・ トンバ・ブリオン ・ そして、お盆 

暑中(いや、既に残暑かな)、お見舞い申し上げま~す!
いよいよ夏も8月の半ば、お盆ですねぇ!

1-1-013_GF.jpg


お盆だから、という訳ではないのですが(いや、そうかな?!)
今日は、トンバ・ブリオン・Tomba Brion・ブリオンのお墓のご案内です。

イタリア人建築家カルロ・スカルパ・Carlo Scarpa設計の記念墓地として
有名で、彼自身もここ、同じ墓地に眠っているそうで、 
お墓とはいえ、日本情緒溢れる、美しい場所でした。


地図をどうぞ。 車がないと、ちょっと行き難い場所ですが、
お墓のあるサン・ヴィトー・ダルティーヴォレ・San Vito d'Altivoleは
アーゾロから南に5,6km、お墓はサン・ヴィトーの町の墓地に隣接しています。

1-2-4_GF.jpg

バスの便を探し分かったのは、トゥレヴィーゾからも113番のバスで行けますが、
国鉄でカステルフランコに行き、バスに乗り換えて行く方法ではバス便は204番。

Come arrivare a Tomba Brion a Altivole con busu?
https://moovitapp.com/index/it/mezzi_pubblici-Tomba_Brion-Venezia-site_79977947-2083
というサイトがあり、このタイトル下の欄、Punto di partenza に
出発地点を書き込むと、出発時間に応じての様子が出ます。


アーゾロに住み「アゾランド・Asolando」という詩を書いたロバート・ブラウニング
に従い、この一帯は、アゾランドと通称されていますが、
       
地図のサン・ヴィトーの北西にアルティーヴォレ・Altivole が見えますね。
ここにはアーゾロに城を構えたキプロス女王のカテリーナ・コルナーロの
バルコ・Barcoと呼ばれる居城跡が残ります。
建物の姿が残るだけで公開されていませんが、先日場所を確かめ、
外から覗いて来ましたので、またご案内いたしますね。

アーゾロの北にあるポッサーニョ・Possagnoは、18世紀後半から19世紀に
かけて活躍したネオクラッシックの彫刻家、アントーニオ・カノーヴァ・
Antonio Canovaの生地。

生家がジプソテーカ・Gipsotecaという博物館となっていて、
これは大理石像を彫る前の実物大の石膏模型の博物館で、大迫力!
そして丘の上に、彼の眠る巨大なテンピオ・Tempioがありました。

という事で、この辺り順番にご案内して参りますね。

アーゾロの東マゼール・Maserには、パッラーディオ設計のヴィッラ・バールバロが。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463456543.html
       
西に見えるバッサーノ・デル・グラッパ・Bassano del Grappaのご案内は
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461664355.html
       


町外れにある墓地の横に通路があり、そこを通り抜けるとこの場所。
すべて打ちっぱなしのコンクリートで、一見四角い無骨な建物、というイメージ。
ですが、どこか違う、ちょっと、懐かしい想いを誘われるのですね。

2-059_GF.jpg

このお墓を見に行くアイディアは、リンクしているhttp://tomocone.ciao.jp/
「かたつむりの国だより、イタリア料理留学記」のtomoconeさんがコネリアーノに
来られるので、「行きたい場所は?」と訊ねましたら、ここ!

自分では頭にも浮かばない場所でしたが、そういえば、読んだ事がある、と。
で、行って見たら大変に興味深く、新しい知人から、新鮮な知識を頂いた感じ!
大変、嬉しい事でした。



四角い建物を池が囲みます。 この写真には見えませんが、
蓮の葉が広がり、ピンクと白の蓮の花、その間を鯉が泳ぎます。

3-061_GF.jpg

あ、鯉がいる?! と驚く間もなく・・



いわば玄関口が、三角形に開き・・。 
左手にある入り口は、ほらね、障子のイメージでしょう?!

4-014_GF.jpg



端正な格子。 そして摺り硝子に入る小紋柄。
中が、こんな風に見えます。

5-031_GF.jpg

細長い窓を通し、射し込む光。 照り返しで出来る半日陰。
まさに、陰影礼讃。



実際は、もっと薄暗いのです。 斜めに通る導きに縦縞が入り、
鋲の大小。 粋 !

6-026_GF.jpg

そして正面の銅の形は、鎧の胸当てを思わせます。
奥に台があり、芳名録。
前日に、日本人2名の署名があり、「また来たぞ、ブリオン!」と。



風炉屏風、枕屏風 を思い・・。

7-021_GF.jpg



窓から覗く奥庭。 やはり池があり、鯉が。

8-024_GF.jpg



奥の台の天井部分には、こんな切れ込み。

9-020_GF.jpg

コンクリの桟の重なり、木の重なりに、囲炉裏の上の煙抜けを想い、
飛騨の合掌造りを想起します。



上から、射し込む光。 明るすぎず、程よい光。

10-023_GF.jpg



部屋の奥から、入口の眺め。 何とも端正で、ゆったりと。
「粋」という言葉の他に何が?!

11-022_GF.jpg

この空間にイタリア人は何を感じるのか、訊ねてみたいものです。



紋所。

12-018_GF.jpg



はめ込まれた色と、銅の桟。 奥ゆかしくひっそりと、こぼれ出る色。

13-029_GF.jpg



障子の硝子窓から覗き見る、外の緑とでも。

14-025_GF.jpg



玄関の扉。 無骨に頑丈で、民家風に・・。

15-030_GF.jpg



通路を抜けると、奥にブリオンのお墓。

16-032_GF.jpg

ここに眠るジュゼッペ・ブリオン・Giuseppe Brion、お金持ちにしろ、
こういうお墓を依頼する人はどんな人?と思いつつ、例によりブログを書く前に、
と引き延ばしていましたら、これもtomoconeさんから情報が届きました!

ブリオンヴェーガ・Brionvegaという、イタリアの可愛いレトロ調デザインの
ラジオやTVの会社の創始者なのだとか。 聞いて大いに納得。
サイトをどうぞ。 http://www.brionvega.it/

一世を風靡した製品の復刻版が出ているそうで、そう云えば、コネリアーノの
店でも見た事ありますね。



奥は一段高くなった広々とした緑地で、周囲はトウモロコシ畑。
奥に、イタリアの普通の教会と鐘楼が見えます。

17-033_GF.jpg

設計者カルロ・スカルパ(1906~1978)は、ヴェネツィア生まれの大建築家。
ヴェローナのカステル・ヴェッキオ博物館の改修設計で、かっての古い城の
外観を損なう事なく、内部を現代的な博物館として美しく大改修した事でも
よく知られています。

この知識は20数年前最初のイタリア旅行の際に得ていたのが、
今回やっと結びついたという訳で! はは。

ヴェネツィア・ビエンナーレの中央会場、ヴェネツィア・リドの飛行場、
ヴェネツィア大学カ・フォスカリの講堂、ヴェローナの銀行、オリヴェッティの店舗 
ecc ecc、素材の使い方、細部の設計では最高、と。
       
彼は日本の仙台で亡くなったそうで、ブリオンのお墓は、彼の死亡した
1978年に完成。 彼もここの墓地に埋葬されているとの事ですが、
知らずに行き、この時は見ておりません。
   


トンバ・ブリオンは、サン・ヴィトーの町の墓地に隣接していると書きましたが、
墓地の北側から東にかけて、鍵の手に囲む形で、拡張されたとかで、
東側は広い緑地です。

18-034_GF.jpg



大きな池があり、蓮がびっしりと。白い蓮もありましたが、小さな虫が一杯で、
一番綺麗なこれを、ご覧いただきますね。

19-036_GF.jpg



東の緑地の南には、池の中に突き出す形で、こんな舞台のようなもの。
木の組み模様、そして小振りの松、能舞台を想い重ねましたが・・。

20-039_GF.jpg

背後のコンクリにはめ込まれた細い帯状の色タイルが、何とも素敵で。



こちらの池は広く、鯉も大きく!

21-047_GF.jpg

フランス語を話す親子連れがやって来て、子供が鯉に餌をやり、
40センチほどもある大きな鯉が、パッシャっと跳ねたり。



緑地と町の墓地との間に通路があり、そこにはめ込まれた輪2つ。
青と茶の色は、光る素材。

22-046_GF.jpg



通路の天井部分。

23-051_GF.jpg

突き当たりに柵があり、奥の、島の舞台部分には行けません。



こちらは、町の墓地との接続部。

24-057_GF.jpg

こちらの墓地も、由緒ある古い大きなお墓が多く、ご夫婦の写真入りやら、
19世紀の年代やら。町の由来を思った事でした。



輪の外を、舞台上の人物のように、先ほどの子供が通ります。

25-055_GF.jpg

ブリオン氏ご夫妻、スカルパ氏のお墓とはいえ、
ゆったりと落ち着く、端正な空間設計なのでした。



お盆のお墓参りもすんだ所で、

一度ご覧頂いた事もありますが、「にゃ~こ」の盆踊りをどうぞ!
はぁい、輪になってぇ・・、 ほれっ

26-5_GF.jpg


くの字になってぇ・・、 よいさっ

27-1_GF.jpg



みんな一緒に、輪になってぇ、はぁ~ぁ、よよいのよいよい・・、

28-2_GF.jpg


め!  めめ! また、sinkaiがふざけているにゃぁ?!

29-s_GF.jpg

あ、にゃ~こ、おかあさんには、お許しを得たよぉ!
怒らないでぇ、踊って、踊って!!

**

緑のお目めの「にゃ~こ」も、あの世に旅立ってしまい、寂しくなりました。      
でもママの「ゆんぴょさん」とは今もメールのやり取りを続けていて、       
にゃ~この後輩「ちぃこ」はこちらに登場です。
日々の足あと」 https://kanakana40.at.webry.info/

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。