・ サンタンティモ修道院 ・ Abbazia di Sant'Antimo 

今日のご案内は、中世初期からの由緒ある大修道院、
サンタンティモ修道院・Abazia di Sant'Antimoです。
      
1200年ほどの歴史を持ち、修復復興を経た現在、
単なる観光史跡ではなく、精神的な安らぎを求める人々や
若い人達も多く訪れる、素晴らしい修道院となっています。
       
サンタンティモ修道院に行くには、まずこの町
カステルヌオーヴォ・デル・アバーテ・Castelnuovo dell'Abate 
まで行きますが、

1-179_GF.jpg

町はモンタルチーノの南約9kの位置にあり、バス便が一日数回。
そして町から修道院までは、1kほど。

これは修道院側から写したもので、今回調べましたら、
この小さな町はローマ期からの移殖があり、
修道院の発展とともに町も繁栄した歴史を持つようです。

カステルヌオーヴォ・デル・アバーテは、海抜385m。
町の入り口でサンタンティモ修道院への道が分かれます。



やはり大変に美しい姿! ああ、来て良かったぁ!という感慨は、
中世の巡礼たちと大差が無いのではないかと・・。

2-149_GF.jpg



駐車場の脇にあった、内部の様子も見える俯瞰図とでも。

3-151_GF.jpg

現在残っているのは、この教会部分と翼部分、
真ん中部分は、かっての中庭回廊部分で井戸があります。

中庭を取り囲むように、以前は建物群、巡礼のための病院、
宿泊所、倉庫などがあり、その基石部分が残っていて、
現在は中庭をはさんだ位置に、かっての食堂の建物が残ります。



これは教会正面の、つまり西側にある庭園のオリーヴの樹。
凄いでしょう?! 千年ほどを経ているとか!

4-153_GF.jpg



正面入り口。 肉眼では奥まで見通せ、ピッと心が引き締まる
それは素晴らしい第一印象!

5-156_GF.jpg

が、カメラではこの位置からこの明暗の差では、無理。(腕?)
おまけに正面全部が修復のため覆われ、内部撮影も禁止。
買って戻った絵葉書と、ガイドブックの写真でご案内を。



入り口左脇の上部。
真ん中の可愛いお尻は兎ちゃんで、その右は、ライオンかな?

6-157_GF.jpg
       
右脇部分にはいかにも中世の怪奇的な顔があり、嬉しく!
同じ顔をサン・クイリコ・ドルチャのサンタ・マリーア・アッスンタ教会の
入り口でも見ましたっけ。

サン・クイリコ・ドルチャのご案内は
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461279240.html       


こちらは、入り口の左脇円柱の上。
覆われてはいるのですが、訪れる人々へのサーヴィスで
こうして透けて見えます!

7-159_GF.jpg
 


ガイドブックからの写真でご覧頂くとこんな様子で、
皆さん、何の動物と思われますか? 犬でしょうかね?
手というか足というか、かなり頑丈そう。に、この融通無碍なる発想!!

8-551.jpg



この扉は教会の中庭に面した部分にある10世紀のものと。
見てない! 修復が済んだ頃に出直しだぁ!
ロンゴバルドの柄ですね。

9-419.jpg

教会内で売っていた、当修道院発行のガイドブックを買って
戻りましたが、通常の解説とは少し違う、修道院設立の由来が。

一般には、シャルル・マーニュ(カール大帝)が創設した、との説明
ですが、彼は確かに修道院発展の元とはなった様子ですが、

それ以前にロンゴバルドの王が、770年頃べネデット派の修道僧に、
以前からあった聖アンティモの礼拝堂の場所に
修道院建設を許し、この近辺の領土管理も任せた様子。

実際ロンゴバルドの王たちは、修道院をローマへの巡礼、
また自身の使者用の休憩、食事、宿として利用し、
約30k毎に、新しく建設もした様子。
という事で、このロンゴバルドの柄が残っているのも納得。

ロンゴバルド・Longobardoについても、カール大帝についても
わずかな知識のみで、ご案内に泥縄で必死にお勉強を! ははは。
で、要約して 修道院の成り立ちと変遷を。

ロンゴバルド族はカール大帝に滅ぼされますが、
自分の舅だったとか! 日本の講談みたい!!

