・ ヴィッソ ・ ヴァルネリーナ渓谷の珠玉の町

今日のご案内は、ウンブリア州からほんの少しマルケ州に入った所の、
ヴィッソ・Visso という小さな町を。

殆どの方がご存じないと思いますので、まずは地図をどうぞ!

1-vi-a_GF.jpg

タイトルに書きましたヴァルネリーナ・Valnerina というのは、
マルケ州シビッリーニ山に源を発するネーラ川・Nera が流れる渓谷で、
ヴィッソ・Visso から左下ヴァッロ・ディ・ネーラ・Vallo di Nera
に続く道がこの渓谷を通り抜けます。

ネーラ川はテルニ・Terniから オルテ・Orte辺りで、ローマに流れる
テーヴェレ河・Tevereに注ぎます。

ヴィッソはローマ期以前からの歴史を持ち、ローマからアドリア海に抜ける
街道、商交易の要所に位置し、「イタリアの一番美しい村々」にも選ばれ、
シビッリーニの珠玉とも呼ばれ、シビッリーニ国立公園の事務所も。
       
ヴァルネリーナの歴史ある小さな村をあれこれ訪ねながら、
中世の外科学校があった事で有名なプレーチ・Preciや
サン・ベネデットの生地であり豚肉製品で有名なノルチャ・Norcia、
大平原の花畑、レンズ豆産地のカステルッチョ・Castelluccio に
行くのに2007年春、2008年夏と2度この町を訪れつつ、
ご案内を逸しておりました。
       
この所お天気が少し好転して地図を眺めるようになると、
宿題提出をサボっていた事に気がつき、やっと今回ご案内を。

スポレート・Spoleto からヴァルネリーナ渓谷の道に入り、
細い曲りくねった道を上り下りし、町の直前はまさに両脇に渓谷が迫り、
そして一転ぱっと開け町の入り口に。
並木が続く美しい道を辿り、町の西門サンタ・マリーア・S.Mariaに。

写真は町入り口の並木ではなく、町横を流れるネーラ川沿いで、大変美しい趣。

2-047_GF.jpg



門を通る道が細く、いいのかな?と思いつつ抜けると・・、

3-184_GF.jpg



細長く繋がる2つの広場、マルティリ・ヴィッサーニ・Martiri Vissani が手前側、
奥がピエトゥロ・カプーツィ・Pietro Capuzi.

4-134_GF.jpg

ご覧の様に、この山の中の小さな町に14~16世紀にかけての、
ゴシックからルネッサンス様式の建物が立ち並ぶのですね。
       


写真真ん中部分ベージュ色の出っ張っている建物は、
ゴヴェルナトーリ邸・Palazzo Governatori.
   
5-061_GF.jpg    

広場の反対側からはこんな感じに。
      

ゴヴェルナトーリ・執政官邸という呼び名は、この町が自由都市から
スポレートの教皇領の下に入った歴史を語りますが、1583年には
ウンブリア教皇領の本拠となったそうで、由来については後ほど。
       
実際19世紀のイタリア王国建設まではウンブリア州に属しており、
現在はマルケ州のマチェラータ・Macerata県で、
海抜608mの町の住民は現在1200人程。
1522年に南のノルチャ、プレーチ辺りをも巻き込んだ有名な戦争
ピアン・ぺルドゥートの戦い・battaglia del Pian Perdutoに
ヴィッソが勝ち、漸くこの周辺の力関係に決着がついたのだそうで、
ヴァルネリーナ東部の商業、文化の中心地となったのも頷けます。
そうそう、プレーチに3泊した時には15K走ってヴィッソまでガソリンを入れに
来ましたし、それ以外は西のチェレット・Ceretto辺りまで無かったと!
             
      
  
マルティリ・ヴィッサーニ広場・ヴィッソの犠牲者に捧げる広場、には、
尖った美しい鐘楼のサンタ・マリーア教会・Collegiata di S.Maria.

6-131_GF.jpg

教会とはいえドゥオーモに次ぐ格にあり、奥の三角の正面壁の教会は
サンタゴスティーノ・S.Agostinoで現在は市の博物館。



広場に向いているサンタ・マリーア教会の正面扉の、上部の半円に
描かれた受胎告知、土地の画家パオロ・ダ・ヴィッソの作、

7-135_GF.jpg



扉両脇にいるライオン像、彫刻された木製扉、

8-140_GF.jpg



中世の面影を宿す彫り。

9-018_GF.jpg



いずれも暗くて手振れし申し訳ないですが、内部を。
12世紀の木製着色の聖母像、北の影響を受けたウンブリアの作品で、

10-023_GF.jpg



フレスコ画はいずれも14世紀のもの。

11-021_GF.jpg



巨大なサン・クリストフォロ像・S.Cristoforoは、高さ10,68m
横幅が4mもある見事な物で、中世の大男伝説により常に巨大な姿。

12-019_GF.jpg



町の地図をどうぞ。
左半分は上でご案内の通りですが、赤い印をつけたPorta S.Maria から町の中心に。

13-001_GF.jpg

町の上半分は山沿いに広がる坂道の家並で、南側に川が2本、
ウッシータ川・Ussitaとネーラ・Neraが流れます。

地図左下に見える美しい薔薇窓の三角形のサンタゴスティーノ教会、
ここは現在市の博物館。



町のパンフレットによると200点を超す絵画作品も収納の様ですが、
いかんせん、開館時間が土・日曜の短時間のみ。

で、ここの目玉とも言えるのが、イタリア19世紀最大の詩人と言われる
ジャコモ・レオパルディ・Giacomo Leopardi(1798-1837)
伯爵の家に生まれた文学者、哲学者、言語学者の手稿、
とりわけ有名な6篇の田園詩、インフィニート・L'Infinitoを含む、が
あるのだそう。
       
14-138_GF.jpg

15-498_GF.jpg

マルケ州海沿いの町レカナーティ・Recanati生まれのこの詩人の
作品で唯一知っているのは「孤独の雀・Il passero solitario」.
イタリア語を最初に習った坂本教授の本の巻頭にあり(ご存知の方も多いと)
格調高い詩の朗読テープを何度か聞かされた遠い記憶が。



中心広場の南側に立ち並ぶ建物の壁に見つけた「灯り燈し」と。

16-177_GF.jpg

17-178_GF.jpg

ライオン君はともかく、この女性像はなかなか凄いでしょ?!
もひとつは、明らかに当たり前の男性像で・・。

中程の建物に小さな本屋があり、土地の出版物なども揃っていて、
2度の訪問で買い込んだものの、う~~む、まだ積読のままだぁ!



細長く続く2つの広場を東に辿ると、プリオーリ宮・Palazzo Priori.
現在は市役所で、町のカタログはここで貰いましたが、

18-006_GF.jpg     
  


一階のロビー横に、こんな農耕具の物らしきがあれこれ展示で、
これは葡萄絞りの汁受けだと。

19-044_GF.jpg



町の山側の細道を辿ると、教会の鐘楼が見え、坂道がくねって続きます。

20-141_GF.jpg

21-142_GF.jpg

22-144_GF.jpg



この家は地図真ん中上に見える、バルコンチーノ・メディオエヴァーレ・
Balconcino Medioevaleで、如何にも武骨な中世の面影を宿します。
修復されているので、今もお住まいなのでしょう。

23-149_GF.jpg

24-150_GF.jpg



教会・修道院サン・ジャコモ・Chiesa del Monastero di S.Giacomo
花で埋まったこの一角が素晴らしかったですが、

25-153_GF.jpg



大きな古い建物は、ボンコンパーニ邸・Palazzo Boncompagniと。
訪れた2007-2008年、町は大修復の真っ最中で、道はあちこち掘り返され、
建物が修復中だったりで、観光用標示もなく、今回地図を睨みながら・・。

26-154_GF.jpg

ですが、あれこれ読むうちに面白い発見が、というのも
グレゴリオ暦を採用した事で有名な法皇グレゴリオ13世・Gregorio XIII
(1502-1585)の俗名がウーゴ・ボンコンパーニ・Ugo Boncompagni.
ボローニャ生まれですが、そのご先祖がこのヴィッソの出身で、
14世紀の初めにボローニャに移ったとの事。

で広場の写真にあるゴヴェルナトーリ邸には、この町にウンブリア教皇領の
本拠を置いたグレゴリオ13世の紋章も掲げられていると。
     
  
グレゴリオ13世という方はボローニャ大学で教えていたのを、その優秀さから
40歳でローマに招かれ司祭となり、法王庁で働くうちにぐんぐん頭角を現し、
トレント公会議で大活躍、外交の働きでもスペインのフェリペ2世の
信頼を受けたりで、法皇になったのが1572年、なんと70歳の時!

この時の法皇選出は、スペインの支援の下24時間内に決定で、
カトリックの改革の取り組み、発禁書の見直し、グレゴリオ暦の
採用等など、84歳で亡くなるまで大車輪の働きぶりを。

トレント公会議に赴く途中滞在した生地ボローニャで、従妹の下で
働いていた女性との間にジャコモ・Giacomoが生まれたり、
(46歳の時、正式に認知を)
亡くなる直前には、日本からの天正の4少年が拝謁を賜わったり・・。

フェリペ2世の信頼が厚いとなると、先日ご案内の、理想の町造りを目指した
サッビオネータのヴェスパジアーノ・ゴンザーガとの出会いもあったろう、
などと想像しつつ、つい読み耽ってしまい・・。

       
       
町の狭い道の両脇に古い3-4階の建物が立ち並び、見事に修復が。

27-014_GF.jpg

28-011_GF.jpg



一番東端に抜けた場所に広場が開け、背後の山上に要塞。

29-008_GF.jpg



広場の南をウッシータ川が流れ、橋の上からの眺め。
川床が高く、こちらからだと入り口が半分しか見えない教会は、14世紀の
サン・フランチェスコ・San Francescoで、修道院もある様子。

30-160_GF.jpg

31-165_GF.jpg

この正面壁の様式はアブルッツェーゼ様式と言うそうですが、
ペンペン草がいっぱいで、大丈夫かいな、と。

北に住む人間にはアブルッツォ・Abruzzo州は「地の果て」の
イメージですが(失礼!)マルケ州の南、お隣なのでした。

       

サン・フランチェスコ教会周辺は少し鄙びたイメージが漂い、
古い大きな建物が残り、中世の面影が残ります。

32-161_GF.jpg

33-168_GF.jpg

地図に見えるオデスカルキ邸・Odescarchiは撮っていませんが、
修復されクリーム色に塗られた瀟洒な建物だった記憶が。



ヴィッソの町の門は全部で4つで、ポルタ・サンタンジェロ・Porta S.Angelo。
町のパンフレットには、この門にグレゴリオ13世の紋章があるといい、
必死にサイトで確かめましたら、どうやら門の内側にあるらしく、やれやれ。

34-050_GF.jpg

35-051_GF.jpg
              
   


この門はポンテラート門・Porta Pontelato.
前年は修復の真っ最中ごった返しの通行禁止でしたが、翌年はこの美しい姿。
飽くまでも、元の姿を保つ姿勢がやはり凄いなぁと。

36-170_GF.jpg



こちらはネーラ川で、川沿いも整備され、少し上流には小さな公園もあり、

37-171_GF.jpg



近くの家の軒下にはたくさんのツバメの巣。

38-187_GF.jpg



ネーラ川沿いの緑濃い中を散歩しつつ、町を振りかえり。

39-046_GF.jpg

これは春に行った時の物で、緑が芽吹き花が咲き、麗らかな、
まさにイタリアの一番美しい村々の名に相応しい、
素敵な歴史ある小さな町、ヴィッソなのでした。

追記:2016年の8月、そして10月に起こった中部地震で、このヴィッソの町も
   壊滅状態となりました。 そしてその後の状態がまるで報道されず、
   サイトにも写真アップがなく、未だに多分そのままなのであろうと、
   気にかかっています。

   やっとそれ以前の地震被害から立ち上がり、町が元の面影を取りもどした、
   という状態の時に訪れて喜んでいたのでしたが、
   また元の崩壊状態が続いているのだろうと想像すると、私までも辛くなります。

   一日も早い修復、立ち直りを祈るばかりです。 2018.12.17
       
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。