・ n.1 カプリ島の散歩道、 見晴らし台に 

この春カプリ島に行った時、島のあちこちに幾つかある見晴らし台の一つ、
島南東部のトゥラガーラ・Belbevere di Tragaraにゆっくりの散歩をしました。
午前中はどんよりの曇り空でしたが、お昼を済ませた後いざ歩き始めると、
ぐんと素晴らしいお天気になり、

町の中心から少し離れただけで、他の観光客に出会う事もない、大きなお屋敷や
ホテルの間を縫って続く小道。 そして静かで穏やかな美しい一帯で、
海が垣間見える頃になると、なんとも言えない良い心地!

1-1-879_GF.jpg

ああ、ここはまるで別世界だ! と感嘆しましたが、
今日はその散歩道の様子をご覧下さいね。
上は、青空の下の街頭。



地図をどうぞ。 最初は島全体で、北にある港マリーナ・グランデ・
Marina Grandeにナポリとの連絡船が発着、ソッレントにもここから。
右側の中心がカプリ・Capriの町の中心で、港からも、島の左に見える
アナカプリ・Anacapriへもバス連絡が常に。
島の南東に見える部分が、観光名所で有名な3つの島。

1-2-ri1_GF.jpg



で、カプリの中心から南東部の拡大がこちらの地図で、

1-3-ri2_GF.jpg

左上の緑の四角をつけたウンベルト1世広場・Piazza UmbertoIが、町の中心の
展望台のある所で、お昼から出かけたトゥラガーラ・Tragaraの見晴らし台は
町の中心から南東に、

続けてn.2で見て頂く予定の、サン・ジャコモ修道院・Certosa di San Giacomo
の横の庭からの眺め、にも緑の枠で印を。

距離的には大した事はないすが、本当にのんびりとした気持ちであちこちを眺めつつ、
お屋敷の庭を覗いたりしながらゆっくりの散歩を楽しみ、
春の陽射しを浴び、素晴らしい眺望を堪能したのでした。
では、皆さんもごゆっくりどうぞ!



これはサボテンの一種ですよね? まだ町中のホテルや高級店が立ち並ぶ辺りの
写真ですが、この島の植物の繁殖の見事さにも驚き!
鉢植えどころか、まるで木の様に大きくしっかり育っていて、
カプリ島が如何に暖かく、陽光に満ち満ちているかの証拠ですね。

2-880_GF.jpg



お昼を食べたレストランで、教会の所でまがって、と教えて貰っていたのですが、
木立に隠れ、危うく見逃す所。

3-881_GF.jpg



教会の角にあったトゥラガーラ通りの標識。 ホテルの案内もみなタイルで
埋め込まれ、角を曲がってからは、一層小道の様子が穏やかに。

4-883_GF.jpg



小道脇に立ち並ぶお屋敷のテラスには、テラコッタの大きな鉢があったり、
そしてその向こうに広がる水平線が垣間見え・・。

5-887_GF.jpg



小道の山側のお屋敷の門柱の上の鉢。 ヤシの木も何もかもしっかりと茂り、

6-891_GF.jpg



道脇には、こんな散歩者用ベンチもあちこちに。

7-897_GF.jpg



遂にお屋敷のテラス越しにこの眺め。  おお、見えた!

8-892_GF.jpg



その右側は、こんな崖上のお屋敷群。

9-907_GF.jpg



マリーナ・ピッコラ・小さい港と呼ばれる部分。 素晴らしい水の色が見え始め・・、

10-908_GF.jpg



まだ先に進みますが、道幅の狭いこのカプリや、ポジターノでも見かけた
この手の電動小型車、可愛いでしょう?!
これはどうやら市の物の様子ですが、

11-909_GF.jpg



フロントガラスの下に、こんなカタツムリ、はは。

12-912_GF.jpg



ふっと覗いたお家の庭には、びっしりと見事な苔が生えていて驚きましたが、
この島は、雨量が多いのかも。 勿論ね、植物の繁殖力が凄いのも納得ね。

13-911_GF.jpg



見上げるお庭には、レモンがたわわ!

14-914_GF.jpg



「清掃と静寂は良き生活の指針 尊重しましょう」

15-915_GF.jpg

そうなのですね、カプリの中心には確かに観光客で溢れた俗な町がありましたが、
こうして一歩中に入ると、素晴らしい自然に囲まれ、陽光に溢れた別天地。
自然の素晴らしさを、お金をかけ享受している、という印象を受け、
なるほどなぁ、とちょっとした感銘を受けたのでした。

町や村の素晴らしさも、貧しさからは生まれにくく、
美しさや人間の尊厳を保つにも、ある意味お金が必要、という・・!

ゴミ問題が何度も繰り返されているナポリの街、
あの街からほんの何十分か船でやって来た所にあるこの美しい島、
その比較からも、ちょっと感慨深い物がありました。

我々が訪問した時のナポリは、運がよくというか、
ゴミ問題が一旦片付いた直後で、問題はありませんでした。
楽しんだナポリの街の様子をこちらに。
       
n.1 ナポリ街歩き、 そして周遊バスの上から
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464224566.html

n.2 美しきナポリ、 周遊バスの上から
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464224793.html

カステル・ヌオーヴォ ・ ナポリ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464232240.html

ナポリ、夕暮れが迫る頃
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464232415.html
  


お屋敷が途切れ、崖がすぐ迫る道脇からは、時にこんな風に煌めく海が覗き、

16-916_GF.jpg



そして明るいエメラルド色も見え、

17-918_GF.jpg



漸くに、トゥラガーラの展望台に到着。
マリーナ・ピッコロの港付近、突き出す岬の先っちょ、

18-921_GF.jpg



エメラルド色の蕩けそうな水の色。

19-926_GF.jpg



こんな風に展望台があり、皆ゆったりと眺望に身を任せ、

20-977_GF.jpg



海の色を覗きこみ、

21-980_GF.jpg



煌めく海。

22-972_GF.jpg

このトゥラガーラの展望台の脇には、立派なホテルらしき物があり、
閉っているようでしたが、碑文があったので写しておき・・。
元ヴィッラ・ヴィズマーラ・Villa Vismaraと言い、1920年代に建てられたそう。
       
で、第2次大戦後期にはアメリカ軍の本部が置かれ、アイゼンハワー将軍や、
イギリスのチャーチル首相も来た事があったとか。 その後ホテルに改装されたと。



展望台から下に、海に続く道があるので行ってみますが、
とにかく、植物の繁殖が凄い!
       
23-945_GF.jpg

という所で、n.2のこの続きをよろしく!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク