・ n.1 ヴェネツィア歩き ・ サンタ・ルチア駅 ~ サン・マルコ 

2日ほど前、久し振りにヴェネツィアに。
といっても1年半ほどなのですが、やはりヴェネツィアは素晴らしく、
大いに写真を撮りまくりましたので、大急ぎで整理してご覧に。

サンタ・ルチア駅からサン・マルコ広場までの道行きですが、
それを2回に分け、今日は途中のサンティ・アポストゥリ広場まで
を、ごゆっくりどうぞ!

朝の駅前の混雑振り。
ヴァポレット・水上バス、荷物船、警察の船・・

1-006_GF.jpg

到着したのが午前9時前でしたので、街が活気づき始めた所。
国鉄駅前は、荷物船が横付けして荷降ろしの最中。




消防車も、救急車もこの街ではみなモーターボートですが、
こんなタンク船は初めて見ました。

2-005_GF.jpg

写真右が、国鉄のヴェネツィア・サンタ・ルチア駅、奥に大運河の
4番目の新橋がちらっと見えますが、まだ渡った事がありません。



駅前のスカルツィ大橋・Scalziの上から、駅横のスカルツィ教会。

3-008_GF.jpg



同じ橋の上から、大運河の東に向いて。
真ん中に見える教会は、サン・ジェレミーア・San Geremia.

4-004_GF.jpg

駅前からリアルト橋に行くには、駅前のスカルツィ橋を渡り、街中を突っ切って
行くのと、逆S字に流れる大運河の外側を行く2通りありますが、
今回は、駅前から東の繁華街を抜けて行きます。



これはグーリエ橋・Guglieの上から北を、カンナレージョ・Cannaregioの眺め。

5-010_GF.jpg

この右側を入って行くと、ゲットー・Ghettoが、1516年にヨーロッパで始めて
造られたユダヤ人隔離の場が残ります。
       
この橋に至る手前の広場に、先ほど見えたサン・ジェレミーア教会と広場、
RAI・イタリア国営放送のヴェネツィア局のあるラービア邸・Palazzo Labia 
があります。

ヴェネツィアのゲットーについては、こちらを。
       
      


カンナレージョ運河、建物の窓。
ヴェネツィア・ゴシック様式の形、壁の赤色、いかにも!

6-011_GF.jpg



グーリエ橋に並ぶ顔。 男、ライオン、そして男。

7-014_GF.jpg



橋の上から、東に向かい。 この辺り、カンナレージョ側には魚の屋台が、
こちら側にはスーヴェニールと、奥は野菜、果物の屋台が立ち並び、
いわば、庶民の生活が感じられる地域。

8-016_GF.jpg



野菜果物の屋台店の値段は安く、品物は大変新鮮です!
重くなければ、買って帰りたいほど。

どこもみな綺麗に並べている中で、一際、鮮やかに目を引く店がありました。
で、店主は、腕に刺青のお兄ちゃんで、こういう発見が大変楽しい!

9-017_GF.jpg



あっちこっちと眺め、見上げ、道を行くのが大変楽しい。
のそのそ歩いても、車に弾かれる心配もなし。
このベランダは、以前は濃いピンクの花でしたね。

10-1-019_GF.jpg



通りから少し内に、サンタ・マリーア・マッダレーナ教会・Santa Maria Maddalena 
と広場があり、広場の建物が修復中でごった返していましたが、
こんなカモメ君に出会いました。 近くで見ると、厳しい嘴ですねぇ!

11-023_GF.jpg



広場の横を、小運河が流れます。
少し薄暗い場所で、いつもここでヴィスコンティの「ヴェニスに死す」の
シーンが頭に浮かびます。

12-028_GF.jpg



上の写真の、建物部分。 アーチの支えが、木なのです。
建物が運河に沿ってカーヴする、この古く、懐かしい感覚。

13-027_GF.jpg



サンタ・マリーア・マッダレーナからカーヴをきって橋を渡ると、こんな眺めで、
この中ほど左に広場と教会サン・フォスカ・Foscaがあります。

14-032_GF.jpg

道の左にスーヴェニールの屋台が並んでいますが、一軒エディーコラ・新聞雑誌店
があり、ダヌンツィオのDVDを見つけちゃった! こんな嗅覚が割と発達してるの。



サン・フォスカ広場に向いた建物。
標識も何もないのですが、由緒ありそうです。

15-034_GF.jpg


左に入り込む細い小路。両手を広げると、楽に届く幅。
奥にまた小さい橋が見え、小路は続きます。

16-1-036_GF.jpg



小路を戻りながら、上を向いて一枚。 空がこんなに狭~い!

16-2-041_GF.jpg



カ・フォスカに近い橋の上から。大運河のこの建物は、
カ・ペーザロ・Ca'Pesaro、国際現代美術館。

17-042_GF.jpg

同じ橋の上から逆に北側を見ると、奥に大きな教会が望めますが、
ミゼルコルディア修道院・Misercorcia.



先ほどの橋を渡ると道幅が少し広く。
こちらは右手にある、多分現在はホテルの入り口ですが、shinkaiが
斜めに写したのではなく、これが本当の姿!

18-043_GF.jpg



大運河に続く小路。 白い美しい建物が大運河の向こうに。

19-044_GF.jpg



大運河に出て気がつきました。 こちら側に船着場とテラスがあるのですが、
昔ここから、あの向かいに見える赤い建物をスケッチした、同じ場所でした。

20-048_GF.jpg

白い大きな建物は、上のカ・ペーザロから2軒ほど東のパラッツォ・コルネール・
Ca’Corner.

但し、あのアーゾロの領主、キプロスの女王の一家ではなく、その分家筋の
コルネール家の様子で、18世紀に最後の持ち主(この方もカテリーナ)が
法王ピオ7世に贈ったものと。

一般に、大運河のコルネール邸と呼ばれるのとは違い、小路のコルネール邸 
と区別されます。
それでも、先日書いた所ですから、いささか因縁を感じました。



こんな広い大運河の向こうに建物だけなんて、ゴンドラでも通ってやぁ!と
思うまもなく来てくれ、同時にヴァポレットやモーターボートもどかっと・・!

21-045_GF.jpg

赤い建物はサン・カッシアーノというホテルで、ご興味のある方どうぞ。
http://www.sancassiano.it/san_cassiano-jp.htm



こちら側にゴンドラが何艘か。 快晴のお天気で眩いばかり。

22-050_GF.jpg



舳先の金色の飾りもぴっかぴか! 太陽、ラッパを吹く天使は初めて見ました。

23-049_GF.jpg



船端(で良いのかな?)の飾りは馬が多いようですが、魚の尾になってますね。
そうか、海馬なのかもね。

24-052_GF.jpg



小路を引き返しながら見つけた呼び鈴と、郵便受けですが、
この郵便受けの顔と口は、かっての密告の投書箱の顔ですね。

25-060_GF.jpg

密告口は、高利貸しや衛生問題など、あちこちで見かけますが、
こういうデザインが今も残って使われている事に、乾杯!



同じ小路の別の家の扉。
「オテロ」を思い出しますね。 あのオペラもヴェネツィアが舞台ですものね。

26-066_GF.jpg



サンタ・ソフィーア・S.Sofiaの渡し場。 向かいは、建物部分が魚市場で、
その左側は野菜市場。 リアルト橋から北の位置です。

27-067_GF.jpg

渡し・トラゲットは観光客も勿論ですが、お祖父ちゃんと孫みたいに
地元の人がよく利用します。 ゴンドラと同じつくりですが、ぐっと大型。



サンタ・ルチーア駅から東にまっすぐ来て、突き当りの広い広場が
サンティ・アポストゥリ・Santi Apostri。

28-072_GF.jpg

同名の教会がこの写真左手前にあり、私のいる位置から北に辿ると、
ムラーノ、ブラーノ、トルチェッロ島に行く船着場フォンダメンタ・ヌオーヴェに。
リアルト橋方面に行くには、真ん中奥に見える橋を渡り、右に曲がり・・。



橋を渡っての建物の下の道をこちらから。 この辺りから、また道が一段と狭くなり、
あちらこちらと曲がりながら、リアルト方面に。
上の建物も、いつの間にかホテルに・・。

29-073_GF.jpg



橋の上から、ゴンドラを。 ゴンドラは平底舟で、漕ぎ手は艫の片側に乗るので、
そのバランスを考慮し、竜骨が曲げて造られています。
ね、今は左に傾いでいるでしょう?

30-076_GF.jpg



建物の下を通る道を、ソット・ポルティコと呼びます。
ヴェネツィアではよく出会いますが、道が狭く建物が迫ると大変薄暗くなり、
慣れない内は一瞬怯みます。 ここも実際は、もっと薄暗いのですよ。

31-077_GF.jpg

追記です。
このソット・ポルティコは、ファリエールのソットポルティコ・Sottoportico Falier 
と呼ばれますが、上の写真に見える建物の下です。
で、この上の建物が共和国元首マリン・ファリエーロ・Marin Faliero、
1355年にクーデターを企て露見、斬首刑になった彼が住んでいた家との事。



サンティ・アポストゥリ教会の鐘楼。 奥に少し見える屋根が教会。

32-078_GF.jpg

この教会が、キプロス女王でアーゾロ領主のカテリーナ・コルナーロの墓所と読み、
記事に載せた石棺を見ようと寄りました。
  
確かにコルナーロ家の礼拝堂はありますが、石棺は男性のが2つのみ。
訊ねましたら、どの本にもそう書いてあるが、彼女の墓はここにはない、
アーゾロにある、と。
礼拝堂に眠るのは、父親のマルコと、弟のジョルジョのみでした。

アーゾロのどこにあるのでしょうか? 
次回行きましたら、ドゥオーモを確かめてみましょう。
が、女王でもあった人の墓の行方が分からない、すぐに忘れられた存在だった?

カテリーナ・コルナーロについては
       


サンティ・アポストゥリ広場には大きな樹があり、居心地のよい陰をつくっていて、
観光客が通り過ぎていく横で、地元の人がのんびりと。

33-079_GF.jpg

ここから、リアルト橋に向かい、さらにサン・マルコ広場に行きましたが、
そのご案内は、次回に!

***

ブログご訪問有難うございます!
このヴェネツィアに行った今週火曜日、朝、出かけるコネリアーノは涼しくて、
上着を着ている人もかなり居ましたのに、ヴェネツィアではどんどん暑くなり、
午後出かけたトルチェッロ島では、へばりました。
       
でも、久し振りのヴェネツィアは、やはり素晴らしかった! 美しい街!

大急ぎで纏めましたが、楽しんでいただけましたでしょうか。
次回も、どうぞお楽しみに!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。