・ オルチャの谷の春 ・ 糸杉の林 あれこれ

今日ご覧頂くのは、トスカーナはオルチャの谷。
なんとも雄大な風景が広がり、世界遺産にも指定の土地ですが、
その中でもシンボル的存在で一際愛される糸杉の林、
それをあちらこちらから、じっくりご覧頂こうと、はい。

1-933_GF.jpg

春が待ち遠しい今日この頃ですね、という事で一足早く、5月初旬の緑溢れる
トスカーナをご覧下さいね。 写真が少し多くなりましたが、難しいご説明なし、
はは、どっぷりとトスカーナの春に浸って下さいませませ!

上の写真は、昨年5月に出かけた時の最後の宿がオルチャの谷の西の端
モンタルチーノ・Montalcinoで、朝7時前にオルチャの谷に別れを告げるべく、
町の門を出てきた所。

モンタルチーノの以前のご案内
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461362974.html 
      
オルチャの谷のもう一つのシンボル、ヴィタレータの礼拝堂
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461834190.html 
      
サン・クイリコ・ドルチャのご案内
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461279240.html 
      
ヴァル・ドルチャ、シエナのクレーター全体は
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460834418.html      



少し靄がかかり逆光で余り色が良く出ませんが、雄大な眺めの一端を。

2-978_GF.jpg

3-005_GF.jpg

道はカーヴの多い坂道下り坂、こちらは左右を眺めつつゆっくり下りたいのが、
平日の朝となるとそうも行かず、後ろから追っかけられる感じで、・・ん、もう!



まぁ、でもね、路肩に止まれそうな場所を見つけては、じっくりと愉しみつつ、

4-006_GF.jpg

5-012_GF.jpg

6-019_GF.jpg

7-021_GF.jpg

8-023_GF.jpg



さて、お目当ての糸杉の林、道脇に車を止め・・。

9-029_GF.jpg

道脇両側に車寄せが造られていて、安心して停められますが、この朝は
一つ計画が。 上の写真の様に、傾斜地の少し奥に林が見えますが、
土地の起伏は余り見えません。
ところがガイドブックなどで見る写真は、この林の手前に小さな丘の起伏が
幾つも重なり、林からの裾野が長いのです。
  
春に8日間オルチャの谷に目的を絞って出かけた時は、東のピエンツァから
西のモンタルチーノの手前までを何度も行ったり来たりしたのですが、
この林の見える車寄せから西側すぐに橋があります。水のない谷に架かる橋で、
その橋を渡った位置から、糸杉の林の前に丘の起伏が広がるのを運転しつつ
横目で発見し、そうか、ここからか、なら最後の朝に寄ろう、と。



という事で、橋の端をそろそろと渡り、ここは州道、車専用で歩いてはいけない
のかも知れませんが、この際そういう事にはかまっておれませんで、
お巡りさん、来んといてや、ははは。

で、こんな感じ!  やっと見れたぞ!
そう、やはり裾野が広い!!  丘の起伏が見事!
       
10-039_GF.jpg

いつ誰によって植えられたものか、ほぼ丸い林を形作り、道行く人々を、
トスカーナの風景を愛する人々を魅了する糸杉の林。
一見なんの目的も無さそうなこの糸杉の林が、多くの人々を引き付けるのが、
カッコ良いと思われません?!



裾野の広がり、

11-043_GF.jpg



そうなんです、奥にもう一つ、糸杉の林があるのですが、それは後ほどご覧にね。

12-051_GF.jpg



道の北側の広がりはこんな感じで、

13-030_GF.jpg

14-075_GF.jpg

15-076_GF.jpg



既にカメラで狙う人の姿。

16-078_GF.jpg



車に戻り、これが5月の糸杉の見納め。

17-083_GF.jpg
    
はい、9月にも出かけましたが、この時は土砂降で、余りにも降りが酷く
ここの車寄せでしばし休憩するほどだったのですね。

その時には友人共々、ほらっ、と窓を開けては各自一枚ずつ撮り、
その間にも左脚がぐっしょりとなりましたっけ!
まさに人生は一瞬先が闇、というが如く、ははは、9月には暗い林の写真が
一枚だけに終わったのでした。
人生の春は短し、恋せよ乙女、 ・・ん?! あれ?!



所でこの糸杉の林はどこにあるか、地図をどうぞ。
東に囲った所がサン・クイリコ・ドルチャ・San Quirico d'Orciaで、
西に半分名が見えるのがモンタルチーノ。 林は真ん中の赤線で囲った所に。

18-1_GF.jpg

サン・クイリコ・ドルチャからモンタルチーノまでは14,3km、車で17分と出ますから、
サン・クイリコから4~5kmの位置になりましょうか。
      
2つの町を連絡するバスも日に5回あるそうですが、ここは停留所もないので、
車か観光バスでの途中下車のみ、という事になりますね。



部分をアップすると、こんな感じ。
そうなのね、人工衛星からもちゃんと見えるんですねぇ! ははは。

19-2_GF.jpg

グーグルのストリート・ヴューだと、南北に見える道も車で通れそうなのですが、
実際は歩きのみ。 道を塞ぐ鎖もありましたから、関係者の車のみOKと。

地図の道を南に辿り、手前の林の奥に道を両側から丸く挟む形で見えるのが、
ほぼ点線の様に見えるのが奥の林。



実は帰る日の2日前にこの周辺をウロウロしましたので、次にそれらをどうぞ。

車を止め、林のある南側に下りてきて、それから上り道を辿りますが、
見えるカップルはフランス人、彼の方は体を傾け、花を入れての傑作を狙い中!

20-068_GF.jpg



上り道は林からかなり離れており、いま林より少し高い位置。
まぁ、傍によっても柵があり、近寄れない様子。

21-069_GF.jpg



州道の北側もこんな高さで見えますが、

22-074_GF.jpg



上り道をも少し上に行った所からの、北の眺め。

23-075_GF.jpg

24-076_GF.jpg



こちらの西側、遠くに見える農家、 手振れご容赦。
 
25-078_GF.jpg      



モンタルチーノの町。 美味しいワイン、ブルネッロの郷!

26-079_GF.jpg



谷の北側。  右の土色の丘が切れる辺り、あの辺りまでこの後上りました。

27-081_GF.jpg



北側の谷にもこのカメラマン。 この人は何を狙っているのか、ずっと定位置で、
後でshinkaiが行った時もここにいましたっけ・・。

28-082_GF.jpg



こちら、丘を上りきった所に、この奥の糸杉。
ここのは円を描くように植えられており、資材置き場様に石がごろごろで、
少しがっかり・・。

29-084_GF.jpg



丘の南向こうには、こんな風景が広がり・・。

30-094_GF.jpg

31-091_GF.jpg



こちら側、林越しに見える北の丘。 橋もちょっぴり見え、

32-103_GF.jpg



上って来た丘を下までゆっくり下り、

33-106_GF.jpg



州道の両側をきょろきょろと見渡し、はは、走って横切り、

今度は北側の丘の道を辿ります。 丘の稜線、ずっ~と遠くに農家。

34-109_GF.jpg



道はこんな風に上ったり下ったりしながら奥に、奥に。
あの奥の畑が見える辺りまで行きましたっけ。

35-138_GF.jpg



さっき見えた家が今また左奥に姿を。 丘は3色で、手前は乾いたままの
荒れ土で、奥に見える茶色は、麦が植えられていなくとも、筋が見え、
昨年の麦刈りの後、株根を一旦耕した時の物かも。

36-152_GF.jpg



大分上ってきたでしょう?!
黄色は麦畑の中に咲く小さな花で、広がると色違いの絨毯を広げたよう!

37-154_GF.jpg



見晴らす辿ってきた道。 橋も、糸杉の林も、奥に辿った道も、奥の糸杉も。

38-2169_GF.jpg

39-172_GF.jpg

橋の東袂にある車寄せの位置も分りますね。
行かれる方、カーヴが続きますのでご注意を。



ここの麦は大分背が高くなっていて、

40-173_GF.jpg



ほらね、こんな風にもう穂が膨らみかけている!

41-176_GF.jpg



丘越しに見るモンタルチーノの町。

42-170_GF.jpg



最後にもう一度。 ではね、元気でね、またいつかね!!

43-158_GF.jpg

青空の下に広がる雄大な丘の起伏の眺め。
気持ちの良い散歩をしっかり楽しんで下さいましたように!
      

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク