・ パリ の 歳末風景は、

今日は、引き続きグロリオーザさんの写真で、パリ風景、
しかも、歳末の夜景のパリのご案内を。
鮮やかな、華麗なイルミネーションに彩られたパリ、
やはり少し粋に見えるのは、気のせいでしょうか?!
お楽しみください!
**

イタリアからの帰り、パリに二日間だけ寄り道しました。
ちょうど、年末のクリスマスムード最高潮の時期で、
この時期ならではの風景も見られました。
それらを中心にした「パリ点描」をどうぞ。

ド・ゴール空港からバスで市内中心部に入って、最初に目に
飛び込んだのが、デパートのクリスマス・イルミネーションでした。
プランタン本店は、赤味がかったイルミネーションで豪華絢爛。

1-1010211_t_GF.jpg



負けじと、隣りのギャラリー・ラファイアットデパートは、
一昨年まで東京・丸の内でやっていた、ミレナリオのデザインと
そっくりの装飾を、建物全体に施していました。

2-1010208_t_GF.jpg



その、ラファイアットの店内。
大きな風船やツリーで、目もくらむような派手派手しさ。

3-186806_t_GF.jpg



地下鉄でシャンゼリゼに行くと、大通りすべての街路樹に
電飾を取り付けていました。凱旋門もかすみがち。

4-186882_t_GF.jpg



少し前に雨が降り、濡れた路面が光を映して、
このカットだけは、ちょっとしっとりした感じになりました。

5-186895_t_GF.jpg



そこから地下鉄1号線で9つ目の、オテル・ド・ヴィル駅で降りると、
パリ市庁舎がありますが、その前に臨時のスケートリンクが開設、
子供たちが歓声を上げていました。

6-197016_t_GF.jpg



市庁舎のライトアップは、デパートなどに比べれば、
少し控えめに見えました。

7-197011_t_GF.jpg



クリスマス風景なので、1枚くらいはキリスト様のお出ましも
必要ではないか、ということで、ルーブル美術館にある
「アヴィニヨンのピエタ」(アンゲラン・カルトン)をどうぞ。

8-1010271_t_GF.jpg



そのルーブルの入口となっている、ガラスのピラミッドです。

9-197002_t_GF.jpg



シテ島のノートルダム大聖堂の前にも、大きなクリスマスツリーが
飾られていました。

10-1010240_t_GF.jpg



パリの紹介なのに、エッフェル塔がないのは申し訳ない。
エッフェルの全景です。

11-186865_t_GF.jpg



塔の真下からシャイヨー宮を眺めると、こんなふうに見えます。

12-186854_t_GF.jpg



パリ滞在中はずっと雨か曇りだったのですが、少しだけ朝日が
差した時間がありました。
その時いたアレッサンドル3世橋の像です。

13-176693_t_GF.jpg



最後に、今回のパリで最も気に入った場所、「ロダン美術館」の、
手の彫刻です。

14-176755_t_GF.jpg

アレッサンドル3世橋から、地下鉄で一駅にあるこの美術館は
大きな窓から光が差し込み、
その光が彫刻群を柔らかく包み込んでいました。

建物の奥には広い庭があり、そこにもいくつかの彫刻が配置され、
散歩したり、カフェで本を読んだりして、ゆったりと過ごすことができます。
コーヒーもうまかったですよ。
ルーブルやオルセーなどのように、団体客がくる事もないので、
お薦めのスポットだと思います。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • kasuga

    こんにちは!
    どこに書き込むか悩みましたが、関連記事ということで過去記事にて失礼します。
    昨日のツール・ド・フランス2019にてエガン・ベルナル(コロンビア)が総合優勝しましたね!
    ジロ・デ・イタリアでは落車によりリタイヤを余儀なくされたものの、見事ツールを勝ち抜いたベルナルは、インタビューで彼がイタリアへの感謝を口にしていました。
    アンドローニ・ジョカットーリ・シデルメク やサヴィオ監督が彼を見出さなければこの勝利は無かったでしょう。

    イタリアのロードレース界は、国籍に関わらず才能ある若者を育てるのが本当に上手いのですよね。これからイタリアのレーサーがツールで勝つこともあるでしょう。nippoの日本の若者もあんな風になってくれるといいなあ・・・と。
    思わずツールを見ながら、イタリアにありがとう!と言ってしまった私でした。
    2019年07月29日 13:00
  • shinkai

    ★kasugaさん、こんにちは! お早うございま~す、今朝歩きながら、あれっ、昨日いただいたコメントのお返事を書いてない、と思い出し、へへ、済みません。 ちょっとバタバタしておりました。

    わぁ~お、さすがお詳しい!!! 日曜のゴールのニュースは見なかったですが、その何日か前にイタリアの選手がその日のマイヨ・ジョーヌを取った、というのは見ましたよ。

    そうですか、イタリアのコーチ陣が優秀で、優勝者がイタリアに感謝の言葉を、でしたか?! それは素晴らしいですね。
    イタリアは貧乏で資金源の問題から余り選手をあまりうまく育てられない、という問題を良く聞きますが、そうでない世界もあるのかもですね。
    kasugaさんがイタリアに有難う!とですか? それは嬉しいです!! 良いお付き合いになります様に!

    そうですねぇ、やはり日本の選手の基本問題は言葉ではないかと思います。 日本語だけだとどうしても世界に出て行って、その中でコムニケーションをうまくして、というのが難しいでしょうしね。
    何か1か国語出来ると、それだけでも随分違うと思うのですが、単にメンタル面だけの問題ではないと思います。

    今ちょうど韓国で水泳の世界カップが開かれていて、それでイタリアは大変良い成績を出しているので、そちらのニュースの方が大きいのですね。
    水球で金メダルを取って、現在世界一のメダル数、4つかな、とかで、コーチ陣も全員プールに飛び込む、という様な場面も出て、
    既にもうスポーツ界は来年のオリンピックにまっしぐら、という事なんでしょうね。
    真夏の8月の開催、大丈夫なんでしょうかね?!

    2019年07月30日 15:11
スポンサーリンク