・ n.3 モンテプルチャーノ再訪 ・ 町とサン・ビアージョ教会

引き続き有難うございます! モンテプルチャーノのご案内を、続けます。

まずはサイトから拝借の写真を。上空からの眺め、左が南、右が北で、
見えるのは町の南の高い方、町の半分程で、ずっと下る北は写っていません。
でもこの町の美しさ、高低差があり、建物の大小のメリハリのある美しさをどうぞ!
        
1-1-panorama.jpg



下の通りを歩くと、時に家並の隙間から、こんな風に緑が覗ける場所があり、

1-2-014_GF.jpg



城壁沿いに出て、眺める平野。 ここの麦秋も美しいでしょうね! 
6月末から7月初旬のね、う~む。

2-015_GF.jpg



城壁沿いから上の町を眺め、

3-138_GFs-.jpg



再度通りに戻り店を覗き、テラコッタの陶器店のここは絵柄が上等でした。

4-989_GFs-.jpg



そして、麻織物。ウンブリアもそうですが、麻織物は中世から続く特産品で、
色もしっとりの柄も古代柄が今も続き、素敵なのです。

5-130_GFs-.jpg

6-131_GFs-.jpg



寄木細工の店。 お店番も奥に控えていますが、はは。

7-172_GF.jpg

う~ん、技術的にはともかく、問題の絵柄がshinkaiにはイマイチ。
南のソッレントの物凄い技術品や、古い寄木細工の素晴らしさを見知っていると、
はぁ、お値段の問題は抜きとしてもですねぇ、ははは・・・。



古い中世の建物が並ぶ通りにも、こんなモダンで愉快なアピールをする店もあり、

8-156_GFs-.jpg



一日中歩いて疲れ、風も強い町で、そろそろ上に戻ろうと。

9-174_GF.jpg

後で気がついたのが、も少し先まで行くと、この町出身15世紀の人文学者詩人の
アンジェロ・アンブロジーニ、単にポリツィアーノ・Polizianoと呼ばれる
人物の生家があったのに!

彼は父親が殺害された後フィレンツェに出て教育を受け、ロレンツォ・イル・マニーフィコの
息子達の教育にも携わった、ルネッサンス期の重要な人文主義の学者だったそうで。
まぁ、またのチャンスをね。



中心のグランデ広場に戻る坂道の下、駐車した車の上の猫ちゃん。
車の色もなんとも良い黄緑色で。

10-028_GF.jpg



坂道が余りにも急なので、ゆっくり歩きつつ、こんな3輪車を眺めたり・・。

11-176_GF.jpg



これは建物の角を削られない為の、はは、車除け、というより馬車の車輪除けね。

12-134_GF.jpg



上のグランデ広場の東側を占めるコントゥッチ邸の扉前。 現在は有名なカンティーナに
なっているのですが、屋敷前の石のベンチの足が、ライオンの足なのですね。

13-032_GF.jpg



で、座っているカップル。 彼はジェラートのコーンを齧り、彼女はタバコ一服、ははは。
眺めるshinkaiは、お尻冷たくないのかな?!と心配を。

14-180_GF.jpg



この広場では、様々な催しが行われる様子で、勿論こんな旗振り競技もね。

15-2015-3.jpg



さて翌朝、やっと快晴の眩しいほどのお天気になり、広場の正面、市役所。 
フィレンツェのヴェッキオ宮に良く似ているでしょう?!

16-207_GF.jpg



入り口扉部分と、

17-274_GF.jpg



壁にずらっと並ぶ、馬つなぎの輪、兼、松明入れ。

18-276_GF.jpg

市役所、そして塔からの眺めのご案内は



朝の光りを浴びるドゥオーモ。

19-199_GF.jpg



城壁沿いの道に出て来て、

20-216_GF.jpg



眺める町の下の家並みと、葡萄畑。

21-209_GF.jpg

22-211_GF.jpg



遠くに光るのは、トラジメーノ湖と。

23-214_GF.jpg



飽きもせずにまた町の下り坂の所まで行ってみて、ははは。

24-230_GF.jpg



サン・フランチェスコ修道院の前庭から、サン・ビアージョ教会・San Biagioを。

25-231_GF.jpg



で、前回は傍まで行かなかったサン・ビアージョ教会に。18世紀の、町にたくさん
建築物を残すアントニオ・ディ・サンガッロ・イル・ヴェッキオの建設。

26-289_GF.jpg



庭の端にカノーニカ・Canonicaと呼ばれる司祭館、住居があり、

27-295_GF.jpg



そのお隣に、エノテカとレストラン。

28-298_GF.jpg



こちらが正面ですが、

29-300_GF.jpg



修復中で、脇扉から覗けるだけで、扉横の聖水盤。

30-316_GF.jpg



ここが十字型を成す、中央部分に当り、

31-315_GF.jpg



丸屋根ドームと、

32-314_GF.jpg



左に祭壇部。

33-318_GF.jpg

34-319_GF.jpg



中央部の床が、ははぁ、かなり凸凹しているんだと・・!

35-320_GF.jpg



正面側にある井戸。

36-306_GF.jpg



イギリス人親子らしいのが写真撮影で手間取り、息子と娘はさっさと立ち去り、
それでもまだ入念に井戸を撮るパパ。

37-302_GF.jpg



ちょっとそっけないご案内で済みませんです。 が、この手のスタイルの建築物には
興味の無いshinkaiで、見た、見た!と、ははは、宿題が済んだみたいに解放され、

38-291_GF.jpg

この後、既にご案内したモンティッキエッロに向ったのでした。



もう少しすると、この教会もこんな姿を見せるのでしょうし、

39_1.jpg



これはグランデ広場での年越しだそう。 良いですねぇ、もう少しですねぇ、年越しも!

40-capodanno.jpg

長いご案内にお付き合い頂き、有難うございました!
お楽しみいただけました様に!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク