・ みんな、広場へ ・ ウンブリア紀行 3

今日は「トゥッティ・イン・ピアッツァ・みんな、広場へ」と題し、ウンブリアの
お祭りのご紹介で、勿論、槍の試合も、お神輿かつぎも、時代衣装の美女もいますが、
美味しい物、美しい物もあります。 いざいざ、まずは広場へ!!

1-012552_t_t.jpg

写真は、すべてDeAgostini出版と、specialeTOURINGからです。



ウンブリアの地図をどうぞ。
ご紹介する場所は、ナルニ・Narni  ベヴァーニャ・Bevagna ノルチャ・Norcia  
グッビオ・Gubbio フォリーニョ・Foligno そしてスペッロ・Spelloです。

2-14524_t_t.jpg



ベヴァーニャの中世風・「ガイーテの市」.  ベヴァーニャ・Bevagnaの町では、
毎年6月末の1週間、町のすべての人々が中世の生活に戻り、
当時の市のお祭りで賑わうのだそう。

3-2060557_t_t.jpg

勿論特産の「タルトゥーフォ・トリフ」も売られているのが見えます。
台の上中央の籠に黒く見えるのがそれで、1キロ150エウロ(21000円程)と。  
悔しいけど、まだ食べた事がないので、なんとも・・・!



これがお祭り期間中の様子で、「中世の村に変身する」と。

4-011521_t_t.jpg

女性が長い衣装をつけるとなかなか良い、といつも思うのですが、如何?  
皆さん、のんびりと楽しそうです。 コンサートや、弓の競技も行われ、訪れる人々も
中世に戻って楽しめるそうです。



この女の子の写真に大変魅かれ、この雑誌のウンブリア特集を皆さんにも、と
思ったきっかけになりました。 愛おしいというか、あどけなさに胸が痛くなる程で。

5-060450_t_t.jpg



ノルチャ・Norciaは豚肉の加工食品で大変有名ですが、ここにはチーズ、サラーメ、
オリーヴ油、蜂蜜、そして豆類が見えます。

6-11116_sh02_t_t.jpg

ノルチャはまた18世紀まではイタリアの外科医の学校でも有名でしたし、
ウンブリアにおいてちょっと特殊な位置も占めている様で、機会を見つけてご紹介を。



これが有名なノルチャのタルトゥーフォ・ネーロ・黒トリフ。
といっても、私はまだ白も、黒も食べた事がないので、味をご説明できず残念!
中が、霜降りの様になっているのですね?!  フ~~ム。

7-013455_t_t.jpg



ノルチャのタルトゥーフォ・ネーロを使った、ストゥランゴッツィ・strangozzi.  
皆さん、美味しさを御想像ください!!

8-11116_t_t.jpg



グッビオのお祭り、「大ローソク競走」。 この有名なお祭りは高さが4mもある
巨大なローソクを担いで走り回り、山上のバジリカに奉納する為につづれ折りの
山道を登るのだそう。

9-012840_sh01_t_t.jpg

熱狂的なお祭りもまずは神聖なミサから始まり、これは大ローソクを梃子の要領で
起こしている所。 さぁ、広場の熱狂が始まります!



大ローソクは男たちの肩に担がれまず広場を3周し、そして町の狭い道を走るそう。 
3本ある大ローソクは、それぞれ天辺に町の守護神のサントゥバルド、サン・ジョルジョ、
サンタントニオの3聖人が鎮座し、揺すられ、衣を翻し走り回ります!!

10-011324_t_t.jpg



大ローソクのお祭りの他に、グッビオにはもう一つ有名なお祭りがあり、
それは中世からの武器、石弓の競技会。

11-11706_t_t.jpg

写真の様に固定し、水平に構えて歯車を使って広げるもので、その威力は物凄く、
一度TVで見て寒気を覚えた程で、騎士の甲冑など、紙のように軽~く射抜きます。



ナルニ・Narniの「輪の競技」は、建物の間に張られたロープに吊るされた輪を、
騎乗の騎士が槍で突き通す、というもので、14世紀から続いているそう。

12-11948_sh01_t_t.jpg

写真はこの競技に先立っての、時代衣装で行進の若き美人。
今日のブログの最初の写真も、このナルニの時代衣装の行進です。



フォリーニョ・Folignoのお祭り、クインターナ・Quintana.
クインターナ というのは槍の的の事で、この名を冠したお祭りは、あちこちにあり、 
いずれも騎乗の騎士が槍で的を突く、突き通すというもの。

13-043228_t_t.jpg

この写真でお分かりのように、輪の中を突き通す競技で、
上のナルニのお祭りもやはり輪の中を突き通す競技の様子。



こちらはお祭りに花を添える、時代衣装の美人。
17世紀の素晴らしい衣装だそうで、フォリーニョでもお祭りの熱狂は変わりませんね。

14-012930_sh01_t_t.jpg



カーシア・Casciaの「薔薇の祝福」のお祭り。 カーシアは、14~15世紀の聖女
リータ・Ritaの町で、若くして結婚、暴力的な夫が殺された後、息子たちが
復讐をするより死ぬ事を神に願ったそう。
  
15-012930_t_t.jpg

修道院に引きこもり40年、身体的な痛みを受ける事をも望み、
額にキリストの茨の冠の棘を受けたという聖女で、
その聖女リータの祭日に、善男善女が薔薇の花束を持って集まります。



スペッロ・Spelloの「インフィオラータ・Infiorataのお祭り」は、町中の通りに
図柄を花びらの色を利用して描く、というものですが、

これはお祭りに賑わいを添える吹奏楽バンドの面々。 女性もいますね。

16-012329_t_t.jpg

南フランスの海岸に続く紺碧海岸の街でも行われますし、ローマ近郊でも確か
あったと思いますが、ここスペッロのは大変大掛かりで、素晴らしいもので、
元々はキリスト教の祭日と結びついたお祭りです。



インフィオラータに使われる花びらは、全て自然の色、本物の花びらで、  
人工の色や作り物の花びらはなしで、今それぞれの家の戸口で花弁むしり。

17-013921_sh02_t_t.jpg



図柄に沿って手直しの最中。 既に出来上がった所を壊さぬよう細心の注意、
片脚で! 両膝にサポーターをつけているのを見て、ご苦労さんで~す!

18-012127_t_t.jpg



全部で70もの作品が作られるそうで、これがそのうちの最大級の作品と。  
場所が、広場と道の上ですから、見るのには不便だろうと思っていましたら、
やはり櫓が作られているので安心。

19-013921_t_t.jpg

花びらの作品で感心するのは、中間色の使い方が素晴らしい事。
絵の具なら簡単ですが、この色はどの花の花弁、と特定するのには、
花に関する大変な知識が要求されることでしょうね。



最初にこの写真を見たとき、書体の感じがすごいなぁ!と思いましたら、この作品が
2006年度の賞を獲得した、その一部分だそう。  なるほど、なるほど!!

20-014026_t_t.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク