・ コルマール ・ フランスはアルザス地方の

今日のご案内はフランスはアルザス地方の、中世・ルネッサンス期の
家がしっかり残った、可愛いロマンティックな町、として有名な、
コルマール・Colmarです。

と言っても私が行ったのでなく、kazuさんに写真提供をお願いし、
かねてより一度行ってみたいもの、と念願している町のご案内を。

写真はコルマールの有名な観光名所、
プティ・ヴェニスと呼ばれる運河沿いの一郭。

1-7_GF.jpg

例によってご親切に、たくさんの案内や想い出を書いて頂いたので、
それは嘘で~す! と、またバラしてやりましたぞ、ははは、
shinkaiが及ばずながら少しばかり調べた事を添えて纏めますが、
もし違っていたら、お教え下さるようお願いいたします。
いつかは行くぞ!と思っていますので、同様の方は是非参考に。



コルマールはどこにあるか、ですが、
フランスの北東域、ドイツ、スイス国境に近く、赤い印のパリからだと、
ストラスブールで乗り換え、約70k南に位置し、5時間前後で到着。

2-mar.JPG



街の中心地図をどうぞ。
人口は6万5千人を越えるかなりの市街ですが、
ここではほんの中心の旧市街のみのご案内を。

3-mar_GF.jpg

少し見難い地図で申し訳ないですが、これより北に
国鉄駅やバス駅があり、赤い四角印がインフォメーション、
その向かいにウンターリンデン博術館・Musee Unterlinden
右下にサン・マルタン聖堂・Collégiale St-Martin
そしてマルシャン通り・Rue des Marchendes
この辺りに有名な木組み剥きだしの家が並ぶようで、
そこから南に行くと、運河沿いのプティ・ヴェニスとなる様子。
       

地図での歩き順とは異なりますが、まずは木組みの家々の眺めを。
色もさまざま、窓には花が色を添えます。

4-6_GF.jpg

5-4_GF.jpg

コルマールの中心に中世からの旧市街がそのまま残ったのは、
まさに第二次大戦の激戦の戦禍を逃れた幸運からなのだそう。
そして中世において、1階の床面積の広さから税金が定められたので、
上の階が飛び出す形になっているのだとか。



プフィスタの家・Maison Pfister
16世紀建設の家で、名前の付いているプフィスタは
後の所有者の名前、現在1階は酒屋さんに。

6-ie_GF.jpg

木組みの張り出しや出窓も美しいですが、装飾画まで!



木組みの家の壁の部分。 こうして見ると、木の部分から
壁の地がかなりはみ出ているのが分かりますね。

7-1_GF.jpg



仕立て屋の家。 角の看板の人物像が面白いですが、
手に持っているのは物差しでしょうか?

8-ie_GF.jpg

右下の壁には、1419とあるそうで、窓枠部分や
円柱の形の木に彫られた飾りが素晴らしい!



こちらも木組み、3階部分が張り出しの家。

9-ie_GF.jpg



狭い旧市街を行く観光バス。 これはイタリアでなぜか汽車ポッポの
形が多く、 ・・行けた暁には、勿論乗るぞ!

10-イン_GF.jpg



タイルの屋根が可愛い、旧税関の家。
小塔の下の窓が斜めに切られているのに、目の錯覚かと眺め、
暫く考えて納得、塔の中はらせん階段ですね、きっと。
   
11-1_GF.jpg

「税関」があるのは、中世から自由都市だった由来と思うのですが、
運河を使い、物資の運搬も船に依っていたのでしょう。
              
旧市街のマルシャン通りから来て、大通り・Grand'rueを渡り
この旧税関の建物をくぐると、運河沿いに出る、
と書いてあるのも見つけました。

と、こうしてあちこち読みかじりながら、行った事のない町、
また実際に行っていても地理が飲み込めていない町が、
そう、ガイドに連れられて歩く町の地理は覚えてませんものね、
徐々に頭の中に組み立てられて行きます。

これがちょっぴり面倒ではあってもとても楽しく、
なんとかブログを続けて行く理由の一つかも、です。
なのでぇ、自分の足で歩ける位の大きさの町が、
シンプルな頭の持ち主には、分かりやすくて好きなのかも! 
     


では、いよいよ運河沿いの眺めをどうぞ。
プティ・ヴェニス地区・プティット・ヴニーズ・Petitte Venice
と呼ばれる地域です。

12-1_GF.jpg



小舟による周遊もあるようで、

13-ス_GF.jpg



最初の写真、眺めの美しい場所からをもう一度どうぞ。

14-7_GF.jpg



仕立て屋の家と同様に、美しい窓枠の飾りがあり、

15-3_GF.jpg

でも何やら恐ろしい事に、はは、家が傾いていません?!



真ん中に見える緑の壁は、どうやらホテル。
    
16-8_GF.jpg
   
小さいヴェニス と呼ばれるそうですが、運河は1本。
その支流が中心地区を通りますが、かなりの部分が暗渠。

ヴェネツィアのイメージというよりも、もっと別物で、
中世からの木組みの建物が数多く残る、しっとりとしたドイツ風趣の
素敵な町、と言った方が良いと思いますがぁ。



さて、こちらはコルマールの魅力の1つ、ウンターリンデン博術館。

17-2_GF.jpg



かってのドメニコ会派の修道院が美術館になっているそうで、
こちらが中庭。

18-4_GF.jpg

ウンターリンデン、と響きのよい名の意は、リンデンの樹の下で。
ではリンデンの木はと調べましたら、シナノキの種で、
これは春に香りのよい小さな花がたくさん開く木。
素敵な名前の博術館なのでした。



中世からルネッサンスにかけての絵画や彫刻工芸品を主に、
マティスやピカソも収蔵していますが、中でも有名なのが、
マティアス・グリューネヴァルト・Mathias Grunewaldの
イーゼンハイムの祭壇画。

20-1_GF.jpg

かっては、コルマールの南20k程にあるイーゼンハイム・Issenheimの
修道院の礼拝堂にあった、観音開き、全11画面による祭壇画。

サイトから拝借の写真で、
かって平日に祭壇画を閉じた時、常に見えていた筈の、
なんとも凄惨な キリスト磔刑図。
身も指もよじれる悲しみ、苦しみ。 宗教画の最高傑作の1枚と。

マティアス・グリューネヴァルト、と知られるこの画家の本名は、
マティス・ゴートハルト・ナイトハルト・Mathis Gothart Neithart
というそうで、本名が証明されたのも20世紀に入ってからだそう。
1470年から75年頃生まれ、マインツ大司教の宮廷画家の時代もあり、
この祭壇画は1511年から15年にかけて制作されたもの、
が、のちのドイツ農民戦争時にルター派に加担した事から解職。
以後は筆を執ることなく1528年にペストの為死亡。

長い間忘れさられた画家の名が再評価されたのは、19世紀末になって。
時代的には、ドイツ・ルネッサンスの巨匠とされるA.デューラーと
同じですが、作風はゴシック末期のもの。

と、多分美術館の南東側すぐ近くと思うのですが、
ドメニコ教会・Eglise des Dominicainsの祭壇画
ショーンガウアー・Schongauer「薔薇の茂みの聖母」も、是非1度!



さてこちらは、旧税関前にあるレストランの看板で、
ミシュランの1つ星だそう!

20-1_GF.jpg       



で、上のレストランではないと思うのですが、お昼の一皿。
シュークルートと、白ワインで煮込んだ豚肉マスタード添えで、
ジャガイモがごろん。

21-ト_GF.jpg
       
イタリアに劣らず田舎風で、でも美味しそうですねぇ!

そうそう、肝心な事を書き忘れる所。
ここコルマールは「アルザスワイン街道」の中途に位置する
美味しいワインでも有名な土地。これも是非ご賞味を!

料理に限らず、如何にもドイツ色が濃いと思われるこの街は、
地理的に国境に近いというだけでなく、

元々はドイツ圏であったコルマールの街とアルザス地方が、
17世紀後半にフランスに割譲、 19世紀の普仏戦争に
敗北の後ドイツに、 20世紀初頭に再びフランス領に、 
第二次大戦の初めにフランスがドイツに降伏後はドイツに、
漸くに1945年にフランスに、と
何度も2ヶ国間を行ったり来たりの変遷を辿りました。

アルフォンス・ドーデーの「最後の授業」に描かれた場面は、
19世紀の普仏戦争の敗北による、
明日からはドイツ語しか教えてはいけない事になった、という、
島国で育った昔の純な心には、重たく響いたお話でしたが、
まさにそうして2国間の狭間で生きて来た街なのでした。
    
   
           
最後は、新しいマーケットの様子を。
プリッツェルでしたっけ、この形のパンというかお菓子は。

22-2_GF.jpg

オーヴン・トースターに火が入っている所を見ると、
どうやら温めて食べさせて貰えるようですが、
はは、ケチャップの入れ物も計算機も見えますねぇ!



全体にドイツ風のイメージが強い気がしますが、
とはいえ、そこは食に拘るおふら~んす、
さすがチーズの種類はたくさんあって美味しそう!!

23-4_GF.jpg



豆類と思いますが、右の1番手前は岩塩ではないかな?!

24-6_GF.jpg



私には目の毒の、お寿司のパックも市場に!

25-3_GF.jpg

街郊外には多数の日本企業が進出していて、日本人住民もかなり、
との事で、いやぁ、このお寿司はイタリアのスーパーより美味しそう!
それにしてもオリーヴの隣、というのがねぇ、ははは。

という事で、フランス特集、はは、をこれでひとまずお終いに。
kazuさん、有難うございました!
 
   
◆*◆
夏の様な暑さの日が続いていましたが、一転し、
すっかり平常の春の肌寒さに戻り、
PCの前に座る時には、この寒がりは膝かけを。

それでも木々の緑はいっぺんに膨らみ、隙間が殆ど
見えなくなり、柔らかな、美味しそうな薄緑で、
葡萄畑の畝にも、明るい緑がぼわっと続きます。

やはり良い季節! 新しい芽吹きが蘇るこの季節です。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。