・ トリエステ ・ ミラマーレ  Miramare 

ミラマーレのお城は トリエステから西に7キロのグリニャーノに。

1-20060411160818_t_t_GF.jpg

19世紀の半ばに造られた新しいお城ですが、背後に広大な
植物園を抱え、トリエステ湾に望み素晴らしい眺望を持ちます。



トリエステの高台にあるヴィットリア灯台、ファーロ・ディ・ヴィットリア。
一度歩いてここまで行った事があります! 

2-20060404203046_t_t_GF.jpg
 
1920年代後半に造られたとの事で、灯台の足元には兵士の像、
灯台の天辺には羽を高く上げた勝利の女神が。
夕方街の港から、灯りがクルリ、クルリと回る様子が見えます。 



この一帯の背後は、イル・カルソと呼ばれる石灰岩質の地形で、
海に近い所では絶壁になり、素晴らしい眺望を形づくるのは、
「ドゥイーノ・リルケの小道」でご案内した通りです。

3-20060404203135_t_t_GF.jpg



トリエステからバスに乗り、街を出てすぐ左手にはずっと海が続きます。
砂浜は殆どありませんが、海辺に沿って道が続き、散歩に最適。

4-20060404203320_t_t_GF.jpg

お天気が良く、お時間のある方は、街を出て松林が始まった辺りで
バスを降り、向こうに見えるお城まで、ゆっくり歩くのも一興かと。
イタリアに来られた時ぐらい、ゆっくりと如何?!



これは東を写しているので、突き出す半島が見えますが、
トリエステの海は本当に広く、遠~くまで。
 
5-20060404203411_t_t_GF.jpg

電車で訪れるとモンファルコーネ辺りから海が見え出し、
トリエステに近づくと高い所を走るので、
眼下に海が広がり、煌き、本当に爽快です!



既に、ミラマーレのお城にかなり近づいた辺り。  
一帯の海は自然、野生動物保護の下に置かれ、鴎もいっぱい。

6-20060414173751_t_t_GF.jpg

パンを放り投げると、空中キャッチの妙技を見せてくれ、
鴎と、目が会うのですよ!!   向こう奥が、トリエステ。



この海の水をご覧下さい。 大変澄んでいる事が良くお分かりと。
  
7-20060404203604_t_t_GF.jpg
     
トリエステのような大きな街、港の傍にあっての事ですから、
まだまだ、イタリアは良い国!  ね、そう思われません?!


これはお城の門を入ってからの写真。  
青い海、青い空、白いお城。

8-20060404203743_t_t_GF.jpg



お城と庭園、マッシミリアーノ、カルロッタ。   

9-20060411161048_t_t_GF.jpg

マッシミリアーノ(1832-1867)はメキシコ皇帝になった時、33歳。 
そして3年後革命が起こり、銃殺刑に。
カルロッタは確か、かなり彼より若かった筈。(1840-1927) 
運命というのか、まだ若い二人を襲ったのは過酷な人生でした。

お城や庭園の様子をご覧下さい。  
奥の庭は、もっと鬱蒼とした森、というべき様子です。

注:マッシミリアーノは、ウィーンのハプスブルグ家、オーストリア帝国の
最後の皇帝フランツ・ヨハンの弟で、
カルロッタはベルギー王室出身で、2人は1857年7月に結婚。
1864年4月にメキシコ皇帝となるのを受諾、このミラマーレから船出、
後3年後に悲劇の運命に。
カルロッタはヨーロッパに戻ったものの、正気を失ったまま後の長い人生を。



お城内部・玉座の間で、壁に貼られた紅い絹には MIM の
イニシャルが織り込まれていて、
マッシミリアーノ・インペラトーレ・メッシコを現し、彼自身のデザインと。

10-20060411161230_t_t_GF.jpg

この素晴らしく広く晴れやかな玉座の間に比べ、
御寝所は質素なイメージのモスグリーンの色でした。



庭園からのお城の眺め。
  
11-20060414172024_t_t_GF.jpg

右手に突き出している突堤の先に、スフィンクスの様な像がうずくまり、
ウィーンのベルヴェデーレ庭園にも、もっと大きな物がありました。
ハプスブルグ家に関連しているのでしょうね。 調べてみます。
     


「リルケの小道」のドゥイーノに近い場所だったと思うのですが、
この入り江に近いレストランで、食事をしました。  
なかなか素敵な入り江でしょ。

12-20060414171740_t_t_GF.jpg

4月の初めで、イカ墨のスパゲッティと魚のグリルを食べた記憶が。
店主は、イカ墨のリゾットの方が美味しいと、食べた後で言うアホ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。