・ マテーラ ・ 世界遺産、そして悲劇の町

今日は、月一ゲストのグロリオーザさんの写真とコメントで、
南イタリア、バジリカータ州の世界遺産指定の特異な町 
マテーラ・Materaのご紹介です。  では、どうぞ。
**

今回は、南イタリアの世界遺産・マテーラを歩きましょう。
この町はイタリア半島を長靴に例えると、ほぼかかとのあたりに位置し、
私はバーリから、アップロ・ルカーネ線という私鉄に乗って行きました。
2両編成で約1時間20分でした。

駅を降りても、駅前付近は普通の街並みですが、10数分歩くと、
サン・フランチェスコ・ダッシジ教会のあるサン・フランチェスコ広場に
着き、ここからが旧市街になります。

001マテーラP8202716_GF.jpg



教会左側の階段を下りていくと・・・

002マテーラP8202717_GF.jpg



このようなサッシの奇観が、突然目の前に広がります。
圧倒的な光景に、立ちすくんでしまいました。

003マテーラP8202732_GF.jpg

サッシとは、イタリア語で石、岩を意味するsassoの複数形で、
岩場に作られた居住地です。



サッソ・カヴェオーソ地区の洞窟教会、サンタ・マリア・デ・イドリス教会
を目指します。 自然の岩をくりぬいて作られた、異色の教会です。

004マテーラP8202770_GF.jpg



2,5ユーロの入場料で中へ。 内部にはフレスコ画がありました。

005マテーラP8202740_GF.jpg

この地区の岩は柔らかく多孔質の石灰岩で、加工しやすいことから、
洞窟式の住居が作られたもののようです。



このすぐ下にある、サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会に向かいます。

006マテーラP8202741_GF.jpg



サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会。

007マテーラP8202744_GF.jpg



教会左の展望台で、野性的な?カップルが、愛をささやいていました。

008マテーラP8202749_GF.jpg



対岸は、こんな光景が広がります。

009マテーラP8202754_GF.jpg



教会の裏は、深い谷になっています。

010マテーラP8202762_GF.jpg



東側対岸の、ムルジャ地区の洞窟住居が見えます。

011マテーラP8202758_GF.jpg

この辺りは、6世紀までは洞窟生活をしていましたが、いつしか都市の
発展とともに、次第に豊かな住民から、順に新市街地に移転を。
そして経済格差が広がり、サッシの住民は差別される対象になっていきます。
大家族と豚やロバが一緒に住む、非衛生的な洞窟内の住民は
極貧の生活に追いやられました。



上方には、ドゥオモの鐘楼が見えます

012マテーラP8202760_GF.jpg



サッソ・バリサーノ地区が近づいてきました。
こちらの方がより密集して、自然の地形に近い形です。

013マテーラP8202766_GF.jpg



なぜか、日本の国旗がはためいていました。

014マテーラP8202768_GF.jpg



イタリアの作家カルロ・レーヴィが、反ファシズムの政治犯として、
この地に流刑になったのは1935年のこと。
彼はこの地の惨状を見て、
「こんな悲惨な貧困の状況は見たことがない」と驚き、
「キリストはエボリに留まりぬ」という本を書きました。

エボリとはナポリから70キロほどの所にある町で、キリストでさえも、
ここまでは慈悲を及ぼしてくれなかったという比喩の表現でしょう。

この写真は、打ち捨てられた洞窟住居の内部です。

015マテーラP8202778_GF.jpg



さらに奥に、もう一つの部屋があります。
こんな狭い場所に、人と家畜が同居していたわけです。
 
016マテーラP8202779_GF.jpg
      
カルロの本がきっかけとなって、国はサッシ対策に立ち上がります。
しかしその政策はサッシ地区の住民1万5千人の「総立ち退き」でした。
「国の恥」という刻印が押され、1960年代に、住民はすべて
立ち退きを強いられました。
この地区は廃墟と化し、10数年は無人の地域となりました。
Sassoという言葉は、墓石という意味にも使われるそうです。



1986年、約20年前から、漸くサッシの本格的修復が始まりました。
サッシからの遠景です。

017マテーラP8202784_GF.jpg



そして最近になって、サッシの歴史的意味が見直され、
住民も戻ってくるようになりました。
1993年に世界遺産に登録され、今では生活の息吹が戻り、
洗濯物を干す光景にも出会いました。

018マテーラP8202735_GF.jpg



高台から見た旧市街です。

019マテーラP8202802_GF.jpg



帰り道、振り返ると、ムルジャ地区の高台に、
さわやかな風が吹きすぎて行きました。 

020マテーラP8202811_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ ヴェネツィア ・ ゴンドラのいる風景

今日は、久し振りにヴェネツィア風景、それも、ゴンドラのいる風景を、
ご覧頂きます。
(ゴンドラのある風景 とすべきか、悩みましたが、いる、で押し通します)

いづれも、春浅き、快晴のヴェネツィア。

サンタ・ルチア駅前からスカルツィ橋を渡り、ローマ広場の方に向かい、
そして南に下り、東に曲がり、サン・パンタロンに向かうあたり。
       
綺麗なゴンドラが、人待ち顔に。

1-006_GF.jpg



サン・ジョルジョを臨んでの、ヴェネツィア定番の位置ですが、
やはり行くと、撮らずにはおられません。
 
2-054_GF.jpg      

ヴェネツィアは、春霞。



リアルト橋から、これも定番ですが、この写真はカーニヴァル期間中、
大変、ゴンドラで賑わっていた日です。

3-030_GF.jpg



ゴンドリエーレの姿が決まり、服装も決まっている、という写真、
これがなかなか、なのです。

4-026_GF.jpg



少し、露出を落として。

5-214_GF.jpg



大変豪華な造りのゴンドラ。
舳先に一面、彫り込みが施され、艫にも見えます。

6-222_GF.jpg



ゴンドラが行く。 カンポ・サンタンジェロから、カンポ・サント・ステーファノ
に抜ける道からだったと。  

7-039_GF.jpg



サン・マルコ広場の、一番北西のアーチを抜けた所にゴンドラの
溜り場があります。
       
8-072_GF.jpg

東側に、カヴァレット・エ・ドージェというホテルがあり、初めて
ヴェネツィアに来た時に泊まった思い出のあるホテルです。



艫の飾りも、こうして見ると色々ですね。

9-062_GF.jpg



舳先の、鋸の歯のような6本は、ヴェネツィアの6区を現すと
言われますが、この飾りにも、それぞれ違う意匠が。

10-060_GF.jpg



これは、タツノオトシゴ? それとも海馬?
房の色も、これは黒ですが、赤い房も多く見られます。

11-064_GF.jpg



細長いゴンドラ内の席にも、それぞれのこだわりが見られます。
ここには、ドージェ・総督が。

12-066_GF.jpg



水に映る光と、黒いゴンドラと、その影。 ゆらゆらと、たわたわと。

13-070_GF.jpg



最初の写真の、ゴンドリエーレ。 人待ち顔で、物憂げに。

14-008_GF.jpg



おいでませ、ヴェネツィアに!
   
15-074_GF.jpg   


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ サルデーニャ島のパン ・ 生活を彩る伝統

今日のご紹介は、旅行雑誌「Bell'Italia」Mondadori出版の
記事と写真で、サルデーニャ島に伝わる美しいパン、

1-3450.jpg

宗教行事、誕生、結婚、お葬式等など、その行事の折々に
家の女達の手で作られ、生活にリズムを与えているパンのご紹介を。



最後に地図を載せますので、場所の確認をして頂くとして、
この、サンタンティーオコ島の美しいパンを、まずどうぞ!

・ サンタンティーオコ島のパン  
これは島と同名の聖人サンタンティーオコ・Sant'Antiocoの祭日
(今年は4月16日、復活祭の2週間後)に捧げられるパン。
あちこちに、金片が散りばめられているのが見えます。
       
2-3700.jpg

最初の写真にも見られるように、これを作るのは家庭の主婦、
千年にも及ぶ、伝統を伝える女達の手によります。



基本の形はハート型。 金属片を刻む様に彫り込みを入れます。
材料は、粉と水と醗酵菌と、そして代々伝えられた、古くからの知恵。

3-3600_sh01.jpg



麦の穂 にも似て。

4-3600_sh02.jpg



花咲き開く、枝。

5-3600_sh03.jpg



小鳥も見えます。 そして最後に金の小片がちりばめられます。

6-3600.jpg



リボンで飾られたパンを、誇らしげに見せる島の女性。

7-3700_sh01.jpg



捧げられたパンのうち、最も美しい物がこの様に、聖人アンティーオコ像の
冠とされ、聖遺物と同じ扱い、を受けるのだそう!

8-3700_sh02.jpg

サルデーニャ島は、言葉も、文化も独特のようですが、
ここに見える男達の服装も、やはり違いますね。



・ こちらは フォンニ のパン  
同じサルデーニャ島でも、所により随分の違いが見られるようですで、
こちらはフォンニ・Fonniのパン。6月24日サン・ジョバンニ・バッティスタの
祭日に捧げられる、大きなトルタ。

9-3804_sh01.jpg

100もの小鳥達が5層になってトルタを囲みます。
材料は、セーモラ・ふすま、そばかす、蜂蜜、アーモンド。
下部のトルタ部分は、ご覧のように各色のリボンで飾られます。



トルタ上部、小鳥たちの様子。 真ん中の巣には3羽の雛が見えますが、
このちょっと変わったパンの意味については、たくさんの論争があるとの事。

10-3804.jpg



・ セディーロ のパン  
こちらは、セディーロ・Sediloのパン。
復活祭に作られる、ゆで卵を入れる形になります。
  
11-3902_sh02.jpg 



これは籠の形をかたどっていますが、サルデーニャの伝統として、
全島で再生を現すゆで卵を使ったパンが作られるそう。

12-3902.jpg

材料は常に、セーモラ、水、塩、醗酵菌。
作られる形は、子供たちには大体、おもちゃの形で、
女の子には、胸に卵を入れた人形を、
男の子には、家畜とか、子馬の形とか。



・ ヌオーロ のパン  
ここでは、ヌオーロ・Nuoroのパンと言うよりも、「サルデーニャのパン」と
言うべき、「カラサゥ・carasau」のご紹介を。
2度焼きした、パリパリの、キツネ色した保存のきくパン、です。

13-4005.jpg

本来は、硬質麦を昔ながらの方法で挽いた粉を使うそうですが、それと、
醗酵菌は水に溶かしたもの、そして小麦粉。 他は一切なし。
写真で見る粉は、如何にもサラサラとして、硬質麦の粉そのもの。

家でこのパン作りに取り掛かるときは、3~4人の主婦の手が要り、
夜、まず窯に火を入れることから始まり、
そして十字を切り、なぜなら、パンは神からの贈り物だから。
そして、次々と手順どおりに運ばれます。



水に溶かした醗酵菌を加え、煉られ、小さい丸い形に、そして、
それが大きな円形にされ、1度窯で焼かれます。
       
14-4104.jpg

それがこれですが、これで十分に美味しいものの、保存がききません。
で、この様に縁を取り去ると、平たい2枚に分かれるのを、
更に、もう一度、窯で焼きます。

ビスコッタート・biscottatoとも言い、これはイタリアの一般家庭でも
余ったパンをフォルノに入れて焼く、 「bi」つまり2度、の意味で、
そうすると、カラカラになり美味しく、日持ちがします、この要領ですね。



・ ボッティッダ のパン
ボッティッダ・Bottiddaで、6月16日サンタントーニオ・アバーテ・
Sant'Antonio Abateの祭日に作られる、パンです。

15-4216_sh01.jpg

材料は、セーモラと水のみで、醗酵菌も、油脂もなし。
円盤型にのばされ、ハート型が4つ切り抜かれ、
それを材料に、花と、野原と、牧場の様子が作られ、飾り付けられます。

左側に、羊飼いらしい人形と、動物のような形の飾りが見えますね
縁も切り取られ、曲げられ、2世代の女達の手によって作られるこのパンは、
聖人の旗飾りの上に載せられて、騎士の行列に加わり、
護衛のパン と呼ばれます。



サルデーニャ島の地図、ご紹介した土地の位置関係をどうぞ。

16-4433.jpg

今日ご紹介のパンは、宗教行事に関連した特別なパンが多かったですが、
それ以外にも、単に、毎日の食事のパンのみでなく、
生活の行事があるたびに、家中の女達が集まり、時に、親戚の女達も
巻き込んで、テーブルを取り囲み作るようで、
まさにサルデーニャの古い田舎の文化、伝統がこのパンに息づいている様です。



・ サンタンティオーコ島の港  真っ青な海と、空。

17-4433_sh02.jpg

この島は地図でご覧のように、サルデーニャ島の殆ど南側に位置し、
かっては、フェニキア族の支配下に置かれた歴史を持ち、
古代カルタゴ人の墓地もあるとか。
 


・ 織物芸術博物館
サムゲオ・Samugheoにある織物芸術博物館の作品。
麦の穂が、モチーフになっていますね。

18-4433_sh01.jpg

後に、染められた糸も見えますが、これは植物染めの糸と。
以前TV番組で、サルデーニャ島の植物染めをしている場所が出て、
その時は、どこか分りませんでした。
が、糸の色が、日本の植物染めの色より大変に鮮やかで、印象深く残り、
一度、訪れてみたい場所です。
       
この博物館のサイトはこちら。
Museo Unico Regionale dell'Arte Tessile Sarda
http://www.gooristano.com/museo-arte-tessile-sarda-samugheo

他に、http://www.iddocca.it
こちらにもサルデーニャの情報がたくさん。 お楽しみ下さい。
     
 
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。