・ ウーディネ ・ 中心をほんのチョッピリ

今日は先日行ったウーディネ・Udineの中心を、ほんのチョッピリご案内致します。
大快晴の日曜日、フリウリの青空をお楽しみ下さい!

我が町コネリアーノから東に約85K、フリウリ・ヴェネツィアジューリアの州都
ウーディネがあります。 フリウリ平野の真ん中に位置し、駅前から街の中心迄すぐ。

こちらはドゥオモですが、日曜の朝のミサの最中でした。

1-001_GF.jpg

2-002_GF.jpg

ご覧のように、正面壁は13世紀のままですが、内部は18世紀に改装されています。

ウーディネの人口は現在10万人ほど。 実り豊かなフリウリ平野を抱え、
街のイメージも、のんびり、ゆったりの、穏やかな感じを受けます。

いつも教会周辺は駐車場と化すのが、ここではしっかりと、広場を確保。       
小さな事ですが、街のイメージを確立しますね。



街の中心に2つの広場があり、こちらはそのひとつ、リべルタ広場・Libertàを南から。

3-005_GF.jpg

右側に柱廊が見えますが、その中央上に時計塔があり、上にはヴェネツィアと同様に
ムーア人の鐘つき男が2人。 左には、サン・マルコのライオン君の円柱が。
そう、ウーディネはヴェネツィア共和国の元で、2番目に大きな重要な街でした。



時計塔です。 柱廊部分の真ん中が修復中で覆われていましたので、上部のみを。
真ん中部分は、現在は戦没者の慰霊廟の様子。

4-010_GF.jpg



広場は、道よりも1mほども高く造られていて、この日はぐるっと車展示の催し開催。
お昼前で、そろそろ人出が増えていきます。

5-007_GF.jpg

広場に向き合って見えるのが、リオネッロのロッジャ・La Loggia del Lionello
と呼ばれる15世紀の物。
壁の石の色のピンクと白、窓の形、いかにもヴェネツィアですねぇ。
このロッジャの中も素晴らしく、円柱の飾りも素敵なのですが、またの機会に。



リベルタ広場の時計塔の写真左に見える女神像の後で、写真撮影をしていて、
最初は、結婚式の記念撮影かと思ったのですが、
宣伝写真の様で、本物の新婚さんでは無く、で、にこやかに、ポース!

6-008_GF.jpg



で、アップもお見せするのも、実はこの皆さん方はイタリア人ではなく、
スロヴェニア辺りと思われる言葉で、ええ、こうして見ると、やはり少し違いますね。
特に男性がね。

7-009_GF.jpg



リベルタ広場から少し西に、このマッテオッティ広場・Matteottiがあります。
エルベ広場とも、サン・ジャコモ広場とも呼ばれる様子で、ここが市民の中心広場で、
毎週土曜には市が開かれるそう。
 
8-013_GF.jpg

ここも中心が少し高くなっていて、泉があり、周囲を幾つものバールが取り囲み、
お昼前のひと時、大賑わいなのです。



広場の西にサン・ジャコモ教会があり、その前の円柱の、聖母子像。

9-019_GF.jpg

教会は14世紀末の物で、正面壁の白い石は、イーストリア産だそう。
これもやはりヴェネツィア同様、アドリア海の向こう側の国との深い繋がりを示します。



広場の南側、日影のバールの席も、ご覧の様にいっぱい。
日曜日のお昼前、生活を楽しむ人々の姿。

10-012_GF.jpg



広場の中心にある泉の上部ですが、 お天気のせいか、後の建物の壁の色が
綺麗で、小さい窓が幾つも並ぶのにも惹かれました。
11-016_GF.jpg       



泉の周囲。 とにかく、家族連れが多いのです。 皆、秋のお天気を楽しんで。

12-017_GF.jpg



サン・ジャコモ教会の横。 古い、いかにも中世の建物も見え、井戸も見え・・、
お喋りを楽しむ大勢の人々。

13-018_GF.jpg



こちらは広場南側の建物。 やはり大体5階建てで、窓が連なり、壁画の名残も。
建物の幅、間口が狭いのは中世の街づくりの特徴で、結構、奥に長いのですよ。
      
14-014_GF.jpg



マッテオッティ広場の、北西の隅から少し奥に行ったところ。
建物の形、庇の様子、いかにも古そうですが、窓には、こんな鮮やかな色ガラス。
何だと思われます? 魚市場、と書いてありました!

15-022_GF.jpg



この一見、可愛い小さな窓、実はこの右にも、もうひとつ。
上に見えるロカンダの文字が示す様に、左に入り口ドアがあり、レストランなのですが、
この調理場の窓で、ワインとおつまみが買え、立ち飲みできるのですね。

16-025_GF.jpg

実は、今回のこのウーディネ行きは、ブログ「オリーヴオイルを追いかけて」の
ルナさんがウーディネにやって来られたので、お会いし方々、翌日の見学にも、
厚かましく、加えて頂いたというわけです。

ルナさん、そして皆さん、ありがとうございました!
この可愛い場所は、ご一緒していた方に連れて行って貰ったという訳です。
ご一緒させていただいた見学の模様は、また、改めてご案内いたしますね。



で、こちらのみならず、あっちでも、こっちのむこうでも、皆さん、アペリティーヴォを。

17-027_GF.jpg

このオレンジ色のはスプリッツという、アルコール分の少ないアペリティーヴォで、
ちょうど射し込む陽に輝き、本当に綺麗!
手前の男性の影に、向こうのグループの女性がいて、乳母車を押す若いマンマでしたが、
やはり彼女の手にも、オレンジ色のスプリッツ。



アペリティーヴォも飲み、準備万端。 で、お昼を食べに。
ここも、教えていただいたオステリーアで、海賊君がお出迎え。

18-028_GF.jpg

土地の人相手のお店のようで、料理もフリウリ風が多く、一度ガイドブックの写真で
ご案内の、チーズにジャガイモを入れて焼くフリーコを一口頂きましたが、美味しかった!

入り口脇の樽テーブルでは、シニョーレが、新聞とアペリティーヴォをお一人で。



お昼の後、お城への道を辿りました。 「お城」と呼ぶのは、最初にご案内の
リベルタ広場の脇道を上った所にあります。
       
これは、この辺りの建物の壁に残るフレスコ画。

19-039_GF.jpg

イタリアの歴史ある街どこもそうですが、現代的に改装された大きな建物が多い中に、
古い物が混在している事で、
そして、ウーディネの街は、どこか、お金持ちの農村、のイメージがある様な気が。



リベルタ広場からお城への坂道、下にボッラーニのアルコ・L'Arco Bollaniが
あり、写真が逆光で、門上のサン・マルコのライオン君が見えにくく残念。

20-043_GF.jpg

この門はアントニオ・パッラーディオの設計になる、16世紀のものだそう。
で、左端に少し見えるのが・・、



こちら、リッポマーノの柱廊と呼ばれる物ですが、いつもこれを見ると思うのです。
ちゃんと道があるのに、何で、こんなもの造ったんだろうと。
お城への道で、重要な方も通られたでしょうが、雨の日以外余り必要ないような・・。

21-042_GF.jpg



で、上の緩やかな坂以外に、先ほどの門から、こんな急な階段が、
やはりお城に続いているのです!

22-041_GF.jpg

で、やはり先ほどのモデルさんが、衣装を変えて、お仕事中でした。
ア、またさっきの日本人が写真を撮ってる!と皆さん、笑っているような。ははは。

お城といっても、大きな四角い建物で、現在は博物館と美術館に。
大きな草原の広場があり、ウーディネの街が一望。 また、ご案内いたしますね。



これは、門脇にある水のみ場。 お多福ちゃんがいるようで、可愛いでしょう?

23-045_GF.jpg



最後に、リベルタ広場の円柱上のサン・マルコのライオン君を。

24-035_GF.jpg

この広場周辺だけでも、ざっと考えて、有翼のライオン君、4~5頭います!
抜けるような、秋の青空を最後に。

イタリアに来てすぐの頃はこの広場が、ウーディネが、何となし余り好きでは無く・・。
でも、今はまた別の感慨があります。

イタリアのそれぞれの街に慣れ、個別の良さを、素直に受け取れる様になったのかもで、
ウーディネを、フリウリを、もう少し、良く知りたいと思います。

フリウリの味についてのご案内は、
生ハムの サン・ダニエレ・デル・フリウリ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462970208.html
       
フリウリの、ヴィーノ・ビアンコ(白ワイン)!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461014254.html
 
フリウリの チーズ! ガチョウ! ポレンタ!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461014090.html
                              
生ハムとユダヤ人の足跡 フリウリ・ヴェネツィアジューリア
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461013826.html
        
       
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。