・ n.2 マントヴァ・Mantova と、サンベネデット・ポー・San Benedetto Po

天正4少年使節のご縁で訪れた、マントヴァと、サン・ベネデット・ポーのご案内、
その2を続けます。 で、なぜ、サン・ベネデット・ポーなのか・・、ご覧下さい!
九州大村からの皆さんのグループと無事再会し、テ宮殿・Palazzo Teの見学に。 

16世紀の半ばにゴンザーガ家のフェデリコ2世が街の外につくり上げた、
浮世を忘れるための別荘!ですが、

1-056_GF.jpg

ここの素晴らしさというか、度肝を抜くような大きさ、などなどは、こちらのサイトで。
http://www.itis.mn.it/palazzote/
       
ご覧の通り、余りの大きさ、広さで、写真に撮っても、ああ・・・!



これが全体の大きさの木の模型で、上の写真は、右の四角い建物の中庭部分。
    
2-065_GF.jpg

テ宮殿のテ・Teは、何を意味するかと思いましたら、この宮殿が建設された島が
Tの字形だったそうで、お茶の、テでは無いとの事、はい。



浮世を忘れるため、愛人との愛の巣のため、など等、これでもか!というような部屋、
装飾なのですが、気に入ったのは、この「馬の部屋」。

3-072_GF.jpg

フェデリコ2世は、馬の飼育でも有名な男で、ここに描かれた馬達も、
それぞれ名前を持つようです。

ええとここに名の出るフェデリコ2世というのは、ルネッサンスの女性の中でも筆頭級の、
フェッラーラからお輿入れのイザベッラ・デステ・Isaberra d’Esteと、
フランチェスコ2世ゴンザーガの嫡男の事です。



馬も彫像も、全てだまし絵的な手法ですが、色の落ち着き、部屋全体のイメージが、
他の部屋に比べて大変良いと・・! 馬の大きさは、実物大に描かれているそう。

4-073_GF.jpg



鷲の間。 ご寝所だったとか。

5-079_GF.jpg

凄いねぇ! という部屋ばかりで、「愛とプシケの間」という大宴会の壁画の中では、
皆さん、フリー・スタイルで、ライオンや、犬まで酔っ払っているのです、あはは。



中庭を持つ四角い建物から出たテラスの横に池があり、魚を飼育していたそうで、
何もない庭園の、この広さ!

6-083_GF.jpg



再度、ドゥカーレ宮に戻り、皆さんと内部拝観。
     
1585年春にローマを訪問した後、天正の4少年は、フォリーニョ、アッシジ、
ボローニャ、ヴェネツィアと巡り、いずれの地でも大歓迎を受けましたが、
このマントヴァにも立ち寄り、時のマントヴァ公グリエルモから大歓迎を受けた記録
があり、そのご縁で、今回皆さんと一緒の訪問となった次第です。

これは、ドゥカーレ宮内から見た、お城の中のサンタ・バルバラ教会と鐘楼。

7-087_GF.jpg



お城の中の礼拝堂的教会なのですが、格としては聖堂に当り、1564年に完成。
建設間もないこの教会を4少年達も訪問し、ユダヤ人が改宗する式にも立会い、
千々石ミゲルの名を与え、ミゲル・XXとなったという記録もあるそうです。

2つもある高いクーポラの窓から光が届き、明るい内部。

8-089_GF.jpg



教会内にはパイプオルガンが備わっていて、我々が入って行った時、演奏して
下さったのですが、「星のマリア」という、ミサのための古曲だそうで、
ひょっとしたら、4少年達も聞いたのかも!
       
9-090_GF.jpg

オルガンの扉の絵、受胎告知も素晴らしい!



ソルデッロ広場に再度出て、一時の解放を!
もう日が落ちていますが、諸国旨い物物産展はまだまだ大賑わい。
              
10-106_GF.jpg       



こちらエルベ広場も、まだまだ人々で大賑わい。 三日月が、低くて残念。       

11-111_GF.jpg



ここは、元のイエズス会神学校のあった場所で、現在は国の古文書館ですが、
夜、ここにお邪魔しました。

12-134_GF.jpg

というのもこの古文書館に、マントヴァに滞在した4少年達が、
その厚遇に感謝して出した、礼状が保管されているのですね。



右の男性が、サン・ベネデット・ポー在住の日本人画家の宮田光さん、
左が、この古文書館館長のダニエッラ・フェッラーリ博士。

13-135_GF.jpg

宮田さんご夫婦は、今回のグループ訪問に関し大変なご尽力で、
フェッラーリ館長は、昼の両宮殿の拝観にもご同行くださり、特別に、貴重な資料を
見せて下さったのでした。 厚くお礼を申し上げます。



これが、伊藤マンショの名で出された礼状。
マントヴァで、4少年達は狩をしたり、馬を頂いたり(これは日本まで連れて帰ったとか!)
大歓迎を受けたという事ですが、ミラノに向かう道中から、この礼状を出した模様。

14-121_GF.jpg

達筆に驚きましたが、祐筆が同行していたという事で、その手になるものだろう、と
ご一緒していたグループの先生方に、お聞きしました。

イタリアに現存する日本語の文書では、おそらく最古の物である、との説明があり、
他にも、当時のヴェネツィア政府の通報官が少年の巻き起こしたブームを
報告している文章やら、関連文書が、ここに大切に保管されておりました。

そしてこの拝観後、なおの事素晴らしい事には、フェッラーリ館長のご自宅で、
手作りのお料理で、歓迎して頂きました!!
なんとも、暖かいおもてなしで、一同、大感謝の夜でした。
      


まず、場所の確認に地図をどうぞ。
オレンジの太い線が高速で、ヴェローナ・Veronaはお分かりですね。 
ヴェローナの東120Kにヴェネツィア、ヴェローナ~マントヴァ・Mantovaは43K
マントヴァの南東25K程に、サン・ベネデット・ポー。

15-1.JPG

ガルダ湖から流れ、マントヴァの北を通る河がミンチ河・Mincioで、
西から、サン・ベネデット・ポーの北を通り、ミンチョと合流するのが、
イタリアで一番長い河ポー河、長さは652Kmあります。



翌日朝サン・ベネデット・ポーに向かい、市役所の中で市職員全員のお出迎え!
      
16-144_GF.jpg

真ん中が市長のジャヴァッツィ博士、その右、写真を手にされている方が、
殉教した中浦ジュリアン神父のご子孫に当る小佐々先生、
奇しくもお2人とも獣医博士。
市長の左が、私の友人のご主人九州大村出身の徳田さんです。

昨年徳田さんご夫婦がヴェローナにこられた際、マントヴァで右の宮田さんと会われ、
この町に、日本に知られていなかった4少年関連の石碑がある事が分り、
今回の、この町訪問のきっかけになった、という次第です。
       
町のサイトは、こちら。   
https://www.comune.san-benedetto-po.mn.it/servizi/notizie/notizie_homepage.aspx


     
一同、会議室で、市長さん、助役さん等の歓迎を受け、関連の資料も頂きました。
会議室のテーブルに置かれた、見事なザクロ、ザクロは、歓迎の印。

17-147_GF.jpg



ガイドを務めて下さったニグレッリ氏に連れられ、町を拝見。
この町はちょっと常の町と違います、というのも、サン・ベネデットという名が現す通り、
ベネデット派の大修道院がこの町の核なのですね。

で、まずこの門ですが、かっては唯一の、修道院への門、でした。

18-157_GF.jpg



門を入って、遥かに見る教会。 遥かに、と書きましたが、本当に広い広場!

19-160_GF.jpg

かっては修道院内の庭であり、菜園もあったでしょうが、一般人は入れず、
この素晴らしい教会も修道僧のもので、一般人は壁の外の教会に!

で、この修道院を解放したのはかのナポレオン。
現在は外の教会は無くなり、町の人々の教会です。
手前右に見える2人は、取材のカメラマン!



広場中程から振り返る、入ってきた門。 2層に3つのアーチの続くあの下です。
右に続く建物のアーチの向こうに厩舎があったそう。

20-163_GF.jpg



教会の写真の、右の建物に入口が見えますが、あそこが修道院入り口になり、
中には2つの回廊、写本所、図書館などが。

これは、修道院内の「バルベリーニの階段」と呼ばれる素晴らしいもの。
17世紀前半、ペストの襲来とドイツ軍駐屯による略奪で、衰退した様子ですが、
後、教皇庁の助けにより建設した物とか。

21-166_GF.jpg



上の階段の天井部分に描かれた物で、中心と、屋根の上の風見が繋がっていて、
ここでクリスタルでできた針が、風向きを示したという、なんとも優雅な物。

22-168_GF.jpg

「薔薇の風」と呼んだそうですが、修道院というより、王侯貴族の趣味の様な・・!



サン・ベネデットの回廊と呼ばれる部分。 なんとも広~い感じはお分かりと。

23-175_GF.jpg

奥に見える建物がかっての大食堂だったそうですが、展示館になっていて、
開催中の「ポリローネ・マティルデの修道院1000年展」を我々も拝見しました。
で、手前右のアーチの部分、現在の食堂で、お昼をご馳走になったのです!!
       


上の、元の大食堂の地下が、現在、石碑類の博物館になっていて
そこに、少年の記念碑があり、真ん中に2つ並んでいる手前がそれです。

24-124_GF.jpg

25-114_GF.jpg

見え難いですが、原文はラテン語で、そのイタリア語訳から、宮田さんが
日本語に訳してくださったので、ご紹介します。

信仰心なくして如何なる事が成されるであろうか!
対蹠地の住民(日本人)の事を、より古い人民(イタリア人)は、
その存在を容易に認めようとしなかったのであったが、日本の諸王側から、
祖国に於いて最近開始したキリスト信仰を、至聖なるローマ教皇の面前に
表明する事を熱烈に欲した。
使節のマンシオ(伊藤祐益)、ミケーレ(千々岩清左衛門)、マルチノ(原)、
そしてジュリアノ(中浦)はローマ法王グレゴリオ13世に最高の名誉でもって
謁見せられ、使節の使命を果たし、生地に帰還の途中に、信仰愛の為に
この神の家を訪れた。 
いとも尊きラタンツィオ神父、この僧院の大修道長は彼らがベネデット派の僧の
家族に宗教的に迎え入れられ、そしてまた大変記念すべき事なので
長い間記憶に残るようにこの碑を造る。  1585年7月15日

彼らが、イタリア各地に巻き起こした感動が目に見えるようですね。



先に、この建物は元大食堂であったと書きましたが、この地下博物館は
かってのワイン貯蔵庫だったようです。
       
26-184_GF.jpg

大教会、回廊、写本室、後にご覧頂くかっての医療施設、そして貯蔵庫。 
修道院生活が、髣髴とされます。 これは、隅から見える連絡通路。 



この肖像が、マティルデ・ディ・カノッサ・Matilde di Canossa.

27-186_GF.jpg

さて、と調べました。 
中世における半ば伝説的人物でもありますが、カノッサ家は、当時この一帯の
大封建領主で、法王と皇帝との長い権力闘争の間にあって、
平和の為に、尽力もした様子。
  
この修道院の正式の名は、ポリローネ修道院・Polironeで、ポー河と出会う 
Lirone川との中洲に、彼女の祖父テダルド・Tedaldoが1007年に
建設した修道院、という事で、
ポリローネという地名が、現在のサン・ベネデット・ポーになった事、等を知りました。



という事で、「ポリローネ・マティルデの修道院1000年展」が
ここサン・ベネデット・ポーと、マントヴァで開催中なのを、拝見しました。

28-187_GF.jpg

これは、ぶどう酒のタル詰めの場面で、いかにも中世のイメージで好きです。



11世紀の、極彩色の手稿写本。 人物はサン・ベネデットと。

29-196_GF.jpg



で、食堂で、お昼をご馳走になりました!

メニューは、サルシッチャ・ソーセージのリゾットで、肉のから揚げ、生ハム、
茄子のオイル付けなど。
       
白ワインも出て、車で戻るのをすっかり忘れていて・・!

こちらは、ガイドを務めて下さったニグレッリ氏とこの僧院の神父さんが、
歌を披露してくださった場面。
ヴェルディの、「行け!黄金の翼に乗って」でした。

30-201_GF.jpg

お昼をご馳走になった後、グループの皆さんは、最終地のミラノに向け出発、
私は家に戻りました。
  
ご縁があって、ローマ、ヴァティカン、そしてマントヴァ、サン・ベネデット・ポーとご一緒し、
大変貴重な資料を見るチャンスを得ました。
お世話をして下さったイタリア側の皆さん、宮田さんご夫婦、
そしてグループの皆さんに感謝です!



8月末の夜、真夜中ごろの広場と教会を最後に。
      
32-112_GF.jpg 

長い記事、お付き合い有難うございました!!
     
    
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****


コメントの書き込みについてのお願い。
ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 マントヴァ・Mantova と、サンベネデット・ポー・San Benedetto Po

今日は少し長くなりますが、と先にお断りして置きまして、天正4少年使節の
ご縁で訪れました、マントヴァと、サン・ベネデット・ポーのご案内です。

マントヴァは遥か昔の訪問以来3度目ですが、
サン・ベネデット・ポー・San Benedetto Poは、初めての土地。 
大変貴重な資料も見せていただき、暖かいおもてなしを受けました。 
ゆるゆると、ご覧下さい!

後ほど地図をご覧頂きますが、マントヴァに行くにはヴェネトからだと、高速の
ヴェローナ南を過ぎ、モーデナ・Modena方向、南に向かって40k足らず。

1-002_GF.jpg

北からマントヴァの街に入る際の、素晴らしい眺め!
ガルダ湖からのミンチョ川・Mincioが、マントヴァの街の北で上の湖、下の湖と
呼ばれるほどの水量をたたえます。

マントヴァには昨年の初夏に立ち寄り、今回は8月末と10月と2度訪問。
8月に出かけた時、上の風景を、おお!と見ながら街に入り、先にドゥカーレ宮を観、
お昼を食べて戻りましたら、ああ、逆光になっていました!
ですからこれは10月に再挑戦の写真で、



橋を渡る前にこんな公園があり、そこからの眺め。

2-011_GF.jpg



上の写真の、ドゥカーレ宮の左半分。
真ん中の大きな丸屋根はサンタンドレア聖堂・Sant’Andrea、
その右手前は、城内の教会サンタ・バールバラ・Santa Barbaraの鐘楼。

3-014_GF.jpg



こちらは8月の末。 水辺に咲いていた河骨。

4-040_GF.jpg



岸辺に、遊覧船の発着場が2箇所あり、ガイドブックによると、大変素晴らしそう。
月夜の、特別なクルーズもあるようです。

あ、魚釣りしている、と小さなボートを写しましたら、なんともう一人、乗っておられ!

5-039_GF.jpg



湖を渡り街に入って行くと、すぐにドゥカーレ宮の前のソルデッロ広場・Sordelloで、
この細長い広場の半分が駐車場になっています。
初回は大変運よく駐車でき、すぐ前のドゥカーレ宮・Palazzo Ducaleの見学を。
 
6-002_GF.jpg     

昔見た時よりもずっと整備され、見学できる範囲も広くなっていました。

但しこの広場側から見える建物は、正式にはカピターノ宮・Capitanoだそうで、
ゴンザーガ家・Gonzaga以前の街の統治者であったボーナコルシ家・Bonacolsi 
の12~13世紀の建物との事。        



広場に沿って、ドゥカーレ宮の柱廊が長く続きます。
このドゥカーレ宮内部は次々の増築により大きくなった様子で、大変複雑。

7-005_GF.jpg



ドゥカーレ宮内部に湖に面した側のお城、14世紀の末から15世紀にかけ建設の、
サン・ジョルジョ・San Giorgioの城があり、
そこに、マンテーニャ・Manntegnaの壁画で有名な夫婦の間・
Camera degli Sposiがあります。

8-028.jpg

この写真がその一部ですが、よく分るサイトを見つけましたので、ご覧下さい。
http://www.cameradeglisposi.it/storia.asp

Video、photogalleryの項目で、かなり詳細に分ります。
今回、椅子の下のワン君の名前が、Rubino・ルビーノと分り、笑えました!

ドゥカーレ宮全体のサイトは、
http://www.mantovaducale.beniculturali.it/HomePage 

上のメニューからPercorsiをクリック、その下に出るVideotour dei percordi
をクリックされると、あれこれと城内見学が楽しめます。

ルネッサンスの歴史で有名なイザベッラ・デステが、ゴンザーガ家にお輿入れし、
住んだ城でもあり、500以上もの部屋があるという宮殿、ごゆっくり!



長い建物の中途の門で、庭に通る事が出来ます。

9-004_GF.jpg

古い建築物の壁に、よくこの様に赤と白で単純な柄、縞、格子、ジグザグとか
描かれていますが、これが意外と大きな効果を発揮していて、好きです。



門の内側には、こんなフレスコ画の名残が。
単なる紋章だけもあり、デザイン性に飛んでいる部分もあり・・。

10-006_GF.jpg



8月末の庭園の模様。
       
11-007_GF.jpg

お城の中には中庭に当たる部分、実は2階の高さに庭園を造り、
それを眺めつつ大宴会をする、という大変贅沢で、優雅なお部屋も。



ソルデッロ広場では各種催し物が行われる様で、8月には年代物の車が、
番号をつけて、所狭しと並んでおり、

12-012_GF.jpg

で、10月に行った時は、


       
諸国旨い物物産展、開催中!

13-048_GF.jpg

年代物の車の時よりも人出が多く、駐車場は満員でぐるっと回ってきて、やっと。
私の横のちょうど空いた隙間に一台滑り込んで来て、運転していた男性が、
ぱっ、ぱっと感謝の十字を切るのが見え、うぷっ、と吹き出すのを、ぐっとこらえ・・!

秋晴れの快晴の空の下、美味しい物を試食し買い込む人々で、大賑わい。
真ん中に見える黒い牛の像は、記念撮影に一役買い、
右に見える紅葉の木は、菰巻きで運び込まれた物。
広場の北側を占める荘厳なバロック様式は、マントヴァのドゥオモ。



これは、シチリアの手押し車で、極彩色の絵が描かれ、飾りたてられた物。

14-054_GF.jpg

でも、余り皆さん見惚れないのです。先程の黒い牛とか、もっと先の広場にあった
たくさんの豚ちゃんの像には興味を示して、記念撮影するのに、ね。
やはり、食い物かな、イタリア人には?!


とにかく、あるとあらゆる旨い物、ハム、ソーセージ類、チーズ、蜂蜜、タルトゥフォ、
オリーヴ油、ワイン、オイル漬け食品、お菓子、トルタ類・・。

15-051_GF.jpg

イタリア各地の地名が見えます。ソルデッロ広場に繋がる、他の2つの広場でも
開催中で、会場が広い分、美味しい物だらけ!

夕方、この広場に一時解放された!九州からのグループの方々も、
もの凄く嬉しそうにあちこち巡っておられました。 そう、これが旅の大きな楽しみね。



ソルデッロ広場は、一旦こうして終わり、
このアーチの手前側は、ブロレット広場・Broletto。

16-032_GF.jpg



ブロレット広場は、上の写真のアーチと、こちらの塔・Torre della Oreに
挟まれた部分で、ソルデッロ広場の半分の広さもありませんが、

17-025_GF.jpg

レストランの椅子席が並び、庶民の生活の場が始まる広場、でしょうか。



ブロレット広場の隅のレストランで、ちょっと庶民的なイメージの店。

18-030_GF.jpg

shinkaiは、も一つ先のエルベ広場で2度お昼を食べましたが、どちらの店も
美味しかった! どうやら、マントヴァは食道楽の街、の感あり。



これは、ブロレット広場に続くエルベ広場・Erbeの、一番南端の美しい時計塔と、
円形の、ロトンダと呼ばれる、サン・ロレンツォ聖堂。
この背後には、広場いっぱいにラジョーネ宮・Ragioneが長く続きます。

19-061_t_GF.jpg

この写真は昨年初夏の物で、広場の足元が工事中か何かで写したくなく、
狭苦しい印象ですみません。



時計塔のアップ。 15世紀の作で、当時としては大変な精密な時計で、
外側の針が時を示し、中の針が星座を示しています。

20-063_t_GF.jpg

そして月歴、太陽暦も、中の青と金色で現しているのだそうです。
塔の設計は、どうやらレオン・バッティスタ・アルベルティであろうと。



エルベ広場の南西角に、このサンタンドレア聖堂・Sant Andreaがあります。
レオン・バッティスタ・アルベルティ設計で、中にアンドレア・マンテーニャのお墓が。

21-015_GF.jpg

マントヴァに、マンテーニャの有名な作品があるのは勿論知っていましたが、
アルベルティの大きな作品もあるのは、今回まで気がつきませんでした。

フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の正面壁のデザイン、ルチェライ宮の
設計でも有名な、あのL・B・アルベルティです。
出かける前にガイドブックで知り、彼の設計した別の教会も見に行きました。 
後ほどご紹介しますね。



こちらは、サンタンドレア聖堂のクーポラ。

22-025_GF.jpg

湖越しの街の遠景ではよく見え、その大きさも比較できるのですが、
この辺りは街の一番の中心地で広場が狭く、正面からはこのクーポラが見えずで、
これはエルベ広場でお昼を食べた時の物。



エルベ広場の南側角を占めるこの建物。 「商人の家・Casa del Mercante」
と呼ばれますが、ちょっと面白いでしょう? 今回調べていて、大変興味深い事が。
     
23-021_GF.jpg

ご覧の通り15世紀半ばのゴシック建築ですが、ミラノからこの街に来た羊毛商人
ジョヴァンニ・ボーニフォルテ・Giovanni Boniforteの家だったと。

この街で成功し、ゴンザーガ家とも縁戚になった商人で、
今は、窓も単に渦巻きの形が残るだけですが、当時は、薄いラメの板を張り、
朱色で模様が描かれていたとか!
雲の晴れ間から太陽が覗く時、人々の目を驚かせ、間口は狭いものの、
中の装飾もお金が掛かっている様子。

当時にあって、商人がどれ程の力を持っていたかを、どういう商人になりたかったのか、
を示している家と。 3階の向かって右の窓は少し形が違いますが、
ここだけルネッサンス様式が入り込んでいるのだそう。


      
エルベ広場の裏通り、サン・ロレンツォ聖堂のロトンダ、11世紀にこの一帯を
治めていたマティルデ・ディ・カノッサ・Matilde di Canossaにより建設された
マントヴァで一番古い教会との事。 1m半ほど地面を掘り下げての建設。
       
24-027_GF.jpg

その向こうに、時計塔の後姿、そしてラジョーネ宮。
かってはこのコンコルディア広場から、ラジョーネ宮の裏通り、そして突き当たり一帯が、
ユダヤ人のゲットーでした。
こちら手前側にも興味深い建物がありましたが、今回は割愛を。



ところで8月末の訪問時、L.B.アルベルティの手になるというもう一つの教会 
サン・セバスティアーノ・San Sebastianoを見に行きました。
 
大変に暑い日で、車を遠くに止めて訪ね歩き、皆さんが教えてくれるピッツェリアが
お休みで探しあぐね、通り過ぎ、最後に偶然尋ねた方が設計家で、
自分の車で連れて行ってくれ、説明までいうおまけ付きの、訪問だったのです。
で、こちらがそうです。

25-087_GF.jpg

設計家の説明によると、この前面両脇の階段は20世紀初頭につけられた物で、
本当は、左側に見える柱廊の階段から、上がる様になっていたのだそうで、
当時としては、大変均整の取れた斬新なデザインだった、という事で。
           
      

この教会のすぐ右手に、サン・セバスティアーノ宮と呼ばれる、ゴンザーガ家の持ち物
であった邸宅があり、この教会は15世紀にルドヴィーコ2世の依頼により、
礼拝所として建設され、L.B.アルベルティは、パンテオンを念頭に設計したそう。

26-055_GF.jpg

現在は、戦没者のための礼拝堂に用いられている様子。



大変興味深かったのは、教会内部に、アルベルティの設計した建物の
木の模型が幾つもあったのですね。
何年か前に、アルベルティの展覧会が開かれた際の展示物のようですが、

このサンタンドレア聖堂の模型の様に、実際には正面壁しか見れないものが、
周囲の建物群の中でどうなのかが、よく分ります。

27-062_GF.jpg



こちらは、大変有名なフィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の正面デザイン。
この置かれている場所が余り良くなく、残念です。

28-073_GF.jpg

こういった精密な模型を作る人、について興味を持った事も否めません!
調べている内に、このマントヴァに、L.B.アルベルティの財団もある事を知りましたし、
このすぐ近くに、マンテーニャの家もあります。
そちらは見れませんでいたが、当時の大人物2人の接点が感じられた事でした。
             
       
        
マントヴァの街の地図をどうぞ。

30-812.jpg

ヴェローナからの高速を降りると、右上に突き出した橋、最初の写真で
ご覧頂いた橋に出ます。
緑色をつけた所がご紹介してきた場所で、街の北東部に固まり、
次回にご案内のテ宮殿・Palazzo Teは一番下、南になります。
   

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。