかったのですが、執念で、ははは、
遂に撮った中から・・。

4-410_GF.jpg

5-388_GF.jpg



こちらは太い大きなの。
   
6-392_GF.jpg

イタリアではなぜか日本ほどトンボを見かけませんで、
赤トンボなんか、一度見たことがあったっけ、という程!



さて駐車していた場所まで戻ります。

7-431.jpg



先回見て頂いた、朝の靄が立ち込めていたのと同じ場所ですが、
こんなに明るくなり、お昼時なので家族連れのピクニックの姿も。

8-432.jpg



我らは、平野の端の小高い丘の上のアグリトゥリズムに。
庭に設けられたテントの下、景色を眺めながら。

9-460_GF.jpg


広い平野の感じがお分かりでしょうか?!
あんなに大きな牛たちも、まるで白い点みたいに見えます!

10-433_GF.jpg

11-435_GF.jpg

12-436_GF.jpg



柵につかまり、眺める少女。

13-438_01_GF.jpg



注文したのが届くのを待ちながら。 建物に小さく開いた窓が見えますね、
多分あそこは、かっての家畜小屋だったのだろうと・・。

14-446_GF.jpg

15-441_GF.jpg

16-445_GF.jpg



さて、待ちかねたお昼!
ラファエッラが頼んだ「ニョッキのクリーム・ソース」とサラダの小。

17-447_01_GF.jpg



ジョヴァンニとジャンナは「カネーデルリ・Canederli (Knödel)」

18-449_GF.jpg

大体はハム類が入っているのですが、これは肉抜きの香草入り。
元はドイツの家庭料理で、古いパン利用で中にタマネギ、ニンニク、パセリなどが
入ったいわゆるお団子。 茹でたものにバター・ソースがかかり、かなりコッテリ味。



ミレーナには、チーズを焼いたのにポレンタと茸が添えられ、手前はお肉、
ソーセージ式の肉だそう。

19-450_GF.jpg



shinkaiは上と同じものの肉抜きで、茸を別に! ですがこのチーズの半分は
最初にジョヴァンニにね。 焼いた蕩けたチーズは美味しいものの、お腹にずっしりで!

20-451_GF.jpg



ジョヴァンニとジャンナのデザートは、森のフルーツ類のジャムが入ったトルタ。

21-452_GF.jpg



ラファエッラとshinkaiは、イチヂクの入ったトルタ。
少しトウモロコシ粉が入った様な、素朴な美味しさでした。

22-453_GF.jpg



ミレーナの、森のフルーツとイチゴのシロップ漬け。

23-454_GF.jpg


それぞれのお皿に皆の手が伸び、美味しさの味見をし、ビールも飲み、
1人16エウロ、美味しかった!!
ここが良いから!と言って連れて行ってくれたのですが、さすが、美味しくて安い! 
皆良く知っています!

写真仲間と一緒のお出かけは
チゾンの村 ・ 水の道 ・ Via dell'Acqua
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/472180954.html

初夏のヴェネト、プロセッコの葡萄畑をどうぞ!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/472176964.html

霧のヴェネツィア 夕暮れから夜
      


赤いキャップをかぶった可愛い女の子が行ったり来たり。
その内に、あの少女の妹と分り・・!

24-458_GF.jpg



風が少し強くなり、雲が動き、山も平野も色が刻々に移ります。

25-461_GF.jpg

26-437_01_GF.jpg



ゆっくりのお昼を済ませ、ジャンナとラファエッラは先に帰り、
ジョヴァンニ、ミレーナと3人で、また林の中に戻ります。

家族連れがピクニックをしていた場所から少し先に遮断機があり、
その手前に車を止め、こんな道を進み、そこから少し入り込みます。

27-466_GF.jpg

28-469_GF.jpg



本当に静かな林の中。

29-477_GF.jpg

30-478_GF.jpg



ぬかるみに残る鹿の足跡、大きいのや小さいのが幾つも!

31-495_GF.jpg



ほら、この小道にも、かすかに足跡が見えるでしょう?!

32-490_GF.jpg



ジョヴァンニが先にたって静かに進み、後ろに続く2人にそっと手招きし、
1度目はダメでしたが、これは2度目の出会い!  

33-473_01_GF.jpg

まだ小鹿。 おお、始めて鹿を撮ったよぉ!!
まったくもってジョヴァンニのお陰で、でも、この後さっと逃げて行き、やはりね。

ジャンナとラファエッラは凄いお喋りで!! ははは、
植物園内でも大きな声で喋りっぱなしで、家で喋らせて貰えないのかいな?!
とぼやくshinkai。

で、この小鹿との出会いのあと、ジョヴァンニが笑いながら、
shinkai、ジャンナと一緒だったら、鹿と会えたと思う?!
うんにゃ、1k以上手前で聞きつけて逃げてるよ、ははは。

この他にも1度、道の反対側でパリッと何か折れた様な音がし、見ると、
こちらは大きなのの首から上だけが見え、
午後のこんな時間でも鹿を見れた事が嬉しかった!



ジョヴァンニの話で笑ったのは、1度この奥で、鹿がやって来るのを見て
木の後ろに隠れたそうな。 多分まっすぐ通り過ぎるだろうと。

34-499_GF.jpg

ところが通り過ぎず、おかしいなと木の後ろから覗くと、鹿はすぐ木の後にいて、
どちらもが飛び上がったんですって! ははは、向こうも覗いていたのかも・・!

自然保護の、 メーゾラの森、 そして、ポンポーザの修道院
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463258528.html



最後は、林の中で見た可憐な花をどうぞ!

35-488_GF.jpg

2度にわたっての高原のご案内、 お付き合い、有難うございました!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。