・ 夏のドロミテ ・ コルティナ、ミズリーナ湖

夏本番! 
で、今日は皆さんへの暑中見舞いを兼ねまして、
つい先日行って来ましたドロミテ山系の、
コルティナ・ダンペッツォ・Cortina d'Ampezzo と、
その奥にあるミズリーナ湖・Lago di Misurina の
涼しい風景をご覧頂きますね。

大変な快晴に恵まれ、寒いほどの涼しさを満喫。
が、帰り道には、豪雨に見舞われつつ高速を戻るという・・!

1-009_t_GF.jpg

我が家からは高速でベッルーノまで、そこから国道51号を辿り、
約86キロほどで、コルティナ・ダンペッツォに着きます。
       
この風景はコルティナへ17,8キロほどの辺りで、
幾つもの小さい町、村を抜け、奥に向かいます。




朝方に雨が降ったらしく、道が濡れている所もありましたが、
どんどん晴れて、ご覧の通り!
日本人の目には、何時もこの白い岩山が新鮮!

2-016_t_GF.jpg



この辺りは既にコルティナに近づき、あと10キロほどの所でしょうか、
道が大きくカーヴし、新しい風景が広がるたびに、
わぉ! と車を寄せて・・!

3-023_t_GF.jpg



町の入口近く、左の谷の向こうにスキーのジャンプ台が見えます。       
51年前のオリンピックでの、猪谷選手の活躍が記憶に残る
コルティナですが、夏、冬の高級避暑地で、すでに大変な人。

コルティナは既に一度ご紹介済みなので、写真がダブらぬ様にし、

こちらは大変美しく修復された鐘楼。
一番上に、金色の鳥がいるのに、今回始めて気が付きました。

4-025_t_GF.jpg



町の中は大変な人で、ヴァカンスの真っ最中。
陽射しは強く、空気が澄み風が強く、大概の人は上着を着用。

5-041_t_GF.jpg

夏の高級避暑地の雰囲気ぷんぷんですが、
集まっている人の年齢層が高いので、落ち着いたイメージ。




中心の通りからも建物の隙間からも、こんな周囲の風景が。
これは南側の眺めで、奥に岩山が顔を覗かせ、手前の斜面には
住宅や別荘がちらほらと。
全体の眺めがやはりとても美しい。

6-033_t_GF.jpg



通りのあちこちに花壇があり、花鉢があり、大変色鮮やか。
花自体は特別な花でもないのに、色の取り合わせによるのか、
紫外線のせいなのか、目に沁みます!

7-035_t_GF.jpg



余りにも、色の取り合わせが可愛くて!
こんなチビの3輪車までがお洒落です。

8-037_t_GF.jpg



ホテルの屋根の隙間から、町の北に見える連峰を。

9-039_t_GF.jpg



町の真ん中にあるドゥオモと鐘楼。
覗いてみましたら、ミサの真っ最中で、たくさんの人が、お祈りを。    
避暑地を言えども変わらない、イタリアの素顔がありました。

10-044_t_GF.jpg



今回唯一の、猫ちゃん。
パン屋さんの看板で、下にティロルのパンが下がっていますが、
黒猫ちゃんは、どういう関係?

11-048_t_GF.jpg

下右に見えるウインドウは骨董屋さんで、パン屋は左奥。




広場、ホテルの前、白い大きな傘が広がり、
人々がバールで、ゆったりとお喋りを。

12-042_t_GF.jpg

こうして見ても、年配の人が多いでしょう?
若い人も見かけますが、ピシッと決めた人が多く、
一般庶民の雰囲気ではありませんね。




ホテルの建物は大体この様に、ティロルの木造りの大屋根風が多く、
木のテラスは、建物の色に合わせた花鉢で、溢れんばかり。

13-055_t_GF.jpg

このホテルの窓枠、鎧戸は、鮮やかな水色で、花は紫と白。
青い空に溶け込みそうです。



上と同じホテルのテラスに、このワン君2人。
通りを見下ろし、行ったり来たり。
舌を鳴らしてこちらを向いて貰ったので、今日はこれ1枚をご覧頂き、
次回のチャンスに、他のワンちゃん達の写真も。

14-067_t_GF.jpg
       
ここコルティナにはたくさんのワン君が集まり、楽しんでいましたよ!



コルティナから北東へ11キロほど、山道を行き、峠を越えた
標高1756Mにミズリーナ湖があります。
ちなみに、コルティナは標高が1210M。

すぐにまた素晴らしい眺望が開け、道脇に車を突っ込みます。
これは北側の眺め。

15-071_t_GF.jpg



こちらは南向き。 家畜用の干し草、良く乾いて美味しそう。

16-076_t_GF.jpg



道はかなりな勾配の上りで、すぐ下に谷底の家々が見えます。

17-078_t_GF.jpg

我が家周辺の、葡萄畑やトウモロコシ畑の広がりに慣れた目には、
草地と、林と、岩山、というのが新鮮。




登り道の向こう側、逆に下って来てバイクを止め、写真を撮っている
青年がいて、撮っていいか、と聞くと、ちゃんとポーズを!
ミラノ・ナンバーの赤い大型バイク。

18-082_t_GF.jpg



道はどんどん上り坂。
こんな岩山が、目の前に立ちはだかります。

19-085_t_GF.jpg



南の空を、クィーッと飛行機が。 気持ち良いだろうなぁ!!

20-090_t_GF.jpg



道脇の叢にこんな野草。
薄紫の小さい花で、花の長さが1~1,5cmほど。

21-095_t_GF.jpg



標高1809Mにある、トゥレ・クローチ峠を越すと下りの坂道が続き、
最後、少し上った所がここ。

22-096_t_GF.jpg

正面のホテルがよく見かける、ミズリーナ湖と一緒に写っているホテルで、
今は南側から。 草地では、馬や牛が、ゆっくりと草を食んで。



牛達がゆったりとしゃがみこみ、中には完全に横になっているのも!
名前を聞いたら、shinkaiと答えるかも! ははは。

23-098_t_GF.jpg



ミズリーナ湖に、はい、到着!

24-120_t_GF.jpg

お天気は快晴ですが風が強く肌寒く、お腹も減り、少し気がそぞろ。




先程のホテルを湖側から。

25-114_t_GF.jpg

逆光なのと、本当は湖の北端まで行って振り返らないと、
位置が決まりませんが、まぁ、お昼前なので、ご勘弁を。




湖の東側。
ぐるっと、湖の周囲に遊歩道が巡っているようで、
散歩を楽しむ人の姿が、ちらほらと見えます。

26-119_t_GF.jpg



水は本当に透明! 水深が深いところは、エメラルド色。

27-117_t_GF.jpg



岸辺にあるイスとテーブルには、カップルや、家族連れが。

28-124_t_GF.jpg



こちらは家族連れ。
子供は1人で楽しむ術を心得ていて、ナンというか・・、フム。
私の羨望がこもりそうな、なぁ!  あはは。

29-111_t_GF.jpg



ゆっくりとお昼を食べ、チーズを焼いたもの、ポレンタ、茸、
出てきましたら、なんとこんな雲が!

30-121_t_GF.jpg

まさに鳩というか、グライダーというか。
が、風が強いので、あっという間に流されて行きました。

帰りはアウロンツォに抜けて戻りましたが、途中から雲行きが怪しくなり、
ベッルーノから高速に入る頃には降り出して、大雨の中を走りました。
ええ、こうして私の車の運転実習も着々と、というわけ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク