・ n.2 ヴェネツィア共和国時代のワイン復活を目ざし

引き続き、有難うございます!
「ヴェネツィア共和国時代のワイン復活」を続けます。

マッゾルボとブラーノは木の橋で繋がっている、と書きましたが、橋を今回撮り忘れ。
何度も行って撮っていると、こうなります!
  
41-947_GF.jpg

42-946_GF.jpg

が、上は橋の上からのブラーノ島の漁船の並び、と、トルチェッロ島の眺めです。
こちらは鐘楼が修復の為覆いの中ですが、TVニュースでは、崩壊の危険もとか!

トルチェッロ島については、こちらに。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463330033.html       



TVカメラを担いだ報道陣のタクシー、と言ってもモータ・ボートが到着し、
そしてまたもう一台、報道陣達が。

43-952_GF.jpg

改めて眺めると、ラグーナに打ち込まれている杭が、本当に太く長いのに驚き。



大勢が待ち、報道陣が多いのに気がついた地元の人や、観光客も集まり始め・・、

44-953_GF.jpg



桟橋の先でお待ちかねのヴェネツィア市長。この春の前のカッチャーリ氏の引退に伴い、
このオルソーニ氏・Orsoniが新市長に。

45-958_GF.jpg

弁護士と聞きましたが、穏やかそうな方。助役のヴェッティン氏・Vettinもお出ででしたが、
出しゃばらない方で、顔半分を写しただけ!



いよいよ州知事のご到着、睨みを利かすボディガードの顔ですぐ分かりますねぇ。
       
46-959_GF.jpg



この春、農業大臣からヴェネト州知事になられたルーカ・ザイア氏・Luca Zaiaと、

47-962_GF.jpg

48-964_GF.jpg

後ろに続くのは、ヴェネツィア・ビエンナーレの長パオロ・バラッタ氏・Paolo Baratta.
本当は、今回のヴェネツィア映画祭のホステス役の女優さん(名前忘れましたぁ!)も
来られる筈が、風邪引きで欠席。 美人女優の写真が撮れずに残念で~す。



ぞろぞろと橋を渡り、皆で取り巻き移動、

49-968_GF.jpg

50-971_GF.jpg



知事殿がトマトを味見に齧ったなどを1枚。

51-973_GF.jpg

が、本職の報道陣というのは、命がけですねぇ! とにかく良い場面を撮ろうと、走り、
押しのけ、前に出る者には凄い文句を言うのも聞きました。
      
いつもはカメラ・ベルトのニコンの文字部分を、ささやかな盗難ひったくり防止の
おまじないに、ははは、裏返しにして首にかけているのですが、
この日はしっかり見えるように!

というのも、プロのカメラマンというのはどうやら相手のカメラに即注目、値定めをする、
と言うのを聞き、腕はともかく、カメラは良いんだぞ!と見栄を張ったのです。はは。

それもあったかどうか、標的にはならずにすみましたが、コンパクトカメラの取材女性が
前に出て、槍玉に。 が、彼女も負けておりませんで・・!
プロの世界の凄い内幕を覗きましたぁ。



主役一同が並んで、お披露目の記念撮影。 葡萄摘みの役に、ダウン症の子供達も
招待されていて、結局彼らが働いた様子!

52-984_GF.jpg



ヴェニッサのレストランの女性シェフ、パオラ・ブーデル・Paola Budel.

53-993_GF.jpg

様々な資料を読んで知ったのは、かなり有名な方のようで、ミラノのプリンチぺ・サボイアの
シェフ長もしたり、ロンドン、モナコ、東京、香港でも働いた経験を持つとか。

1週間前にここに行った時、食べるか、と尋ねられましたが、取材と称し、払わずに
頂く程の舌は持っていないので遠慮したのですね。 
その時は、彼女についての知識もなくこちらの準備不足でしたし。

家に戻りあれこれ読んだり、写真もこれからご覧頂きますが、行事の後のビュッフェの
一皿一皿のお味が、今まで味わったのと違うのを実感し、
これは自分のお金で食べに行こう!と決めました。

美味しい物はあれこれ頂いていますが、いわゆる有名シェフの手になる料理は
未だ頂いた事が無く、ここのレストランのお値段は、そう高くないのです。
これも後ほどご紹介を。



にっこり待ち構えているソムリエの皆さん。

54-996_GF.jpg



葡萄の畝のあちこちに籠が置かれ、いよいよ葡萄摘みが始まります。

55-980_GF.jpg



畝の後ろに入りこんだのが功を奏し、こうして最前列で何枚か撮れました!

56-013_GF.jpg

57-016_GF.jpg



賑やかな行事や、報道合戦にも我関せずで、葡萄摘みを楽しむ少女達。

58-030_GF.jpg

59-031_GF.jpg

この日摘まれたブドウは、ヴァルドッビアーデネ・Vardobbiadeneの、
ビゾールのカンティーナに運ばれ、ワインになるそうで、
2112年には、白の「ヴェニッサ・ワイン」として予約販売の運びだそうです。
ええ、その時には味見に与りたいものですねぇ!!



記念のボトルに、ルーカ・ザイア州知事、パオロ・バラッタ氏、ジョルジョ・オルソーニ市長、
そしてジャンルーカ・ビゾール氏が記念のサインを。

60-021_GF.jpg

61-024_GF.jpg



この時のテーブルに、このシニョーレの持っているガラスの葡萄の房が置かれていたのですね。
黄金色の葡萄の呼称に相応しく、多分金箔を吹きこんだ素晴らしい物で、
ミケーラが素晴らしいと褒めるのに、うんうん、と頷いていたら、
私にも名刺をくれ、このカメラ目線! ははは。

62-028_GF.jpg

こういう目つきのサーヴィスがイタリア男の楽しい点で、お返しに私めもサーヴィスで、
彼の店の住所をね、ははは。
Vetri d'Arte snc  Giorgio Rossetti
via terranova 89 Burano

追記:サイト・アドレスの確認をすると無く、あれこれ素晴らしい作品は見れるので
   探しあてたこのサイト、吹きガラスで、金を貼った亀を作る工程を見せてくれます。
 
   いやぁ、かなり太ってはいますが、この彼で、ははは、
   10分の1mm程のガラスに丸く吹き込み、1200~1300度の高熱でちょいちょいと
   色ガラスをつけ、金箔を張り付け、足や頭をつけ、工房の印も押し、の仕事ぶり、
   上から2つ目から3コマに分かれての仕事ぶりをどうぞ。 2018.12.21



葡萄畑の方から見たレストランと、奥の200人収容可能の大きな部屋の様子ですが、
ここで招待客にワインとビュッフェのサーヴィスが始まりました。

63-592_GF.jpg

既に皆さんはどしどし食べ始めているのでしたが、まずは写真を撮りに。



隣の部屋のテーヴルに、たくさん並べられているのが見え、

64-035_GF.jpg



赤と黄色のぺぺローネ(パプリカ)を焼いて皮をむき、間に小鰯のマリネを挟んだ物
さっと引いた緑のソース、何のソースが聞きそびれましたが、
これがぺぺローネに大変美味しく、黄色と赤と2皿頂きました。
  
65-041_GF.jpg

66-044_GF.jpg   


  
パンをカリッと焼いて、トマトを乗せたカナッペ。 これは賞味する暇がなく残念。

67-045_GF.jpg



籠のパン。 このフォカッチャ式パンが大変美味しかった。

68-046_GF.jpg



手前の茶色く見えるのが、茄子とパルミッジャーノを重ねてグリルしたもの。

69-047_GF.jpg

パルミッジャーノには少しトマトソースが入っている様で、これも大変美味しかった。
小さい緑色の四角は、野草を卵に混ぜて焼いたもので、上の薄いのはズッキーニ。
 
近隣一帯の野菜、この頃の流行りの言葉で言うと、  産地からokmを使い、
色も美しく味も濃くなく上品で、そうか、上等な料理というのはこういう物か、
と納得させられる味で、やはり本格的な物を遠慮せずに一度は。

隣にいたカメラマン氏がしきりに「うん、レストランの味、レストラン」と。



うん、これは一杯頂こう、と外に出てプロセッコを頂き、美味しくそろそろ飲んでいると、

70-049_GF.jpg



向こうの調理場から、パオラと助手が大きなお鍋を下げてくるのが見え、
あ、リゾットだ! とまた部屋に戻りお皿が来るのを待ちます。

71-054_GF.jpg

何やら、給食待ちみたいな感じなのですけど、はは、皆待ちかねているので、
なかなかありつけず。 漸くに一皿頂き写したのですが、少しブレて!


       
入っている野草が何やらほんのりピリッとし、色も綺麗で味もよく、何か聞きましたら、
ポルトゥラーカ・portulaca・スベリヒユだそうで、初物。

72-053_GF.jpg



これ以降の写真は、前の週に写した物をご覧頂きますね。

レストランはテラス席もあるのですが、内部がこんな大変モダンでシンプルな造りで、
調理場との間の壁はワイン・クーラー。 

73-613_GF.jpg

74-615_GF.jpg

魚は毎日出入りの漁師が運んで来て、野菜も近くの物を、という事で、
従って、基本的にメニューは毎日変わるのだそう。

ランチのメニューを見ましたら、シェフのお勧めで3品で70エウロ、
5品に、其々合ったワインがつき120エウロ。
レストランは月曜がお休みで、11月からカーニヴァルの時期までは閉めるそう。
            
まだこの春に、宿ともどもオープンしたばかりで、しかもまだ表に目立つ看板もなく、
今の所、お客さんも少ない様子。
でも、こうして知ってみるとチャンスを捕まえ、食べに行こうという思いが募りました。

トルチェッロ島の由緒ある古く美しい教会を見に行く時、こんなレストランで葡萄畑を眺め、
美味しい物を頂く、そういうのが似合いそうな雰囲気です。
お出かけの時のご参考にどうぞ! 
   
追記:サイトを調べました。 https://www.venissa.it/
    レストラン・ristorante、オステリーア・osteria、宿・camere、と上に出て、
    それぞれで選び、お値段も出ます。
    シェフも変わっている様子で、お値段もレストランの方はそれなりのお値段になって
    いる様ですが、オステリーアの方は一般の町のレストランと変わりない値段で、
    選べ、食べることが出来そうですので、お試しを。 2018.12.21



こちらは宿、オステッロ・ヴェニッサ。 全部で6室で、2階に4室110エウロ
3階のスイートは2部屋あり、130エウロ。 朝食は別料金で、一人15エウロ。
写真はいずれもスィートの方で、  (新料金はサイトでお確かめを)

75-621_GF.jpg

76-623_GF.jpg

77-625_GF.jpg



2階から見下ろす、運河の眺めを。
       
79-620_GF.jpg
      
レストラン、宿共に住所は
Ristorante Ostello Venissa
Fondamenta di Santa Caterina 3
Isola di Mazzorbo - Venezia
Tel 041-5272281
info@venissa.it


ビュッフェを頂いている時に、大粒の雨が遂に降り出しましたが、ヴァポレットで
ラグーナを戻る時には晴れ間が見え始め、後ろの席から海の眺めを楽しみました。

81-065_GF.jpg



最後の写真は、海から見えるマルコ・ポーロ・ヴェネツィア国際空港。

82-068_GF.jpg

飛行機でヴェネツィアにお出での時は、皆さんここに到着なので、一つお知恵を。

ヴェネツィア空港へは、どの飛行機も西から東に入り着陸、東に向け離陸します。
ですから着陸の前に、進行方向右手下にヴェネツィアが見えるので、
席の予約は、進行方向に向かい右手の窓際をどうぞ! 素晴らしい眺めです!!


今回は運よくもお陰様で、1年半前から関心のあったヴェネツィア共和国時代の
ワインの実物に、少し近寄る事ができました。

時事ニュースを単に追い掛けるのではなく、一般では入れない場所に入れたり、
写真が撮れる許可が貰えると良いなぁ、と願うのは、少し厚かましいかもしれませんが・・、
夢はいつも少し先を! そして願い続ける事! ですよね?!

次回はもう一つのヴェネツィア市のプロジェクト「埋もれたままになっていた島の復活」 
をお伝えしますね。
これも大変興味深いものでしたので、お楽しみに!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 ヴェネツィア共和国時代のワイン復活を目ざし 

これはつい先日3日に行われた葡萄摘みの場面で、真ん中に写っている方は、
ヴェネト州知事のルーカ・ザイア氏・Luca Zaiaで、その右に葡萄を持った手の方は、
(後ほどお顔も)ヴェネツィア市長ジョルジョ・オルソーニ氏・Giorgio Orsoni.
で、この葡萄はドローナ・Dronaというヴェネツィア一帯の土着の品種です。

1-011_GF.jpg

かってヴェネツィアのラグーナ・干潟で育てられ、白ワインとして普及していた品種で、
殆ど消滅していたのを探し出し、8年前からブラーノ島のお隣のマッゾルボ島・
Mazzorboで改めて栽培、遂にこの3日、初のワイン製造の為の葡萄摘みが行われた、
というその場面なのです。

このブログには珍しい時事ニュースなのですが、ヴェネツィア共和国時代のワインを
蘇らせる、というロマンに満ちた話題を昨年聞いて以来興味を持ち、
葡萄畑の写真を撮らせてと頼んでいたのが、この嬉しい場面に行き合わせるチャンスを
頂いたのですね。 という事で、今日もまたごゆっくりご覧下さい!



マッゾルボ島・Mazzorboはどこにあるか、ヴェネツィア本島の北東、レース編みで
有名なブラーノ島・Branoの隣にあり、木の橋で繋がっている島。

2-rbo_GF.jpg

ブラーノ島や、素晴らしい中世の教会がある、ヴェネツィア発祥の島とも言われる
トルチェッロ島・Torcelloに行かれた事のある皆さんはご存知と思いますが、

ヴェネツィア本島のフォンダメンタ・ノーヴェ・Fondamenta No'veからヴァポレットで
出発すると、かなりの距離を行って最初に停まるので、ブラーノ島到着かと
勘違いされやすい停留所がマッゾルボで、
ここまではちょうど30分で着きましたから、ブラーノまでだと35分程でしょうか。

地図の航路は普通と違うので、青い点線を入れました。

国鉄のサンタ・ルチーア駅からは42番のヴァポレットで、サン・マルコ広場からだと
サン・ザッカリーア停留所から41番でフォンダメンタ・ノーヴェまで行き、
ここでLN ・ラグーナ・ノルド線に乗り換えます。
       
が、41.42番でムラーノ島まで行くと、乗り換え場所が離れているので、
フォンダメンタ・ノーヴェからの方が気持ち的に楽、でしょうか。

但しこちら行きは1時間に2本しかありませんので、(この記事当時の時刻表で)
時間の余裕を十分考慮の上お出かけ下さいね。


フォンダメンタ・ノーヴェを出発しての眺めで、左側に停留所が3つ、こちらは
ヴェネツィア本島巡り用、橋を渡って右にあるのが、ラグーナの島巡りのLNライン発着用。

3-885_GF.jpg

前日は涼しいながらも快晴だったのですが、この日は雨が来るという予想通りに、
朝から曇り空です。
    
   

が、いつもながら、サン・マルコの鐘楼の見事さに嘆息!

4-886_GF.jpg



魚取りの小舟も見かけつつ、

5-893_GF.jpg



ぐるっとラグーナの航路を進み、ブラーノ島の鐘楼が見えて来ます。
イタリアの斜塔は、何もピサだけではありませんで、あっちにもこっちにもありますぞ!

6-062_GF.jpg



運河の中に入り込み、ここはもうマッゾルボ島。 家々の色はブラーノ同様色とりどり。
停留所で降りた後少し引き返し、この運河沿いをぐるっと一回り、古い小教会や、
由緒ある鐘楼を見るのも一興の散歩です。

7-635_GF.jpg



停留所から船の進行方向を見て、4軒目のピンク色の建物が目ざす場所で、
     
8-631_GF.jpg

  

正面の様子。 右の煉瓦塀にComune di Venezia ・Ristorante Venissaと。
レストラン・ヴェニッサは、ここが入り口で、

9-629_GF.jpg

ピンクの建物の入り口は、オステッロ・Ostello Venissaで、2,3階には全部で
6室のホテル設備が整います。



中に入っての様子。 この右手に葡萄畑が広がり、こちら側にレストランで、
いずれもかっての持ち主の建物を修復したもの。

10-605_GF.jpg

実はここに1週間前にもお邪魔し、撮らせて貰らったのですね。
宿の部屋も見せて頂き、熟れて黄金色になった葡萄や、建物の様子も。

その前に2日は?というので、自由です、というと、では2日にアぺリティーヴォにここに、
というのでOKと言っていたのが、数日前に正式の知らせが来て、
州知事や市長も来られての記念行事と分かった次第!

ヴェネツィア共和国時代のワインの蘇り、と言うのは1年半前にプロセッコのメーカー、
ビゾール・Bisol訪問の時に聞いて以来、見たいもの!と思っていましたから、
8月初旬にビゾールの宣伝担当のミケーラから、日本のジャーナリストにコンタクトを
取りたいのだけど、と言ってきた時、
       
私のブログに載せるのに写真を撮らせてくれないか、とチャンスと頼んだのですね。
毎月これ位の訪問者がいるの、と、こんないささか強気の売り込みができるのも、
たくさん見て下さる皆様のお陰で、本当に感謝です!!

月にどれだけの訪問者か、以前の記事は、ブログのタイトルは、なぞと何度かの
やり取りがあり、州の報道関係にも送る、と次第に本格化し、
内心きゃいん、となりつつも我を励まし・・、ははは、
この葡萄摘みの行事に参加出来たという訳なのでした。

プロセッコのワイナリー訪問は、
  
      
入り口に「ヴェネツィア市」とあると書いた通り、ここは現在ヴェネツィア市の持ち物で、
土地の利用法についての案を公募した模様で、
スロー・フード協会、ヴェネツィア大学等などから寄せられた12の案の中から、
ビゾールの、古くからのラグーナの葡萄、野菜類を再度ここで栽培し再評価させる、
が採用されたという訳。

ラグーナ・干潟の、salmastro・サルマストゥロ・塩を含んだ土地に葡萄畑があり、
そのワインが広く普及していた、という事自体が初耳の感がしますが、
記録には、現在のサン・マルコ聖堂の辺り、大運沿いにも葡萄畑の記録があるそうで、
       
実際、サン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ教会のヴィーニャ・vignaは葡萄畑を指し、
地図でご覧頂ける、ヴェネツィア本島の東にある島ヴィニョーレ・Vignoleの名もそう。
家庭菜園でも、教会や修道院でも、健康の為、行事の為にも
ワイン作りは欠かせなかったに違いありません。

こうした土着の、多分塩分の土地に強いと思われる葡萄の品種、15世紀頃までは
この葡萄がラグーナ一帯に普及していたのが、消滅したと思われるほどに衰退したのには、
ヴェネツィア共和国が本土側に領土を広げていった年代に重なります。
苦労して栽培せずとも、美味しいワインの産地を確保した年代でしょうか。

この土着の葡萄の品種ドラーナ・Dranaを探しだすのに、ミケーラの言葉では、
インディアナ・ジョーンズみたいな冒険をした、との事で、野菜作りで有名な
サンテラズモ島・Sant'Erasumoのお年寄りの畑に細々と残っていたのだそう。

で、今こうして古い12世紀からの壁に囲まれた1ヘクタールの土地に、
新たに植え付けられたまだ若い葡萄畑が広がります。

背も高くなく、まだ細い幹に、たわわに実る黄金色の葡萄の大きな房を見た時、
植物って本当に偉いなぁ!! と。 



前日2日はヴェネツィアの、パラッツォ・ドゥカーレの秘密のコース(カサノヴァの
入っていた牢とか、拷問室とか!)時計塔に上がるコースを見て泊まり、

3日の朝11時半から葡萄摘み、というので10時過ぎに到着しましたら、もうすっかり
準備が整い、既に招待客や報道陣がかなりの数。 小心者の上に知り合いのいない
唯一の東洋人は時間つぶしに、再度あれこれ写真を撮ってまわります。

11-606_GF.jpg

12-897_GF.jpg

13-056_GF.jpg

14-940_GF.jpg

15-904_GF.jpg



レストランの前には、ヴェネトのラグーナ一帯の特産野菜が並べられています。
カヴァッリーノ・Cavallino、キオッジャ・Chioggia、サンテラズモ・Sant'Erasmo
はこの一帯の土地の名前。

16-994_GF.jpg

17-900_GF.jpg

18-901_GF.jpg

19-902_GF.jpg



1週間前にお邪魔した時はひっそりしていた葡萄畑が今日は取材陣に占領され、
あちこちでインタヴューが行われており、

20-937_GF.jpg

21-938_GF.jpg



3,4枚目の女性は、国営放送RAIヴェネトのジャーナリスト、エリーザさんで、
この後写真を撮らせて貰いましたが、ブログOKを貰わなかったので残念。

22-910_GF.jpg

23-913_GF.jpg



5枚目のインタヴュー中の男性が、今回のこの大きなプロジェクトを背負っている
ビゾールのジャンルーカ氏・Gianlucaで、さすがに今日は嬉しさを隠しきれない顔。

24-943_GF.jpg



最後は、ヴェネツィア市長のジョルジョ・オルソーニ・Giorgio Orsoni氏、
お隣は、ビゾールの宣伝担当ミケーラ・Michela. 彼女のお陰で、今回のチャンスを。

25-942_GF.jpg



今回のプロジェクトが始まり、この土地も、できるワインも、レストランも、
新しい名前を命名され、ヴェニッサ・Venissaです。

26-907_GF.jpg

27-918_GF.jpg

28-912_GF.jpg

29-911_GF.jpg

ドローナ、または金色の葡萄・Uva d'Oroと呼ばれるに相応しい素晴らしい色に熟し、
まだまだ細い幹なのに、見事な房で、なんと凄いなぁと感嘆します。

ワインだけでなく、食用にも供される葡萄との事で、コネリアーノ周辺で見かける葡萄より
粒が少し小さいかな、という感じですが、先週ちょっと味見をしたら、なんとその甘い事!



土地の一角は野菜畑に充てられ、地元のお年寄りが管理をしていて、

30-595_GF.jpg

31-929_GF.jpg

32-924_GF.jpg

33-978_GF.jpg

34-554_GF.jpg

35-975_GF.jpg

36-932_GF.jpg

ローズマリー、ジュッジョレ(ナツメ) ズッキーニ、茄子、カルチョッフィ
(この一帯の小さい紫のカルチョッフィは有名)、メロン、フィノッキ(ウイキョウ) 
奥にはクオーレ・ディ・ブーエ・牛の心臓と呼ばれる大きなトマトも。



今水遣りをしているこの方、畑の傍らの覆いの下からやおら瓶を取り出し、
コップに赤をなみなみと注いでぐぃっと!
ずっと繰り返しているのでしょう、既に赤い顔でしたもの。はは。

37-930_GF.jpg



そしてまた一郭には、海水の入り込む細い運河を利用し、養魚場もあり、
今日はお披露目用に網の中で泳いでいるのが見えました。

38-914_GF.jpg

39-915_GF.jpg

ボラとかスズキとか、他にもあれこれ教えて貰ったのですがぁ・・。



空模様があやしくなる一方で、陽が射したり陰ったり。 
畑北側の一郭にかっての鐘楼と小礼拝堂がありますが、今は公園に整備されており、
運河の向こうの家がすぐ地続きのように見えます。

40-926_GF.jpg

そろそろ州知事のご到着です、という声で、皆さんぞろぞろと桟橋の方にお迎えに。


という事で、n.2に続きま~す。

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。