彼は781年ローマからの戻りに、この近くで連隊もろともペストに
襲われたのを、この修道院で平癒を願い、叶ったのを感謝し
このサンタンティモ修道院を建設、と言うのが通説です。

逸話の真偽はともかく、建設中であった修道院に立ち寄り、
印形を与えた様子。

    

この写真のサインは、カール大帝の後継息子
ルドヴィーコ・イル・ピオ・Ludvico il Pioが、814年12月29日、
修道院に、特権と恩恵を与えた公文書のサインだそう。

10-419.jpg

これで皇帝の修道院というお墨付きとなり
修道院は繁栄の道をたどったと。



内部は細身の一廊式、高さ20m。  入り口から最初に
一瞥した時、引き締まる思いに打たれた、射し込む光。

11-014.jpg
      
木彫彩色の十字架像も、無名作家とはいえ荘厳なイメージで、
傑作と思います。
       
修道院の繁栄は12世紀に頂点に達し、所有し管理するものが
96の城、土地、85の修道院、教会に及んだと。
       


そしてやはり12世紀に、一伯爵の莫大な遺産寄贈により
現在のこの大きさの教会に改修されます。
後陣部分が、2重になっているのですが、

12-914.jpg

上記の後陣部分については、12世紀の大改修以前は
現在の内陣の幅で、長さも短かった様子。
つまりこの写真でご覧頂くように、最初の教会の外側に
一回り大きな教会が出来上がった事になります。

そしてこの後陣部分の膨らんだ部分は、巡礼達の拝礼のための
巡回通路とされたのですね。
この形は当時のスペインのサンティアーゴ・デ・コンポステーラへの
巡礼道等に見られる独特な形で、トスカーナでは唯一の、
イタリア内でも、大変珍しい形だそう。

この写真でもお分かりの様に、光の入り方が独特で、
素直に、神秘的感情に打たれます。
当時の教会建築の棟梁たちの技術に感嘆!

イギリスのカンタベリーから、ローマへの大巡礼道、また
一大通商街道でもあったヴィア・フランチージェナから
この修道院は少し外れてはいますが、

それでも巡礼達にとって大目標の、大修道院であった事でしょう。
内部のすべての円柱の柱頭には、中世を髣髴とさせる
神話的な動物像や植物柄が密に彫り込まれた素晴らしいもの。

ヴィア・フランチージェナについては
           


多分、ここは地下のクリプタと思いますが、身廊の階上にある
婦人用の参拝回廊(かっての!)と共に、一般公開はないとの事。

13-803.jpg

目を引いたのはこの頭巾で、ウンブリアのノルチャに行った時、
べネデット派の黒頭巾姿を始めて見て、ギョッとした思い出が
ありますが、それを思い出しました。

ガイドブックには、白だけでなく黒頭巾の写真もあり、
現在の修道院が何派に属するのか、調べまわりました。
キリスト教の素養もないので、確言できませんが、
べネデット派の流れも汲む、聖アゴスティーノの教えを基礎として
守る会派の様子。

聖べネデットの生地でもあるノルチャは
       


グレゴリオ聖歌は既に5~7世紀にミサの音楽として歌われていて、
8世紀には、ほぼヨーロッパ中の教会で!

14-023.jpg

この修道院でも常にラテン語で歌われ、実際に聞くと鳥肌が
立つほど素晴らしいそうで、何度も録音収録され、
CDが売店で買えるそうですが、気が付かなかった!



中庭をはさみ、教会に向かい合う建物。 かっての食堂ですが、
現在は修道士たちの住居、食堂の様子。

15-160_GF.jpg

12世紀に繁栄の頂点を迎えた修道院ですが、
13世紀にモンタルチーノ、シエナの権力に屈し、かっての5分の1程の
所有領となり、15世紀にはピエンツァの司教領下に。

寂れたまま放置され、19世紀の半ばの修道院には小作人が住み着き、
中庭には家畜が、地下のクリプタはカンティーナ・ワイン倉、
教会内には農具が収納されていたとか!

この時期に至り漸くに修復が始まり、1970年代には
F.ゼッフィレッリの映画、聖フランチェスコを描いた
「ブラザー・サン・シスター・ムーン」の幾つかのシーンもここで撮影。
      
修復が始まって100年後の1989年、フランス人神父3人が
新しい共同体の下、ここでの生活、活動を始め、現在に至ると。

朝の5時15分の起床に始まり、一日に何回ものミサという
完璧な修道士の生活が営まれ、今は8人の修道士がおられると。

修道院生活については、ルネッサンスのセレブたちの
「サン・べネデット修道院」に cucciolaさんが詳細に。
http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/764907.html
かってのべネデット派の修道院が如何に大きく、勢力を持っていたか、
   
    

4世紀に、最初にここに聖人の礼拝所が出来た時、
近くにローマ期のヴィッラがあり、このコルヌコピア・豊穣の角の彫刻は
そこから移された物だろうとの事で、現在教会の外壁に。
つまりかっぱらって来ての再利用ですね、ははは。

16-161_GF.jpg



教会の外壁には、いろいろな動物が。 これは馬かな?

17-164_GF.jpg



鐘楼も最初は教会から離れていたのが、大増設の際に
教会外壁に食い込む形になっていますが、

18-167_GF.jpg

鐘楼の壁にある、これは何でしょう? 人間の顔、角、翼、
そして尻尾が割れていて、ご存知の方、お教えを!



後陣から放射線状に3つの礼拝堂が、半球状に突出する形で、
その外壁には、軒下にこうしていろいろな柄と動物たちが。
これは雄牛ですねぇ。

19-168_GF.jpg



こういうのに出会うと、もう嬉しくて!
長~い舌を出して、あっかんべぇ。 ははは。
中世に於いては、動物と人間の距離が大変近かったような!

20-176_GF.jpg



鐘楼の壁の聖母子。
玉座に座り、聖人も天使もいますが、なんとも素朴。

21-184_GF.jpg



修道院では青年のスカウト活動も援助し、子供や家族への
精神的な支え、手引きにも積極的に活動との事。

22-235.jpg
       
教会は朝の6時から21時まで開き、拝観は無料。



教会の正面を。

23-551.jpg

サンタンティモ修道院のサイトは、http://www.antimo.it
  
モンタルチーノからのバスの時間は大変不規則の様で、
最近調べた時も良く分からなかった事をここにお知らせを。

◆追記
ブオンコンヴェントからモンタルチーノにバスがあり、
モンタルチーノからカステルヌオーヴォ・アバーテ迄も連絡がある様子。
詳しくは、moovit というサイトで、出発場所を打ち込むと、
その都度の詳しい時間が分かります。
moovit

       

上の写真に見える背後の葡萄畑を、緑色の季節でどうぞ!

24-183_GF.jpg

サンタンティモ修道院のご紹介は、実は少しためらって居りました。
地味すぎて、皆さん退屈されないかなぁと。

ただ、歴史ある素晴らしい修道院ですので
単に美しさのご紹介だけでなく、頑張って、きちっとした物を、と。

更に、修復に長い年月をかけながらも生かし、保存維持する
イタリアの、人、国の姿勢も示していると思ったのです。
上手くお伝えできましたように願います。

      
まぁ難しい事はともかく、お近くに行かれたら
実際に、中世からの空気を感じに、是非お寄りになって下さいね。
素晴らしい事、請け合います!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク