・ n.1 ラヴェッロには、ワーグナーの旋律がよく似合う 

今日のご案内は、世界遺産指定のアマルフィ沿岸にあるラヴェッロ・Ravelloの町、
というよりも、小さな高台の町にあるヴィッラ・ルーフォロ・Villa Rufoloをどうぞ。

1-690_GF.jpg

タイトルは、どなたかの言葉をお借りして洒落てみましたが、
これはまさにこのヴィッラ・ルーフォロで私自身が感じた印象で、どこか時代がかった
庭園の中をふわふわと漂っている様な、そんなちょっと不思議な感覚を味わい・・。

写真はラヴェッロの町に行く分かれ道、アマルフィ~サレルノを繋ぐ道からちょっと
高台にあるラヴェッロ、そのバス停にあった、案内の大きなモザイク標示。
何の動物か魚か、ラヴェッロ・音楽の町と。



アマルフィ沿岸一帯の地図をどうぞ。 カプリ島が左下に、北に真っ直ぐの航路の
先がナポリで、ポンペイ・Pompeiが真ん中上に見えますね。

2-ama_GF.jpg

我々はカプリに3泊の後、ソッレント・Sorrentoに船で20分程。 ここからバスで
山越えしてポジターノ・Positanoを通り、アマルフィ・Amalfiに、約1時間半。
アマルフィから海岸沿いをずっと1時間10分程東に行くと、
サレルノ・Salernoに出る、という土地ですが、

このバスというのがまた高速を通るのと違い、狭い狭い曲りくねった山道、
海岸沿いの崖の上をくねくねと行くバスで、まさにヘアピン・カーヴの連続。
詳細はまたくわし~~く書きますです!

で、アマルフィから東に少し行って、山道を上るとラヴェッロですが、バスはもう少し奥に
見えるスカーラ・Scalaという村に寄り、戻る形でラヴェッロに停まります。
       


なんという町なのか、途中のバスの窓から。
お天気の良い暖かい日でしたが、靄がかかり、奥に見える海がはっきり見えず残念。

3-948_GF.jpg



ラヴェッロに着くと、展望台兼の道脇が停留所で、張り出しテラスの
屋根の上の猫ちゃんが、お出迎え。
目はつむっていても、ちゃんと聞いているのですよ。 奥に見える水色は、海の色。

4-958_GF.jpg



まずは、猫ちゃん越しの展望を。  真ん中にちょっと張り出している裏側にミノーリ・
Minoriの町があり、その向こうに見えるかなり大きな町がマイオーリ・Maiori.       

5-953_GF.jpg

6-956_GF.jpg
      
アマルフィ沿岸のどの町とも同様、マイオーリも夏のヴァカンス客で賑わうそうですが、
ご覧の通りこの浜は結構長く、町から直ぐですから、貸しアパートが大変多く、
確かにまだ閉った窓をたくさん見かけ、・・この情報はタクシーの運転手さんからね。

見える段々畑はレモンと、チェードロ・cedro、レモンよりもっと大きなシトロンの畑。



ラヴェッロのバス停の右手、つまり山側にトンネルがあり、そこを潜り抜けると町の広場。
で、トンネル内の両壁にずらっとこんな風にポスターがぎっしり。
       
毎年夏にラヴェッロ・フェスティヴァル・Ravello Festivalというクラッシック音楽、
映画、文学等など、文化の祭典が行われていて、今迄の催しのポスターなのでした。

7-960_GF.jpg

これを撮ったのは、マン・レイの懐かしい写真が見えたからで、停留所のすぐ傍に
ワーグナーの顔も確かにあったのですが、

トンネルが暗く口をあけているし、フェスティヴァルの事を知らずに行ったので、
眺めながら通りすぎ、知った戻りには、写真を撮るのを忘れてしまい・・。
フェスティヴァルについては、また後ほどに。



トンネルを抜けてすぐ広がる広場脇のドゥオーモ。そう、ラヴェッロの町のドゥオーモ。
ご覧のように18世紀に修復されたようですが、オリジナルは12世紀だそうで、
残る鐘楼は13世紀のものと。

8-964_GF.jpg



ドゥオーモの正面扉脇にあった円柱。
午後遅めの時間に行きましたので、中は見れませんでしたが、
ガイドブックによると、素晴らしい説教壇などもある様子。
 
9-983_GF.jpg        



ドゥオーモ正面の階段を上り、見はらす広場。
あの先は既に崖となって落ち込み、見える建物類は、向かい側の崖の上。
なんとも穏やかな空気が漂い、まさに別世界の感。

10-982_GF.jpg

11-969_GF.jpg



広場の一郭にバールがあり、広場にもテーブロと椅子。
夏だといっぱいに人が溢れるのでしょうが、今の時期の、のんびり感が素晴らしい。

12-984_GF.jpg



ドゥオーモの奥から山手に続く道があり、陶器作業所やバールの案内も見えましたが、
自転車にまたがる少年の左に、坂を行くシニョーレが見えますね、

13-980_GF.jpg

こちらの手前、左の道から走り出して来た10歳位の少年が、あのシニョーレを
呼びとめたのですね。 オゥ、パスクワーレ!とかなりのナポリ訛りで叫び、
宿題を見てくれるって言ったじゃないか。 パスクワーレは振り向き、今ダメだ、
少年はかなりせがんだもののダメで、悲しそうな声で、パスクィー! と後ろ姿に。
       
まるで映画の1シーンのようでした。



広場の南に、こんな建物というか塀が見え、
隣に古い塔や、奥にも塔が見え、こんな姿を見て通り過ぎ出来ませんよね、勿論!

14-965_GF.jpg

15-975_GF.jpg



近くに行くと、この掲示。  ヴィッラ・ルーフォロ、訪問場所!

16-963_GF.jpg



上の写真で見えた塔の門から入ります。 入場料は確か4か、5エウロ。

17-986_GF.jpg

ラヴェッロにあるヴィッラの庭が素晴らしい、というのは、日本のガイドブックでも
読んでいましたが、奥に見える建物を見て、あれ? これ廃墟ですか? 
と切符売り場の女性に訊ね、そうです、と。

建物の上部が独特な丸みを帯びていますが、やはりアラブ様式の影響なのだそう。



並木道を少し行き、いよいよ入り口。
廃墟とはいえ、綺麗に整備手入れされているので、不吉な印象はまるでないですが、
中世風でもあり、やはり一種独特な雰囲気が漂います。

18-987_GF.jpg

という所で本日はお終いにし、その2 にお進み願います。
 
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク