・ しのび寄る秋の気配 ・ スコミーゴ村

8月上旬から爽やかな夏が続いている北イタリアですが、
かなり秋の気配がしてきた? と感じる今日この頃。

で、昨日午後遅めにふらっと秋を探しに、スコミーゴから東に、
お隣のコッレ・ウンベルトの村に出かけて来ました。      
今日はささやかな秋の気配をどうぞ。

まだスコミーゴ村の夏の顔、ひまわり。

1-852_GF.jpg



廃屋になっているお家の前庭のトマト。支柱に支えもあり、
サラダ菜なども見えるので、家庭菜園には通って来られているのでしょう。

3-862_GF.jpg

大きなイチヂクの木に実がびっしり! 大きく紫に熟れているのに
つい引き寄せられ、ははは、一つ失敬しましたが、美味しかったぁ!

スコミーゴ村の四季  その周辺  

新しいご案内はこちらから



いつも通るヴェネツィア・べッルーノ間の高速の上を渡る道。
これを過ぎると東側のお隣、コッレ・ウンベルト村。

4-866_GF.jpg

5-875_GF.jpg

ちょっと空が高くなった気も、・・しません?



高速の上の高架橋から見るオリアーノ村の葡萄畑。
丘の傾斜に添う、大好きな眺め。

6-869_GF.jpg

7-881_GF.jpg

ここの葡萄畑は、朝の内に一度撮りに出かけないと!
午前の半ばから逆光になって、色が出ませんねぇ。



白い清楚な花ももう終わりかけ、種がふくらみつつ・・。

8-871_GF.jpg

9-873_GF.jpg



高速の向こうは平野の畑が広がり、トウモロコシ、豆、葡萄・・、
色違いの畑が重なります。

10-879_GF.jpg

11-888_GF.jpg



プルーンの実も熟れ、たわわに。

12-890_GF.jpg



柿も大きく。

13-897_GF.jpg



逆光のオリアーノ村の稜線。 ここの鐘楼も少し斜塔なのですよ。

14-1-893_GF.jpg



コケッコッコーと、農家の庭先で盛大に鳴くのが聞こえ、近寄ると、皆さっと
鳴きやみ木陰の方に! ははは、shinkaiが菜食なのを知らないな?!

が、お家の前の小さめの葡萄畑の実が熟れ始め、まだ小さな粒も
たくさんですが、余分な葉が取り除かれ、なかなか良い色になりかけていて・・。

14-2-899_GF.jpg

15-901_GF.jpg

16-904_GF.jpg

17-908_GF.jpg



少し先の大きな農家の葡萄畑。 この農家も廃屋になっているものの、
葡萄畑はかなりの大きさ。  びっしりと房がついているのですが、
葉の剪定ができておらず、まだこんな青いまま。

18-912_GF.jpg



これは少しマシな色。
夏の天候が順調だと、早い時は8月末には葡萄摘みが始まりますが、
今年はまだまだ・・。

19-914_GF.jpg



この辺り、葡萄は白が殆どなのですが、道の脇に一筋畝があり、
ふと気がつくと紫! お家の消費用かな?

20-915_GF.jpg



平地の畑が広がり、葉っぱでびっしりと埋もれており、
なんだろ?と見ると、これ、枝豆ではないですか?!

21-916_GF.jpg

ああ、塩ゆでしてビールの冷たいのをグイッと! ・・やりたいなぁ!
日本に行く10月にはもうないだろうなぁ・・。



マメ畑の脇には・・、

22-920_GF.jpg

23-921_GF.jpg



また広がる日当たりの良い葡萄畑。 ほんの少し色づき、ぷっくりと。

24-922_GF.jpg

25-925_GF.jpg



トウモロコシ畑。 葉はまだまだ青いのですが、実が膨らみかけ。

26-928_GF.jpg



こちらはもうかなり熟れて・・。

27-930_GF.jpg



再び高速を越え、スコミーゴ村に戻ります。

28-932_GF.jpg

手前と奥の山の間を高速が抜け、べッルーノに。
山の高所に見える牧場では、そろそろ冬支度が始まるのかも、ですね。


*****

ブログご訪問、いつも有難うございます!

これを書いている日曜の朝、本当なら仲間と歩き会の筈だったのですが、
昨夜は一晩中、夢うつつに物凄い連続の雷を聞き、今朝は暗く冷たい雨。
秋の気配どころか、遂に秋に突入なのかも!
という事で、今日は早めにブログを更新です、はい。

所で先週3日間かけ、せっせと荷造りし、上諏訪での個展用の絵と額を
無事送りだしました。
       
先週はまだこちらイタリア郵便局はヴァカンス期半休で、スコミーゴ村の
郵便局も週3回のみ開いているので、隣村コッレウンベルトに行きましたら、
毎日お昼まで開いてはいるものの、係員1人で、狭い局内にずらっと待ち人!

こりゃだめだ、ともう一つ北隣のサン・ジャコモ・ディ・ヴェーリアの
少し大き目の郵便局に。 はい、これが正解で、3名様お仕事中!

郵便物関係は中年のシニョーレ、というより、小父ちゃん、という感じの方で、
ははは、じっくりのお仕事振りで、心配していた問題もなく発送でき、
やれやれと味を占め、3日間荷造りしてはここに運び、
イタリア郵便局の黄色い箱4つ、小包3つを無事に送りだす事が出来ました。

絵と額を送りだすについては、かなり気になっていたので、本当にやれやれ!!
あとは無事に、一日も早く届くのを願うのみです。

という事で大仕事が済み、へへ、 あと残るのは絵2枚!
頑張りま~す!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ ムラーノ島の朝散歩 ・ ヴェネツィア 

皆さま、暑い日が続いておりますが、お変わりなくお元気の事と存じます。
お盆休みも済み、そろそろお仕事始めでしょうか?
私も長い夏休みを頂いておりますが、
お休みの間もご訪問を頂き、厚く御礼申し上げます!

ですが、もうそろそろとブログを再開しないと、また10月にはお休みを
頂く事だし、と今日はウンと写真を多く、説明はウンと少なくて済む、ははは、
先日出かけてきたムラーノ島をご覧下さいね。

写真は駅前からヴァポレットで出発した所。

1-627_GF.jpg



朝早くコネリアーノを6時46分の電車に乗り、8時前にはヴェネツィア到着、
即駅前から直通のヴァポレットに。

駅前からムラーノ直通のヴァポレットは、駅前大橋スカルツィ橋の袂から乗り、
大運河をすぐに左折、カナレッジョを通りぬけヴェネツィア本島の北側に出て、
島の東を辿ってフォンダメンタ・ヌオーヴァに。
そこから東にサン・ミケーレ島、ムラーノ島コロンナ停留所と行く道筋ですが、

カンナレッジョから北側ラグーナの海に出ると、そこはもうちょっとしたヴェネツィアの
海の幹線道路並みに、モーターボートがぶんぶん飛ばして行き違い、

その間をかいくぐり手漕ぎの舟も行き、

2-630_GF.jpg



本土側の空をひっきりなしにヴェネツィア着の飛行機が、着陸態勢で低く。

3-634_GF.jpg



かと思うと、こんなモーター・ボートも行き、

4-635_GF.jpg



フォンダメンタ・ヌオーヴァから離れると、
そう、こんな風にサン・マルコの太い鐘楼がグンと突き出して見え、

5-641_GF.jpg



お墓の島サン・ミケーレの横を通り、

6-773_GF.jpg



カモメのみならず、ツバメが羽を休めているのも見え、

7-644_GF.jpg



サン・ミケーレ島の教会上部。

8-647_GF.jpg



ムラーノ島到着、コロンナ・円柱停留所前の海。
まだ8時半前の涼しく観光客が殆どいない時間帯で、本当に良い計画でした。

9-654_GF.jpg



ムラーノ島の地図をどうぞ。 今回は下に見えるコロンナ・Colonnaで降り、
そのまま真っ直ぐ突っ切りサン・ピエトロ・マルティレ教会・S.Pietro Martire
の前を過ぎ橋を渡り、奥に見えるサンティッシミ・マリーア・エ・ドナート教会まで。

10-651.jpg

その後に教会前の橋を渡り、細長く突き出した島の先っちょ近くまで行き、
同じ道を戻りサン・ピエトロマルティレ前で橋を渡り、ファーロ・Faro・
燈台停留所辺りを見て、運河沿いの涼しい日陰沿いのトラットリーアで
早めのお昼を食べ、

また直通のヴァポレットで駅まで戻り、1時16分だったか電車に乗り、
3時前には家に、というムラーノ島だけのさっぱりの涼しいお出かけでした。
ムラーノ島は既にご覧頂いていますので、なるべく写真が重ならない様に、
朝早い様子を見て頂きますね。

以前のご案内はこちらから。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460835393.html



運河沿いはまだ店も開いておらず、町の人々が立ち止まっておしゃべりをし、
ゴミの収集荷車が働いている時間。

11-657_GF.jpg

12-659_GF.jpg



かと思うと、こんなお出かけもありまして・・! この方はかなりの犬キチ!
モーター・ボートにもTシャツにも、このワン君の姿がね。

13-661_GF.jpg



振り返って見る、サン・ミケーレ島の教会と鐘楼。
そうなのです、本当に近いのですよ。

14-670_GF.jpg



これは教会の鐘楼ではなく、見張り塔だったと思います。
手前の橋の左手に、サン・ピエトロ・マルティレ教会。

15-671_GF.jpg



教会前の橋の上から振り返った、朝の運河。

16-682_GF.jpg



教会入り口は本当に狭い小路に面し、こんな風にしか撮れず。

17-675_GF.jpg

教会内部のご紹介は、 ヴェネツィア ・ ムラーノ島、サン・ミケーレ島
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463330379.html



こちらは前の広場、見張り塔の前からの教会の様子。

18-689_GF.jpg

教会の名、サン・ピエトロ・マルティレのサン・ピエトロは、ローマは
ヴァティカンのサン・ピエトロではなく、マルティレ・殉教者聖ピエトロ、
と呼ばれる、頭に出刃包丁が食い込んだ、はは、凄い姿で表現される方です。



カモメ君たちはどこにでも!

19-685_GF.jpg



長い鉄橋の上から。

20-692_GF.jpg



ぼちぼちと歩きながら、写しながら、奥のマリーア・エ・ドナート教会前まで。

22-711_GF.jpg

23-709_GF.jpg

ここも以前ご覧頂いているので、違う角度のを2枚だけね。
大いに気に入り今回1枚描きましたので、また暫くして、出来たら別の
角度からのを描けるかな、とシツコクシツコク何枚も撮り・・!



この教会はやはり後陣のこの姿が一番美しく、
とりわけ側面は再建された様子で素っ気ないのですが、

こちらは側面にあった像。 天使像ですが、どなたかな?
下のべろ出しライオンがなかなか良いでしょう?!

24-722_GF.jpg



側面の扉が開け放たれており、中の床モザイクが見えたので、管理人の
シニョーレが奥に入った隙に1枚ね。 ここも内部は写真禁止で、へへへ。

25-723_GF.jpg



最初後陣を撮っていた時に3人組、この2人に女性1人が通りかかり、
ケ・ベーオ!=Che bello!・なんと美しい! とヴェネツィア訛りが聞こえ、
私が粘っている間に戻って来て、3人で記念撮影を始めたので、
ならばとついでに撮らせて貰ったのですがぁ、

26-734_GF.jpg

それにしても左の男性の髭、凄いでしょ?! ああた、朝の10時前ですよ、
まだ!!  夕方には熊並みになっているのかも!!



という様子で、浮き用のチョッキを付け、3人でカヌーを漕いで出かけて
行かれましたです。 そう、ここからだと、ブラーノ・トルチェッロ辺りまでも
ラグーナ巡りが楽しめますからね。

27-745_GF.jpg



教会前の橋の上からも、はるかに見えるサン・マルコの鐘楼。

28-739_GF.jpg



運河の向こう側に見えるかなり大きな建物の軒に見えるモザイクですが、
残念、こんな風に右下が剥げ落ちていて。

29-702_GF.jpg



これは逆に運河の向かい側から見たガラス博物館。 今まだこの時間には
開館しておらず、見学した事が無いのです、残念ながら。

30-747_GF.jpg



最初の運河を、サン・ピエトロ・マルティレ教会前で渡り、細長い広場風を
ファーロ停留所に抜ける途中の可愛い教会入り口。

31-756_GF.jpg



ファーロ・燈台。 ブラーノ・トルチェッロに行くヴァポレットは、
こちらの停留所に発着。

32-760_GF.jpg

手前右に見えるガラス細工は、


       
こちら、水鳥たち。 なかなかの出来だと思われません?! 

33-759_GF.jpg

34-762_GF.jpg



という事で、かなりの数になって来た観光客を見つつ、左側の日陰を行き、 

35-753_GF.jpg



見つけた運河沿いのトラットリーアで、早めのお昼を。
だって、朝6時15分に家を出て来たのですものぉ! 

のんびりと食べつつ、水の反射や、向かい側の店のウィンドウやら。

36-754_GF.jpg

37-765_GF.jpg

    

再びコロンナ停留所からヴァポレットに乗り、

38-771_GF.jpg



カンナレッジョの運河に入って来た所。

39-777_GF.jpg



最後は、駅前からお向かいのサン・シメオン・ピッコロを。

40-779_GF.jpg    
  
という、真夏のムラーノ島散歩だったのですが、
朝早く出かけ、おまけにここの所さらっとしたそう暑くない陽射しが
続いている事もあり、
夏のヴェネツィアでも、こういう風に1ヶ所に決めてさっと出かけてくるのも
良いなぁ、と思った事でした。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。