・ ドロミーティの景観 ・ 山小屋サン・マルコ

写真仲間のジョヴァンニ・Giovanniの提供でご覧頂いているドロミーティの大景観、
今日ご覧頂くのはドロミーティの山々の中でも2番目に高いアンテラーオ山・Antelao、
標高3264mを望む山小屋サン・マルコ・Rif.San Marcoへの道。

1-Rosa selvatica_GF.jpg

ご覧の様に今回は色とりどりのお花と、アンテラーオ山の夕暮れ色の、素晴らしい写真を
送ってくれましたので、皆さんもご一緒に高山の爽やかな散歩をお楽しみくださいね。
上の可愛いピンクは、野生の薔薇。


       
ジョヴァンニの送ってくれた地図ですが、なんとまぁ、見ただけで目眩がしそうな、と
思われません?! 

2-1-Antelao_GF.jpg

彼と友人が行ったのは、上に囲った山小屋サン・マルコ、標高1823m。
アンテラーオは右下に見え、位置をとちゃんと囲ったのですが、ははは、
その上からサイト名を入れたドジshinkai!・・まぁ、位置はお分かりですね?!



で、どの辺りかはこちらの地図を。 コルティーナ・ダンペッツォの南東に位置する
サン・ヴィトー・ディ・カドーレ・San Vito di Cadoreから北東に約2時間程の距離、
赤点をつけた辺りでしょうか。

2-2-s.vito _GF.jpg 
      
サン・ヴィトーの下に追加したセルデス・Serdesは、山小屋から下り、
夕暮れのアンテラーオ山を撮った場所なのだそう。
左のモンテ・ペルモ・Monte Pelmoは、彼の次の写真の中に。

ヴェネツィアから我が町コネリアーノ、そしてべッルーノを通る国鉄線は、
地図に見えるカラルツォ・ディ・カドーレ・Calalzo di Cadoreが終点で、
ここでバスに乗り換えコルティーナに向かいますが、

国道との合流点ピエーヴェ・ディ・カドーレ・Pieve di Cadoreには、
かのティツィアーノ・Tizianoの生家があります。

ティツィアーノの生家博物館 ・ ピエーヴェ・ディ・カードーレ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/467641435.html

ティツィアーノの生まれた町 ・ ピエーヴェ・ディ・カドーレ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461664802.html



リフージョ・サン・マルコに向かう山道から、出発したサン・ヴィトーの町と、
奥にモンテ・ペルモ3168mの姿。

2-3-Monte Pelmo e San Vito di Cadore dal sentiero per il rifugio_GF.jpg



花の咲き乱れる草原。

3-Prato_GF.jpg

4-2-Prato_GF.jpg

4-Prato di montagna_GF.jpg



日本名が分からず、パラディージア・Paradisiaと。 大変清楚な白百合。

5-Paradisia_GF.jpg



オダマキ・Aquilegia・アクイレージア。

6-Aquilegia_GF.jpg

さすがジョヴァンニ! 良く花の名を知っています。
イタリア人は、女性でもなかなか花の名を知らないのですよ。



鹿の子百合・Gilio martagone・ジ―リオ・マルタゴーネ。

7-Giglio martagone_GF.jpg



草原に咲くオレンジの百合、
この百合はサン・ジョヴァンニの百合・Gilio di San Giovanni.

9-San Giovanni_GF.jpg

10-Giglio_GF.jpg



小撫子・Garofano minore・ガローファノ・ミノーレ。

11-Garofano minore_GF.jpg



野生の(森の)ゼラニウム・Geranio silvano・ジェラーニオ・シルヴァーノ

12-DSCN3907_GF.jpg

13-Geranio silvano_GF.jpg



日本名はなんと?  ボットン・ドーロ・Botton d'oro.

14-Botton d'oro_GF.jpg



木の祠のマリア様と幼子。 素朴な信仰が伝わって来ますね。

15-Devozione_GF.jpg



アネモネ。

16-Anemone_GF.jpg



さて、険しい断崖絶壁の山道の写真が始まり、稲妻みたいに続く道!

17-Sentiero_GF.jpg

18-DSCN3771_GF.jpg

この稲妻みたいなジグザグの山道は行程図にも見え、ジョヴァンニの説明によると
行程は2時間ほどと時間的には短いものの、
常に前面にアンテラーオ山を見ながらの、信じられない程の大景観なのだと。
       


お天気も、どんどん雲が流れる様子が見えますね。
       
19-Monte Antelao dal Rifugio_GF.jpg



これがアンテラーオ山。 ドロミーティ山塊中で2番目に高い3264m

20-Rifugio San Marco_GF.jpg

こちらが目指して登って来たリフージョ・サン・マルコ1823m。



ゆっくり下り始め、道脇の十字架像。

21-Ritorno a San Vito_GF.jpg



サン・ヴィトーのすぐ近くの村セルデスに移動し、山の夕暮れを見守ります。
ソラピス山・Monte Sorapis.

22-Tramonto_GF.jpg

23-DSCN3816_GF.jpg



空に晴れ間が見えるアンテラーオ山の夕暮れ。

24-Tramonto_GF.jpg

25-Tramonto_GF.jpg

26-DSCN3807_GF.jpg

27-DSCN3821_GF.jpg



夜の色が少ししのび込む空。

28-Quasi sera sull'Antelao_GF.jpg

美しいですねぇ! 雲が動き、色がどんどん変わっていく様子を、
さぞかし夢中になって追いかけた事でしょう。
Grazie Giovanni!!



このアンテラーオ山がドロミーティ山塊の内で2番目に高い山とのジョヴァンニの説明で、
では一番高いのはなんという?

はい、この山マルモラーダ・Marmolada. サン・ヴィトーからほぼ西、地図上の
直線距離にして約30kの位置に。

s-Marmolada.jpg

写真はウィキから拝借で、右に見える峰がマルモラーダの主峰プンタ・ぺニア、3343m
奥がプンタ・ロッカ、3309m、という事で、
アンテラーオ山3264mは、厳密に言うと3番目の高さ、という事になりますが、
一般にはマルモラーダと一つに数えますので、2番目と。
       
「マルモラーダ」という名だけは知っておりましたが、漸くにその位置と姿に
お目にかかりました、なるほどぉ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレード ・ ドロミーティの大景観!! 

皆さ~ん、この写真をご覧になられ、どこの山かお分かりでしょうか?

1-1-3_GF.jpg

はい、世界遺産指定のドロミーティの山々の中でも一番有名な姿、
トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレード・Tre Cime di Lavaredo・
ラヴァレードの3つの頂き. 登山やトレッキングをされる方には、憧れの姿と。

遥かに姿を見た事はあるのですが、到底山登りする根性はないshinkai、はは、
今日はジョヴァンニ・Giovanniに写真を提供して貰いましたので、
素晴らしい姿、美しい写真をじっくりご覧下さいね。



トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードはどこにあるか、地図をどうぞ。

1-2-edo_GF.jpg
       
コルティナ・ダンペッツォから、ちょうど北東に。 見える点線はヴェネトと
トレンティーノ・アルト・アディジェ州の境で、トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードは
4分の3がヴェネトのアウロンツォ・ディ・カドーレに入り、
後のちょっぴりが北のドッビアーコのコムーネに入るのだそう。

そうなのですね、ドロミーティ山脈は世界遺産に指定されたのですが、
跨る州がヴェネト、トレンティーノ、そしてフリウリと3州に渡る広さで、
その為なかなか管理が難しいのだとか。

ま、難しい問題はさて置き、
今日はジョヴァンニの写真で夏に相応しい景観を存分にお楽しみ下さい!!

ドロミーティの写真を送ってくれるというので、では、どこの場所かも書いてね、
と頼みましたら、地図も付け、エクセルを使って写真何番はどこ、と、ははは。
なかなかやるやん!

という事で、つけてくれた行程図をどうぞ。

1-3-1_GF.jpg       

下に見える白い丸が出発点のリフージョ・アウロンツォ・Rif.Auronzo・避難所、
山小屋アウロンツォ。  ジョヴァンニと友人のピエロは、行程図の矢印とは逆に
左側から回ったのだそう。

出発点の上側に見える山の姿がトゥレ・チーメ、つまり3つの峰のすぐ下に当たる訳で、
全体の姿を見る為にぐるっと回る、という行程。
ジョヴァンニの説明によると、この行程に4時間掛かったそうですが、そう難しくはなく、
それにこの景観なので、大変さも忘れたと。

リフージョ・アウロンツォの眺め。 はは、ちゃんと分かりやすいように印し付き!

2_GF.jpg

既にこの山小屋の標高が2320m、トゥレ・チーメの一番高い頂きが2999m!

この位置からは頂きが2つに見えますが、そう、コルティーナ・ダンペッツォ、
ミズリーナ湖からもちょうどこんな感じに見えます。

夏のドロミテ ・ コルティナ、ミズリーナ湖
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460885260.html

コルティナ・ダンペッツォの遅い春
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461526710.html
       
ドロミテからご挨拶 ・ Saluti da Dolomiti
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460884868.html



出発点のリフージョ・アウロンツォからの、この大景観!!

3_GF.jpg

ジョヴァンニは今回かなり大きなピクセルで送ってくれ、私もいつものブログよりは
大き目の写真にしたのですが、それでもちょっと残念!



行程図、左回りでちょうど緑の州境辺りのフォルチェッラ・コル・ディ・メッゾ・
Forc.Col.di Mezzo辺りを行く小道。

4_GF.jpg



日本語でなんと呼ぶのか、レーティッシュ・ケシ・Papavero retico.

5_GF.jpg



リフュージョ・ロカテッリ・Rif.Locatelliの遠望と、トッレ・ディ・トブリン・
Torre di Toblin.

6_GF.jpg

と彼の説明にあり、トブリンの塔というのがどれか分からず調べましたら、 
ロカテッリの山小屋は分かりますね、ここで標高2405m、で、山小屋のすぐ左にある山の、
膝辺りに突き出して見える山の様。

ロカテッリの山小屋が、行程図の一番上に当たる場所で、このトブリンの塔の2617mに
上る基地の様ですね。

ジョヴァンニのこの写真の位置ではちょっと分かりづらいのですが、検索をかけると、
頂きが2つに分かれた塔の姿もドロミーティの有名な姿の一つと分かりました。
       
       

クローダ・ロッサ・Croda rossa.

7_GF.jpg

クローダというのは険しい岸壁を示し、赤く見える所からその名が由来する様ですが、
あちこちにあり、多分これは光線の具合から見て、コルティーナの北10kほどにある
標高3146mの物と。



ジェンツィアーナ・Genziana・リンドウ。

8_GF.jpg



山小屋ラング・アルペ・Malga Lang Alpe、標高2283m.

9_GF.jpg

日本語では同じ「山小屋」となると思うのですが、リフージョとマルガと2種類あり、
リフージョは登山の為の避難小屋、
マルガは夏の放牧の為の山小屋が元で、観光用とでも。



コル・フォルチェッラ・Col Forcellaの小池から見るフォルチェッラ・ラヴァレード・
Forcella Lavaredo. 行程図の左側、中程の位置に。

10_GF.jpg
           
フォルチェッラというのはフォーク形になった場所を示し、この名もあちこちに。



ジェンツィアネッラ・Genzianella・チャボリンドウ。

11_GF.jpg



先に遠望した、ロカテッリの山小屋に到着。 ドロミーティ一帯は第一次大戦の
激戦地だったのですが、当時この山小屋もオーストリア軍により破壊されたとか。

12_GF.jpg



お待たせいたしましたぁ! トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードで~す!!

13_GF.jpg

真ん中の一番高いのが、ラ・グランデ、2999m
続いて右(西側)ラ・チーマ・オヴェスト 2973m
左の一番低いエレガントな ラ・チーマ・ピッコラ 2857m


残雪がちょっぴりのパノラマもどうぞ! これは、ロカテッリの山小屋からの眺めだそう。

14_GF.jpg



モンテ・パテルノ・Monte Paternoとフォルチェッラ・ラヴァレード。

15_GF.jpg


再びジェンツィアネッラ。

16_GF.jpg



トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードに近寄りつつ、

17_GF.jpg



トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードの高い真ん中と西側。       

18_GF.jpg



日本名が分かりません、 アルプスのアンドロサーチェ・Androsace alpinaと。

19_GF.jpg



フォルチェッラ・ラヴァレードから遠望する、ロカテッリの山小屋。

20_GF.jpg



リフージョ・ラヴァレード・Rif.Lavaredo 2385m. 行程図の右下に。

21_GF.jpg



トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードの、一番低いラ・チーマ・ピッコラ。

22_GF.jpg



最後はアルプスのケシ・Papavero alpinoとジェンツィアネッラ。

23_GF.jpg


如何でしたか、トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードの景観は?!
素晴らしいですねぇ!!  Grazie Giovanni!!

・・う~ん、4時間の歩きねぇ、行けそうな気も・・、うん。

と書いていて、出発点のリフュージョ・アウロンツォまでどう行くのか、
下から歩くのか、それとも車で行けるのか、とジョヴァンニに質問のメールを。

返事が来て、この出発点までは車で、ただし通行料25エウロ程を払い、行けるそう。
普通は行程図の右から回る方法を勧められるそうですが、ジョヴァンニによると、
逆に彼らが取った時計回りの方が、ほんのちょっぴり楽で、
眺めはこちらの方がダイナミックと。
必ず登山靴を用い、上着を持参する事、とありました!

行きたい、と思っていると見破られたかな・・? ははは。
彼は私に登山靴を買え、と勧めているのですよ、かなり前からね。
      

サイトを見ていたら、・・ワンちゃんも行ってるぜ! ははは。

24-tre-cime.jpg



冬の赤富士ならぬ、赤いトゥレ・チーメ。
http://www.dolomitibellunesi.com/2013/05/05/tre-cime-di-lavaredo-27/

s-Tre-Cime (2).jpg

ジョヴァンニはもう一度、別の行程の写真も送ってくれるそうで、お楽しみに!
彼にお伝えしますので、宜しかったらどうぞコメントを書いてあげて下さいね!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ チゾンの村 ・ 水の道 ・ Via dell'Acqua 

昨日午前に写真仲間と一緒にチゾン・ディ・ヴァルマリーノ・
Cison di Valmarinoの村に行って来た様子をご覧下さいね。

1-321_GF.jpg

水の道・ヴィア・デッラックワ・Via dell'Acquaと呼ばれ、
何世紀にもわたり村人の生活の中に重要な位置を占めてきたリュージョ川・
Rujoから引かれた疏水、という言葉で良いのかな、
細い水路が村の中を流れ下ります。

現在はかっての様に水車やロクロを回したり、共同洗濯場であったり、
はない様子ですが、きちんと整備されつつ、細い山道がずっと奥まで。
チゾンの村は何度かこのブログにも登場しており、今回の道も途中までは
辿った事があるのですが、こんなに奥まで行った事はなく、
       
おまけに最後に、??!!という動物にも出会い、写真が多くなりましたが、
その分説明は少なく、ははは、
緑陰と水の涼しさの写真をごゆっくりどうぞ!

上の写真は、チゾンの村に着き、まずは元気づけのカフェをやったバール。

チゾン村、夏のサーグラ ・ 手作り職人市
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463847355.html

チゾンの村に、春をさがしに
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463526050.html     
       


明け方に雨が降り、曇天の朝。  村の下の方からの川床の眺め。
今見える橋を右に渡り、上り始めます。

2-322_GF.jpg



ふと見上げると、黒猫ちゃんが屋根裏の窓に。 呼ぶとびっくりした顔で!

3-328_GF.jpg



お花が綺麗な窓を横目に、

4-339_GF.jpg



上り道を辿ります。 まだこの辺りは集落というか、家が道に沿って立ち並び、
きちんと修復され集会所になっているらしい建物。

5-341_GF.jpg



近くにあった地図の左側の図、下から3分の1程の所に、上の写真の
大きな橋が掛かります。 幅の広い水色がリュージョ川ですが、

6-346_GF.jpg

上の3分の1程の位置、川の左に家が見えますね。 ここから下の橋の間までを、
分水されて右側を細く流れるのがかっての村人たちの生活の中にあった「水の道」



お家があると、こんな家庭菜園も脇にあり、

7-351_GF.jpg



山道を辿りつつ振り返ると、カステル・ブランドがほぼ同じ高さに。

8-353_GF.jpg

2000年の歴史 ・ カステル・ブランド・Castel Brando
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462784366.html


水路に沿った道は、下流側はきちんと整備されていて、
でもすぐ脇には林が迫り、うっそうと。

10-361_GF.jpg



再び小さな家の集まりがあり、

11-366_GF.jpg



このお家のこの窓は以前も見て頂いたと・・。

12-370_GF.jpg



裏の納屋の上には、干し草の束があり、確かに牛舎がある匂いも、ね。

13-372_GF.jpg



こんな石ゴロゴロの道も上り、

14-375_GF.jpg



途中廃墟になった家の跡も見つつ・・、この家の所までは来た覚えが、はい。

15-378_GF.jpg



細い水路が通る道の左下を、川が流れ下り、

16-384_GF.jpg



時にこんな溜まりがあったりし。 本当に透明な綺麗な流れでしょう?!

17-388_GF.jpg



道を外れて川まで下ると、小さな橋が掛かり、先生役のジョヴァンニに
訊ねながら写真を撮る仲間たち。
右からサンドラ、ミレーナ、ジョヴァンニ、タータ、ジャンナ。

18-400_GF.jpg



ジョヴァンニは本当に丁寧に、質問に応えるのですね。
例えば今回は水の流れ、小さな滝を流れ落ちる水を撮るのに、
どの位のシャッター・スピードにしたら絹布の様に写るとかね。

はぁ、shinkai は余りそういう事に興味が無く、いぇ、他人様の美しい写真を
見ると、確かに美しいと感心しますが、
滝の流れは必ず絹布に撮らねば、とは思わず、はは、

この時も一人で手前奥の草原を上って行きましたら、
一軒のお家があり、広い庭の囲いにはジャスミンが絡まり、

19-399_GF.jpg



気配を嗅ぎ付け、早速ワンちゃんが来てくれ・・。

20-402_GF.jpg



この辺りの水路は、こんな感じ。

21-406_GF.jpg



川を渡る水路の橋。 ちょっとした水道橋みたいでしょう?!

22-410_GF.jpg



この辺り、幾つものこんな溜まりがあり、小さな滝となって次々と。

23-415_GF.jpg



左にはかなり大きな家、そして2,3軒の集落があり、
水の溜まりに作られたこの素朴な小さな水門。

24-417_GF.jpg

これが図で見て頂いた、川から水路が分けられる水門なのでした。



さて、ここからが素晴らしい山道の始まりで! 
京都の鞍馬の山道もこんなだった記憶がありますが・・。

25-426_GF.jpg



へっへっと上り付いた所が、あれっ?!とちょっと期待外れというか意外な草原が
広がり、人家も見え、おまけにこんなピクニック用の椅子とテーブル!

26-435_GF.jpg

そうなんですね、この道はとても有名ですし、実際に、家族連れの散歩に
何組か出会い、お休みの日など、ちょっとしたハイキングに良い場所なのかも。



草原には花も咲き乱れ、

27-441_GF.jpg

・・この辺りで、そろそろ引き返すかと思いきやなんのその、ははは、
まだまだ奥に行くのですよ、皆さん方は!



道沿いには、ところどころに立像があったり、道の標識も出ていまして、
これはなかなかの出来と思った彫りの作品。

28-442_GF.jpg



時にこんなトンネルの様な木立の中も行きますが、

29-448_GF.jpg



かなり湿気が多くなり、倒木にはこんな苔がびっしり。

30-458_GF.jpg



小さい小さい野草の花も見かけ、

31-444_GF.jpg



これは野生のシクラメン。

32-483_GF.jpg



小さな蝶、とジョヴァンニは言いましたが、蜂の様な胴に、小さな羽。

33-468_GF.jpg



陽が一瞬射すと、蝶が飛び交い始め。

34-574_GF.jpg

35-485_GF.jpg



川の流れは緩やかになったり、小さな滝になったり、

36-469_GF.jpg



木の皮にも苔が生し、

37-547_GF.jpg



そしてお天気が一瞬にして変わり、強い陽が射し始め、
林の姿も鮮やかな緑に!

38-509_GF.jpg

39-518_GF.jpg



陽が当たると水の煌めきも賑やかになり、

40-513_GF.jpg



大きな堰はこの下にもあったのですが、我らはここまで。

41-535_GF.jpg

どんどん山道を上るので、いささか心配になったshinkai。
ジョヴァンニに、まさか山越えするつもりじゃなかろうね?!

はい、朝8時に集合し、山道を辿りだしたのは8時半頃だったと。
で、この場所で11時半で、山道はまだ続くのですが、
ジョヴァンニはお昼には戻らないといけないので、ここでお終い。

ええとです、彼の奥さんはまだ働いているので、年金者である彼が
平日のお昼の用意をし、奥さんと娘さんが食べに戻ってくるのだそう。
あんまり勝手な事をすると、女房に首にされる、という、可愛いジョヴァンニ
なので~す、ははは。

そうそう、ジョヴァンニがドロミーティの写真を2回分送ってくれるそうですので、
次回をどうぞ、お楽しみに!!



木漏れ陽の道を下り始めます。

42-567_GF.jpg

43-538_GF.jpg



突然に川の向こうに茶色の動物! 皆が、犬だ、いや違う、という間に、
特別慌てるでもなく、林の中に消えて行きましたが、

44-576_GF.jpg


45-577_GF.jpg

これ、キツネですよね?! 尻尾のふさふさが無く、細い、毛のない尻尾だけ。
ははは、少しピンボケですけど、6名の中で写真を撮ったのは、
えっへん、私メだけ!!



人家のある所まで下って来て撮った黒い糸トンボ。
・・なのですけどぉ、止まってくれた角度がねぇ・・!

46-584_GF.jpg



水の流れより、こんな草のなびく様子が好きなshinkai。

47-586_GF.jpg



真っ青に晴れ、白い夏雲のチゾンの山を最後に。

48-597_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。