・ リルケの小道 ・ ドゥイーノ ・ DUINO

今日は、トリエステの西14,5kmに位置するドゥイーノから、
東のシスティーナ・Sistinaを結ぶ、海に望む全長約2kmの
リルケの小道・sentiero RILKE のご紹介です。

行きましたのは、数年前のちょうど4月4日の復活祭の日、
大快晴で、写真の色が余り良く出ていないのは、
紫外線が強すぎたのだと思います、・・とまず言い訳をして!


トリエステからバスでシスティーナに着き、バス停からじきに
「小道」への入口があります。

20060403002410_t_t_GF.jpg

道から遥かに見下ろす崖下に入り江があり、向かいの山に
点々と白く見えるのは桜の木で、本当にどの桜も満開!
バスでここに来る道々でも、満開の桜が迎えてくれたのでした。




こちら側の断崖絶壁。 Il carso・イル・カルソ・岩と呼ばれ、
この一帯から東のスロヴェニアにかけては、この様に石灰岩質の
ザラザラと荒々しい岩の風景が特徴だと。

20060403002639_t_t_GF.jpg



入り江の東側の断崖絶壁の下には殆ど土地がなく、すぐ海に。
小さな漁港、そして海には何か、養殖の筏が見えました。
奥の断崖上の塔は、電車の窓からも見える古い砦の塔。

20060403002726_t_t_GF.jpg



リルケの小道を歩きながら見る崖。 日本海側で見た断崖絶壁は
海も荒々しく暗い厳しい感じでしたが、ここのは少し違うでしょ? 
石灰岩質との事で岩も白いし、結構植物も茂っています。

20060403002816_t_t_GF.jpg

冬のトリエステは、ボーラと呼ばれる台風並みの突風で有名ですが、
今日は波も穏やかで、いかにも春の海らしく煌いています。



全長約2キロの小道に、ドイツの詩人リルケの名が冠されているのは、
1911~1912にかけて彼がドゥイーノにあるお城に客人で滞在、
この道を散策しながら「ドゥイーノの悲歌・Elegie duinesi」 
を著したからとの事ですが、詳細は・・。

20060403003041_t_t_GF.jpg

小道より、本当は「小径」と書くべきなのかもですが、
この様に断崖絶壁の上を、海に沿い、松林の中を続いています。

辻邦夫が生前ここを訪れ、「世俗化している」との感想を
友人宛に送られたとの事。
私が訪れたのも祭日で、若い人達がたくさんピクニックに来ていて、
それでも日本の観光地に比べたら!と思いましたが、
この辺が、凡人の我との違いでしょうか?!


細い小さな枝に花が少し。 でも春の色。

20060403003127_t_t_GF.jpg



これはドゥイーノのお城の新城、と呼ばれる方ですが、
元々は古く14世紀に遡り、古い城、と呼ばれる遺跡も残っています。

20060403003217_t_t_GF.jpg

かのダンテもお客になったという歴史があり、
現在もThrum und Taxis公の子孫が住んでおいでとの事。
残念ながら現在は非公開。



小道から見える、断崖と海の様子をどうぞ。

20060403003311_t_t_GF.jpg

20060403003632_t_t_GF.jpg



西のドゥイーノに着いた所にも小さな入り江があり、 
海に下る坂道の家々の庭の桜が、見事に満開、
花の重みで枝が下がるほどでした! 
 
20060403003722_t_t_GF.jpg

20060403003812_t_t_GF.jpg

日本の染井吉野と違い、こちらの桜は白い桜ですが、
桜はやはり桜、見事です。   
あと何回、見れましょうか?!
 


この古いお城には、伝説「ダーマ・ビアンカ・貴婦人ビアンカ」の
悲しいお話が伝わっていて、 
暴虐な城主の不幸せな花嫁ダーマ・ビアンカは、
断崖から身を投げ、岩に叩きつけられて亡くなった、と。

20060403004129_t_t_GF.jpg

が、この春爛漫の花盛りの光の中では、悲劇の模様も薄れ加減・・。



木の間から見る新しいお城を最後に。 

20060403003952_t_t_GF.jpg

ドゥイーノの入り江にアッラ・ダーマ・ビアンカ・という小さなホテル、 
ガイドブックによると7部屋ほどの小さなホテルですが、海に望み
大変素敵な場所でした。  
ここに泊まって、夕陽を眺めながら魚を食べたら、さぞ素敵だろう、と。
どなたか先に試されたら、様子をお知らせ下さい!



ドゥイーノを訪れた後、トリエステのサン・ジュスト教会に回り、
古い教会内の柱に、こんな可憐な花飾りがされているのを見ました。

20060403004439_t_t_GF.jpg

なんと素朴で心豊かな、復活祭の飾りでしょうか?! 
古い教会に、まさに春を運んでいる様でした。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。