・ n.3 モンテプルチャーノ再訪 ・ 町とサン・ビアージョ教会

引き続き有難うございます! モンテプルチャーノのご案内を、続けます。

まずはサイトから拝借の写真を。上空からの眺め、左が南、右が北で、
見えるのは町の南の高い方、町の半分程で、ずっと下る北は写っていません。
でもこの町の美しさ、高低差があり、建物の大小のメリハリのある美しさをどうぞ!
        
1-1-panorama.jpg



下の通りを歩くと、時に家並の隙間から、こんな風に緑が覗ける場所があり、

1-2-014_GF.jpg



城壁沿いに出て、眺める平野。 ここの麦秋も美しいでしょうね! 
6月末から7月初旬のね、う~む。

2-015_GF.jpg



城壁沿いから上の町を眺め、

3-138_GFs-.jpg



再度通りに戻り店を覗き、テラコッタの陶器店のここは絵柄が上等でした。

4-989_GFs-.jpg



そして、麻織物。ウンブリアもそうですが、麻織物は中世から続く特産品で、
色もしっとりの柄も古代柄が今も続き、素敵なのです。

5-130_GFs-.jpg

6-131_GFs-.jpg



寄木細工の店。 お店番も奥に控えていますが、はは。

7-172_GF.jpg

う~ん、技術的にはともかく、問題の絵柄がshinkaiにはイマイチ。
南のソッレントの物凄い技術品や、古い寄木細工の素晴らしさを見知っていると、
はぁ、お値段の問題は抜きとしてもですねぇ、ははは・・・。



古い中世の建物が並ぶ通りにも、こんなモダンで愉快なアピールをする店もあり、

8-156_GFs-.jpg



一日中歩いて疲れ、風も強い町で、そろそろ上に戻ろうと。

9-174_GF.jpg

後で気がついたのが、も少し先まで行くと、この町出身15世紀の人文学者詩人の
アンジェロ・アンブロジーニ、単にポリツィアーノ・Polizianoと呼ばれる
人物の生家があったのに!

彼は父親が殺害された後フィレンツェに出て教育を受け、ロレンツォ・イル・マニーフィコの
息子達の教育にも携わった、ルネッサンス期の重要な人文主義の学者だったそうで。
まぁ、またのチャンスをね。



中心のグランデ広場に戻る坂道の下、駐車した車の上の猫ちゃん。
車の色もなんとも良い黄緑色で。

10-028_GF.jpg



坂道が余りにも急なので、ゆっくり歩きつつ、こんな3輪車を眺めたり・・。

11-176_GF.jpg



これは建物の角を削られない為の、はは、車除け、というより馬車の車輪除けね。

12-134_GF.jpg



上のグランデ広場の東側を占めるコントゥッチ邸の扉前。 現在は有名なカンティーナに
なっているのですが、屋敷前の石のベンチの足が、ライオンの足なのですね。

13-032_GF.jpg



で、座っているカップル。 彼はジェラートのコーンを齧り、彼女はタバコ一服、ははは。
眺めるshinkaiは、お尻冷たくないのかな?!と心配を。

14-180_GF.jpg



この広場では、様々な催しが行われる様子で、勿論こんな旗振り競技もね。

15-2015-3.jpg



さて翌朝、やっと快晴の眩しいほどのお天気になり、広場の正面、市役所。 
フィレンツェのヴェッキオ宮に良く似ているでしょう?!

16-207_GF.jpg



入り口扉部分と、

17-274_GF.jpg



壁にずらっと並ぶ、馬つなぎの輪、兼、松明入れ。

18-276_GF.jpg

市役所、そして塔からの眺めのご案内は



朝の光りを浴びるドゥオーモ。

19-199_GF.jpg



城壁沿いの道に出て来て、

20-216_GF.jpg



眺める町の下の家並みと、葡萄畑。

21-209_GF.jpg

22-211_GF.jpg



遠くに光るのは、トラジメーノ湖と。

23-214_GF.jpg



飽きもせずにまた町の下り坂の所まで行ってみて、ははは。

24-230_GF.jpg



サン・フランチェスコ修道院の前庭から、サン・ビアージョ教会・San Biagioを。

25-231_GF.jpg



で、前回は傍まで行かなかったサン・ビアージョ教会に。18世紀の、町にたくさん
建築物を残すアントニオ・ディ・サンガッロ・イル・ヴェッキオの建設。

26-289_GF.jpg



庭の端にカノーニカ・Canonicaと呼ばれる司祭館、住居があり、

27-295_GF.jpg



そのお隣に、エノテカとレストラン。

28-298_GF.jpg



こちらが正面ですが、

29-300_GF.jpg



修復中で、脇扉から覗けるだけで、扉横の聖水盤。

30-316_GF.jpg



ここが十字型を成す、中央部分に当り、

31-315_GF.jpg



丸屋根ドームと、

32-314_GF.jpg



左に祭壇部。

33-318_GF.jpg

34-319_GF.jpg



中央部の床が、ははぁ、かなり凸凹しているんだと・・!

35-320_GF.jpg



正面側にある井戸。

36-306_GF.jpg



イギリス人親子らしいのが写真撮影で手間取り、息子と娘はさっさと立ち去り、
それでもまだ入念に井戸を撮るパパ。

37-302_GF.jpg



ちょっとそっけないご案内で済みませんです。 が、この手のスタイルの建築物には
興味の無いshinkaiで、見た、見た!と、ははは、宿題が済んだみたいに解放され、

38-291_GF.jpg

この後、既にご案内したモンティッキエッロに向ったのでした。



もう少しすると、この教会もこんな姿を見せるのでしょうし、

39_1.jpg



これはグランデ広場での年越しだそう。 良いですねぇ、もう少しですねぇ、年越しも!

40-capodanno.jpg

長いご案内にお付き合い頂き、有難うございました!
お楽しみいただけました様に!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.2 モンテプルチャーノ ・ カンティーナ、お祭り


スカーナはシエナ県、ヴァル・ドルチャとヴァル・ディ・キアーナの境の山の上、
海抜605mに位置するモンテプルチャーノ・Montepulciano.

今日はその2回目という事で、写真整理を始めましたが、余りにも多く、といって
削り過ぎると面白みが減りますので、う~~んと頑張って奥の手を出し、ははは、
結局3回に分ける事にしましたので、へへ、よろしくお願い致します。 

写真は、町の北端の門を出た向こうのサンタニェーゼ教会・Sant'Agnese. 
が、中に入らずに戻り、

1-928_GF.jpg



エトルスク期からのワイン蔵が無料で見られる、ワインと土地の物産店に行き、
地下のワイン蔵の見物を。

2-969_GF.jpg

店前のこの写真は出てきた時のものですけど、手前に見えるこのブルテリア君も、
ご主人と一緒に私より先にカンティーナ見物をね。



こんな様子の狭い階段を降り、

3-967_GF.jpg



小さい部屋が次々と繋がりながら、地下にも、横にも、

4-936_GF.jpg



新しい大きな樽の部屋もあり、

5-938_GF.jpg



樽の中で寝かせている内にワインが蒸発するそうで、上に見える緑のガラス瓶の中に
ワインを入れておくと、自然に蒸発した分が補給されるとか。

6-939_GF.jpg



低い天井、古い壁、そしてこんな坂道もあり、

7-947_GF.jpg



下って小さな部屋に繋がり、

8-949_GF.jpg



古い薄暗い部屋に見える、古い小さな樽。

9-956_GF.jpg


博物館式にかっての道具類の展示もあり、これは葡萄絞り器。
上から重石をかけ、出る葡萄汁を手前下で受けます。

10-963_GF.jpg


多分ここが一番古く、深い地下なのだと思いますが、
ひんやりした空気の中を降りていくと、

11-968_GF.jpg



こんな小さな部屋。 エトルスク期からのワイン蔵、ちょっと湿気も感じ、
余り深いと不便でしょうし、今は使われていませんでした。

12-966_GF.jpg

それにしても、ワインは静かに、温度も一定の場所で寝かすと聞きますが、こんな風に
ずっと開けっ放し、人もしょっちゅう出入り、おまけにワン君までと、ははは、
こういう場所でワインがじっくり熟成できるのかいなぁ、と他人事ながらちょっぴり心配を。

我が町コネリアーノに、素晴らしいワイン樽製造所があり、こちらにご案内を。
       


モンテプルチャーノのワインで検索すると、ヴィーノ・ノーヴィリ・ダブルッッォ・
アブルッツォ種の葡萄からのモンテプルチャーノのノーヴィリ・ワインとして、
たくさんカンティーナの名前が挙がり、美味しいそうな美しい葡萄、葡萄畑、ワイン、
料理の写真がずらりで、その中からほんのちょっぴりを!

13-ciano.jpg

14-1.jpg

15-15.jpg



所でこの町独特と思われる、ワインとワイン樽に関連するお祭りで、
ワイン樽ころがし・Bravìo delle Botti・ブラヴィーオ・デッレ・ボッッティ
と言うお祭りがあります。

区域を8つに分け、毎年8月最後の日曜開催、町中が沸き立つお祭りなんだそう!
元々は14世紀頃から始まった騎乗の競争だったのが、17世紀に人身事故があり
中止され、今の樽ころがしに。
ブラヴィーオというのは勝者の区域に与えられる旗の事で、写真中央に見えるのがそれ。

16-2006.jpg

シエナのパリオの「パリオ」と同じで、毎年手描きの絹の旗が、柄は毎年違うのが
与えられ、この写真は2006年。

どのお祭りも即競技が始まるわけではありませんで、出発点で2列に並ぶ順番の
くじ引きから始まり、ははは、旗振り競技、そしてブラーヴィオを持った行列行進と
続くうちに、町中に興奮に溢れ、沸いていくわけで、
       

さて、いよいよ出発点からの競技の始まり、始まり!
ほらね、左後ろにマルゾッコの円柱が見えるでしょう?!

17-31.jpg

前後2列に4つずつの樽、重さは80kで、勿論途中での衝突で樽を間違えたりせぬ様、
しっかりと区域の焼印が押される写真もサイトにあり! 



見て下さい、この坂道! 歩くだけでも大変なあの坂道を、80Kの樽を2人で押してる!! 
それはもう、応援の人の熱気も上がるわけですよねぇ。
 
18-iano.jpg   



ここは多分下側の道を上って行っての一旦の下り坂で、ここでまぁ一息つけるでしょうがね。
町の南で折り返すと、また上り坂があります。

19-241_n.jpg

一度車で町の道を上っている時、うっかり間違えて入り込み、車が通れる道なので、
ホテルの近くにでも出れるだろうと思いつつ上っていきましたら、
突然目の前の道が、ダッシュボードの先から見えない!!

わっ、ぎゃ!! とサイド・ブレーキを引き、そろっと車のドアから出てみましたら、
崖っぷちではなく、ははは、急傾斜の下り道の始まりで、ああ、やれやれ、の
そんな経験もある、町の道なんですよ。



なので、あの坂道を樽を転がしながら上がる、というこのお祭りに興味を持ち、
どの道を通るんだろうと、行程図を探し回り、ははは、見つけました。

20-ravio.jpg

地図右側のマルゾッコの円柱前から上り坂、途中から下り町の南側を上りつつ迂回し、
最後の折り返し点がまた急傾斜。 そして最後はドゥオーモの前に出てくるのですね。
全長1,7kmだそうで、ようやるよ選手諸君たち!!



という事で、ゴールの写真。 広場に集まった人々の数も凄いですね!

21-2014.jpg

いやぁ、シエナのパリオも燃えますが、これもきっと同じでしょう!
道中の様子をドゥオーモ前の人々も見れるように、実況中継等あるのかな? 



町の道を行ったり来たり、先回ご覧頂いたプルチネッラの塔から南側辺りはいわゆる
下町と言うのか、中世の面影が強く残る小さな家が建ち並んでいますが、
城壁沿いの道からの眺めはこんな様子。

22-982_GF.jpg

この右手下の平野では、ジオストラ・Giostra と呼ぶ遊戯公園ができていて、
大音響の音楽が聞こえ。



町の下を通る道を辿りますが、中世の面影が濃く残る建物郡。

23-996_GF.jpg

24-999_GF.jpg



上の道とを繋ぐ階段、坂道を下から眺めるとこんな傾斜!

25-025_GF.jpg

26-986_GF.jpg



見上げる家並み、建物。

27-013_GF.jpg

28-011_GF.jpg



ちょうど中ほど、町の上下を結ぶ道が三叉路になる所、16世紀頃の町の経済の
一番の中心であったと言うピアッツァ・デッレ・エルヴェ・Piazza delle Erbeで、
ロッジェ・デル・グラーノ・Logge del Grano, またはロッジェ・デル・メルカート
と書いたのもあるので、まさに商取引、穀物取引の中心だったのでしょう。

29-115_GF.jpg



道を進み、そしてくぐるのが、町の門カヴィーナ門・Porta della Cavina.

30-118_GF.jpg



その先の店前にこんな表示が出ていて、1157年、紀元前5世紀のエトルスクの
古い2つのお墓の上にこの門が建設されたと。

31-117_GF.jpg

多分町の南半分の高所に先に町が出来、この辺りが当時の町の境界だったのと。
で、木の標識の下の写真は、ここで、映画「ニュー・ムーン」が撮影された、と。



映画「トワイライト・サガ」の「ニュー・ムーン」というの、ご存知ですか? 
この俳優は確かTVシリーズの「ドラキュラ・ダイアリー」に出ていたと思いますが、
shinkaiはオカルト的なのは見ないので・・。

32-New Moon.jpg



こちらのシーンでは、ドゥオーモ前に大きな泉も作られ、赤マントの大集団が集っての
撮影風景。映画では、かなりの迫力だった事でしょうね。実際は無い泉も出てね。

33-on5.jpg

この町ではたくさんの映画が撮影されている様子で、「トスカーナの空の下」でも、
この広場での旗振り大会が出て、「ノスタルジア」「イギリス人患者」も、他にもたくさん!
「ニュー・ムーン」のあの俳優は、shinkaiの泊まったホテルに泊まったのか、
フロント横に写真がありましたっけ。



歩きながら漏れ聞こえた弦楽の響きに導かれ、入ったジェズ教会・Chiesa del Gesù.

34-158_GF.jpg

35-166_GF.jpg

はい、この町の若者達の春のコンサートでした。
はっ、出来具合ですか? はぁ、まぁ、若者というより少年少女達のグループで、
頑張っていたと思います、はい。

と言う所で、次の n.3 モンテプルチャーノに お願い致します。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 モンテプルチャーノ再訪  トスカーナ、丘の上の町 

先回ご案内のモンティッキエッロから東に9km程、ヴァルドルチャと
ヴァルディキアーナ・Valdichianaにまたがる山の上、海抜605mに位置する
人口14500人ほどの町、モンテプルチャーノ・Montepulcianoのご案内を。

1-663_GF.jpg

以前訪問した時は町のいわば南半分しか見ておらず、昨年春再訪2泊し、
きつい坂道の町をゆっくり見て歩きましたが、余りの写真の多さと、お天気が
イマイチだったもので、ご案内をしそびれておりました。
が、モンティキエッロの再訪記を載せると、もう逃げられず、
ははは、はい、頑張って参りたいと思いま~す。

ですが、繁栄した歴史を持つ町ですので、見所はたくさん! おまけにshinkaiの
興味をひどくそそるお祭りもあり、ははは、自分の写真にサイトからのを合わせると、
それはもう・・・!!
      
で、2回に分ける事にし、それでも多いのです、はい、
どうぞご容赦願い、ごゆっくりお楽しみくださいますように!

上の写真は雨上がりの翌日、まだしっとり煙る中を北西の方から近づき、
町が見えてきた所。 狭い坂道で結構車が多かったのが、それでもこの眺めに
何人も車を止め、車外に出て撮っておりました。

山道を辿ってくる道で、こうして見える町の姿は格別で、おお、見えた!
 
2-665_GF.jpg      



町西端の麓のサン・ビアージョ・San Biagioも、雲に霞みながらしっかりと。

3-666_GF.jpg



午後宿に着き早速探訪に出かけましたが、写真の発色が良くないのでパスし、
まずは初日の夕暮れの写真を。

宿はドゥオーモのすぐ近くで、町のいわば中心位置にある
サン・フランチェスコ修道院の前まで行くと、

4-726_GF.jpg



ここはちょうど絶好のパノラマが広がる場所で、下を覗き、町の西、下町を。

5-712_GF.jpg

6-724_GF.jpg



暮れなずむサン・ビアージョ教会も、この位置に。

7-716_GF.jpg



遠くに少し鮮やかな夕暮れの西空。

8-720_GF.jpg



こちらは町の東側、光りが点在し、村や町の在りかを。

9-707_GF.jpg



ドゥオーモの前に広がるピアッツァ・グランデ・グランデ広場の西側を占める
パラッツォ・コムナーレ・市役所と塔。

10-733_GF.jpg

この建物、そして塔に上っての眺めなど以前のご案内に。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461279571.html       



こちらが今回2泊したホテル・ドゥオーモ。 お値段も安く町中で、部屋も悪くなく、
駐車場も近く、shinkaiには上等な宿、ははは。

11-742_GF.jpg



さて翌日の、ドゥオーモとピアッツァ・グランデ。

12-043_GF.jpg

午前中は曇り空で、写真の発色が良くなく、と言いつつ撮らずにはおれず、はは、
午後、広場に戻って来た時に陽が射し喜んで撮った物。
      
17世紀の末に完成したドゥオーモですが、正面は未装飾、未完で、
それが逆に迫力ありで・・。
       


広場の北側正面パラッツォ・カピターノ・デル・ポーポロ・
Palazzo Capitano del Popolo・行政長官の館とでも、
右にちょっと見えているのがパラッツォ・ノービリ・タルージ・
Palazzo Nobili-Tarugi・ノービリ・タルージ邸、
どちらも設計はアントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ヴェッキオ・
Antonio da Sangallo il Vecchio.

13-035_GF.jpg       

15世紀初頭から16世紀の半ばにかけ、この町は政治的にも安定し文化芸術も
花開き、一番の繁栄期を迎え、と共に建築ブームとなり、町の貴族達の
豪壮な館やドゥオーモの建設も行われます。

上に名の見えるノービリ家、タルージ家、同じグランデ広場の東側を占める
コントゥッチ邸・Contucci、ベッラルミーノ・Bellarmino、リッチ・Ricci、
チェルヴィーニ・Cervini、ベンチ・Benci等など、今もその邸宅が町に残ります。
       
       

2つの建物の空間にあるグリーフィとライオンの井戸・
Pozzo dei Grifi e dei Leoni. 1520年作、6つの球、メディチ家をあらわす
盾を持つライオンで、この設計もダ・サンガッロ・イル・ヴェッキオだそう。

14-179_GF.jpg

2頭のライオンが、ちょっと小首を傾げているみたいでしょう? 
傍で見ると、ねっねっ、メディチ家なの、これも!と笑いかけているで、ははは、
いつも内心クスッとなるshinkai。



元カピターノ館、現在は裁判所の様ですが、この壁がとてもお気に入り!

15-050_GF.jpg



グランデ広場の真ん中辺りは様々な催しの為か、ぴちっと赤レンガで敷き詰めて
いますが、周囲はこんな風に古いままの石や煉瓦敷きが残り、とても良い趣。

16-049_GF.jpg



町の地図と有名な建物などの位置をどうぞ。
南側に大きく囲んだ辺りが、ドゥオーモ、市役所、タルージ館で、
道を辿り中間辺りに飛び出した所が、サン・フランチェスコ修道院、
       
17-ciano.jpg

そして道を下りながら、サンタ・ルチーア教会・Santa Lucia,
サンタゴスティーノ教会・Sant Agostino, プルチネッラの塔・
Torre di Plucinella. そして町の一番北の位置にマルゾッコの円柱・
Colonna del Marzocco.



朝の曇り空でもしつこく撮りましたが、ははは、お日様が出ると眺めがどんなか
見たく、再度サン・フランチェスコ修道院の前庭に戻りますが、
その手前を左に折れ下ると、グラッサ門・Porta di Grassa.
翻る旗は、町を8分する区域の旗。

18-061_GF.jpg



下まで坂道を下り、見上げる町の高さ!

19-066_GF.jpg



さて上に戻り、サン・フランチェスコ修道院前からのパノラマ! 正面かなりの高さに
小さな町の姿が見えますが、モンテフォッローニコ・Montefollonicoかな?
サイトで見ると、ここも中世の面影を残す素敵な村の様。

20-079_GF.jpg

この写真では良く見えませんが、モンテフォッローニコの左にちょこっと高い山が
ありますね、あの左の山の上にカステルムーツィオの町が写っておりました。



町の麓の畑、丘のうねり。

21-081_GF.jpg

22-809_GF.jpg

23-086_GF.jpg

今こうして見える豊かに広がる麦畑、葡萄畑は、如何にも自然と、人間の叡智と
努力の見事な融合とでも言うのか、素晴らしい眺めですが、
かってはトキワガシや栗の森、砂地の土地、沼の多い湿地帯だったのを開墾し、
土地改良に勤めた結果なのだそうで、

やはりまず政治的に安定する事が大事で、この町がシエナの元から最後は
フィレンツェと結んで発展したのも納得できます。



さて、サン・フランチェスコ修道院から北に行く道は、ははは、冗談やめてと
笑える程のこんな下り坂で・・!

24-075_GF.jpg

正面に見える鐘楼はよく見ると3つ重なっていて!
奥がサンタニェーゼ・Sant'Agneseの鐘楼の先っちょと分ったものの、
その手前の2つはどこのか分かりませんでしたぁ・・。



町の上と下の道を繋ぐ階段と、その急な傾斜!

25-834_GF.jpg



サンタ・ルチーア教会・Santa Luciaの前に出て来て、

26-845_GF.jpg

27-856_GF.jpg

ドッシリと重厚な古い感じにちょっと魅せられ、中も見ましたが、
う~ん、shinkaiには重たいだけでしたぁ。



広場横の幼稚園らしき建物の聖母子像。ルーカ・デッラ・ロッビア作の愛らしさ。

28-854_GF.jpg



細い古びた小路をくぐり、

29-871_GF.jpg



また本通りに出て来て、・・それにしても見える2又の道、どちらも急な坂!!

30-875_GF.jpg



少し先に見えたプルチネッラの塔。

31-882_GF.jpg

32-874_GF.jpg

「プルチネッラ」というのは、コンメディア・デッラルテに登場する、怠け者の癖に
哲学的なお喋りをする道化役。 これは木製の像に金属板を被せ彩色した物で、
下に見える時計と連携していて、時を知らせるのだそう。



その向かいにサンタゴスティーノ教会・Sant'Agostino. オリジナルは13世紀に
遡りますが、現在残るのは15世紀にミケロッツォ・Michelozzoが改装したもの。

33-878_GF.jpg



ご覧の様に素晴らしい扉と、上のルネッタ・半円部に見えるテラコッタの浮き彫りは
ミケロッツォの作だそうで、内部にロレンツォ・ディ・クレーディ・Lorenzo di Crediの
「磔刑図」、中央祭壇に木製彩色のドナテッロ作の「十字架像」もと。
う~ん、中を見たんだったっけ?
 
34-881_GF.jpg      


ドゥオーモからずっと上の道を通るとまるで店がなく、もう一本の下の道には
店が並んでいますが、漸くにこの辺りから、観光客用の土産物店も見かけます。
今、下から自転車で上ってきた4人組、

35-883_GF.jpg



道に固まっていた中高年団体の一人が、道を開けてぇ!と大きな声を上げ、
彼らは漸くに通り抜けまた坂道を。 こんな坂道続きを、ようやるよ!

36-884_GF.jpg

shinkaiが参加しているグループもまさにこの通りで、ははは、皆が喋りながら
固まっていて、車が通りかかってもクラクションを鳴らさず待っているので、
誰か先に気が付いた者が、「マッキナー! 車」と大声をね。
shinkaiも良く大声を上げますです、ははは。



少し先にあったブチェッリ邸・Palazzo Bucelli. この入り口扉の両脇は大変な
リサイクル活用で、早い言葉が泥棒ね、ははは、墓石らしきものもあちこちに見える
建物の基部でして!

38-888_GF.jpg

39-891_GF.jpg

この高所にあるモンテプルチャーノは、エトルスクからの町と言われますが、
右に見えるのはエトルスクの彫刻が多いらしい! やるなぁ!

ガイドを読むと、このブチェッリ家はエトルスク、ローマの石碑などのコレクションで
有名だったらしいですが、集めていたのをフィレンツェ大公などに奪われ、今殆どが
フィレンツェに収まっていると! はぁ、上には上がいるのですねぇ、ははは。



お土産用のパスタ製品、ピーチとか、ピリ辛のトマト・ソースとか、

40-155_GF.jpg



土地の物産とワイン店なのですが、ここのエトルスク期からのワイン蔵が無料で
見物できるというので、勿論ね!  様子は次回にご覧頂きますね。

41-908_GF.jpg

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ・DOCGで名高い町ですものね、著名な
エノテカもたくさんあり、レストランも勿論美味しいワインが飲める事を売り物に。



町の北端に近いサボナローラ広場の手前に見えた大きな建物、売りに出されて
いる様子でしたが、アヴィニョネージ邸・Palazzo Avignonesi.
16世紀に建設のルネッサンス様式の建物。

42-896_GF.jpg

43-897_GF.jpg

44-904_GF.jpg

調べてアヴィニョネージという姓の一家だったらしい、と分かったものの、このなんとも
良いライオンの顔に惹かれたshinkaiには、もうちょっと何か分ると喜んだのですが・・。
       


通りの突き当たりに広がるのがサヴォナローラ広場で、蔦の絡まる歴史あるホテル・
マルゾッコ・Marzoccoがあり、なかなか良いホテルの様ですが、
     
45-900_GF.jpg

右に円柱が見えますね。
       


円柱は傍らのホテルの名により「マルゾッコの円柱」と呼ばれ、
その上に鎮座するのが、このライオン君。

46-903_GF.jpg

1511年、シエナの元から最終的にフィレンツェの元に移った際、シエナのシンボルの
メス狼・ルーパから、フィレンツェのライオンに取り替えられたもの、と。

次回にご紹介予定の大変興味深いこの町のお祭り、「樽ころがし」と言うお祭りは
このライオン像のある円柱の下から出発するとの事。 お楽しみに!!
       


この円柱の前から左に緩やかな坂道を下ると、見えてくる町の門、
アル・プラート・サン・ベルナルド・Porta al Prato San Bernardo.
門は2重になっていて、

47-907_GF.jpg

48-910_GF.jpg



門の外はこんな様子で、内側の門の脇に、中の様子が見れます、という張り紙が
あったものの、鍵がかかり誰も居らず・・!

49-915_GF.jpg



門の外側、谷の下には大駐車場が広がり、町の北側からの眺めはこんな様子。

50-925_GF.jpg

ああ、上から重なって見えた鐘楼の先と、アーケード式の鐘楼も見えるのになぁ、
むむ、町の教会の名を手がかりに虱潰しに?!

という所で、今回はお終いに。
次回には、町の下の通りと、お祭りなどのご紹介を。 お楽しみに!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ モンティッキエッロ再訪 ・ トスカーナの小さな村

さて次はどこをご案内?とポコッと頭に空白、これはブログをされている
皆さんはきっとご経験があると思いますが、 で、ふっと思い出したのが、
       
トスカーナはオルチャの谷、ピエンツァの東にあるこの小さな集落
モンティッキエッロ・Monticchiell.

1-331_GF.jpg

既に1度ご案内しているのを見ましたら、
麦秋の、刈り入れ時のベージュ色が広がる風景で、今回は緑色の風景で
OKかと思ったのと、
       
この村が懐かしく思い出されたTV番組を見ましたので、それも絡めて再度の
ご案内を。 なるべく写真もダブらないようにしますので、ごゆっくりどうぞ!
再訪は昨年の5月、ピエンツァからモンティージを経てモンテプルチャーノに行き、
そこから山越えでオルチャの谷に再びやってきた時で、
最初にピエンツァに寄った時とはうってかわって大変良いお天気で、
       
上の写真はオルチャの谷のシンボルともいえる美しいアミアータ山・Amiata.



曲がりくねった細い道を下って行きますが、なんでこうなるの?!と言いたい
色違いの緑の畑が広がったり。 これはいつみても不思議な思いに・・。

2-342_GF.jpg



見えてきたモンティッキエッロの村。
東からやってくると、城壁に囲まれている事が良く分ります。

3-349_GF.jpg



さて、こちらがモンティッキエッロの町の唯一の門、13世紀建設のサンタガータ門・
Porta S.Agata. そう、ここから出入りする町には唯一の門。

4-376_GF.jpg



上に続く西側。 物見の塔も残っていて、現在はレストラン。

5-378_GF.jpg



西に見えるピエンツァの町。
地図上では近いのですが、実際はモンティキエッロ、海抜500m、からくねくねと
道を下り、ぐるっと回り、ピエンツァ・海抜491mへの坂道、と9k程の道。
       
6-387_GF.jpg

今回の写真は最後に色調整で、マイクロソフトに入っているソフトを使いましたら、
がたっとバイト数が減り、つまり画質も落ち、ぼけっと成ってしまい、済みませんです!

と、例により、我がブログ名のない写真は、サイトからの拝借です。



ピエンツァとの町の間の谷には、シエナのクレーターで見る石灰岩の塊が
あちこちに顔を出します。

7-386_GF.jpg



さて、モンティキエッロの町ですが、町というよりも村、と言う感じで、
中世独特の雰囲気をそのままに、住人が200人余りというこの町ですが現在は
町の外、坂の下に新しい住宅地がありますし、実際にこの小さな城壁の中に
住んでいるのは、半分ちょっとかも。

上から見るとこんな感じで、真ん中の一番大きな高い建物が教会
聖レオナルドと聖クリストフォロ・pieve dei Santi Leonardo e Cristoforo.

左下に見えるのが町の門で、今回行くと町中も7年前よりかなり整備されていて、
駐車場も大きなのが町の東下に。
       
8-6123.jpg



が、町の門を一歩入ると、ああ、ああ、と懐かしく思い出される建物の数々。

9-389_GF.jpg

10-392_GF.jpg

11-397_GF.jpg



こちらが町の教会聖レオナルドと聖クリストフォロ。

12-400_GF.jpg

前回は何日も滞在しオルチャの谷訪問の基地としたのに、中に入っておらず・・!



聖レオナルドの方は図が分りませんでしたが
祭壇左には、高さ5mの聖クリストフォロのフレスコ画が見え、

13-420_GF.jpg

14-414_GF.jpg

◆ 追記を ◆ 
クリスさんが写真のしっかりたくさん載っている、教会サイトのアドレスを
送って下さったので、聖レオナルドが分りました。

正面祭壇右側のフレスコ画、4つに分けられている右下部分、
このすぐ上の写真に写る、胸から上が残っている方が聖レオナルド。

我が町コネリアーノの守護聖人でもありますが、1世紀の方で殉教者ではなく、
伝道活動、また後世でも多くの奇跡を起こされたそうで、囚人、捕虜、産婦、
病人、また家畜の守護聖人でもあると。
クリスさん、有難うございました!



こちらは教会入り口を中から。

15-417_GF.jpg

行った時は灯りが点いておらず暗く、私の眼よりもカメラの方が優秀で!ははは、
この様にに撮れましたが、鳥目のshinkaiには難しい内部でした。



教会前の階段の上から見る右側の布屋さん、お喋りしたり、布を買いましたが、 
ありゃ、あの時の布をベッド・カバーにするつもりが、どこに仕舞った?!

16-421_GF.jpg



こちらは左側の、気に入ってるお家で、

17-403.jpg



右側の小路は、こんな風に。

18-409_GF.jpg

19-456_GFs-.jpg



教会の南側面に回ると、正面が上の写真のお家で、右が教会の壁、
そしてここに広場が開け、

20-430_GF.jpg



こんな様子。 手前右に四角い井戸があり、奥にも丸い井戸。

21-472_GF.jpg

今右奥に教会の支え壁が飛び出しているのが見えますが、



ここにタベルナ・ディ・ブロンゾーネ・Taberna di Bronzoneがあり、

22-440_GF.jpg



こんなポスターが。
  タベルナ・ディ・ブロンゾーネ 特別開催 昼食と夕食
  春のメニュー 4月25・26・27・30  5月1~4日。

23-439_GF.jpg

残念! shinkaiが行ったのは5月5日でしたぁ!



中はこんな様子。

24-Bronzone.jpg

実はここは教会のクリプタ・地下部分を横からくりぬいた場所で、夏にこの町で
開催の町の人々の劇公演、「テアトロ・ポーヴェロ・貧しい劇場」公演時に、
昼夕食を美味しく安く提供する場所、
または上のポスターの様に、特別に開く事もある場所なのですね。

ブロンゾーネという名は、どうやらかっての守備隊長の名で、1553年3月17日、
スペインのカルロ5世の襲撃の元に粘り強く奮戦し、
最後は誇りある降伏をした守備隊長の名に因むのだとか。



この期間限定のタベルナ・食堂で供されるのは、土地の特産品を使ってのピーチ・
太いパスタとか、トゥリッパ・牛の胃袋煮込みなどで、
ほらね、こんな嬉しそうな顔が揃った写真もみっけ!

25-ello2.jpg



ご存知、生ハムにメロン。

26-ello3.jpg



これはピーチに、クルミのソース、黒胡椒かな?

27-ello5.jpg



今年のメニューをどうぞ。
7月25日から8月16日まで昼食と夕食を。 劇公演は毎夜(7月27日を除き)
21時半から、8月15日迄。

38-ello6.jpg



テアトロ・ポーヴェロは、戦後の閉塞感を自分達で笑い飛ばそうと、町の人々が
自ら演ずる物で、年数を重ね立派に成長している様子。

29-ello7.jpg

無料で参加、年代を問わず、とあり、むむ、ワン君も参加? ははは。



所で最初に、この町を懐かしく思い出したTV番組、と書きましたが、お昼ご飯の
お供に見るTVで、この夏この町が出て、それも、オーストラリアの料理番組に!
日本では「マスター・シェフ」という番組をしていますか?アメリカ、カナダ、フランス、
スペイン、勿論イタリアも、そしてイスラエル、インド、ニュージーランド等でも
大変人気のある番組だそうで、

プロの料理人でない人々が参加し、勝ち抜き式に残って行き、最後に
マスター・シェフとして勝ち残ると、多額の賞金と自分の料理の本が出版できます。
決められた材料、またはテーマに沿い制限時間内に料理する、実技に長けている事、
そしてアイディアに富んでいるのが必須という番組で、審査員は国の有名シェフ3名。

この夏たまたまオーストラリアのマスター・シェフの2012年版を再放送で、
10名にまで勝ち残ったのが、イタリアにやって来た放送が何回分かあり、

30-hielo.jpg

ローマから始まり、フィレンツェの田舎、パスタ・バリッラの工場の職員食堂等など、
そしてこのモンティッキエッロでは、2組に分かれてそれぞれが昼食を分担し、
村の人々が審査という構成で、前菜から始まりパスタ、子豚の丸焼きなどもあり!
       
町の人々があのブロンゾーネのタベルナに集まり、わいわいと食べ、
周辺の町の中も写り、とても懐かしく、美味しそうで・・!
それを今回思い出し、そうだ、ブログでご紹介しようと。

勝ち抜き戦ですから、各国の番組の中では競争相手の悪口の言い放題もあり、
厳しい面もあるのですが、この年のオーストラリアのメンバーは、本当に人柄が
良いのが揃ったというのか、お国柄というのはこんなに違う物かと思ったほどに、
おおらかで、勝ち抜き戦の中でも助け合い、見ていてとても気持ちが良かったのです。
それに、イタリア版も含まれたのでね、記憶に残ったのでした。



ちなみにこの年の優勝者は、後列真ん中の水色のシャツ、アンドリューで、ははは、
名前まで覚えていた! 最終戦は後列左の金髪女性とでした。
       
31-300.jpg
       
      

さてもう少し町の中のご案内を続けますが、
別の広場に見える正面の建物、ここにアグリトゥリズモがあり、前の滞在の時は、
あの3階の向こう側の部屋に泊まり、こちらの窓側にあった古い調度の居間で
朝食を食べ、広場の家々を眺めたものでした。

32-441_GF.jpg



扉の窓に水彩スケッチが見えますが、アグリトゥリズモの女主人が描いていて、
スーヴェニールとして売っていたのですが、ここもちょっと整備された様子。

33-446_GF.jpg



近くのお家のガレージに見える、古い車!

34-453_GF.jpg



タベルナの向かいにインフォメーションがあるのですが、今この3輪で、がたがたと
揺れる道を連れてこられたワンちゃん。
可愛そうにも可笑しいにも、ちょうどウンチをしたくてね、ははは。

35-438_GF.jpg



少し外れの方も歩きましたが、皆古くからの石造りの家々で、石の色も
黄土から茶色で趣があり、
  
36-463_GF.jpg     

37-465_GF.jpg



この手作りの品を売っている店も、なかなか素敵でしょう?

38-474_GF.jpg



最後は町の門の脇で出会った黒猫ちゃん。

39-482_GF.jpg



モンティキエッロからピエンツァに向う道、見える農家の角で左に曲がり、下ります。

40-388_GF.jpg



ちょっと脇道にそれての眺め。 この丘の起伏の凄さと、緑の色違い! 
丘の上に見える農家は改装中で、ブルトーザーがお仕事中。

41-545_GF.jpg



で、ぐるっとピエンツァへの道を辿ってくると、上の写真の家の反対側に出て、

42-555_GF.jpg



ピエンツァの町がこの位置に見え初め、坂道を上って行きます、

43-553_GF.jpg

で、はい、今回はお終いに。  むむ、次回はどこに・・?!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク