・ カステルムーツィオ ・ 古い小さな町歩きを 

今日はトスカーナの小さな古い町カステルムーツィオ・
Castelmuzioにご案内です。

ヴァル・ドルチャ・Val d'Orciaの、世界遺産に指定の町
ピエンツァ・Pienzaの北に位置する小さな町で、
地図も要らないほどの町歩き点描をどうぞ。

1-246_GF.jpg

上はこの町の案内で必ず出てくる町の門ですが、
この日は雨上がりの曇り空で少し残念。



周辺の位置確認をどうぞ。
ピエンツァからだと約10km 15分、
も一つ北の町モンティージ・Montisiには3km 7分。

2-uzio_GF.jpg

地図では、ナヴィでは分らないもの!と今回痛感したのが、ははは、
道路のカーヴの、角度は平面図でも分りますがぁ、
高低差は行って見ないと分らない!! これです!

つまりピエンツァからだと一旦谷を下り、そして上って行った所に
カステルムーツィオがあり、町に入る最後の曲がり角は、
上り坂のまま30度を切る角度!!
そこからモンティージの町に向かうと、これまた谷を下って上る、
おまけに連続カーヴの道!

今回はこの道を結局2回行き来した事になりますが、
日常的に通る方はお偉いですねぇ、ははは。



という事で、それぞれの町は山の上に位置するわけで、
カステルムーツィオの駐車場から見た、谷越しのモンティージ。

3-243_GF.jpg

カステルムーツィオは海抜443m、モンティージは413m、
が、向こうが少し高く見えるのは、はい、カステルムーツィオの
駐車場が、町北側の低い場所にあったからなのですね。



グーグルの衛星地図で、町の古い地区部分をどうぞ。

4-tro.JPG

町は西に広がりますが、まぁ、家並みがある、という程度で・・!
上に切れる部分に駐車場があり、青いバス停の左の印から右下に、
そこに上の写真の町の門が。



バス停の左の印位置から見た、町を通り抜ける県道の家並み。

5-244_GF.jpg

この道を右に通り抜け、町外れ1k程の位置に、
小さなロマネスクの教会サント・ステーファノがあります。
今回一緒にご案内しようかと思ったのですが、
意外に写真の数が増えましたので、次回のチャンスに。



町の門は素敵なのですが、なにせアーチの向こうど真ん中に、
赤丸の交通標識が写るので、味わい半減!
でこんな風に、町を覗く感じでは如何でしょうかぁ?

6-262_GF.jpg



そして、門手前横に続く壁の様子。

7-263_GF.jpg



門の壁の重厚な石組み。

8-264_GF.jpg


実を言うと、町訪問の時は余り良い印象を受けなかったのです。
門の外の家の庭には、家庭菜園手入れ中の人の姿もあり、
この門のすぐ外では子供たちも遊んでいたのです。

が門内で見た人は、お昼を食べたバール兼宿の2人とお客、
そして教会前で町の人2人だけ!
曇り空の下に見る、寂しい町の姿は余り・・、ですよね?!

ですが写真整理をしながらじっくり見ると、
石組みの石の色が大変美しい事に気が付きました。

手入れをされている町、という感じは受けていましたが、
重厚な趣を持ち、石の色が美しい!
       
そう考えつつ写真を整理し纏めると、数が増え!という結果に。
       
町の歴史もちょっと探しましたが、特記する程でもなく・・。
なので今回は、古い趣きある町点描、という事で、
気軽に町散歩をお楽しみください!


道に沿い、斜めに入り込んでいくと、

9-248_GF.jpg



建物の下をくぐるアーチがあり、
 
10-249 (2)_GF.jpg      



アーチの下から辿ってきた道を振り返り、

11-288_GF.jpg



下り坂の道。

12-251_GF.jpg



また別のアーチをくぐり、町の中心広場に戻り、

13-261_GF.jpg



中心広場にある教会サンタ・マリーア・アッスンタ・
Santa Maria Assunnta.
      
14-254_GF.jpg

元はロマネスク様式というのですがご覧のように改修され、
余り魅力も感じず、失礼! 入らず・・。 鐘楼は16世紀のものと。



その向かいの、お昼を食べたレストラン兼ホテルの
重厚な造りの建物。

15-256_GF.jpg


トスカーナで食べた旨いもの
       

お昼を食べて落ち着き、ははは、
またゆっくりゆっくり、小さな町の中を行ったり来たり・・。

16-269_GF.jpg



扉が並んだ建物は、レストランの向かい側に。
二つ並ぶ扉アーチの左側、上に1837と刻まれたのが見え、

17-271_GF.jpg



ですが上に伸びる壁は、こんな感じの中世のまま。
きっと19世紀にお金持ちがここを買い取り、彫り込んだのでしょう。

18-272_GF.jpg

町の歴史にも特記する程のことは無い、と書きましたが、
町自体の歴史は古くエトルスク・ローマに遡ります。

記録に登場するのは1213年、カステル・モッツォ・Castel-Mozzo
というのが古い町の名で、
アシャーノのシャレンガ・Scialengaという郷士がここの持ち主で、
要塞化した、というのが最初の記録なんだそう。

1270年にシエナ共和国の元に入り、1470年まで
サンタ・マリーア・デッラ・スカーラ病院・
Spedale di Santa Maria della Scalaの持ち物に。

その後ピエンツァの町造りのピオ2世の一族ピッコローミニ家が買取り、
16世紀半ばよりカステルムーツィオの名で
トスカーナ大公国の一部となった、という変遷。

サンタ・マリーア・デッラ・スカーラ病院というのは、
シエナのドゥオーモ前に現在博物館として残りますが、中世以来、
貧民・巡礼救済の為の宿も街道筋にたくさん設けていると同時に大地主。

お隣の町モンティージには、まさに要塞まがいの修道院・農園跡が
今も残りますので、またご紹介しますね。


この石組みも素晴らしいでしょう?!

19-257_GF.jpg

20-258_GF.jpg

       

古い梁の見える暗いアーチの向こう、鮮やかな石の色。

21-260_GF.jpg



住まいは左の階段が入り口で、下は納屋ですね。

22-267_GF.jpg



緩やかな下り坂の道の先、

23-283_GF.jpg



開けた展望をどうぞ! まず、すぐ近くから、

24-275_GF.jpg



多分通ってきた道。
25-279_GF.jpg



そして遥か奥に見える町は、
  
26-278_GF.jpg

27-277_GF.jpg

28-274_GF.jpg

そう、ピエンツァ!
裏から、いや北側からの眺めは珍しいでしょう?!

花のピエンツァ点描
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461453714.html       



そして一際そびえる、ラディコーファニ!

29-280_GF.jpg

ラディコーファニのご案内
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461280756.html       



そして、これには驚いたshinkai、そう、モンテプルチャーノの町!!
町の右下には、教会サン・ビアージョも上部が見えます。

30-276_GF.jpg

地図上の直線距離では8k程ですが、道程は21km 30分!
海抜605mの高さにあるので見えるのでしょうが、
・・そう言えば、風が吹きまくる町だったよなぁ! 
 
モンテプルチャーノの以前のご案内
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461279571.html       


例によって一般車は入れない古い小さな町ですが、
三輪車が町の外れに。

31-286_GF.jpg



古い古い壁に、今年も咲く薔薇。

32-287_GF.jpg



聖母子像が描かれたアーチも。

33-290_GF.jpg



ここもなかなかどっしりで・・。

34-291_GF.jpg



引き上げる前に、もう一度町の門を。

35-293_GF.jpg



翌日モンティージの西にあるサン・ジョヴァンニ・ダッソからモンテプルチャーノ
に向かう途中、カステルムーツィオを通り抜け、暫くして見えた町の姿。

36-631_GF.jpg

37-630_GF.jpg


陽の光の下、オリーヴ畑に囲まれて、なかなか素敵でしょう?!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク